初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

SUP・パドルサーフィン

水上スポーツの新定番!SUPとは?

2016.08.12
今注目度ナンバーワンのアウトドアスポーツSUPを体験しよう!!「ところで、SUPとは?」と言う皆様にSUPの基本をまとめてみました。SUPを使っていろいろな遊びができるんですよ♪

今人気急上昇中の遊び「SUP」って、皆さんご存知ですか?

SUPとは、Stand Up Paddleの略称。その名の通り、サーフボードの上に立ってパドルを使い海の上をスイスイ漕いで遊ぶスポーツです♪

実はSUPは、子供から年配者まで気軽に遊べる新しいアクティビィティなんです。今回はこの、ハワイ発祥の楽しくて気持ちが良くて、シェイプアップもできる「SUP」についてご紹介します!!

SUPのルーツとは?

photo by PIXTA

SUPのルーツは、サーフィンの本場ハワイ!!

1960年代ハワイのワイキキビーチにて、”ビーチボーイズ”と呼ばれる地元市民たちが大きなサーフボードに乗り、船のオール(パドル)を使って立ち漕ぎしたことから始まったとされています。彼らはハワイに来た観光客がサーフィンをする姿をSUPの上から写真に収め、販売していたそうです。

その後、大きく流行ることはなく自然消滅していった……かのように思われましたが、再び脚光を浴びたのが、2000年ごろから。

ハワイ伝説の大波乗りたちが海でのトレーニングのためにSUPを使い始めことから話題を呼び、SUPの知名度が上昇したのです!

SUPで使う道具とは?

SUPで用意する道具の基本は、板(ボード)、リーシュ、パドル、水着またはウエットスーツ、安全のためのライフジャケットです。リーシュとは、ボードと自分の体が離れないようにするためのもの。上の写真の足もとの黒い紐がリーシュと呼ばれるものです。

その他、紫外線を防止する防止や怪我予防のマリンシューズ、水分補給のための飲み物の用意もあればパーフェクト♪

ボードやリーシュ・パドルはもちろん、ウェットスーツやシューズもレンタルできる場合があるので、ツアーに参加するのもオススメです!

SUPボードの素材について!

SUPボードは、素材によって大きくまず二つの種類に分けられます。

一つ目は、素材の硬いハードボードと呼ばれるタイプ。エポキシという強化ガラス素材なら、少しぐらいぶつけても壊れたりはしません!その他ポリエステルやポリエチレンでできたものの。

二つ目は、ゴム素材で作られた空気を入れて膨らますインフレータブルボードです。空気を抜けば持ち運びにも便利なインフレータブルボードが最近の主流ですが、穴が開きやすいという弱点も持っています。

でも、小さく折りたたみバックに入れてどんなところへも持ち運べるのでとっても便利なんですよ!!上の写真は、インフレータブルボードです。

SUPの形状について

一言でSUPのと言っても、実はボードの種類と形は大きく分けて3つぐらいに大別できます。

ボードの先端が細く尖り幅も細いレース用、幅も長さもあり先は丸くて安定した形のオールラウンド用です。オールラウンド用SUPを使った遊びは様々で、最近ではこのSUPの上でのヨガが女性の間で大人気です。

パドルについて

パドルにもいろいろな種類が存在します。素材はカーボンとグラスファイバーが最近の主流になっていますが、大きな違いはその重量です。

カーボンは、軽くて丈夫なのでレース用に向いています。しかしお値段も高額!SUPを楽しむ多くの方は、コストパフィーマンスにも優れたグラスファイバー製のパドルを使っています。ツアー会社のレンタルパドルなども、このグラスファイバー製を使用していることが多いです。

また、パドルで漕ぐために一番重要なのが自分にあった長さのパドルを選ぶこと。このサイズ選びを間違うと、うまくSUPをコントロールできませんし、漕ぐ際に効率が悪く無駄な体力を使ってしまいます。

ご自分で購入する際には、少し長めのパドルを購入しておいて余分な部分をカットして調節する方法もあるので是非挑戦してみてくださいね♪

国内でSUPを楽しめる場所って?

海に限らず、川や湖でも楽しめるSUPは日本全国各地で楽しめます!

中には東京都内のど真ん中でSUPを楽しめるツアーや、沖縄でサンセットを堪能できるツアーも……♪

ツアーならインストラクターやレンタル品込みのツアーばかりですので、初心者でもお子様でも気軽に参加することが可能です。是非、ご自分にぴったりのツアーを探してみてくださいね!

■基本情報
・名称:Outdoor Sports Club ZAC(ザック) 東京SUP体験
・集合場所:東京都江戸川区小松川1-7 Outdoor Sports Club ZAC 小松川公園駐車場
・対象年齢:6歳以上
・開催期間:3月下旬~12月
・料金:4,500円~
・所要時間:約1時間45分(※SUP体験時間は約1時間15分)

SUPの遊び方はいろいろ!

SUPの遊び方・楽しみ方は色々あります!レースやスポーツとしてのSUP、アウトドアアクティビティとしてのSUP、エクササイズとしてのSUP…などなど。

また、海や川や湖など場所を選びません。最近では特に、ダイエットにも効果があると女性にも人気が出てきています!SUPの上でヨガをしてリラックスしたり、子供さんとタンデム(二人乗り)して遊んだり、SUPの上から釣りをしたりとSUP一本で何通りもの遊び方あるのです。

アウトドアレジャー予約サイトそとあそびでは、全国で楽しめるSUPの情報をたくさん掲載しています。今話題のSUP!是非みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

hide

hide

outfitterライター。田舎育ちで海や川、山での"そとあそび"をして幼少時代を過ごす。20歳で初めた大好きなサーフィンは、今年で30年目を迎える。前職アウトドア会社にて、ひと通りのアウトドアスポーツの経験を持つ。現在は、SUPの楽しさを普及するべくインストラクター活動をしている。今後は、わかりやすい文章でアウトドアの魅力を伝えていくのが目標である。