初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

雪遊び

冬の大自然は絶好の遊び場!!冬のとっておきそとあそび5選

2016.01.31
今回はウィンタースポーツ初心者の方、またはゲレンデで滑るスキー・スノーボードに物足りなさを感じている方に、冬の大自然を満喫できるとっておきの遊び場(ツアー)をご紹介します。

つい家に引きこもりがちになる冬の寒い時期、家族や仲間と出かけるにも遊び場に困りますよね。ウィンタースポーツといえばスキーやスノーボードがメジャーですが、初心者には装備一式そろえるのも一苦労です。

そんなウィンタースポーツ初心者の方、またはゲレンデで滑るスキー・スノーボードに物足りなさを感じている方に、今回は冬の大自然を満喫できるとっておきの遊び場をご紹介します。この時期にしか楽しめない遊び場ばかりですよ。

北海道の銀世界を犬ぞりで駆け抜ける!犬ぞり体験ツアー

一風変わった冬のレジャーを楽しみたい方や、動物好きの方におすすめしたいのが「犬ぞり体験ツアー」です。犬ぞりといえば北極・南極探検隊に同行した犬が人間や荷物を運ぶ役割を忠実に果たしていた話がありますが、北海道の地でも本格的に犬ぞりを体験できるツアーがあるんです。

ツアーは参加者自身がマッシャー(操縦者)となり犬ぞりをコントロールしたり、全長7kmのコースから往復20kmのコースまで長距離コースを走る本格派です!

犬ぞり体験ツアーの奥の深さは、犬との関係性です。ワンちゃんたちにもそれぞれ性格や体調、上下関係がありそれを考慮してチームを作らねばならず、またワンちゃんたちに対して敬意を示さなくてはなりません。犬ぞりを体験した後にはきっと、ワンちゃんたちとの深い信頼関係が生まれていることでしょう!

湖の氷上で挑戦!!ワカサギ釣りツアー

日本の冬の風物詩である「ワカサギ釣り」は、主に氷上に穴をあけて釣りを楽しむレジャーですが、「ワカサギ釣りは寒そう・・・しかも初心者には釣れないのでは・・・」と敬遠されている方も少なからずいらっしゃるのでは。ツアーならそんな悩みをすべて解決してくれます!

ツアーでは、竿・針・餌・穴あけなど基本装備は全て手配されるので手ぶらで参加でき、ガイドがワカサギ釣りのコツを伝授してくれます。また寒さ対策として専用テント、釣り小屋、ドーム船など暖かい中でワカサギ釣りが楽しめるツアーまであるんですよ!

そしてワカサギ釣りの醍醐味は、何と言っても釣った魚をその場で天ぷらにして食べることですよね!ぜひその極上の味を楽しむためにも、ワカサギ釣りにチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

雪原の世界をスノーシューでトレッキング!スノーシューツアー

スノーシューとは雪の上を楽に歩くための歩行器のことで、西洋式の「かんじき」といったところです。

スノーシューの利点は、ふわふわの新雪の上も足が沈むことなく自由に歩くことができることと、特別な技術が必要ないのでお子様からシニアの方まで楽しめること。

夏には踏み込めなかった小川や木々が生い茂る道も、冬になり雪原へと変わるとスノーシューで楽しむことのできる遊び場になるのです!

スノーシューツアーの内容はトレッキングだけではありません。雪上に残った動物達の足跡を探索する「アニマルトラッキング」、「雪上ランチ」、「雪洞作り」、「雪の滑り台」、「フカフカの新雪へのダイブ」など、白銀の世界を思いっきり遊び尽くす内容になっています。

ツアーは北海道から関西の各地で開催されています。関東方面なら、群馬県のみなかみエリアや栃木県の奥日光、那須などで体験していただけます。

ゲレンデのコースに物足りなさを感じたらこちら、手つかずの雪山を滑走する!バックカントリースキー・スノーボードツアー

バックカントリースキー・スノーボードツアーは、ゲレンデでスキー・スノーボードのコントロールが確実に出来る方が対象です。

バックカントリーとは直訳すると「裏山」という意味であり、自然の山で行うスキー・スノーボードのことをバックカントリースキー・スノーボードといいます。

人工的なゲレンデではないのでリフトやゴンドラなどはなく、まずは自力で山を登らねばなりませんが、人の手が加わっていない雪山でパウダースノーを思う存分堪能する楽しさは格別です!

しかしバックカントリーフィールドは雪崩に遭遇するリスクも高く、事故は近年多発しております。

ツアーでは事故を最大限に防ぐために、専門知識を習得したガイドのサポートのもと、万が一雪に埋もれてしまった場合の救助道具や登山道具、通信機器など万全の装備で出発し、複数人のパーティで行動します。上記の画像はレスキュートレーニングの様子です。

ゲレンデを「雪上ボディボード」で滑走!?スリル&スピード感たっぷりのエアーボードツアー

エアーボードとは、空気で膨らませたゴム製のボードにうつぶせの状態で乗り込み、ゲレンデを滑走するウィンタースポーツのことで、スリルとスピード感を味わえるとして近年人気急上昇中です。エアーボードの長所は、「ターン」や「ブレーキ」などの基本操作を簡単に習得できることです。体感速度は何と40kmにもなりますが、スピードコントロールもさほど難しくなく、慣れればジャンプ技も可能です。

国内ではエアーボードを楽しめるゲレンデはまだ多くありませんが、関東なら群馬県のみなかみエリア、栃木県の奥日光でツアーが開催されています。

ツアーなら基本姿勢や基本操作などガイドがわかりやすくレクチャーしてくれ、中にはエアーボードを使ってスノーフラッグやプチレースを楽しんだり、ロングランに挑戦する内容のものもありますよ!

いかがでしたか?冬のアウトドアレジャーも魅力にあふれるものばかりです。寒さを忘れるほど、夢中になる時間が過ごせること間違いなしです。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」は、国内で体験できる魅力的なアウトドアレジャーを多数ご紹介しています。安心安全のガイド・保険付きのツアーを最安値で掲載していますので、是非ご覧になってくださいね。

【アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で、国内のアウトドアレジャーをチェックする】

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

sayuri.h

sayuri.h

難しいことは考えず、自然の中で心も体も解放してみませんか??きっと心に燃料補給できますよ!そんなお手伝いが少しでもできれば、と考えています。

ツアーを予約する