スキューバダイビング 沖縄県

沖縄でダイビング・スキューバダイビングのライセンスを取りたい!気になる疑問を一挙解決

2017.08.28
沖縄でスキューバダイビング・ライセンス取得を検討中のみなさん!ライセンス取得のための費用や講習内容など、気になる疑問を解決します。「沖縄の美しい海で自由に泳ぎ回りたい」という夢を叶えましょう!

沖縄は国内でも屈指の人気ダイビングスポット!最近では観光の一環で楽しむだけではなく、ライセンス取得を目的に沖縄を訪れているダイバーも増えてきています。

今回は、「ダイビングのライセンス、一度は挑戦してみたいな…」とお考えのあなたのために、沖縄でスキューバダイビングのライセンス取得に関する疑問にお答えします!これを読んで、あなたもダイビングデビューしちゃいましょう!

Q.ダイビング初体験!まず何から始めればいい?

photo by PIXTA

沖縄でスキューバダイビングのライセンス取得するには、まずショップ選びから始めることをおすすめします。

ショップによってライセンス取得講習にかかる時間が若干異なることがあるので、事前に講習内容を確認し、自分のスタイルに合ったところを選ぶようにしましょう。

Q.気になる初級レベル・ライセンスの内容は…

スキューバダイビングを始める際には、「Cカード」という認定証が必要。ライセンスにはいくつか種類がありますが、初級のものを「オープンウォーター・ダイバー・ライセンス」と呼びます。

基本的には、ダイビングを楽しむための知識やスキル、ルールなどを学びます。

参考記事:スキューバダイビングを始めるには?ライセンス取得までの流れをご紹介!

Q.ライセンス取得までにどれくらいかかるの?

通常3〜4日が目安となっていますが、学科部分を自習にすることで2日半ほどに短縮したプランや、全行程を5日間ほどかけて丁寧に学んでいくプランなど、種類もさまざま。ダイビングショップによってもスケジュールは違ってきます。

ご自分に合ったスケジュールや学習スタイルでプランを選びましょう。

Q.本島と離島で講習内容に違いはある?

photo by PIXTA

講習内容に違いはほぼありませんが、ライセンス取得講習は「勉強、練習、勉強、練習」の繰り返しなので正直疲れます!

潜ってみたいエリアがあるなら、無理のないようにスケジュールを調整してお出かけしましょう!

Q.ライセンスを取ると、どんな楽しみがあるの?

photo by PIXTA

初級のライセンス取得は、ダイビングを楽しむ上での通過点。取得すると、具体的にどんなことができるのかをいくつかご紹介します。

いろいろなことに挑戦して、ダイビングライフをさらに充実させましょう!

・スキューバダイビング・ライセンス取得後に「ファンダイブ」!

photo by PIXTA

スキューバダイビングのライセンス取得後は、「ファンダイブ」に参加できます。ファンダイブとは、ライセンス取得者だけが参加できるダイビングで、体験コースよりも自由度が高いのが特徴。

海底深くに潜ったり、岩陰に見つけた生き物をじっくり観察したり…好きなように楽しめるダイビングといえます。一般的には1日1〜3本ほどのダイブが多いですが、何本潜るか、また何日やるかは選ぶことができます。

・ダイビングのライセンスをさらにもう1つ取得!

オープンウォーター・ダイバー・ライセンス所有者は、次のランク「アドバンス・ダイバー・ライセンス」の取得講習も受講できます。こちらは最短2日で修了できるので、オープンウォーター・ダイバー・ライセンスと同時に取得する人も少なくありません。

アドバンス・ダイバー・ライセンスまで取得すると、水深30mまで潜れるというメリットがあるので、「いろいろなスポットで潜りたい」という方におすすめです。

参考記事:誰でも分かる!スキューバダイビングライセンスの種類まるっと紹介!

Q.ダイビングの費用ってどれくらいかかるの?

photo by PIXTA

ここまで講習内容についてご紹介してきましたが、やっぱり気になるのは費用面!

オープンウォーター・ダイバー講習は50,000〜85,000円、ファンダイブは2本潜って15,000〜20,000円、アドバンス・ダイバー講習は50,000〜70,000円を考えておけば大丈夫です。

photo by PIXTA

ショップによって「費用に含まれるもの」「別途費用がかかるもの」が違うので、はっきりした費用を知りたい場合は直接問い合わせることをおすすめします。

参考記事:気になるスキューバダイビングの費用!このくらい用意しておけば大丈夫!

Q.ライセンス取得中の宿泊はどうしよう?

photo by PIXTA

沖縄でのスキューバダイビングの日数が決まったら、次は宿泊施設!

ダイビング・ショップに問い合わせれば、ライセンス講習に通いやすい近場の宿、もしくは送迎が可能な宿を教えてくれるので、気軽に相談してみましょう。

Q.さあ沖縄へ出発!一体何を持っていけばいい??

photo by PIXTA

さあ、沖縄でのスキューバダイビング・ライセンス取得のスケジュールが見えたところで、次は持ち物チェックです!基本の持ち物は「水着」と「タオル」で十分です。ここでは「もしかしたら必要」という持ち物をご紹介します。

・使い捨てコンタクトレンズ

photo by PIXTA

スキューバダイビングでコンタクトを使用する場合、使い捨てのものを用意することをおすすめします。メガネの人は「度入りマスク」があるのでご心配なく!

参考記事:スキューバダイビングでコンタクトはどうする?つけたままで大丈夫?

スキューバダイビングをしたいけど目が悪い!メガネの代用品はこれだ!

・医師による診断書

photo by PIXTA

スキューバダイビングを安全に楽しむために、医師の診断書が必要な場合があります。

過去に耳の病気、呼吸器系の病気、循環器系の病気にかかったことがある人、また45歳以上の人は、診断書が必要かどうかダイビング・ショップに確認してください。

Q.ライセンス取得にあたり注意すべきこと

photo by PIXTA

スキューバダイビングはルールを守って行えば安全なアクティビティです。スキューバダイビングの事故のほとんどは、ダイバーの過失から起こっています。

事故回避のためにも「無理をしない」ことが重要!タイトなスケジュールはおすすめしません。

参考記事:スキューバダイビングの事故を防ぐのに必要なたった3つのこと

また、スキューバダイビング後の飛行機搭乗も、皆さんの健康のために最低12時間空けることが推奨されています。

参考記事:スキューバダイビングの直後に飛行機に乗るのは禁止!その理由と予定の立て方をご紹介!

Q.おすすめのダイビングショップを教えて!

ここまでライセンス取得の疑問にお答えしてきましたが、やっぱり初めてのダイビング。初心者にも親切なショップであるかどうかはもちろん、スタッフの方の雰囲気も見ておきたいものです。

そこでおすすめなのが、「ショップが開催している体験ツアーに参加すること」!

実際に講習を申し込む前に、ダイビング自体がどんなものなのか知ることもできるので、途中で挫折する可能性もかなり低くなります。

いくつかおすすめのダイビングショップをご紹介しますので、気になるショップを見つけたらまずは体験ツアーに参加してみましょう!

【アシビーブルー】魅力がいっぱい!水納島・瀬底島・本部 体験ダイビング

美ら海水族館で有名な本部町にある「アシビーブルー」は、地元のダイバーはもちろん観光客に人気のダイビングショップ。アクセスも便利なことから、観光の合間にツアーに参加できるのも人気の理由のひとつです。

アシビーブルーのある本部町周辺には瀬底島と水納島があり、どちらのエリアもサンゴ礁が豊かな人気のダイビングスポット。船に乗ってわずか15分で、たくさんの熱帯魚に囲まれながらのダイビングを堪能できます。

もちろん、泳ぎが苦手な方や初心者へのサポートも万全。

浅瀬からゆっくりと海へ入っていくことのできる“ビーチエントリー”の体験コースも用意されているので、溺れる心配もなく自分のペースでゆっくり慣れていくことができます。

海の生き物を触ってみたり、餌付けタイムではたくさんの魚に囲まれたりと、海中では楽しい出来事がいっぱい!ツアーが終わるころには、ダイビングに夢中になっていること間違いなしです。

アシビーブルー
  • 沖縄県国頭郡本部町渡久地791 渡久地港(ボート発着場所)

・サービス名:水納島・瀬底島・本部 体験ダイビング
・所要時間:約3時間~ ※コースにより異なる
・参加条件:10歳以上
・開催期間:通年
・料金:9,720円~

【マリンクラブナギ】真栄田岬・青の洞窟で神秘のダイビング体験!

沖縄本島中部に位置する恩納村は、さまざまな観光スポットが集まる人気のエリア。中でも真栄田岬は絶景スポットであると同時に、“青の洞窟”を有する本島で一番人気のダイビングスポットでもあります。

しかし、青の洞窟は見つけにくい場所にあり、土地に詳しくない人が単独で向かうのは危険。「マリンクラブナギ」では、ダイビング未経験者でも青の洞窟を気軽に探索できる、体験ダイビングコースを用意しています。

まずは、足がつく程度の浅瀬でダイビングの基本練習。徐々に体を慣らしていって、ついに海の中へ!インストラクターの案内ですぐに青の洞窟までたどり着くことができます。

洞窟内は光が届かないはずなのに、青い光に包まれた不思議な空間。意外にもたくさんの魚が生息しており、神秘的な光景が広がっています。

洞窟探索は、他のダイビングポイントではなかなか味わうことのできない、ワクワク・ドキドキがたくさん!ダイビングを始めるなら一度は体験しておきたいおすすめツアーです。

マリンクラブナギ
  • 沖縄県国頭郡恩納村字山田501-3

・サービス名:沖縄本島/真栄田岬・青の洞窟 体験ダイビング&シュノーケリング
・所要時間:約2時間30分~ ※ツアーにより異なる
・参加条件:12歳以上
・開催期間:通年
・料金:8,640円~(※シュノーケリングのみのコースは4,104円~)

【マナエンジョイダイビング】“海のお花畑”も必見!青の洞窟・砂辺 体験ダイビング

北谷町にある「マナエンジョイダイビング」も、青の洞窟で体験ツアーを催行しているダイビングショップのひとつ。青の洞窟を潜るツアーの他に、北谷町の人気ダイビングポイント“砂辺”での体験ダイビングも実施しています。

砂辺は、沖縄でも有数のソフトコーラルの群生エリア。ソフトコーラルとは、骨格を持たない柔らかいサンゴの総称。骨格のある硬いハードコーラルに比べ、形や生態のバラエティーが豊かで、色彩も鮮やかなのが特徴です。

ソフトコーラルの広がる海は、まるでお花畑!夢の世界のような美しい風景が広がります。

砂辺の体験ツアーは安心のビーチエントリー。砂辺は遠浅で波も穏やかなので、初心者にぴったりのエリアです。

マナエンジョイダイビングのライセンス取得コースは、なんと宿泊付き!いろいろな手配が面倒な方にはおすすめのショップです。体験コースでやる気が湧いたら、ぜひチャレンジしてみましょう!

マナエンジョイダイビング
  • 沖縄県北谷町宮城2-193、1F ※集合場所はツアーにより異なる

・サービス名:青の洞窟・砂辺 体験ダイビング
・所要時間:約2時間 ※コースにより異なる
・参加条件:12歳以上
・開催期間:通年
・料金:7,500円~

【プズマリダイバーズクラブ】青の洞窟専門ガイドによる本格ダイビング体験!

青の洞窟へ行くダイビングツアーを開催しているショップはいくつかありますが、「プズマリダイバーズクラブ」の体験ツアーの魅力は、なんといっても“青の洞窟専門ガイド”!

なんと10年以上も青の洞窟での案内を続けてきたベテランインストラクターが教えてくます!

青の洞窟についてはもちろん、安全なルート選びや、密かな見どころスポットなど、周辺の魅力を余すところなく紹介してくれます。

海中ではホワイトボードを使用して、さまざまなシーンで丁寧に説明してくれるサービスも。これなら、ジェスチャーが分からない初心者でも安心して海中散歩を楽しめます。

プズマリダイバーズクラブで用意しているライセンス取得コースは本格的。ダイビングを本気で“仕事”にしたい人に向けたプログラムになっており、なんと寮まで完備されています。プロのダイバーを目指したい方に注目のショップです。

プズマリダイバーズクラブ
  • 沖縄県国頭郡恩納村冨着1518

・サービス名:青の洞窟体験ダイビング&シュノーケリング
・所要時間:約2時間半~ ※コースにより異なる
・参加条件:12歳〜64歳(※シュノーケリングのみの場合は6歳〜64歳)
・開催期間:通年
・料金:9,158円~(※シュノーケリングのみの場合は3,758円~)

【アンダゴ】家族みんなで楽しめる!やさしい青の洞窟ダイビングツアー

アンダゴ」が開催している体験ダイビングツアーは、“一番やさしい”をコンセプトに掲げているファミリー層におすすめのツアー!1グループ貸切制になっているため、周りを気にすることなく自分のペースで挑戦できます。

もちろん、“やさしい”というポイントはそれだけではありません!真栄田岬から海岸までは、各自で重い器材を運ばなければなりませんが、女性やお子さんなどの力仕事に自信のない方の分はガイドが運んでくれたりと、細かい点にも配慮してくれます。

しかも、子ども用として通常より軽いタイプのタンクも完備。これなら器材の過度な重さを感じずに、お子さんもダイビングを楽しむことができるので安心です。

ガイドの案内で、あっという間に青の洞窟に到着!青く光る洞窟の中にたくさんの魚が泳ぎ舞う素晴らしいシーンは、家族みんなにとって忘れられない思い出になるでしょう。

アンダゴにライセンス取得コースは用意されていませんが、お子さんのダイビングデビューにはぴったりのショップ!この体験ツアーをきっかけに、海へ潜りに行く機会がどんどん増えるかもしれませんよ!

アンダゴ
  • 沖縄県国頭郡恩納村山田357 真栄田岬ダイバーズハウス・シーウィーズ ダイバーズハウス・シーウィーズ

・サービス名:沖縄本島・青の洞窟体験ダイビング&シュノーケリング
・コース名:一番やさしい青の洞窟体験ダイビング
・所要時間:約2時間
・参加条件:12歳以上
・開催期間:通年
・料金:9,000円~

【アイランドブリーズ】ブセナ体験ダイビング&シュノーケリング

名護市にある部瀬名(ぶせな)岬全体に広がるリゾートエリア“ブセナリゾート”。ホテルの他にも、8つのレストラン、コンビニ、プール、エステルームなども併設されています。

沖縄の美しいオーシャンビューを眺めながらゆったりと過せることで人気の施設。

アイランドブリーズ」は、そんなブセナリゾートの敷地内にあるダイビングショップ。宿泊客でなくても、ダイビング体験ツアーに参加できます。

ツアーは専用ボート“アイランドブリーズ号”に乗って出発!ボートエントリーで楽しむツアーとなっています。

ブセナの海はサンゴ礁の豊かな美しい海のため、ダイビング目的でも多くの人が訪れています。

中でもメインポイントと言われている“ブセナ沖アウトリーフ No.1”は、サンゴ礁や魚がいっぱい!生き物の他にも、海底に広がる白い砂浜や棚のような形を成している岩などの地形も楽しめます。

行きも帰りも、赤いスペイン瓦が美しいリゾートホテル・ブセナテラスを悠々と眺めながらの船旅。優雅なリゾート気分も楽しめちゃう、素敵な体験ツアーです。

アイランドブリーズ
  • 沖縄県名護市喜瀬1792 ブセナリゾート内 アイランドブリーズ

・サービス名:沖縄本島・ブセナ体験ダイビング&シュノーケリング
・コース名:【通年開催】 《ブセナ海の中をゆったり楽しむ!》 ボート体験ダイビング
・所要時間:約2時間
・参加条件:10歳以上
・開催期間:通年
・料金:13,610円~

まとめ

沖縄でスキューバダイビング・ライセンスを取得するための具体的プランが見えてきましたか?

しっかり計画を立ててダイバーデビューをしましょう!

とはいえ、ライセンスを取るのはまだ早いという方は、体験ダイビングから始めることをおすすめします。アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でご紹介しているツアーはすべて初心者向きです。こちらも参考にしてみてください。
【アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で沖縄のスキューバダイビングツアーをチェックする!】

(編集部注*2015年11月5日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する