1度はやってみたい!沖縄・水納島で人気のマリンスポーツ6選 2017.09.27 やんばる(国頭・東村、他)

沖縄本島からわずか15分で上陸することができる水納島(みんなじま)は、美しい海が自慢の隠れ名スポット。今回は水納島の海にぴったりのマリンスポーツを一挙ご紹介します!

沖縄の水納島(みんなじま)という場所を耳にしたことはあるでしょうか?石垣島や宮古島など、沖縄には魅力的な離島はたくさんありますが、本島からわずか15分で行くことができるのが、何を隠そう水納島なんです。

絶景ビーチがある穴場のスポットで体験していただきたい、おすすめのマリンスポーツもあわせてご紹介します。

水納島ってどんなところ?

photo by PIXTA

水納島は沖縄本島北部エリアの西側に浮かぶ小さな離島です。美ら海水族館から車で10分の場所にある渡久地(とぐち)港から高速船に乗ると、わずか15分で離島上陸。

三日月形の小さな島は、クロワッサンのようにも見えることから“クロワッサンアイランド”とも呼ばれることも。島の人口は40人ほどですが、1年を通して訪れる観光客はなんとおよそ6万人!

photo by PIXTA

島内で人気のスポット・水納ビーチは、なんとミシュラングリーンガイドに掲載されたこともあり、この一ツ星ビーチを楽しみに多くの人が訪れています。

島内には観光客向けの民宿もいくつかあり、アットホームな雰囲気が魅力です。水納島を余すところなく満喫したいなら、ぜひ利用してみましょう!

水納島に多くの人が訪れる理由

photo by PIXTA

水納島に訪れる方のほとんどは、その美しい海が目的!島をぐるりと取り囲むようにサンゴ礁が広がっており、ビーチは白い砂浜が続く素晴らしいロケーション。

遠浅の海なので、お子さま連れでの海水浴はもちろん、豊かなサンゴの海を楽しみに本格派のダイバーも訪れます。沖縄の海の魅力をギュッと凝縮したよう素晴らしい場所なんです!

こんな島を知ってしまったら、足を運ばすにはいられませんね!

水納島で遊ぶなら!おすすめマリンスポーツ

海が最大の魅力である水納島。ビーチでのんびり海水浴も良いですが、それだけではせっかく来たのにもったいない!

最近では、強力な水圧で浮遊体験を楽しめる“ホバーボード”や“フライボード”、従来のウェイクボードよりも操作が簡単になった“ザップボード”など、新たな海の遊びが続々登場しています。

水納島で体験していただきたい、おすすめのマリンスポーツをご紹介!エキサイティングな海の遊びで楽しさも倍増です。ぜひ水納島で最高の思い出作りをしちゃいましょう。

シュノーケリング

綺麗な海の中を気軽に散策できるアクティビティといえば、“シュノーケリング”!道具も少なく、小さなお子さまから楽しめるので、幅広い層に人気があります。

水納島でシュノーケリングするなら、沖縄の本部エリアでさまざまなツアーを開催している「アシビーブルー」のシュノーケリングツアーがおすすめ!

必要な道具は全てレンタルできますし、水納島まではアシビーブルーのクルーザーで向かうため、高速船のチケットを購入する必要もありません。

ツアーの集合場所は渡久地港。そのままクルーザーに乗り込んでポイントまで一直線!移動の間に安全についての説明もしっかり行ってくれるので、シュノーケル初体験の方も安心です。ライフジャケットなどを装着したら、いよいよエントリーです!

水納島の海の中は、サンゴも魚も色鮮やか!実際に生き物に触ってみたり、魚たちに餌付けしてみたり、楽しいイベントもいっぱいです。

シュノーケリングを思いっきり堪能した後は、クルーザーで渡久地港に帰還。そのまま車でシャワーのある施設に送ってもらえるので、ツアー終了後はすっきりとした気分で次の観光スポットに向かうことができます。

送迎付きのツアーは、沖縄観光の合間に楽しむのにとっても便利!ぜひ観光プランの1つに組み込んでみましょう!

アシビーブルー
  • 沖縄県国頭郡本部町渡久地791 渡久地港(ボート発着場所)

・サービス名:水納島・瀬底島・本部 シュノーケリング
・所要時間:約3時間~
・参加条件:5歳以上
・開催期間:通年
・料金:5,400円~ ※コースによって異なる

ダイビング

シュノーケリングと並ぶ、マリンアクティビティの代表格である“ダイビング”!より深く水納島の海を堪能したい方は、ぜひスキューバダイビングでじっくりと堪能しましょう。

ダイビング経験が浅い方や未経験の方なら、体験ダイビングプランを利用するのがおすすめ。先ほどご紹介した「アシビーブルー」では、ダイビングサービスも提供しており、水納島周辺でのツアーも催行しています。

ダイビング時は、最大2名の参加者に対し1名のガイドが対応。シュノーケリングのツアーよりも少人数制になっており、よりきめ細やかなサポートを受けることができます。

アシビーブルーの専用クルーザーから直接海へ入っていきますが、船から海中へ張られているロープを伝ってゆっくりとエントリー。これなら焦らずに耳抜きや呼吸方法を確認できるので、初めての方でも安心です。

シュノーケリングでは行けないような水深の場所を、ゆっくりと海中散歩できるのがダイビングの魅力!餌付けタイムはもちろん、サンゴの間をすり抜けるように泳いだり、海底のイソギンチャクに住むクマノミを観察したりと、まるで人魚になった気分を味わえます。

気軽に体験してみたい方向けの1ダイブコースから、ボートシュノーケルとセットになった欲張りコースまであるので、お好みの内容を選んでみましょう!

アシビーブルー
  • 沖縄県国頭郡本部町渡久地791 渡久地港(ボート発着場所)

・サービス名:水納島・瀬底島・本部 体験ダイビング
・所要時間:約3時間~
・参加条件:10歳以上
・開催期間:通年
・料金:11,880円~ ※コースによって異なる

パラセーリング

「家族みんなで、思い出に残るマリンアクティビティを楽しみたい!」なんて時は、“パラセーリング”はいかがでしょうか?!

パラセーリングとは、モーターボートなどにパラシュートを装着し、モーターボートが走ることで風を受け空高く浮かんでいくアクティビティ。

難しい技術は必要なく、気軽にスリリングな体験ができることから、幅広い層に根強い人気があります。

那覇を拠点にさまざまなアウトドアの体験ツアーを開催している「シーワールド」は、美ら海水族館周辺の沖縄本島北部発のパラセーリング体験サービスを提供しており、観光客から大人気!

その理由は、ツアー時間自体の短さと、なんと4歳以上から体験可能という手軽さ!

スタート地点の港から、パラセーリングを飛ばす場所までの時間はわずか約20分!船に乗っている時間が短いため、船酔いしやすい方も安心です。

さらにパラシュートと船を繋ぐロープは機械で自動的に巻き取られるため、水にぬれることもなく快適!

参加者はハーネスに座っているだけなので、小さなお子さまも操作ができず戸惑うようなことはありません。機材のメンテナンスは定期的に行っているため、安全性も太鼓判です!

鳥のような高い視点から見るオーシャンビューは格別!ストラップ付のカメラを貸し出してもらえるので、ここならではのスペシャルな風景を写真撮影できます。

家族みんなで乗り込んで、水納島周辺の美しい海の風景を思う存分堪能しましょう!

シーワールド
  • 沖縄県本部町字崎本部5232 本部港桟橋

・サービス名:瀬底島エリア パラセーリング
・所要時間:約30~60分(フライト時間は1組あたり5~7分)※コースにより異なる
・参加条件:4歳以上
・開催期間:通年 ※コースにより異なる
・料金:7,000円~

バナナボート

photo by PIXTA

“バナナボート”といえば、グループで楽しめるエキサイティングな海の遊びの代表格!沖縄ではさまざまなビーチで気軽に体験できます。

空気で膨らませた、大きなバナナのような形状のボートにまたがるように乗り込み、モーターボートなどで引っ張られることで、スピード感のあるスリリングなボート遊びが楽しめます。

最近では、バナナが2本並んだような形状のボートも登場しており、安定感もありながら、大人数でワイワイと楽しめることで人気を呼んでいます。

けん引するボートの動きによって、さまざまなアクションを楽しめるのがバナナボート体験の醍醐味!右に左に蛇行しながら進むと、バナナボートも大きく左右に振られるため、振り落とされそうなほど激しい動きになります。

スピードが出てくると、落ちないようにするのが大変なほど!絶叫マシンに乗ったかのような爽快感とドキドキを味わうことができますよ。

グラスボート

photo by PIXTA

“グラスボート”は、沖縄観光で人気の高い乗り物!見た目は普通の観光用ボートのように見えますが、船内の床部分がガラス張りになっており、気軽に海の中の様子を観察できます。

水着になりたくない方や、泳ぎに自信のない方、手軽に美しい海の様子を楽しみたい方にはぴったり!お年寄りや小さいお子さんが一緒の旅行の際にも人気があります。

沖縄の離島・石垣島の川平湾のグラスボートは、県内でも有名な定番観光スポット。透明度の高い海と相性抜群であるグラスボートは、川平湾以外でも沖縄のさまざまな場所で運航しています。

美しい海が自慢の水納島でもグラスボートは運航中!「水納島に上陸してみたいけど、ゆっくりと海を楽しむ時間がない!」という方にもおすすめです。

ジェットスキー

photo by PIXTA

海のアクティビティの中でも特に「かっこいい!」と人気が高いのが、“ジェットスキー”。ジェットスキーという呼び方で広く知られていますが、実はKawasakiの登録商標。日本での正式名称は“水上オートバイ”です。

バイクのように機体にまたがり、海の上を颯爽と駆け抜けるその姿は、まさにビーチの憧れの的!誰でも一度は「乗りこなしてみたい!」と考えたことがあるのではないでしょうか?!

しかしそこはやはり、水上“オートバイ”。操縦するには特殊小型船舶操縦士の資格が必要です。

気軽にそのスピード感を味わいたいなら、マリンショップで提供している体験プランがおすすめ。水納島のビーチでも水上オートバイの体験ツアーがあり、未経験者でも気軽に遊ぶことができます。

免許を持ったインストラクターの後ろに乗って、青く輝く海の上を滑走!激しい水飛沫を浴びながらのドライブは大興奮間違いなしです!

水納島の美しい海を遊びつくそう!

いかがでしたでしょうか?!水納島は小さい島ながらも、見どころがギュッと詰まった魅力いっぱいのスポット。沖縄本島を観光するなら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

今回ご紹介した水納島の体験ツアーは、アクティビティの予約ができるサイト「そとあそび」から直接予約申し込みが可能です。

沖縄旅行で水納島を訪れたいと思ったら、ぜひツアー詳細をチェック!そとあそび予約限定の無料特典付きプランを選んで、お得にマリンアクティビティを楽しんじゃいましょう!

【アクティビティの予約サイト「そとあそび」で水納島の体験プラン一覧を見てみる!】

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する