初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

シュノーケリング 石垣島

石垣島シュノーケリングで行きたい!おすすめビーチ11選

2017.04.15
石垣島に行くならシュノーケリングしなきゃもったいない!初心者やファミリーにも優しい、シュノーケリングにおすすめのビーチをご紹介いたします!

石垣島は、沖縄県で本島・西表島に次いで3番目に広い島。新石垣空港ができてからは以前よりアクセスも良くなり、国内外から多くの観光客が訪れています。

石垣島に行くなら海のレジャーは外せません!美しいビーチを目の前にしたら、きっと誰もが「海に入ってみたい!」と思ってしまうはずです。

今回は、石垣島で初めてシュノーケリングをする方のために、シュノーケリングが体験できる"おすすめビーチ&シュノーケリングツアー"をご紹介させていただきます!

1:人気No.1の絶景ポイント「川平湾」でシュノーケリング体験!

photo by PIXTA

川平湾(かびらわん)はミシュラングリーンガイド3つ星にも認定された人気の絶景ポイント!石垣島北西部に位置しており、新石垣空港からは車で約50分、市街地からは車で40分ほどのところにあります。

透明度抜群の海には種類豊富なサンゴ礁群や熱帯魚が生息しており、石垣島No.1の絶景と言っても過言ではありません!白い砂浜が美しいビーチで、のんびり過ごすだけでも贅沢な気分を味わうことができます。

潮の流れが早いため遊泳禁止となっていますが、ツアーなら大丈夫!初心者も安心して参加できるので、シュノーケリングデビューするなら、やっぱりツアーがおすすめです。

川平湾シュノーケリングツアー【1日コース】

NOBUガイドワークス主催のシュノーケリングツアーは海の遊びが満載!シュノーケリング以外にも、シーカヤックやマングローブ、青の洞窟探検、滝遊びまで楽しめるところがこのツアーの魅力です。

インストラクターによる事前講習はもちろん、ビーチエントリーなので初心者の方でもストレスなくシュノーケリングを楽しむことができます。ランチ付きなのも嬉しいポイント!絶景・川平湾の海で素敵な1日を満喫しましょう!

■基本情報
・ツアー名:NOBUガイドワークス 石垣島シーカヤック
・コース名:《1日ランチ付き》川平湾カヤック&青の洞窟探検シュノーケリング&滝あそびコース
・所要時間:約6時間
・対象年齢:4歳〜70歳まで
・開催時期:3〜11月
・参加料金:13,500円〜(税込)

川平湾シュノーケリングツアー【半日コース】

アプネア・アドベンチャー石垣島主催のシュノーケリングツアーは1年中OK!シーカヤックに乗って、川平湾に浮かぶ9つの無人島の間を移動しながらシュノーケリングが楽しめます。

遠浅のフィールドには種類豊富なサンゴ礁や熱帯魚が生息しており、運が良ければウミガメやエイに出会えることもあります。もちろん出発前に事前講習があるので、初心者の方も安心してご参加ください!

■基本情報
・ツアー名:アプネア・アドベンチャー石垣島 川平・米原(石垣島)シーカヤック&シュノーケリング
・コース名:《半日》絶景川平湾で楽しむ!無人島カヤック&珊瑚礁シュノーケルツアー
・所要時間:約3時間
・対象年齢:9歳から65歳くらい
・開催時期:通年
・参加料金:7,000円〜(税込)

2:市街地からすぐ!ファミリーにもおすすめの真栄里ビーチ

photo by PIXTA

真栄里(まえさと)ビーチはインターコンチネンタル石垣リゾートの敷地内にあるビーチです。ホテルの宿泊者以外でも利用することができ、シャワーやトイレも完備されています。

新石垣空港からは30分、市街地からも5分程なので、あまり時間のない方にもおすすめ!ホテル管理のビーチハウスもあり、シュノーケリングセットのレンタルも可能です。

シーズン中はクラゲ防護ネットが設置され監視員もいるので、お子様連れでも安心してシュノーケリングを楽しむことができます!

■基本情報
・名称:真栄里ビーチ
・住所:石垣市真栄里354−1
・アクセス:新石垣空港から車で20〜30分、市街地から車で約5分
・クラゲネット:あり
・シャワー:あり(無料)
・駐車場:あり(無料)

3:シュノーケリングに最適!夕日も見逃せないフサキビーチ

石垣島西部に位置するフサキビーチまでは新石垣空港から車で約30分。フサキリゾートヴィレッジの目の前にあり、宿泊者以外でも利用可能な天然ロングビーチです。

遠浅で穏やかなビーチでは、遊泳区域内でもサンゴ礁やカクレクマノミなどの熱帯魚が見られます!シュノーケルセットやウェットスーツのレンタルもあるので、どなたでも気軽にシュノーケリングを楽しむことができます。

夕日が綺麗なことでも有名なフサキビーチ。夕暮れ時になると桟橋に多くの人が訪れます。昼間とは違うロマンティックな雰囲気を満喫しちゃいましょう!

■基本情報
・名称:フサキビーチ
・住所:石垣市新川冨崎
・アクセス:新石垣空港から車で約35分
・クラゲネット:あり
・シャワー:あり(無料)
・駐車場:あり(無料)

4:川平湾近く!海開きが日本一早い底地ビーチ

photo by PIXTA

底地(すくじ)ビーチは石垣島の北西、名所・川平湾から車で10分のところにあります。遠浅で波が穏やかなので、お子様連れにもおすすめのビーチです。

木陰でのんびりくつろいだり、シュノーケリングの練習をするにもぴったり!川平湾観光を楽しんだあとに寄るのもいいかもしれません。

砂地のビーチなのでサンゴはあまり見られませんが、砂地ならではの擬態上手な魚たちを見ることができます。海の中をじっくり観察しながら、隠れている魚を探してみましょう。ただ、干潮時はかなり干上がるのでご確認を!

■基本情報
・名称:底地ビーチ
・住所:石垣市川平底地
・アクセス:新石垣空港から車で約50分
・クラゲネット:あり
・シャワー:あり(無料)
・駐車場:あり(無料)

5:干潮でも泳げます!石垣島サンセットビーチ

photo by PIXTA

石垣島北部にある石垣島サンセットビーチは、干潮時でも泳ぐことのできるめずらしいビーチです。有料ですが、監視員もいてきちんと整備されています。キレイで安全なビーチでシュノーケリングを楽しみたい方におすすめ!

サンゴは少なめですが、熱帯魚などの小さい魚から20cmほどの魚まで様々な魚を観察することができます。シーズン中はシュノーケリングセットやパラソルのレンタルもあるので便利!

真っ白な砂地が広がるビーチでは裸足で遊べます。市街地から少し離れていてあまり混雑することもないので、ご家族連れにも嬉しいビーチです。

■基本情報
・名称:石垣島サンセットビーチ
・住所:沖縄県石垣市字平久保234-323
・アクセス:新石垣空港から車で約40分
・クラゲネット:あり
・シャワー:あり(入場料込300円)
・駐車場:あり(500円)
・期間:4月〜10月

6:隠れた人気スポット「米原ビーチ」は、Wリーフも見逃せない!

県道79号線で川平湾を超え、東に進むと見えてくるのが米原ビーチ。国定公園にもなっている石垣島でも指折りの美しいビーチです。1年を通してそれほど混雑もなく、のんびりと豊かなサンゴ礁と多くの熱帯魚たちを堪能することができます。

中でもぜひ訪れていただきたいのが、米原のWリーフ。リーフ(サンゴ礁)が重なって見えるため、こう呼ばれています。

Wリーフまではボートに乗って沖合まで行かなければなりませんが、豊かなサンゴに囲まれた環境には、ビーチ周辺では見ることのできない魚たちも多く生息しており、シュノーケリングだけでなく初心者向けのダイビングスポットとしても人気です。

流れがほとんどない穏やかなこのポイントはリーフの周辺に白砂利が広がっており、とっても明るい雰囲気。天気の良い日はより多くの光を反射して、輝く海と共に立派なWリーフを見ることができます。

■基本情報
・名称:米原ビーチ
・住所:沖縄県石垣市 石垣島米原
・アクセス:新石垣空港より車にて約25分
・クラゲネット:なし
・シャワー:(付近に)あり
・駐車場:あり(有料)

Wリーフ&青の洞窟シュノーケリングツアー 【半日午後コース】

スローダイブ石垣島主催のWリーフ&青の洞窟ツアーは、半日でWリーフとそばにあるもう一つの人気観光スポット、青の洞窟の両方を楽しむことができるボリューム満点の内容。

米原Wリーフはビーチより沖合にあるため、ボートに乗って行かなければなりませんが、ツアーに参加すれば誰でも気軽にWリーフを見られることから人気になっています。

Wリーフでカラフルな魚たちと戯れ、青の洞窟で水が青く見える不思議な自然現象を体験…忘れられないツアーになること間違いなしです!

■基本情報
・ツアー名:スローダイブ石垣島 石垣島 シュノーケリング
・コース名:Wリーフ&青の洞窟 半日午後シュノーケリング
・所要時間:約3時間30分
・対象年齢:5歳~
・開催時期:3月~11月 ※コースにより異なる
・参加料金:8,000円~

7:貴重なアオサンゴを見られる!白保海岸でゆったり過ごそう

photo by PIXTA

白保海岸は、大サンゴ礁のあるビーチとして有名なスポット。沖合では貴重なアオサンゴがたくさん見られることから、世界中からたくさんのダイバーが訪れます。

アオサンゴはその名の通り、青い骨を持つサンゴ。ポリプは白いひげに覆われているため、ぱっと見は青く見えません。

サンゴの産卵シーンを見たことがある方もいるかもしれませんが、アオサンゴは卵を産まず、幼生を生むタイプ。幼体は近くの海底に着地して成長していくため、分布の範囲が狭く、沖縄でも限られたエリアでしか見ることができません。

人気のアオサンゴを見るためには、ツアーなどに参加してボートで行く必要があるため、ビーチ自体は設備も少なく、人もまばら。白保海岸周辺で滞在して、沖のアオサンゴと共に、プライベートビーチの気分で海岸沿いでゆっくり過ごすのがおすすめです。

■基本情報
・名称:白保海岸
・住所:沖縄県石垣市白保
・アクセス:新石垣空港より車にて約10分
・クラゲネット:なし
・シャワー:なし
・駐車場:なし(周辺には駐車可スペースあり)

8:地元民に愛されている知る人ぞ知る名スポット!川平タバガー

川平湾より県道207号を車で10分ほど行ったところにある細道を進んでいくと、木の茂みの向こうに見えてくる海が川平タバガー。映画の撮影が行われたこともあるこの場所は、地元の人たちからは「撮影場」とも呼ばれています。

川平タバガーの魅力は、何といっても人の手が入っていないありのままの天然ビーチ。背の高い草に囲まれたあぜ道から広がる、青と白ばかりの海岸は誰もが写真や映像に収めたくなるロケーションです。

地元の人が岩陰でちょっと休んだり、静かな時間を過ごすような場所なので、トイレやシャワー、売店などの設備はもちろんありません。この静かな美しい景観を保つためにも、訪れる際には過度に騒がず、ゴミなどはきちんと持ち帰るようにしましょう。

■基本情報
・名称:川平(かびら)タバガー
・住所:沖縄県石垣市川平
・アクセス:新石垣空港より車にて約40分
・クラゲネット:なし
・シャワー:なし
・駐車場:なし(周辺には駐車可スペースあり)

9:黒島の名シュノーケリングスポット、仲本海岸は干潮時がおすすめ!

石垣島よりフェリーにて約1時間の場所にある黒島。黒島にある仲本海岸は八重山諸島を代表する人気のシュノーケリングスポットです。

潮が引くと海岸にはリーフが姿を現し、シュノーケリングを楽しめる絶好の環境に!運が良ければ、リーフ内でも大きなエイに出会うこともできます。

しかし、利用の際には注意点が。実は黒島には竹富町指定の海水浴場は存在せず、島内で唯一泳げる場所とも言われる仲本海岸ですら、”自己責任で”利用するということになります。

とはいえ、海岸にはシャワーやトイレもありますし、海岸そばにある黒島ビジターセンターではライフジャケット、海岸入口ではウエットスーツを貸し出してもらえたりと、周辺のサービス・設備は充実しており便利です。

干潮時は海岸から海を覗き込むだけでも、たくさんの魚たちを見ることができるので、無理せず自分の体調に合わせて楽しみましょう。

#八重山諸島 #黒島 #夏 #海 #仲本海岸 #一眼レフ

A post shared by koji (@ko2takahashi) on

■基本情報
・名称:仲本海岸
・住所:沖縄県八重山郡 竹富町黒島
・アクセス:黒島船客ターミナルより車にて約20分
・クラゲネット:なし
・シャワー:あり
・駐車場:なし(周辺には駐車可スペースあり)

10:石垣島最北端にある平野ビーチは穴場スポット!

浦崎 Ura cape 石垣島の#平久保崎灯台 近くの 丘から見た浦崎方面です😃 灯台側ももちろん綺麗ですが 逆側の浦崎の全景がとにかく絶景✨ 前回picの#平野ビーチ も綺麗に見えますよ☀ 灯台の駐車場の裏手から 丘の頂上に向かう小道があります💦 ただし今は立ち入り禁止だったようなぁ、、😱 ・ もちろん下から見ても絶景なので 安全第一で楽しみましょう😉 夕日も綺麗ですよ🌙 #八重山tomomaru #沖縄#okinawa#八重山#八重山諸島#石垣島#ishigakiisland#島#island#海#sea#ビーチ#砂浜#beach#空#sky#青#blue#浦崎#岬#cape#離島#沖縄フォト祭り#八重山フォト祭り#沖縄の海#風景#景色#view

A post shared by 🌺ともまる🌺 (@okinawa_tomo_maru) on

石垣島の最北端にある、平久保灯台手前で右に曲がり、突き当りまで進むと、穴場シュノーケリングスポット・平野ビーチが見えてきます。

海岸は波のほとんどない海が広がっており、ビーチエントリーでシュノーケリングを楽しむことが可能。少し沖に進むと水深も増し、様々な種類の魚たちに出会えます。

人の居ないビーチにしては珍しく、広い海岸になっており、解放感のあるロケーションも魅力のひとつ。設備は全くありませんので、テントやパラソルなど必要な道具を持参して、ゆっくりと過ごしたくなるスポットです。

■基本情報
・名称:平野ビーチ
・住所:沖縄県石垣市平野
・アクセス:新石垣空港より車にて約50分
・クラゲネット:なし
・シャワー:なし
・駐車場:あり(数台分)

11:国内屈指の美しい浜辺・コンドイビーチで幻想的なシュノーケリングを…

photo by PIXTA

石垣島からフェリーで約30分で行くことができる、竹富島にもぜひ訪れて頂きたい素晴らしいビーチがあります。コンドイビーチは竹富島で一番人気の海岸。2016年には日本のベストビーチ5位に選ばれた、国内屈指の美しいビーチです。

今までご紹介してきたシュノーケリング向けのビーチとはひと味違い、コンドイビーチは見渡す限り白い砂浜とエメラルドグリーンの遠浅の海が魅力。サンゴ礁や熱帯魚を多く見ることができませんが、それが人気の理由でもあります。

ひとたび海中へ潜ってみれば、白く輝く海底と、どこまでも澄んだ青い海…まるで別世界のような幻想的な風景を楽しめます。

水深も浅く、波も静かで危険生物もあまりいないため、シュノーケリング初体験の方やお子さんと一緒に練習したいとお考えの方にはぴったりです。

■基本情報
・名称:コンドイビーチ
・住所: 沖縄県八重山郡竹富町竹富
・アクセス:竹富東港より車にて約10分
・クラゲネット:なし
・シャワー:あり
・駐車場:なし

いかがでしたか?
石垣島やその周辺の島々には沢山のビーチがあります。しかし中には、自然保護や離岸流などの危険があるため遊泳禁止となっているビーチもあります。石垣島の美しい自然と自分の命を守るためにも、ルールを守って安心・安全にシュノーケリングを楽しみましょう!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、石垣島のシュノーケリングツアーやアクティビティを多数ご紹介しています!石垣島へお出かけの際はぜひチェックしてみてください!

(編集部注*2015年11月22日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yuki

yuki

愛知県生まれ千葉県育ち。小さい頃はよく木に登って遊んでました。今は休みの日に山や公園に行って自然を眺めながらのんびり過ごすことが大好き!記事を通して自然の魅力を伝えていきたいです!