東京から日帰りOK!人気アクティビティを気軽に楽しもう! 2017.01.25 関東

東京に住んでいたら、大自然に囲まれたアウトドアな遊びはなかなかできないと思ったら大間違い!関東圏には都心から日帰りで行ける、自然豊かなスポットがたくさんあるんです!今回はそんな日帰りOKのアクティビティを一挙にご紹介します。

photo by Rawpixel

都心はショッピングスポットやイベントなど、遊ぶ場所には事欠かないエリア。ですが、「思いっきり自然の中で体を動かして遊びたい!」となった時に思い浮かぶ場所は…?はっきり言ってあまり無いですよね。

そこで今回は、都心からでも日帰りOKの関東圏のアウトドアな遊びをご紹介!週末は気持ちの良い景色の中で思いっきりリフレッシュして、元気をチャージしちゃいましょう!

山で遊ぶ!

ツリーイング

”ツリーイング”とは単純に言うと”木登り”のこと。たかが木登りと侮るなかれ!実はとっても奥が深く、リラックス効果の高いアクティビティなんです。

都心より電車で約2時間ほどで行ける群馬県のみなかみでは、初心者や子供まで気軽に参加することができる、ツリーイング体験ツアーを開催しています。

誰でも木登りを楽しめるその秘密は、専用ロープとハーネス!特殊なロープワークシステムで、力のない女子でもスイスイと木の上まで登ることが可能になっています。

木の上では景色を楽しんだり、設置してあるハンモックでゆっくりとティータイムを過ごしたり…都会の喧騒を忘れさせてくれる素敵なひと時になること間違いなしです。

ケイビング

”ケイビング”という名称はあまり馴染みがないかもしれませんが、要するに洞窟探検!実は都心から日帰りで、ワクワクドキドキの冒険に繰り出すことができるんです!

洞窟がある場所のほとんどはやはり山の中。関東圏では山梨の富士山や群馬、埼玉など、ケイビングツアーを催行している場所がたくさんあります。

洞窟内は1年を通して気温が安定しており、夏にはヒンヤリと涼しく、冬は外よりも暖かいのが特徴。腹ばいになったり、狭い岩場を通り抜けたり…大冒険の果てには、息をのむほどの神秘的な光景に出会えるかもしれません!

つなぎは貸し出してもらえるし、温泉入浴券付きのツアーもありますので、思いっきり泥だらけになって冒険を楽しみましょう!

セグウェイ

”セグウェイ”という乗り物をご存知の方も多いのではないでしょうか?!立ったまま移動できる電動二輪の乗り物で、わずかな体重移動だけで進行方向を操作します。

最先端技術で作られたハイテクな乗り物・セグウェイは最近になって公道での使用も許可されましたが、そのための条件は厳しく、個人での利用はまだまだ難しいもの。そのため気軽に乗ることができるツアーがおすすめです。

山梨では初心者でも気軽にセグウェイを体験できるツアーを催行しており、八ヶ岳の麓の素晴らしい風景の中でのびのびとセグウェイで遊ぶことができます。

初めての方でもツアーの初めに少し練習すれば、すぐに乗り方をマスターできるので大丈夫。テーマパークなどでもセグウェイに乗せてくれる場所はありますが、こんなに気持ちの良いツーリングは他ではなかなか体験できませんよ!

海・川で遊ぶ!

シーカヤック

海で遊ぶといえば、水着を着て海水浴!が定番の過ごし方ですが、”シーカヤック”ならシーズン問わず海で1年中遊ぶことができます。

海の中に入って遊ぶというよりは、悠々と海上散歩を楽しむのがシーカヤックの醍醐味。神奈川の葉山ではシーカヤック体験ツアーを催行しており、だれでも気軽に葉山の海を散策することができます。

カヌーやカヤックはすぐにひっくり返ってしまうイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、ツアーに使用するカヤックは、複数人が乗り込める大きなタイプが用意されています。安定感も抜群で、めったに海に落ちることはありません。

ツアー中には沖合の無人島へ上陸して、磯遊びをしたり、島でゆっくりとコーヒーブレイクしたり…終始のんびりとした癒しの時間を過ごすことができます。

キャニオニング・シャワークライミング

沢の水を浴びながら、渓谷を下っていく”キャニオニング”と、逆に下流から上流へと登っていく”シャワークライミング”。どちらも水の美しい自然豊かな渓谷ならではのエキサイティングな遊びです。

ウエットスーツとライフジャケットを着込み、激しい水の流れに逆らいながら岩を上ったり、天然のウォータースライダーで勢いよく水の中へ飛び込んで行ったりと、スリル満点の内容になっています。

魅力がいっぱいのアクティビティですが、ライフジャケットやクライミングで使用するロープなどの道具に用意することに加え、渓谷内での危険度の低いルートを知っておくことが必要。初めての人がいきなり始めるにはハードルが高めのアクティビティといえます。

関東圏ですと、東京の奥多摩や、群馬のみなかみや四万、栃木の鬼怒川などでツアーを催行していますので、まずはツアーに参加してその土地に詳しいガイドと一緒にキャニオニングやシャワークライミングを楽しむのがおすすめです。

ラフティング

今や川のアクティビティの代表格ともいえる”ラフティング”。複数人でボートに乗り込み、激流スポットをボートに乗り合わせた仲間たちと一緒に乗り越えていく、大興奮間違いなしのアクティビティ!

関東圏では、東京の奥多摩をはじめ、埼玉の長瀞、群馬、栃木、山梨、静岡など、多くの場所でラフティングツアーを開催しており、誰でも気軽に楽しむことができます。

どのエリアにも流れの激しい名物スポットが存在し、同じ川でもルート選びで川の様子はだいぶ変わってきます。

過去にラフティングを経験したことのある方でも、別の場所でツアーに参加するとまた違った楽しさを味わうことができるので、ぜひ色んな場所にお出かけしてみましょう!

空で遊ぶ!

パラグライダー

”パラグライダー”は、風の力を受けてパラシュートを広げ、斜面を駆け下りて空中浮遊を楽しむアクティビティ。機械などは搭載していないので難しい操作技術は必要なく、コツさえつかめば誰でも気軽に空中散歩を楽しむことができるのが魅力です。

飛行中はスピードを感じるというよりは、ふわふわとした独特の浮遊感を味わうことができ、眼下には今までに見たことのない絶景が広がります。

関東圏でパラグライダーを体験できる場所は、雪のない時期のスキー場を活用しているところがほとんど。埼玉県や千葉県、茨城や栃木、群馬など豊富にあるので、都合や予定に合わせてお好きなツアーを選びましょう。

興味があるけど、一人で飛ぶ勇気がなかなか出ない方は、インストラクターと一緒にフライトできる、タンデムコースを用意しているツアー会社を選ぶのもおすすめです。

ハンググライダー

パラグライダーよりももっとスピード感のある空の遊びをお探しなら、”ハンググライダー”がおすすめ!

金属の骨組みで構成されたハンググライダーの機体は風を受けることで凧のように空へと飛んでいき、上下左右、まるで鳥のように自由に空を飛ぶ感覚を味わえます。

山梨にはパラグライダー体験ができるスクールがあり、富士山の見える素晴らしい絶景を鳥の視点で見ることがで複数人で乗ることもできるので、なんと4歳の小さいお子さんから参加できます。

日常では味わうことのできないドキドキと感動は、家族みんなにとって忘れられない思い出になること間違いなしです!

バンジージャンプ

空中での絶叫体験といえば、なんといっても”バンジージャンプ”!命綱のみを着けた状態で高所から自ら飛び降りる緊張とスリルは、心拍数MAXのアクティビティです!

世界中の様々な場所で行われていますが、国内でのおすすめのスポットは、渓谷などに架かる橋からのバンジージャンプ!緑豊かで吸い込まれそうに美しい渓谷への飛び込みは、恐怖にも負けないくらいの爽快感があります。

関東圏では、茨城県の竜神橋、群馬県の猿ヶ京や諏訪峡大橋でバンジージャンプに挑戦することが可能。どの場所も見晴らしの良い素晴らしいロケーションです。

雪で遊ぶ!

スノーシュー

”スノーシュー”はハイキング気分で雪山をゆっくりと散策できる雪のアクティビティ。スノーシューとはかんじきの様な器具で、これを履いて歩くことで、雪の上でも埋もれずにスイスイと進むことができるのが特徴です。

栃木や山梨、群馬などの雪深いエリアではスノーシューツアーを催行しており、スキーやスノーボードでは見つけることのできないような、小さな野生動物の痕跡や、自然現象に出会うことができる魅力いっぱいの内容になっています。

ただ歩くだけでなく、雪の滑り台をすべったり、様々な雪遊びを提案してくれるので、あまり雪遊びをしたことがないお子さんのいるご家族にもおすすめです。

バックカントリースキー

スキー場でのスキーやスノーボードを楽しむだけでは飽き足らなくなってしまったあなたには、”バックカントリー”がおすすめ!

まだ誰も踏み入ったことのない新雪の上をスキーやスノーボードで一気に滑り降りていくアクティビティ。パウダースノーを巻き上げ、木々を避けながらの滑りは、スキー場では味わえない興奮と冒険がいっぱいです!

ですが、整備されていない雪山の中を登って滑り降りてくるのは、その山に詳しくない人が単独でチャレンジするのはとても危険なこと。バックカントリー初挑戦ならなおさらです。

群馬の谷川岳や武尊山などでバックカントリー体験ができますので、興味のある方はまずはツアーに参加して、山に詳しいガイドの案内のもと始めてみましょう!

エアーボード

スキーともスノーボードとも違う、まったく新しいスタイルの雪遊びをお探しなら、”エアーボード”に挑戦してみましょう!エアーボードとはスイス発祥の雪遊びツール。

空気で膨らませたボードの上に腹ばいになって乗り込み、雪原を滑り降りていきます。裏面には凸凹のあるエッジが付いており、体重移動によって進行方向をコントロールすることができ、慣れてくるとターンなどアクティブな動きをすることも可能です。

エアーボードは地面と顔が近くスピードも出るため、かなりスリリング!とっても注目度の高いスノーアクティビティなのですが、現時点では国内で楽しめるスキー場は限られている状態です。

とはいえ、群馬のみなかみや栃木の奥日光など、日帰りでエアーボードを体験できるスポットは意外と多くありますので、気になる方はぜひ体験して、話題を先取りしちゃいましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?!都心から日帰りで遊びに行ける大自然を舞台としたアクティビティはこんなにたくさんあります!

たまには雑然とした街中を抜け出して、ちょっと遠くへお出かけしてみましょう!きっと、心身ともにリフレッシュできる素敵な週末になるはずですよ。

今回ご紹介したアクティビティ以外にも関東圏で開催しているアウトドアツアーは他にもたくさんあります。

アクティビティの予約ができるサイト「そとあそび」でそれぞれ詳しくご紹介していますので、週末の予定を立てる際の参考にぜひしてみてくださいね!

【アウトドアツアーの予約サイト「そとあそび」で関東のアクティビティを探してみる!】

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する