初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

沖縄県

沖縄の2月は隠れた穴場シーズン!?意外と知らない冬の魅力教えます。

2017.11.30
「2月の沖縄なんて寒そうだし、旅行で楽しめるの?」なんてお思いかもしれませんが、そんなことはありません!冬の時期限定のイベントなどもあり、魅力的なシーズンなんです。今回は冬の沖縄の楽しみ方をご紹介します!

オフシーズンにあたる2月の沖縄旅行…いったいどんな魅力があるのか、気になる方も多いはず!

2月の沖縄は観光客が少ないため、憧れのリゾートホテルの宿泊予約ができたりと、思わぬメリットが実はいっぱいあるんです。美ら海水族館をはじめとした、寒い日も楽しめる屋内スポットも意外と多いです。

さらには、この時期限定のイベントやアクティビティがあったりと、まさに穴場シーズン!さっそく2月の沖縄の魅力を詳しくご紹介します。

沖縄の2月とは?

photo by PIXTA

南国のイメージが強い沖縄ですが、真冬にあたる2月は一体どのような気候なんでしょうか?!

沖縄の平均気温は10℃を切ることがほとんどない、温暖な気候が特徴。2月の那覇市内で見てみると、平均気温はおよそ17℃と東京の春のような温かさ!

さらに2月の沖縄の降雨量は、ピークの6月や9月に比べると半分ほど。旅行中に雨に見舞われることも少ない時期です。

photo by PIXTA

寒さに凍えることもなく、雨の心配も少ない2月の沖縄は、観光にも最適!観光客も少ないため道も比較的空いており、レンタカーでの移動も快適です。

オフシーズンということもあり旅行会社で予約も取りやすく、運が良ければ格安ツアーが見つかることも!旅行代金を抑えたい方にもピッタリの時期といえます。

2月におすすめの観光スポット

首里城公園

photo by PIXTA

沖縄の代表的な観光スポット・首里城のある「首里城公園」は、国営の沖縄記念公園のひとつ。敷地内にはかつての琉球王国の雰囲気を感じることができ、中国と日本の築城文化を融合した独特の建物が並びます。

有料区域の本殿の内部には、貴重な世界遺産“首里城跡”を見ることができる場所があるので、ぜひ足を運んでみましょう。

二千円札でお馴染みの守礼門や、世界遺産指定の園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)など、無料で観覧できる場所も多く、公園内を散策しているだけでも貴重な史跡に出会うことができます。

夏の首里城観光は暑くて敷地内をすべてまわるのは大変ですが、冬ならばそれほど暑くないないので観光しやすいですよ!

首里城公園
  • 沖縄県那覇市首里金城町1-2
  • 098-886-2020

・アクセス:那覇空港より車にて約40分
・開門時間:区域や季節によって異なる
・定休日:7月の第1水曜日とその翌日
・料金:(有料区域)大人820円、高校生620円、小中学生310円、6歳未満無料

斎場御嶽

photo by PIXTA

斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王国最高の聖地と謳われていた遺跡。“御嶽(うたき)”とは、琉球王国の時代に祭祀などを行う場所のことであり、神聖な力が集まるパワースポットとして多くの観光客が訪れています。

最奥部にある三庫理(さんぐーい)の入り口は、岩と岩に挟まれたような不思議な形状をしており、自然の神秘を感じられる人気のフォトスポットです。

photo by PIXTA

斎場御嶽から出土した勾玉や陶磁器は、考古資料として国の重要文化財に指定されており、斎場御嶽自体も、首里城跡などとともに世界遺産に登録されています。

斎場御嶽
  • 沖縄県南城市知念字久手堅270-1
  • 098-949-1899

・アクセス:那覇空港より車にて約50分
・営業時間:【3~10月】9:00~18:00(最終入館17:30)、【11~2月】9:00~17:30(最終入館17:00)
・定休日:(2017年)11月18日~11月20日
・料金:大人(高校生以上)300円、小人(小中学生)150円

2月におすすめのアクティビティ

ダイビング

photo by PIXTA

「ダイビングが楽しめるのは夏だけ!」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

2月の沖縄の海水温度は、なんと20℃前後!ウエットスーツやドライスーツを着ていれば、快適に海中散歩を楽しむことができます。

photo by PIXTA

冬は水温が低いため海中プランクトンの数も少なく、海の流れも夏に比べて活発なため、海水の透明度は年間を通して1番高いと言われている時期。天気が良い日は、澄んだ青が印象的な美しいビーチを見ることができます。

写真派のダイバーや、別世界のような海中の風景を堪能したい方は、冬のダイビングが断然おすすめです。

【アクティビティの予約サイト「そとあそび」で、沖縄のダイビングツアーを探してみる!】

ホエールウォッチング

冬の沖縄ならではのアクティビティといえば、ホエールウォッチング!北の海で暮らしていたクジラたちが、出産・育児のために沖縄周辺の海まで南下してくる、冬の時期だけの貴重なイベントです。

ホエールウォッチングツアーは、本島プランから離島プランまで、さまざまな場所で開催されており、旅行の予定や都合に合わせやすいのも魅力。

遭遇率もかなり高く、出会えなかった場合は全額返金保障つきのツアー会社もあるので、安心して参加できます。

ジャンプやブリーチなど、派手なパフォーマンスも多く、見どころもたっぷり!冬に沖縄旅行するなら、ぜひ参加していただきたい体験ツアーです。

【アクティビティの予約サイト「そとあそび」で、沖縄のホエールウォッチングツアーを探してみる!】

2月におすすめのイベント

なはさくらまつり

photo by PIXTA

毎年2月上旬~中旬に開かれる「なはさくらまつり」は那覇市で開かれている桜のイベント。本州では3~4月が桜の開花のピークですが、温暖な沖縄では早いところで1月下旬頃から開花が始まります。

なはさくらまつりの会場となるのは、国際通りから歩いて15分ほどの場所にある、那覇市与儀公園。

桜とヤシの木 沖縄らしいね #那覇市 #沖縄 #与儀公園 #桜 #やしの木

A post shared by @chika_kuuneruru on

期間中は花木の展示即売会や、フラダンスなどのリゾート感が味わえるイベントも用意され、園内に植えられた400本ほどのカンヒザクラとともに楽しむことができます。

ヤシの木を背景に見る桜の風景は、沖縄ならでは!沖縄旅行で、一足早い春を感じに立ち寄ってみましょう!

なはさくらまつり
  • 沖縄県那覇市与儀1-1 与儀公園
  • 098-855-2552(全沖縄花木生産組合)

・アクセス:ゆいレール「安里駅」下車、徒歩約20分
・開催期間:2017年2月8日(水)~2月12日(日)
・料金:無料

プロ野球キャンプ

photo by PIXTA

プロ野球ファンにとっては、2月の沖縄は熱いシーズン!数多くの球団がキャンプ地として訪れるため、憧れの選手の練習風景を間近に見ることができたり、タイミングが合えば直接触れ合うこともできる楽しいイベントです。


ここで、昨年2017年に沖縄でキャンプを行った球団と場所を見てみましょう!

<セ・リーグ>
【読売ジャイアンツ】那覇市・沖縄セルラースタジアム那覇(2/15~2/25)
【横浜DeNAベイスターズ】宜野湾市・宜野湾市立野球場(2/1~2/28)
【阪神タイガース】国頭郡・宜野座村野球場(2/1~2/29)
【東京ヤクルトスワローズ】浦添市・浦添市民球場(2/1~2/25)
【中日ドラゴンズ】北谷町・北谷公園野球場(2/1~2/29)

<パ・リーグ>
【北海道日本ハムファイターズ】名護市・名護市営球場(2/19~2/29)
【千葉ロッテマリーンズ】石垣市・石垣市中央運動公園野球場(2/1~2/19)
【東北楽天ゴールデンイーグルス】久米島町・久米島野球場(2/1~2/11)

2月中は沖縄県内でたくさんの球団がキャンプを行っています。特定の球団を楽しむだけでなく、スケジュールと場所を事前に確認しておけば、滞在中にいくつかのキャンプを周ることも可能です!

球場によっては、期間中にグッズや食べ物を販売しているところもあり、野球に詳しくない方でも気軽に楽しむことができます。これをきっかけに野球ファンになっちゃうかも?!

2018年のキャンプについては、日程などの詳細は未定の様子。お目当ての球団がある方はこまめに情報をチェックして旅行プランを立てましょう!

プロ野球キャンプ
  • 沖縄県宜野湾市、浦添市、北谷町、名護市、石垣市、久米島町ほか

・期間:2月上旬~下旬 ※球団により異なる
・球場の入場料金:無料

意外と穴場の2月で沖縄を満喫しよう

オフシーズンの2月の沖縄ですが、この時期ならではのイベントや魅力がいっぱいあります。

まだ沖縄に行ったことのない方はもちろん、何度も訪れている沖縄好きさんにもおすすめですよ!

今回文中でご紹介したアクティビティは、アウトドアツアーの予約ができるサイト「そとあそび」から直接申し込みが可能!サイト限定の予約特典付のコースもありますので、お得に沖縄旅行を楽しみたいなら、欠かさずチェックをしておきましょう!

【アクティビティの予約サイト「そとあそび」で、沖縄の体験ツアー一覧を見てみる!】

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!

ツアーを予約する