定期便も就航!今、大注目の伊良部島・下地島のおすすめ観光スポット18選 2019.04.14 宮古島

沖縄県宮古諸島の中でも、驚くほど透明度の高い海に出合える伊良部島と下地島。2019年3月よりLCCの定期便が就航し、アクセスしやすくなった注目エリアのビーチや絶景スポット、グルメなど、2島のおすすめ観光スポットをご紹介!

今、沖縄で注目度が急上昇している伊良部島・下地島エリア。これまでは宮古島を経由しないとアクセスできませんでしたが、2019年3月より下地島空港に、成田空港(7月から関西空港便も就航)からLCCの定期便が就航!

テーマパークや大型商業施設など、派手なスポットはありませんが、とびきりきれいな海や景色、島ならではのグルメを楽しみながらゆっくり過ごしたい人にぴったりの島々です。沖縄旅行を計画中の方は、よりアクセスしやすくなった伊良部島・下地島に行ってみませんか?

今回は、島の魅力がたっぷり詰まった観光スポット18選をご紹介します!

目次

■眺めて、遊んで、目いっぱい楽しめるビーチ
 - 1.渡口の浜
 - 2.佐和田の浜
  【column】海に沈む夕日をSUPから眺める
 - 3.中の島ビーチ
  【column】サンゴや魚が豊富な海を散策!

■絶景スポットで唯一無二の景色に酔いしれる
 - 4.伊良部大橋
 - 5.牧山展望台
 - 6.フナウサギバナタ
 - 7.シンビジ
 - 8.白鳥崎
 - 9.通り池
 - 10.下地島空港17エンド
  【column】SUPで海上から景色を満喫
  【column】シュノーケリングで海中観察

■地元食材を食す!バリエーション豊かな島グルメ
 - 11.魚市場いちわ
 - 12.伊良部そば かめ
 - 13.伊良部島の本格PIZZA BOTTA
 - 14.島ごはん 琉宮
 - 15.Hamburger&Bar insula
 - 16.氷家 CAFE IRIE

■自然を感じられる宿泊スポット
 - 17.下地島コーラルホテル
 - 18.民宿キャンプ村

■伊良部島・下地島へのアクセス
 - 島内移動はレンタカーかタクシーで!

<<宮古島で体験できるアクティビティツアーの一覧はこちら>>

眺めて、遊んで、目いっぱい楽しめるおすすめビーチ

“宮古ブルー”と称される宮古諸島の海は、コバルトブルーやエメラルドグリーンなどの美しい色合いと透明度が魅力。またその海の色を引き立てる白い砂浜も特徴的です。

眺めるだけじゃない、海水浴やシュノーケリングなどもできるおすすめのビーチをご紹介します。

1.宮古諸島で一、二を争う人気ビーチ!「渡口の浜」

PIXTA

「渡口の浜(とぐちのはま)」は、宮古諸島でも一、二を争う人気のビーチ。

約800mにも及ぶ真っ白な砂浜が弧を描くように広がり、コバルトブルーの海とのコントラストが爽やかです。ビーチからは宮古島や来間(くりま)島、下地島を望めます。砂はさらさらのパウダーサンドで、素足で歩きたいビーチです。

ビーチには駐車場やトイレ、有料のシャワーがあるほか、売店や飲食店もあります。監視員はいないので、海水浴をする際は気を付けて遊びましょう。

渡口の浜
  • 沖縄県宮古島市伊良部字伊良部

2.日本の渚100選に選ばれた「佐和田の浜」は夕日も美しい!

PIXTA

日本の渚100選にも選ばれている「佐和田の浜」は、沖合いに巨岩が点在する独特な景色のビーチ。これらの巨岩は、1771年に発生した津波によって運ばれてきたものといわれています。

ビーチは遠浅で波が穏やかなので、子供連れの海水浴にもおすすめ。大潮の干潮時は水深が浅くなるので泳げませんが、潮溜まりでの生き物観察ができますよ。近くに無料で使えるトイレやシャワーがあるのもうれしいですね。

また美しい夕日スポットとしても知られ、恋人とロマンチックなサンセットタイムを過ごすのもすてきですね。

佐和田の浜
  • 沖縄県宮古島市伊良部佐和田1725

海上で過ごすサンセットタイムに感動!

大自然の風景に感動したい人におすすめ!

「Bonito(ボニート)」が主催する“サンセットSUPツアー”では、SUPに乗ってマングローブを抜け、佐和田の浜でサンセットタイムを過ごすといった非日常体験ができます。

マングローブエリアは川幅が広く流れも穏やかで、SUP初チャレンジの人にもぴったり!マングローブを抜けるころには、ちょうどサンセットタイムが近づいてきます。佐和田の浜へ出て、ゆっくりと沈みゆく夕日をSUPの上から眺めましょう。

美しい光景は脳裏に焼き付いて、一生の思い出として残るはず。ツアーには3歳から参加できるので、家族旅行のイベントにもおすすめです。

Bonito(ボニート)
  • 沖縄県宮古島市伊良部字国仲103 ボニート店舗

■関連記事
宮古島でSUPするならここ!絶対外せないおすすめツアーって?

3.波打ち際のすぐそばでサンゴや熱帯魚が見られる「中の島ビーチ」

PIXTA

現地では通称“カヤッファ”と呼ばれる「中の島ビーチ」といえば、下地島を代表するダイビングやシュノーケリングのスポット!

入り江のような地形のこじんまりとしたビーチですが、浜のすぐそばまでサンゴ礁が広がっています。透明度抜群の海の中をのぞけば、クマノミなどのカラフルな熱帯魚が出迎えてくれますよ。

ビーチは砂ではなく、ごつごつとしたサンゴのかけらでできています。そのため、マリンシューズなど足を保護できる靴を履くのはマスト。トイレやシャワーはありませんが、サンゴや熱帯魚を間近で見られるおすすめのビーチです。

中の島ビーチ
  • 沖縄県宮古島市伊良部

サンゴや魚が豊かな海を散策!

中の島ビーチで、サンゴや熱帯魚が泳ぐ鮮やかな海の世界をじっくり堪能したいと思いませんか?

「エコガイドカフェ」が開催する“シュノーケリング&体験ダイビングツアー”では、100種類以上のサンゴや鮮やかな魚に出会えます。海の人気者、クマノミは4種類も住んでいるのだとか。また、複雑な地形もダイバーたちを楽しませてくれるポイントです。

シュノーケリングで海に慣れたら、お次は体験ダイビング。ガイドがぴったり後ろに付いてマンツーマンでサポートしてくれるため、初心者や子供でも安心です。体の両サイドにタンクを装備する「サイドマウントスタイル」で潜水するので、安定感も抜群。触れることなく、サンゴや魚たちに接近できますよ。

エコガイドカフェ
  • 沖縄県宮古島市伊良部 中ノ島(カヤッファ)ビーチ

■関連記事
ハズレなし!宮古島で感動のシュノーケリング体験をするならこのツアー!

絶景スポットで唯一無二の景色に酔いしれる

伊良部島・下地島には美しい海が織りなす絶景スポットが豊富!ぜひゆっくり時間を取って、景色を楽しむ散策をしてくださいね。

4.海を渡る橋はSNS映え間違いなしの人気ドライブスポット「伊良部大橋」

PIXTA

2015年に開通した「伊良部大橋」は、宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの橋。無料で渡れる橋としては、日本一の長さを誇ります。

そんな「伊良部大橋」は、ドライブスポットやSNS映えスポットとしても人気。青く透き通る海の上を車で走れば、爽快感抜群!思わず窓を開けて風を感じたくなるような、すばらしい絶景が広がります。

車で旅をするなら、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

伊良部大橋
  • 沖縄県宮古島市平良久貝

5.宮古島や伊良部大橋を一望できる!「牧山展望台」

PIXTA

秋に伊良部島に飛来する「サシバ」という鳥を模した形が目を引く「牧山展望台」。伊良部島で最も高い場所にある展望台で、伊良部大橋や宮古島、天気が良ければ池間島や来間島まで一望できます。

コバルトブルーの海に白い雲、遠くに浮かぶ島々や水平線。広がるのは、ささいなことなど気にならなくなるような絶景!

展望台は牧山公園の中にあり、駐車場から展望台までは遊歩道をしばらく歩きます。周囲には亜熱帯原生林が生い茂り、南国らしい雰囲気を感じながら散策できますよ。

牧山展望台
  • 沖縄県宮古島市伊良部池間添923-1

6.断崖絶壁の向こうに広がる海のグラデーションが圧巻!「フナウサギバナタ」

PIXTA

牧山展望台が伊良部島の南東、伊良部大橋の近くにあるのに対し、「フナウサギバナタ」は島の北側の海に面した展望台。形も牧山展望台と同じサシバを模していますが、こちらの方がよりリアルなのがポイント!

現地の言葉で“船を見送る岬”という意味を持つフナウサギバナタは、展望台と海との距離が近く感じられます。

断崖絶壁の向こうに広がる、エメラルドグリーンからコバルトブルーへのグラデーションに心奪われること間違いなしの絶景スポットです。

フナウサギバナタ
  • 沖縄県宮古島市伊良部

7.まるで映画のワンシーン!海へと続く階段「シンビジ」

 

View this post on Instagram

 

うーちゃん⋆◡̈⃝さん(@chi__ro__roi)がシェアした投稿 -

「シンビジ」はフナウサギバナタと白鳥崎の間にある、穴場的スポット。

海へと続く階段があり、満ち潮のときには階段の下方が海に浸かる、何ともすてきな光景が見られます。ここで写真を撮れば、SNS映えすること間違いなし!

潮が引いているときにはビーチが出現。周囲を散策したり、波打ち際で遊んだりもできます。

シュノーケリングをする人もいて、近くにはウミガメが現れるポイントもあるとか。プライベート感漂うシンビジで、まったり海を感じてみては。

シンビジ
  • 沖縄県宮古島市伊良部

■関連記事
【宮古島】美しい海を満喫!おすすめのシーカヤックツアーはこれ!

8.入り組んだ海岸線と東シナ海の水平線を望める「白鳥崎」

PIXTA

伊良部島の北に位置する「白鳥崎」は、東シナ海の水平線を望める絶景スポット。複雑な地形が楽しめるダイビングスポットとしても人気で、近くには多くのダイビング船が泊まります。

白鳥崎からフナウサギバナタまでは、西海岸公園として遊歩道が整備されています。海岸沿いを散策でき、東屋では休憩もできますよ。

昼間の景色もさることながら、夕日の美しさもピカイチ。夕方に訪れるのもおすすめです。

白鳥崎
  • 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田

9.数々の伝説が残る、神秘的な青をたたえる池!「通り池」

PIXTA

「通り池」は、全国的にも珍しい地形と景観を有する2つの池で、国の名勝と天然記念物に指定されている人気スポット。海側は「一の池」、陸側は「二の池」と呼ばれており、2つの池は地下でつながっています。

静かな青い水面はただそれだけでも美しいですが、潮の満ち引きによって水深が変化し、水温の違う層ができることで池の色が変化するのも楽しめるんです。

ダイビングで海中からエントリーすると、“日本のブルーホール”と称される池の色の変化を体感できるそう。

また、通り池には「ユナイタマ伝説」と呼ばれる人魚にまつわる伝説など、数々の言い伝えも残されています。そんな予備知識があれば、より景色が神秘的に見えてくるかもしれませんね。

通り池
  • 沖縄県宮古島市伊良部佐和田

10.航空ファン熱狂の撮影ポイント!飛行機の離着陸を間近で見られる「下地島空港17エンド」

PIXTA

「下地島空港17エンド(17END)」といえば、下地島空港の北側に伸びた滑走路。

もともとパイロットの養成訓練のために使われていた下地島空港は、脇にあるビーチや外周道路から離着陸する飛行機を間近で眺められるとあって、航空ファンのみならず一般の人までを魅了する撮影ポイントでした。

ところが下地島空港に定期便が就航するのに伴い、2019年3月23日に17エンドへ向かう道路は車両通行止めとなりました。

以前のような大迫力の光景には出合えませんが、17エンドの東側対岸になる佐和田の浜や通り池側の市道からは17エンド周辺を遠望できます。

また17エンド周辺まで行けるアクティビティツアーもあるので、安全な方法で17エンドの景色を楽しんでくださいね。

主催会社:下地島空港 17エンド
  • 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田1739

下地島エリアも候補!SUPで海上から景色を満喫

宮古・伊良部・下地・来間(くりま)といった宮古諸島の島々で、SUPを楽しめるのが「ひでちゃんTours宮古島」の“半日SUPツアー”。

その日の海況によって、10ヶ所以上からベストなポイントを選んで案内してくれます。少人数制のツアーなので、参加者の希望に合わせてツアー内容をアレンジしてくれるのも特徴。17エンド周辺に行ってみたい場合は、ぜひリクエストしてみましょう!

浮力の高いボードに立ち、パドルで漕ぎながら進むSUPは、海上からの景色を満喫するのにおすすめ。ときにはボードの上に寝そべったり、座ったり、リラックスして海中の魚やサンゴを眺めるのも楽しいですよ。

主催会社:ひでちゃんTours宮古島
  • 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根380 平良アパートB202 「ひでちゃんツアーズ」店舗(正確な集合場所はツアー前に連絡)

豊かなサンゴと熱帯魚が住む17エンド周辺でシュノーケリング!

伊良部島・下地島エリアの海をシュノーケリングで楽しめるのが、「宮古島シュノーケリング教室」の“ボートでSEAピクニックシュノーケルツアー”。

17エンドや中の島、青の洞窟、狩俣などのポイントから、3ヶ所でシュノーケリングができるという充実の内容!17エンド周辺の海は豊かなサンゴが観察できるポイントで、カラフルな魚たちもサンゴの根に群れ、まるで海中の楽園といった光景を目にできますよ。

このツアーも少人数制なので、17エンド周辺に行きたい場合はガイドに伝えておきましょう。17エンド以外も魅力的なポイントばかり。1日たっぷり美しい海を堪能してくださいね。

主催会社:宮古島シュノーケリング教室
  • 沖縄県宮古島市平良荷川取593 荷川取漁港(ニカドリギョコウ)内

地元食材をたっぷり食す!バリエーション豊かな島グルメ

沖縄グルメといったら沖縄そばにチャンプルーと決めつけていませんか?伊良部島・下地島には数こそ多くないけれど、地元の新鮮な食材を使った本格派のグルメ店があるんです!食事をするためだけでも、伊良部大橋を渡る価値ありですよ。

11.鮮魚を味わうなら「魚市場いちわ」がおすすめ!

佐良浜(さらはま)漁港の目の前にある「魚市場いちわ」。昼間はランチと特産品のショップ、夜は居酒屋として営業しています。漁港で水揚げされたばかりの新鮮な魚を使った料理が自慢のお店。

人気メニューは「佐良浜そば」と「桶盛り丼」。ソーキそばならぬ佐良浜そばは、ここで捕れたカツオのだしにマグロの角煮やたっぷりのカツオ節がのった、海鮮のうまみが詰まった逸品です。

桶盛り丼は、その名の通り“桶”に盛った海鮮丼。マグロやカツオ、サーモンイクラなどが桶からはみ出して盛り付けられています。店内で作られたこだわりの「伊良部島鰹醤油」をかけて食べれば、島の幸をたっぷり堪能できますよ。

伊良部島漁師直売所 魚市場 いちわ
  • 沖縄県宮古島市伊良部池間添6-19
  • 0980-78-3909

・営業時間:ランチ11:00~15:00、居酒屋18:00~24:00、ショップ11:00~18:00
・定休日:不定休

12.自家製麺とこだわりの具がおいしい「伊良部そば かめ」

 

View this post on Instagram

 

nyanyao_sanさん(@nyanyao_san)がシェアした投稿 -

「伊良部そば かめ」は、自家製麺と伊良部島ならではの食材を使ったメニューが人気の店。もともと古民家だった店内はどこか懐かしい雰囲気で、ついついくつろいでしまいそうです。

店の看板メニューは、店名にもある「伊良部そば」。伊良部島近海で捕れたカツオを使ったなまり節と骨付き肉が入っています。もう1つの人気メニュー「かめそば」には、三枚肉とソーキ、ゆし豆腐と呼ばれる沖縄の豆腐が入ったボリューム満点の一品。どちらも、主役はもちもちしてコシのある自家製麺です。

ほかにも、刺身やマグロの握りなどが食べられます。リピーターも多く、著名人も立ち寄るという人気店。ぜひそ味わってみてくださいね!

伊良部そば かめ
  • 沖縄県宮古島市伊良部字長浜251
  • 0980-78-5477

・営業時間:11:00〜16:00、18:00〜21:00
・定休日:不定休

■関連記事
宮古島で何食べよう?厳選グルメスポット15選

13.佐和田の浜を眺めながらいただく本格ピザ「伊良部島の本格PIZZA BOTTA」

 

View this post on Instagram

 

Aikoさん(@ordinary___ak)がシェアした投稿 -

白壁のモダンな外観がおしゃれな「伊良部島の本格PIZZA BOTTA(ボッタ)」。注文が入ってから石窯で焼く、本格的なピザをいただけるお店です。

厳選した粉を使って薄く伸ばしたローマピザは、パリッとしたクリスピーな食感を楽しめます。食事系のピザは、マルゲリータやジェノベーゼなど6種類。デザート系のピザやケーキ、ジェラートもあるのでカフェ利用もおすすめです。

おいしい食事やドルチェもさることながら、BOTTAの魅力は「日本の渚100選」の1つである佐和田の浜を眺めながら食事ができること!

“自然と調和した店でくつろぎの時間を”というコンセプトの通り、店内と外はひとつながりになっており、とても開放的。満席になることもあるので、絶対に行きたいという人は、事前に予約しておきましょう。

伊良部島の本格PIZZA BOTTA(ボッタ)
  • 沖縄県宮古島市伊良部佐和田1726-4
  • 0980-78-5010

・営業時間:11:30~16:00
・定休日:火曜

14.島の恵みを創作料理で楽しめる!「島ごはん 琉宮」

伊良部大橋から車で約5分、下地島にほど近い場所にある「島ごはん 琉宮(りゅうぐう)」。オーナーが世界各国で修業して身に付けた、さまざまな調理方法を駆使して作られた創作料理を味わえます。

料理に使われているのは、すべて地産地消ににこだわった地元食材。メニューは刺身メインの定食や宮古牛100%ハンバーグ、カツオのキーマカレーなど。その日に伊良部島で水揚げされた魚介類や庭で採れる野菜やハーブ、宮古牛やアグー豚など、島の恵みを味わい尽くせます。

またアルコールの品ぞろえも豊富で、ここでしか飲めない泡盛もあるのだとか。沖縄県内でもトップクラスの評価を得る店で、沖縄らしい創作料理を楽しみましょう!

島ごはん 琉宮
  • 沖縄県宮古島市伊良部字伊良部1492-13
  • 0980-78-6544

・営業時間:12:00~15:00、18:00~23:00
・定休日:火曜

15.伊良部島ならではのこだわりが詰まったハンバーガー「Hamburger&Bar insula」

全国の観光地で見かけるご当地バーガーですが、伊良部島にもオリジナリティあふれるハンバーガーが食べられるお店があるんです。それが「Hamburger&Bar insula(インスラ)」!

おすすめは、伊良部島ならではの製法で作るバイカンチキンバーガー。“バイカン(焙乾)”とは、なまり節を作るためにカツオを燻して乾燥させる工程のこと。焙乾したチキンのうまみに、甘辛い照り焼きソースが絶妙にマッチする逸品です。

特製バンズに無添加パティをサンドした各種バーガーは、すべてテイクアウトOK!海辺で食べれば、バケーション気分も盛り上がること間違いなし。事前に予約しておくとスムーズにお出かけできますよ。

Hamburger&Bar insula
  • 沖縄県宮古島市伊良部字国仲22
  • 090-7381-4001

・営業時間:12:00~16:00、19:00~24:00
・定休日:不定休

■関連記事
宮古島を余すところなく堪能しよう!人気のアクティビティ大特集

16.島のフルーツをかき氷でたっぷり堪能「氷家CAFE IRIE」

汗ばむ陽気の日に、冷たいものが欲しくなったら「氷家CAFE IRIE」へ!ホテルサウスアイランド1階にあるテイクアウト専門のカフェですが、入り江を望めるホテルのテラス席でも飲食を楽しめます。

看板メニューのかき氷は、伊良部島産マンゴーをはじめ、かぼちゃやパッションフルーツなど島のフルーツをぜいたくに堪能できる内容です。

かき氷店ではありますが、ランチにぴったりのカレーもラインナップ。十六穀米のごはんと、さらっとしたルーの「南国チキンカレー」は、全部で3種類。変わり種のマンゴーカレーは、かき氷と同じく伊良部島産マンゴーが入り!トッピングの特製ピクルスが良いアクセントになっていますよ。

夏には季節限定の生絞りジュースも登場。フルーツのみずみずしさで、暑い日も思い切り観光を楽しみましょう。

氷家CAFE IRIE
  • 沖縄県宮古島市伊良部伊良部1493-1
  • 0980-78-3895(ホテルサウスアイランド)

・営業時間:11:00~18:00
・定休日:水曜

自然を感じられる宿泊スポット

宮古島から楽々日帰りできる伊良部島・下地島エリアですが、島の雰囲気を満喫するならやっぱり宿泊するのがおすすめ。今回は長期滞在にもぴったりなコテージのある宿泊施設を紹介します。

17.快適かつリーズナブル!コテージではBBQもできる「下地島コーラルホテル」

下地島にある複合施設「さしばの里」に併設された「下地島コーラルホテル」は、ANAの乗員宿舎をリニューアルした宿泊施設。

部屋タイプはシングル、セミダブル、ダブル、ツイン、コテージの5つから選べます。内装はとてもシンプルで、ビジネスホテルのような雰囲気。一転コテージはアットホームなつくりで、テラス側の芝生ではBBQもできますよ。

夜には芝生で満天の星空を眺めたり、虫の声を聞きながら静かに過ごすのもいいですね。

朝食は宿泊代に含まれているほか、さしばの里に併設されているレストランも利用できます。リーズナブルにゆっくりと過ごせるホテルです。

下地島コーラルホテル
  • 沖縄県宮古島市伊良部佐和田1727
  • 0980-78-6787

・営業時間:チェックイン15:00、チェックアウト10:00

18.おしゃれなコテージで快適に過ごせる!「民宿キャンプ村」

佐和田の浜まで徒歩約5分の「民宿キャンプ村」は、全棟独立したコテージが利用できる宿泊施設(キャンプ場の利用は要問い合わせ)。

コテージは2人用のワンルームタイプと、5人用の2階建てタイプが選べ、すべてベッド付き。バス・トイレはもちろん、小さめのキッチンや冷蔵庫、クーラーなども完備されているので快適に過ごせますよ。

屋外は広々としていて、キャンプ場では陸生のホタルや野鳥観察も楽しめます。自然を感じながら、清潔感のあるコテージでリラックス。旅の疲れをゆっくり癒やすのにぴったりです。

民宿キャンプ村
  • 沖縄県宮古島市伊良部国仲645-1
  • 0980-78-3100

・営業時間:チェックイン15:00、チェックアウト10:00

伊良部島・下地島へのアクセス

PIXTA

伊良部島・下地島へアクセスするには、いくつか方法があります。

まず、宮古島から伊良部大橋を渡ってアクセスする方法。羽田空港からの直行便、もしくは那覇空港からの乗継便を利用して宮古空港に行き、そこから車やタクシーなどで伊良部島へと向かいます。路線バスを利用する場合、宮古空港から伊良部島への直通バスはないため平良港で乗り換えが必要です。

次に、今春新たに旅客ターミナル施設がオープンした下地島空港を利用する方法。成田空港から下地島空港までジェットスターの直行便が1日1便就航し、アクセスがしやすくなります!2019年7月には、関西国際空港と香港からも就航します。

ちなみに、みやこ下地島空港は雰囲気も魅力的。搭乗待合室の隣には、リゾート施設の屋外プールのような水辺の空間があります。空港でもリゾート感を味わえるので、下地島直行便を利用する人はぜひ施設にも注目してみてくださいね。

島内移動はレンタカーかタクシーが便利!

伊良部島・下地島を観光するなら、レンタカーかタクシーを利用するのがおすすめ!

宮古島の平良港から伊良部島へ運行している従来のバスは、地元民向けなので島の中心部しか通りません。伊良部島北部の「白鳥崎」方面や、下地島西部の「通り池」方面などの観光スポットには立ち寄りませんし、バスの運行時間も気になるところ。レンタカー・タクシーの方が自由に行動できるメリットもあります。

下地島空港にはオリックスレンタカーとトヨタレンタカーがあるので、到着してすぐレンタルできて便利!もちろん、宮古空港周辺にもレンタカーショップは多数あります。

地元のバスに乗ってみたい!という人にも朗報です。下地島空港の定期便就航に伴い、下地島空港と宮古市内中心部を結ぶ、新しいバスが運行スタート。これまで通らなかった伊良部島南部を通り、宮古空港、宮古島南部のリゾートホテルエリアまでアクセスできるので、現地でチェックしてみてはいかが。

注目の伊良部島・下地島で癒やしの旅を!

伊良部島・下地島では、離島ならではのありのままの自然と、ゆったりと流れる時間を肌で感じられるはず。

下地島空港への直行便を利用すれば、時間のロスも少なく、目いっぱい島での観光を楽しめます。この機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、伊良部島・下地島をはじめ、沖縄本島や離島でのさまざまなアクティビティを紹介しています。初心者や子供も一緒に体験できるツアーも多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(文:上田麻歩)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する