初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

SUP・パドルサーフィン

ボードの上で行う水上ヨガ「SUP YOGA(サップヨガ)」への注目が世界中で高まる

2015.06.26
体幹を鍛え、精神的にもリラックスできるボードの上で行う水上のヨガ「SUP YOGA(サップヨガ)」が、世界中で注目を集めており、日本でも広がりを見せ始めています。

「ヨガ」を知らないという方はほとんどいないでしょう。

運動量が多いものから、リラックス重視のものまで、ヨガの種類はさまざまです。

ヨガの種類は場所によっても異なり、中には水上で行うヨガ「SUP YOGA(サップヨガ)」というものが存在することはご存知でしょうか?

今回は人気急上昇中の「SUPヨガ」についてご紹介します!

SUP(スタンドアップパドルボード)って何?

まずは、「SUP(スタンドアップパドルボード)」の説明から。SUP(スタンドアップパドルボード)は、世界中で急激に人気が高まっているウォーターアクティビティーです。

ボードに立ってバランスを取りながら、パドルで水を漕いで移動します。SUPのボードはサーフボードと比較すると浮力が高く安定しており、簡単に乗ることができます。

それでもボード上という不安定な場所でバランスを取るため、SUPを経験する人はインナーマッスルが鍛えられるという効果もあり、フィットネスとしても注目されています。

ただでさえ、フィットネスとして注目されているSUPと、ヨガを組み合わせてしまったのが「SUPヨガ」です。

SUPボードの上でヨガ!?

「SUP YOGA(サップヨガ)」は、SUPの一歩進んだ楽しみ方として生まれたもの。禁煙、ハワイやアメリカの西海岸を中心に、急速に愛好者が広がっています。最近では、都市生活者向けアクティビティブランド「ティップ.クロス TOKYO」でも、「SUP YOGA(サップヨガ)」のコースがスタートしました。

女優でタレントの田中律子さんが会長を務める「SUP YOGA(サップヨガ)」の安全な普及啓発活動とインストラクターの育成を行う日本サップヨガ協会が2014年に設立されたりと、日本でも色々な広がりを見せ始めています。

「SUP YOGA(サップヨガ)」の魅力

水の音や揺れを感じながら行うヨガは、日常とは異なる身体感覚を与えてくれ、それが精神的な開放感につながります。深呼吸をしながら、足の裏で水のゆらぎを感じる。そうすることで、心身のコンディションをととのえ、ゆっくりと自分自身と向き合うことができます。

さきほども紹介したように、水面に浮かぶ不安定なボードに立つことで、体幹を意識したコアトレーニングにつなげます。様々なポーズへと挑戦することで、さらにバランス能力を鍛え、均整のとれたカラダを作っていくことができます。

「SUP YOGA(サップヨガ)」を体験する人が続々と

身体を鍛えつつ、精神的にもリラックスすることができる「SUP YOGA(サップヨガ)」。定期的に行えるだけでかなりの開放的な気分になることができそうです。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、SUP(スタンドアップパドルボード)を体験できるツアーを数多く紹介しています。「SUP YOGA(サップヨガ)」に関心がある方は、ぜひSUPを体験してみてはいかがでしょうか?

アウトドアレジャー予約サイトそとあそびでSUP(スタンドアップパドルボード)をチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

sotoasobi

sotoasobi

アウトドア・レジャー専門の予約サイト『そとあそび』が運営しています。自然との関わりを楽しむ人を増やしたいという想いを持って、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。