絶対ハズさない!名護の観光スポット30選 2018.10.21 名護

沖縄本島北部の玄関口である名護は、景勝地からテーマパーク、グルメ、アクティビティと観光スポットが豊富!東西、そして北部も海に面しており、海岸線の美しさでも知られています。今回はそんな名護で押さえておきたい観光スポット30選を紹介します。

沖縄は年間を通して人気のあるリゾート地。その中でも沖縄本島北部に位置する名護市は、西側にある中心市街は名護湾に望み、東側、さらに北側もそれぞれ海に接しており、美しい海岸線が魅力です。また内陸には山や森もあり、本島の中でも変化に富んだ自然が広がります。

そんな名護にはテーマパークなどの観光施設をはじめ、グルメやショッピングなどを楽しめるスポットも豊富!今回は名護に行ったら訪れたい人気の観光スポットをたっぷりご紹介します。沖縄旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【目次】

- 1.幸喜ビーチ
- 2.名護中央公園
- 3.ブセナ海中公園
- 4.ブセナ体験ダイビング&シュノーケリング
- 5.ネオパークオキナワ
- 6.ひんぷんガジュマル
- 7.古宇利大橋
- 8.オリオンハッピーパーク
- 9.道の駅・許田
- 10.OKINAWAフルーツランド
- 11.名護湾
- 12.世紀の森ビーチ
- 13.名護パイナップルパーク
- 14.ワルミ大橋
- 15.屋我地島
- 16.嵐山展望台
- 17.嘉陽でSUPクルージング
- 18.DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森
- 19.やんばるリバートレッキング
- 20.やんばるの森でATV四輪バギー
- 21.ヘリオス酒造
- 22.名護博物館
- 23.かりゆしビーチ
- 24.名護さくら祭り
- 25.轟の滝
- 26.多野岳
- 27.森のガラス館
- 28.シーサーパーク琉球窯
- 29.万国津梁館
- 30.OKINAWAゴーヤーパーク

<<名護で体験できるアクティビティツアーの一覧はこちら>>

1.天然の自然が残る「幸喜ビーチ」

PIXTA

名護には観光スポットとしてもおすすめのビーチが数多くありますが、まずおすすめなのが「幸喜(こうき)ビーチ」。

天然の自然が残るロングビーチの美しさを満喫できます。幸喜ビーチは喜瀬ビーチと繋がっており、長くまっすぐなビーチの長さは約1km。開放的な砂浜の奥には木陰もあり、のんびりと過ごせます。近くのリゾートホテルでは各種マリンスポーツも楽しめますよ。

幸喜ビーチ
  • 沖縄県名護市幸喜
  • 0980-54-2567

2.ヒガンザクラの名所!夜景も楽しめる「名護中央公園」

PIXTA

名護の市街地に接する名護岳一帯にある「名護中央公園」は、日本の桜の百選にも選ばれたヒガンザクラでも有名な観光名所。展望台から見えるエメラルドグリーンの東シナ海の眺めは格別ですが、おすすめは夜!

名護中央公園には夜景スポットが多く存在しますが、中でも公園内にある「さくらの園」の夜景が最高!車を降りずに夜景を満喫できるのもうれしいポイントです。

名護中央公園
  • 沖縄県名護市名護5511
  • 0980-52-7434 

3.エメラルドグリーンの海が望める「ブセナ海中公園」

PIXTA

名護湾に面する部瀬名岬にある「ブセナ海中公園」は、沖縄本島唯一の海中展望塔やユニークなクジラ型のグラスボードがある観光スポットです。

海中展望塔は天候に左右されず、服を着たまま沖縄のエメラルドグリーンの海を楽しめるところが魅力!竜宮城のような美しい海の世界を気軽に楽しめますよ。

ブセナ海中公園
  • 沖縄県名護市喜瀬1744-1
  • 0980-52-3379

4.熱帯魚と一緒に泳ごう!「ブセナで体験ダイビング&シュノーケリング」

沖縄でもトップクラスのリゾート地・ブセナで体験できる“ダイビング&シュノーケリングツアー”がこちら!ブセナのアウトリーフで1番といわれるポイントが舞台です。

たくさんの熱帯魚や海底に広がる白砂、カラフルなサンゴの群生など、見どころが盛りだくさん!人気のクマノミと記念撮影ができることもあります。

体験ダイビングではインストラクターが常に寄り添って泳いでくれるので、子供や初心者の方でも安心して参加することができます。ブセナの海でぜいたくな時間を堪能しませんか。

アイランドブリーズ
  • 沖縄県名護市喜瀬1792 ブセナリゾート内

■関連記事
半日ボートシュノーケリングで沖縄・名護の高級リゾート地「ブセナ」の海を堪能できるツアー

5.「ネオパークオキナワ」で珍しい動物に出会う!

PIXTA

「ネオパークオキナワ」は、沖縄自動車道「許田(きょだ)」ICから車で20分のところにある観光スポット。日本最大のフライングケージを設置することで、動物との距離はなし!自然に近い姿で生き生きと動く動物を間近に見ることができます。

園内ではフラミンゴの湖やアマゾンのジャングル、オセアニアの乾燥林などがあり、世界各地の珍しい動植物を見ることができます。子供たちに人気のふれあい広場ではカピバラやゾウガメ、リャマなどがお出迎え。ぜひファミリーで訪れてほしいスポットです。

ネオパークオキナワ
  • 名護市名護4607-41
  • 0980-52-6348

・営業時間:9:00〜17:30
・入場料:大人660円、子供430円

6.樹齢約300年の巨木を見に行こう!「ひんぷんガジュマル」

名護市のメインストリートにある「ひんぷんガジュマル」は、樹齢約300年のガジュマル。名護市のシンボルの1つで、国の天然記念物にも指定されています。

高さ約19m、枝の直径約30mで、その大きさは圧巻の一言。ガジュマルは、本島では北部や南部に行かないとなかなか見ることができないので、名護観光の際はぜひ訪れてみてください。

ちなみに、“ひんぷん”とは屋敷の正門と母屋との間に設けられた屏風状の塀のことで、外からの目隠しや悪霊を防ぐものです。

1750年に当時の運河開通論と王府の名護移遷論議を鎮圧するために建てられた石碑がヒンプンのように見えるため、その隣にこの大木もひんぷるガジュマルと呼ばれるようになったそうです。

ひんぷんガジュマル
  • 沖縄県名護市大東1-1

■関連記事
名護の歴史を巡る旅!押さえておきたい観光スポット

7.エメラルドグリーンの海を渡る橋!ドライブにおすすめの「古宇利大橋」

PIXTA

名護市北部にある「古宇利大橋(こうりおおはし)」は、名護市に属す屋我地島(やがじしま)とそのさらに北に浮かぶ古宇利島とを結ぶ全長1,960mの橋で、透明度の高いエメラルドグリーンの海の上を渡ることができます。

古宇利島には沖縄版アダムとイブ伝説が残っていることでも有名。古宇利島オーシャンタワーや、島の北側のティーヌ浜にあるハートロックは恋人たちにも人気のスポットです。美しい自然に囲まれて、ロマンティックなひと時を過ごしてみては。

古宇利大橋
  • 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

8.ビール工場で見学と試飲が楽しめる「オリオンハッピーパーク」

charlieさん(@azmax5267)がシェアした投稿 -

沖縄を代表するビール「オリオンビール」の工場は、名護で人気の観光スポット。オリオンビールができる様子を工場で見学した後は、うれしい試飲タイムが待っています!見学から試飲までは約1時間のコースです。

もともとはオリオンビール名護工場の見学施設だった場所で、2011年にリニューアルされました。見学だけでなくオリオンビール園「やんばるの森」での食事や、オリジナル商品を扱うグッズショップでの買い物も楽しめます。

オリオンハッピーパーク
  • 沖縄県名護市東江2-2-1
  • 0980-52-2138

・工場見学受付:9:20~16:40

9.農産物や特産品の買い物が楽しめる「道の駅 許田」

PIXTA

「道の駅 許田」は観光地としても有名な道の駅。沖縄自動車道の終点「許田」ICから車ですぐのところにあり、沖縄県民はもちろん観光客にも大人気!

“やんばる(山原)”と呼ばれる本島北部一帯の農産物や特産品が販売されており、オリジナルのシフォンケーキや伊平屋島産の黒糖を使用したソフトクリームもいただけます。美ら海水族館をはじめ、北部の人気観光施設の割引チケットなども販売されているので要チェックですよ!

道の駅 許田
  • 沖縄県名護市許田17-1
  • 0980-54-0880

・営業時間:8:30〜19:00

10.「OKINAWAフルーツランド」で南国のフルーツを堪能!

「OKINAWAフルーツランド」は雨の日でも楽しめる名護の観光スポット。創業40周年を迎えた2013年にリニューアルし、パワーアップした施設内には熱帯のフルーツや鳥たちがたくさん!7〜8月の夏休みシーズンには日本最大の蝶・オオゴマダラを見ることもできます。

園内では地図を見ながらストーリーに沿ってフルーツを学ぶ仕組みになっています。また、パイナップル食べ放題や南国フルーツをたっぷり使用したおいしいデザートも見逃せません!見て・学んで・食べて、南国気分を思う存分満喫しちゃいましょう。

OKINAWAフルーツランド
  • 沖縄県名護市字為又1220-71
  • 0980-52-1568

・営業時間:9:00~18:00
・入場料:大人1,000円、子供500円

11.冬にはザトウクジラがやってくる!ダイビングも楽しめる「名護湾」

PIXTA

名護市の国道58号線沿いに広がるエメラルドグリーンの名護湾は、人気の絶景ポイント。白い砂浜から眺める夕日が美しいことでも知られています。

毎年1月〜4月頃にはザトウクジラが立ち寄る湾としても有名で、遭遇率7割の年もあるほど。砂浜から出発できるダイビングポイントにもなっているので、初心者や船が苦手な方におすすめです。

名護湾
  • 沖縄県名護市

■関連記事
沖縄の冬の風物詩!この時期限定の「ホエールウォッチング」は魅力がたくさん

12.名護市民憩いの場所「21世紀の森ビーチ」

「21世紀の森ビーチ」は名護湾に面した新しいビーチ。美しい海と真っ白な砂浜が特徴で、名護市民憩いのビーチとして親しまれています。

ビーチのある公園内には、日本ハムファイターズがキャンプを行う名護市民球場やBBQ広場などの施設もあり、楽しみ方もいろいろ。

遊泳期間中は、パラソルやイスなど海水浴に必要なものをほとんどレンタルできるのも魅力の1つ。監視員も常駐しているのでファミリーにもおすすめです。

21世紀の森ビーチ
  • 沖縄県名護市宮里2-2-1
  • 0980-52-3183

・遊泳期間:5月1日~9月30日
・遊泳時間:9:00~18:30

13.見て食べて楽しめる「ナゴパイナップルパーク」

PIXTA

「許田」ICから約25分。「ナゴパイナップルパーク」は沖縄のパイナップルの歴史とともにパイナップルを見て、食べて、楽しめる人気の観光スポットです。

パイナップルは地面から生えた株に実がつきます。種類は約2,000種類ありますが、食べられるパイナップルはそのうち200種類ほど。身近なフルーツですが、実は知らないこともたくさん!子供の夏休みの自由研究にもおすすめです。

パイナップル号で園内を回った後は、パイナップル食べ放題やジュース・ワインの試飲も楽しんでみては。

ナゴパイナップルパーク
  • 沖縄県名護市為又1195
  • 0980-53-3659

・営業時間:9:00〜18:00
・入園料:大人850円、中学生600円、小学生450円

■関連記事
沖縄本島・名護ではずせない!おすすめグルメまとめ

14.「ワルミ大橋」から絶景を眺めよう!

PIXTA

「ワルミ大橋」は2010年12月に開通したばかりの新しい橋。名護市北部の屋我地島と本部(もとぶ)半島を結んでおり、橋の下にはワルミ海峡が広がっています。

橋のたもとにある「橋の駅・リカリカワルミ」は、地元の名物やお土産を楽しめると大人気!中でも今帰仁村(なきじんそん)産牛のステーキは絶品です。

ワルミ大橋は「許田」ICから30分ほどで行けるので、ドライブにもおすすめ!ビーチとはひと味違う、橋の上から眺める海と森の絶景を満喫できますよ。

ワルミ大橋
  • 沖縄県名護市屋我

15.小さな離島「屋我地島」でビーチ遊びを楽しもう

PIXTA

「屋我地島」は名護市北部にある小さな離島です。本島とは橋で繋がっているのでアクセスも便利!那覇空港からは高速道路を使って約1時間半、「許田」ICから約20分ほどでアクセスできます。

島にある屋我地ビーチには海の見える宿泊施設があり、海水浴、キャンプ、カヤックなど丸1日ビーチで楽しめるところが魅力!遊泳区域にはクラゲネットも設置されているので子供も安心です。

また、普段は海によって隔てられている陸地と島が干潮時にのみ繋がる“トンボロ現象”も見どころの1つ。その際に現れる道は「ピュアロード」と呼ばれており、カップルの縁結びスポットとして人気があります。

屋我地島
  • 沖縄県名護市屋我143

16.羽地内海を一望できる絶景スポット「嵐山展望台」

PIXTA

「嵐山展望台」は羽地内海(はねじないかい)を一望できる人気の絶景スポット!羽地内海は屋我地島と本部半島の間に位置しており、一帯は鳥獣保護区の指定を受ける景勝地でもあります。

パイナップル畑に囲まれた展望台から望む海、緑、砂浜のコラボレーションは一見の価値あり!1階の売店ではパイナップルをはじめとする地元特産品の直売も行っています。

「許田」ICから約20分で行くことができるので、ドライブで立ち寄ってみるのもおすすめです。

嵐山展望台
  • 沖縄県名護市字呉我1460-2
  • 0980-53-1212

17.透明度の高い嘉陽の海で「SUPクルージング」さらにシュノーケリングとトレッキングも満喫!

マリンスポーツを楽しみたい方におすすめなのが、SUP(サップ)!SUPとは「Stand up paddle surfing(board)」の略称で、浮力の高いサーフボードに立ち、パドルを使って進む新しい水上スポーツです。

名護の東海岸にある嘉陽(かよう)では、「テラワークス」が初心者OKの“SUPツアー”を開催中。

SUP以外に、シュノーケリングや亜熱帯の森でのジャングルトレッキングも楽しめるのがこのツアーの魅力!出発前に丁寧な講習があるので、初心者や子供でも安心して挑戦できます。透明度が高い嘉陽の海とワイルドな自然を思いっきり満喫しましょう!

主催会社:テラワークス
  • 沖縄県名護市嘉陽40番地 「嘉陽の家」

■関連記事
【名護】シュノーケリングにSUP、トレッキングも!欲張りなあなたに贈るとっておきのツアー

18.「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」の原生林で恐竜時代にタイムスリップ

名護市の北西にある「DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森」は、沖縄で唯一ヘゴの原生林を見ることができるスポット!ヘゴは大型の木性シダで、日本南部から東南アジアに分布しています。

やんばるの森には貴重な固有種が多く生息しており、“東洋のガラパゴス”と呼ばれるほど!園内には80体以上の恐竜の模型があり、まるで恐竜時代にタイムスリップしたかのような森で、珍しい植物や生き物に出会うことができます。

併設されている御菓子御殿では、あの有名な紅芋タルトをはじめ沖縄のさまざまなお菓子を販売しているので、お土産を買うのにもおすすめです。

DINO恐竜PARK やんばる亜熱帯の森
  • 沖縄県名護市中山1024-1
  • 0980-54-8515

・営業時間:9:00〜18:00
・入園料:大人800円、小人500円

19.全身で沖縄の自然を感じる「やんばるリバートレッキング」

やんばるの手つかずの自然を満喫したいなら、「アースシップ沖縄」が開催する“リバートレッキングツアー”がおすすめです。集合場所は名護市北部に接する大宜味村(おおぎみそん)のター滝。清流をジャブジャブ進みながら、やんばるの森のオアシスを目指して出発します!

トレッキングでは落差12mの滝に打たれたり、滝つぼにジャンプしたりと、亜熱帯の自然の中で思いっきり水遊びを楽しむことができます。

ツアー中は水辺でもジャングルでもスタッフがばっちり写真を撮ってくれるので、カメラの心配は無用!基本装備のレンタルが充実しているのも魅力のツアーです。

主催会社:アースシップ沖縄
  • 沖縄県国頭郡大宜味村津波1570-1 「ター滝」駐車場

■関連記事
沖縄のキャニオニングツアーがアツい!やんばるの森で大冒険

20.家族でオフロード走行が楽しめる!「やんばるATV四輪バギー」

あらゆる地形を走行できるATV四輪バギーで、やんばるの森を駆け抜けるアクティビティに挑戦しませんか?名護市街地から車で約10分。やんばる国立公園の入り口で「どきどきヤンバルンチャー」が開催しているのが、家族で体験できる“バギーライドツアー”。4歳〜10歳までは大人と同乗で参加できます。

まずは森の外にあるでこぼこや泥沼、急坂など変化に富んだオフロードコースをバギーで走行!やんばるの森に入った後はトレッキングも楽しみ、亜熱帯の植物を観賞する時間もあります。もちろん、森の中もバギーで駆け抜けます。

公道は走らないので自動車の免許は不要。家族3世代での参加も可能な爽快アクティビティです。

どきどきヤンバルンチャー
  • 沖縄県名護市字世冨慶1084 ヤンバルンチャー

21.「ヘリオス酒造」の工場見学で泡盛の歴史にふれよう

ヘリオス酒造までは「許田」ICから車で約3分。600年の歴史を持つ泡盛やサトウキビのラム酒、ゴーヤの果汁を使ったビールなど沖縄ならではのお酒を製造しています。

泡盛の奥深さを知ることができる工場見学もおすすめ!泡盛の歴史や製造工程を学んだあとは試飲タイムもありますよ。工場見学の所要時間は約1時間ほどで、事前に予約が必要ですが当日でもOK。

古酒蔵ショップでは泡盛はもちろん、オリジナルグラスなどのお土産を買うこともできます。名水の地と呼ばれる許田で作られたおいしい泡盛を満喫しましょう!

ヘリオス酒造
  • 沖縄県名護市字許田405
  • 0980-50-9686

受付時間:9:00~17:00
定休日:毎週水曜日

22.やんばるの歴史を知りたいなら「名護博物館」

「名護博物館」は“名護・やんばるの生活と自然”をテーマにした博物館。貴重な展示物を通して、やんばるの人々の生活文化や歴史を知ることができます。

1階では民族資料や写真、剥製などを中心にした展示。2階はクジラ漁やイルカ、ジュゴンに関する展示コーナーになっており、13mあるマッコウクジラの骨標本は見逃せません!

また、建物入口に植えられた大きなブーゲンビリアも美しいと評判。沖縄ではよく見かける花ですが、ここまで立派なブーゲンビリアは珍しいそう。ぜひ観賞してみてくださいね。

名護博物館
  • 沖縄県名護市東江1-8-11
  • 0980-53-1342

・開館時間:10:00〜18:00
・休館日:月曜・祝日・年末年始・第4木曜日
・入館料:大人160円、大学生100円、小・中・高校生50円

23.マリンスポーツが楽しめる「かりゆしビーチ」

PIXTA

「許田」ICから国道58号線で西へ約10分、名護市と接する恩納村にあるのが「かりゆしビーチ」。リゾートホテル「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」のプライベートビーチですが、宿泊者以外も有料で利用ができます。

かりゆしビーチの魅力は豊富なビーチメニュー!ダイビングはもちろん、ジェット噴射で空中飛行ができるフライボードやホバーボードも楽しむことができます。

レストランやコンビニ、レンタル品も充実しており、監視・救護所もあるので子供のいるファミリーにもおすすめです。エメラルドグリーンの海と、南国ムード満点のビーチで気軽にマリンスポーツを楽しみましょう!

かりゆしビーチ
  • 沖縄県国頭郡恩納村喜瀬

・外来利用料:大人500円、子供300円

■関連記事
子供と恩納村観光!子連れでも充分に楽しめる沖縄

24.1月下旬に開催!桜と海のコラボレーションが美しい「名護さくら祭り」

「名護さくら祭り」は、毎年1月下旬に名護城跡に整備された名護中央公園で開催されています。ここで見られる桜は、寒緋桜(かんひざくら)と呼ばれる品種で、下向きに咲く鮮やかなピンク色の花が特徴です。

名護城跡の展望台から望む、東シナ海の美しい海と桜のコラボレーションは絶景!名護中央公園では約2kmにおよぶ遊歩道を歩きながら桜を楽しむことができます。

本州はまだまだ寒い1月。一足先に春を満喫できるなんて、得した気分になれそうですね。

名護さくら祭り
  • 沖縄県名護市城2丁目4周辺
  • 0980-53-7755

25.マイナスイオンに癒やされる「轟の滝」

PIXTA

先に紹介した「道の駅 許田」のお隣にある集落・数久田(すくた)の奥地にある「轟の滝」。駐車場から滝まではあまり離れていないので、気軽に行きやすいスポットです。

落差約28mとそれほど大きい滝ではありませんが、滝つぼ周辺では涼やかな空気を感じられます。近くにはベンチもあり、木々の緑とマイナスイオンの中で休憩するのもおすすめ!道の駅と合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

轟の滝
  • 沖縄県名護市数久田604

26.「多野岳」でバードウォッチング

PIXTA

名護市街地の東、「多野岳(たのだけ)」の標高は約385m。初日の出スポットとしても知られており、頂上からの眺めは琉球八景の1つに指定されている絶景ポイントです。

そんな自然豊かな多野岳でおすすめなのが、バードウォッチング!国の天然記念物であるヤンバルクイナやカラスバトなど、貴重な鳥が生息しています。

海を満喫した後や新鮮な空気と緑の中でのんびりしたいという時には、ぜひ訪れてみてくださいね。

多野岳
  • 沖縄県名護市仲尾次

27.沖縄の伝統工芸!「森のガラス館」で琉球ガラス製作を体験しよう

「森のガラス館」は、色鮮やかな琉球ガラスグッズの販売や琉球ガラス体験ができる施設です。「許田」ICから車で約10分、美ら海水族館からは車で約30分のところにあります。

人気の琉球ガラス体験ではオリジナルのグラスやアクセサリー、フォトフレームなど、豊富な体験メニューが用意されています。所要時間も15分〜40分ほどなので、気軽に体験できますよ。

店内にはさまざまなガラス製品が並んでいるので、ぜひ手に取って見てみてください。色鮮やかで美しい琉球ガラスは、お土産にもきっと喜ばれるはずです。

森のガラス館
  • 沖縄県名護市為又478
  • 0980-54-2121

・営業時間:9:00〜18:00(ガラス工房は17:00まで)

28.「シーサーパーク琉球窯」で自分だけのオリジナルシーサーを作ろう

Asamiさん(@asamins418)がシェアした投稿 -

沖縄といえばシーサーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。森のガラス館から歩いてすぐ。「シーサーパーク琉球窯」では、オリジナルのシーサー作りを予約なしで楽しむことができるんです。

工房はシーサーテーブル200台、電動ロクロ5台と沖縄随一の規模!作ってすぐにお土産として持ち帰れる「素焼シーサー」や、琉球土をこねて作り上げる「陶器シーサー」、漆喰と赤瓦で作る「漆喰シーサー」など体験メニューも豊富です。

また沖縄最大規模のシーサーショップも併設しており、作る時間はないけどシーサーが欲しい!という方にもおすすめです。1,000種類以上のシーサーの中から、ぜひお気に入りのシーサーを見つけてくださいね。

シーサーパーク琉球窯
  • 沖縄県名護市為又479-5
  • 0980-43-8660

・営業時間:10:00~19:00

29.九州・沖縄サミットの開催地!ぜいたくなロケーションが楽しめる「万国津梁館」

PIXTA

「万国津梁(しんりょう)館」は、2000年の九州・沖縄サミットの議場にも選ばれたリゾートコンベンション施設です。

万国津梁とは世界の架け橋を意味しており、会場が利用されていない時は無料で見学することができます。

施設内にあるカフェもおすすめで、沖縄の素材をふんだんに使ったドリンクやデザートを最高の景色とともに味わえます。

万国津梁館
  • 沖縄県名護市喜瀬1792
  • 0980-53-3155

・開館時間:9:00~17:00

30.ゴーヤーをおいしく楽しく学べる施設「OKINAWAゴーヤーパーク」

「OKINAWAゴーヤーパーク」では、沖縄の代表的な野菜ゴーヤーを土を使わず、水と水溶性肥料のみで栽培しています。

ここでのおすすめはゴーヤー茶!近隣の農家から運ばれてきた新鮮なゴーヤーを使ったゴーヤー茶は、まろやかで飲みやすく栄養たっぷりなんです。

ゴーヤーショップにはゴーヤーを使った商品がめじろ押し!ソフトクリームやお菓子もあるので、ゴーヤーが苦手な方もぜひ挑戦してみましょう。

OKINAWAゴーヤーパーク
  • 沖縄県名護市中山894-9
  • 0980-53-7758

・営業時間:8:30~18:00(11月〜3月は17:30まで)

観光スポットが豊富な名護で充実した旅を!

景勝地からテーマパーク、アクティビティまでバラエティ豊かな観光スポットを持つ名護。これからの季節は観光客も少なく、どこへ行っても落ち着いて満喫できるおすすめのシーズン。ぜひ名護で充実した旅を楽しんでくださいね。

アウトドアレジャーの予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、名護市をはじめ、沖縄全域のアウトドアレジャー情報を紹介しています。旅行の前にはぜひこちらもチェックしてくださいね。

(編集部注*2016年2月24日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する