初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

シュノーケリング 宮古島

宮古島でシュノーケリングするならレンタルよりツアーがお得

2016.04.19
今回は宮古島でシュノーケリング体験を計画している方のために、装備一式をレンタルするよりお得で便利なシュノーケリング・ツアーをご紹介しちゃいます。

憧れのサンゴ礁の青い海、宮古島でシュノーケリング!そんな夢のプランが決まったら、何を用意したらいいか考えるのが手順ですよね。シュノーケルに足ヒレに、あれもこれも。全部持って行ったら旅行カバンがパンパンになっちゃうかも!?

そんな時に便利なのが現地でのレンタル!でもレンタルよりも便利でお得な方法があるんです。それは……レンタル用品もセットになったシュノーケリング・ツアーに参加すること!!

今回は宮古島でシュノーケリング体験を計画している方のために、お得で便利なシュノーケリング・ツアーをご紹介します。

シュノーケリングには何が必要なの?

シュノーケリングとは、水中で呼吸をするための管がついた「シュノーケル」をつけて、泳ぎながら海の世界を観察するマリンレジャーです。基本の装備の他にも、水辺の安全を守るための装備も必要となってきます。

ここからは、シュノーケリングに必要な道具をご紹介しながら、宮古島で一般的なレンタル料金もお教えしちゃいます!

シュノーケリングの基本装備 相場レンタル価格2,000円

photo by PIXTA

シュノーケリングの基本装備は、シュノーケルマスク、フィン、ライフジャケットの3つ。レンタル店にもよりますが、宮古島の相場レンタル価格は2,000円前後のようです。

ラッシュガード 相場レンタル価格500円・ウェットスーツ 相場レンタル価格1,000円

photo by PIXTA

シュノーケリングでは、水着の上にラッシュガードかウェットスーツを着ることもあります。特に宮古島でシュノーケリングをするなら、日焼けを防止してくれるラッシュガードがあると便利です。気が付かないうちに日焼け(火傷)をするのを防いでくれますよ。

宮古島といっても長時間海にいると体が冷えてくることも。そんな体温の低下を防いでくれるのが、ウェットスーツです。ラッシュガード・ウェットスーツともに、すり傷防止としても活躍してくれる便利グッズです。

ラッシュガードの宮古島での相場レンタル価格は500円前後。ウェットスーツの相場レンタル価格は1,000円前後のようです。

ビーチパラソル&テーブルセット 相場レンタル価格1,000円

photo by PIXTA

シュノーケリングの合間にビーチで休憩するなら、ビーチパラソルとテーブルのセットがあると便利です。日差しを防いで、ゆっくり食事と休憩をとることができればシュノーケリングもさらに楽しくなりますよね。

ビーチパラソル&テーブルセットの宮古島での相場レンタル価格は1,000円前後です。

水中デジタルカメラ 相場レンタル価格 2,500円

photo by PIXTA

せっかく宮古島でシュノーケリングを楽しむなら、美しいサンゴと熱帯魚を写真に残したいですよね。そんな時に便利なのが水中デジタルカメラ♪

水中デジタルカメラの宮古島での相場レンタル価格は2,500円前後です。

シュノーケリング講習とガイド 相場価格5,000円(半日)

宮古島でシュノーケリングをするなら、現地の海をよく知っているガイドさんにシュノーケリングの講習とガイドをお願いするのがおすすめです。シュノーケリング初心者の方はもちろん経験者も、宮古島の潮の流れや海底の地形をよく知るガイドさんがいれば安心して南の海を満喫できますよ。

シュノーケリング講習とガイドの宮古島での相場価格は半日コースで5,000円前後です。

宮古島シュノーケリングのレンタル料金合計は?

以上が宮古島でシュノーケリングを楽しむためのレンタル料金になります。気になる合計金額は11,000円!といっても、高いのか安いのか、よくわかりませんよね。

そこで実際に宮古島で開催されているシュノーケリング・ツアーをご紹介しましょう。

【池間島の海と自然を楽しむエコツアー!】半日・ビーチシュノーケリング◆写真付なら基本料金5,000円〜!

今回、料金の参考にするのはセブンシーズ宮古島が開催する「【池間島の海と自然を楽しむエコツアー!】半日・ビーチシュノーケリング◆写真付楽しむエコツアー」です。

このシュノーケリング・ツアーは、宮古島シュノーケリングの目玉ともいえる日本最大級のサンゴ礁群『八重千瀬(やびじ)』のお膝元である池間島で開催されるツアーです。

ツアーの料金にはガイド代、シュノーケリング装備一式(シュノーケルマスク・フィン(足ひれ)・ライフジャケット・必要な方のみラッシュガードやウェットスーツ)のレンタル代、保険代が含まれていて、とってもお得!

セブンシーズのベースでは着替えをしたり無料のシャワーも使えるので、パラソルセットを借りる必要もありません。その上、うれしい無料タオルレンタルもありますよ。

水中デジタルカメラのレンタルはありませんが、ツアー中にガイドが撮影した写真をプレゼント!後日専用サイトからダウンロードできちゃいます!

これだけサービスがついて基本料金5,000円〜は見逃せないですよね♪

最後に

料金のお得さばかりご紹介しましたが、宮古島の離島・池間島には豊かな自然あふれるシュノーケリングの穴場スポットがいつくもあります。そして離島ということもあって小さな隠れ家のようなプライベート感を味わえるのが魅力です。

今回ご紹介したツアーは、小学生以上なら参加できるので家族づれにもピッタリです。白い砂浜とサンゴ礁の広がるエメラルドグリーンの海を満喫できる池間島で、ぜひシュノーケリングを体験してみませんか?

アウトドアレジャー専用予約サイト『そとあそび』では、宮古島でできるアクティビティを紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

Ishimaki Kano

Ishimaki Kano

全身で自然と風を感じるのが好きで、休日は河原をマウンテンバイクで走っています。趣味は街で見かけた動物や、月や空の景色を撮ること。カナダにバイソンの群れを見に行くのが夢です!

ツアーを予約する