初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

沖縄

沖縄でシュノーケリングできるスポットまとめ

2015.11.22
沖縄なら一年中シュノーケリングを楽しむことができます。青く美しい海で熱帯魚や様々な生き物と触れ合ってみよう!

南の島「沖縄」までは、東京の羽田空港から約2時間半、大阪の伊丹空港から約2時間。午前中の便で出発すれば、午後はたっぷり海遊びができます。

秋の沖縄は、観光シーズンが一段落し、気候も落ち着いてきて海の透明度が高くなる時期なので、絶好のシュノーケリングシーズンです!今回はそんな沖縄でシュノーケリングを体験できるおすすめスポットをご紹介します。

神秘的な青さが魅力!真栄田岬(沖縄本島 恩納村)

沖縄で最も人気のシュノーケリングのスポットと言えば、恩納村(おんなそん)の真栄田(まえだ)岬です。ここは、東シナ海に面した断崖絶壁の岬ですが、駐車場、トイレ、シャワーなどの設備も整っているので、初めてシュノーケリングを体験する方にはおすすめです。

また、海水の浸食によって作り出された真栄田岬の「青の洞窟」では、洞窟内部の海面が神秘的に青く輝くため、多くの観光客に人気スポットです。すっかり人間に慣れている魚たちは、魚の方から人間に近寄ってきますので、簡単に熱帯魚と戯れることができるにも魅力です。

家族連れにおすすめ!瀬底島

photo by PIXTA

瀬底島は、沖縄の観光スポット「沖縄美ら海水族館」で有名な沖縄県本部町にあり、周囲は約8キロの小さな離島です。瀬底島のビーチはとっても美しく、透明度も高く、砂浜は真っ白でサラサラの砂なので、まさに南の島の楽園のようです。

美しい白浜が広がるビーチは海水浴場として人気が高いですが、浜から沖合200メートルほど広がる遠浅の海一帯はシュノーケリングの人気スポットです。リゾート気分を味わえる瀬底島で美しい海に癒されてみてはいかがでしょうか。

離島でもシュノーケリングできます!(慶良間諸島、石垣島)

慶良間諸島は、沖縄本島の那覇市からは高速船で約1時間の東シナ海に浮かぶ島々です。透明度の高い海が広がり、サンゴ礁はもちろん、クジラやウミガメなど様々な生き物が暮らしています。観光客であふれる沖縄本島とは違うのんびりとした時間が流れる慶良間諸島でのシュノーケリングを体験してみてください!

沖縄本島から南に400キロほど行ったところに石垣島があります。平成25年に新空港が開設されたので、観光客が増えている沖縄の人気スポットです。

沖縄県の最高峰「於茂登岳」がそびえ立ち、海中にはマンタがゆったり泳ぐ美しいサンゴ礁が広がる自然豊かな島です。個性あふれるビーチがたくさんあり、なかでも沖縄を代表する景勝地の川平湾は世界でも有数の透明度を誇ります。

最後に

いかがでしたか?

沖縄県にはたくさんのビーチがあります。日本にいながら南国気分を味わえるので、都会の喧騒を忘れてゆっくりのんびり海遊びを楽しみに沖縄に向かってみましょう!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、沖縄で体験できるたくさんのシュノーケリングツアーをご紹介しています。是非参考にしてくださいね!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yasuko

yasuko

東京生まれ、海外育ち。小さい頃からいろんなスポーツをやりながら育ち、今は3人の子供たちと一緒に「そとあそび」を楽しんでます。