初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

スキューバダイビング 沖縄県

沖縄でお得にダイビングをしたいあなたへ。ツアーをすすめる3つの理由

2017.08.30
沖縄で初めてのスキューバダイビングをしてみませんか?ツアーならば、リーズナブルな価格で気軽に楽しむことができます。沖縄の美しい海で潜れば、一生の思い出に残る体験になること間違いなし!

沖縄旅行を計画しているのであれば、スキューバダイビングツアーに参加してみませんか?

沖縄は世界に誇れる美しいサンゴ礁を保有するダイビングエリアです。また、潮の流れも穏やかなため、安全性が高く透明度も良いので、初めてダイビングをする方にピッタリ。

ダイビングするなら「安全・お手軽さ・価格」と三拍子そろっているツアーがおすすめです!

ツアーがおすすめな理由

1.安全

ツアーに参加する方が、個人的にダイビングするよりも安心して行えます。その一番大きな理由はインストラクターの存在。

スキューバダイビングに慣れていない方は、海でのルールや器材の使い方で分からないことがあったりと、戸惑うことも多いですよね。

photo by PIXTA

ツアーならば、最初に海の中でのルールや準備の仕方、器材の使い方などしっかりレクチャーしてくれるほか、方向感覚が失われがちな海の中でも迷わないように、しっかりとガイドしてくれます。

はぐれてしまうことなく、安心してダイビングを楽しむことができます。

photo by PIXTA

経験者の方でも、ツアーであれば沖縄の海に詳しいガイドと一緒に潜れるので、迷うことなく楽しむことができますよ♪

2.手軽さ

ダイビングを楽しむには、普段の生活では使わない装備がたくさん必要です。

まず、ウェットスーツに始まり、酸素ボンベやレギュレーターといわれる機械、フィンやゴーグルなど、初めて見る物も多いかもしれません。ツアーであれば自分で用意するものは何もなく、すべてがレンタルできます。

photo by PIXTA

また、どのように海中を進んだらいいか経路を考えてくれたり、時間配分などもしてくれます。

photo by PIXTA

ツアーであればダイビングポイントまで船で送迎してくれるというメリットもあります。ダイビングポイントまでどのよう行くかで悩んで、経験者の方でも結局ツアーに参加することも多いそうですよ。

3.価格

ツアーがお得な理由はなんといっても価格!必要なものがすべて含まれた料金設定になっています。ダイビング経験者であっても、必要な装備一式をそろえることは容易ではない上に、とても重たいため、集合場所まで持参するのも一苦労。

その点ツアーであれば事前予約をし、自分で持っていくのは水着くらいなものです。

photo by PIXTA

ダイビングに適したポイントへもインストラクターがしっかりサポートして連れて行ってくれ、事前レクチャーもお任せです!

また、あらかじめ海に潜る前に「亀」や「イソギンチャク」など、会ってみたい海の生物を伝えておくと、遭遇しやすいポイントを案内してくることもありあますよ。

photo by PIXTA

さらにツアーにはそれぞれ特典などがあり、水中カメラをレンタルできたり、シュノーケリングとセットになっているものもあるので、お得感がより一層アップしますよね。

スキューバダイビングのツアー参加のために気をつけること

さて、ツアーはお手軽に参加できますが、海の中は危険がいっぱいなので、守らなくてはいけないルールや注意点をいくつかご紹介します。

飲酒はもちろん、酔い止めは飲むべからず

photo by PIXTA

海の中は陸の上と違って方向感覚が狂いやすくなります。無重力のような空間で、どこまでも青い世界なので当然ですよね。

音が聞こえる方向や視覚からの判断力が何よりも大事なので、飲酒しての参加は禁止。そして、酔い止めのお薬も三半規管を鈍らせるので飲むことはおすすめできません。

photo by PIXTA

「船やボートでポイントに行くまでに酔ってしまわないか心配!」という方は、ビーチエントリーという砂浜から泳いで海に入るダイビングをおすすめします。

寝不足にならないよう前日はよく眠ること

photo by PIXTA

普段車酔いをしない方でも、海に入ると波に酔ってしまうことがあります。いつもと違うリズムで体を揺らされるので、慣れている人の方が少ないでしょう。

#ゴリラチョップ#スノーケル#波酔い

A post shared by @ii4_y on

波酔いを誘発する原因は寝不足と言われています。美しい海の景色を見れば酔いが和らぐことが多いですが、心配な方は睡眠不足での参加は避けましょう。

ダイビングの所要時間はどれくらい?

旅行計画を立てる上で所要時間は心配になりますよね。スキューバダイビングは前述のとおり1回に潜れる時間が決まっています。単純に1ダイブ楽しむだけであれば、レクチャーの時間をふくめて1時間くらいで終了するでしょう。

「物足りない!」という方はランチを挟んでシュノーケリングを楽しんだり、シーカヤックなどのマリンスポーツとセットになったツアーに参加してみると、より一層楽しむことができますよ。

沖縄のおすすめ体験ダイビングツアー6選

「ダイビングをしたい!」と思っていても、ライセンスがないと難しいのが現実。しかし、ライセンスがなくても楽しめる体験ダイビングならば、初心者の方でも楽しむことができます。

沖縄本島では魅力いっぱいの体験ダイビングツアーがたくさん開催されています。自分の好みにあったプランを探して、思いっきりダイビングを満喫してください!

1.マリンクラブナギ

マリンクラブナギの一番人気のコースは、「体験ダイビングとシュノーケリングが両方楽しめる半日ツアー」です!

人気のダイビングポイント、真栄田岬では、カクレクマノミやツノダシ、ツバメウオなどの可愛い熱帯魚が泳ぐ姿や、美しいサンゴ礁を見ることができます。

ダイビングの後には人気スポット、青の洞窟で探検シュノーケリング!独特な地形に絶妙な角度で光が差し込むことで海が青く輝いて見えます。目の前に広がる幻想的な空間は、思わず息をのむ美しさです。

マイクロSDカードを持参すれば、無料レンタルの水中カメラで海の中の写真撮影も楽しめますよ!沖縄の美しい海の景色をいっぱい撮りましょう。

マリンクラブナギ
  • 沖縄県国頭郡恩納村字山田501-3 ナギ マリンハウス

・サービス名:沖縄本島/真栄田岬・青の洞窟 体験ダイビング&シュノーケリング
・コース名:【1番人気!】体験ダイビング&シュノーケリング
・開催期間:通年
・参加条件:12歳以上 ※60歳以上の方は要相談
・所要時間:約4時間
・料金:10,800円~

2.プズマリダイバーズクラブ

プズマリダイバーズクラブでは、「青の洞窟専門ガイド」が案内するツアーを開催。10年間「青の洞窟」ツアーで培ってきた経験をもとにコースを構築しています。

人気のカクレクマノミがいるポイントや、初心者でも安全に泳げるコースなど、このエリアを熟知しているからこその満足度が高いツアーを提供しています。

クルージング気分が味わえる「ボートエントリーコース」と、浅い浜で練習してビーチから海に入る「ビーチエントリー」の2つのコースから選べます。いきなり深い場所から海に入るのが不安な人には、後者のコースがおすすめです。

プズマリダイバーズクラブは設備が充実しているので、女性には嬉しいですね!休憩スペースや歓談ができるロビー、ショップ内には、トイレとシャワー、男女別々の更衣室、ロッカーの他に女性用パウダールームも完備。

ドライヤーや鏡などが用意されているので、海に入った後でも沖縄観光が楽しめますよ♪

プズマリダイバーズクラブ
  • 沖縄県国頭郡恩納村冨着1518 プズマリダイバーズクラブ

・サービス名:沖縄本島・青の洞窟体験ダイビング&シュノーケリング
・コース名:《ビーチエントリーで安心》青の洞窟専門ガイドと行く!体験ダイビング◆水中カメラレンタル付!
・開催期間:通年
・参加条件:12歳〜64歳
・所要時間:約2時間半
・料金:9,158円~

3.アンダゴ

アンダゴが開催するツアー「一番やさしい青の洞窟体験ダイビング」は、未経験者や初心者におすすめ。最初に足が着く浅いところでダイビングのレクチャーと練習を行います。水中ではガイドが手をつないで引率するスタイルなので、初めてでも安心して楽しめますよ♪

また、子供や女性のダイビング器材は海までガイドが運んでくれます。標準より軽い子供用タンクも用意しています。

青の洞窟内では海底から上を見あげ、神秘的な青の世界を堪能しましょう。リュウキュウハタンポやアカマツカサなどの、暗がりが好きな魚を見ることができます。

色鮮やかな熱帯魚が泳ぐ、沖縄の美しい海を満喫しましょう!

水中でガイドが撮影した写真は3,000円で購入可能なので、ダイビングを楽しむ様子を旅の思い出として写真に残せますよ♪

アンダゴ
  • 沖縄県国頭郡恩納村山田 357 真栄田岬ダイバーズハウス・シーウィーズ

・サービス名:沖縄本島・青の洞窟体験ダイビング&シュノーケリング
・コース名:一番やさしい青の洞窟体験ダイビング
・開催期間:通年
・参加条件:12歳以上
・所要時間:約2時間
・料金:9,000円~

4.アシビーブルー

10歳から参加可能なアシビーブルーの体験ダイビングでは、餌付けタイムが人気。色とりどりの魚たちがたくさん寄ってきて楽しいですよ♪

集合場所は沖縄本島の人気観光スポット、「美ら海水族館」から車で約7分という好アクセス。旅行のスケジュールも立てやすくなりますね。

浜辺から海へ入ったら、まずは足の着く場所で練習します。潜るポイントも遠浅で波が穏やかなので初心者でも安心です。

ビーチから数メートルの場所にはサンゴの群生が見られ、沖に進むと白く美しい砂地が広がっています。岸から近いポイントですが、透明度抜群でたくさんの生きものを観察できます。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」から予約すると、特典で4名以上で参加するとツアー中に撮影した写真のCD-Rを1枚プレゼント!(※グループで1枚、後日発送。通常購入は1枚1,000円)

アシビーブルー・本部
  • 沖縄県国頭郡本部町渡久地791、渡久地港

・サービス名:水納島・瀬底島・本部 体験ダイビング
・コース名:【ビーチ/1ダイブ】 浜辺からのエントリーで安心!本部エリア体験ダイビング
・開催期間:通年
・参加条件:10歳以上
・所要時間:約3時間
・料金:9,720円~

5.アイランドブリーズ

珊瑚のかけらでできた天然ホワイトビーチと青く輝く海に囲まれた、沖縄でもトップクラスのリゾート地「ブセナ」。そのホテルの敷地内で体験ダイビングツアーを開催しているのがアイランドブリーズです。

リゾート内にあるダイビングショップは、目の前に美しい海が広がる最高のロケーションです!

専用ボート「アイランドブリーズ号」に乗って出発し、ボートの上で器材を身に着けたら呼吸法や合図の確認をします。ボートからのダイビングでは、重い器材を背負って歩く必要がないのが嬉しいポイントです。

ツアーのメインダイビングポイントは、「ブセナアウトリーフ No.1」というカクレクマノミにも会うことができるポイント。ダイビング中には3種類のクマノミの他に、青い群れが海の中で輝くロクセンスズメダイや、ベラの仲間、ハリセンボンなどいろいろな種類の魚が見られます。

クマノミと写真が撮れれば、写真データを無料でプレゼントしてもらえますよ♪こちらのツアーはアウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」から予約すると、通常料金よりも1,510円割引となっています。

アイランドブリーズ
  • 沖縄県名護市喜瀬1792 ブセナリゾート内 アイランドブリーズ

・サービス名:沖縄本島・ブセナ体験ダイビング&シュノーケリング
・コース名:【通年開催】《ブセナ海の中をゆったり楽しむ!》ボート体験ダイビング
・開催期間:通年
・参加条件:10歳以上
・所要時間:約2時間
・料金:13,610円~

6.マナエンジョイダイビング

マナエンジョイダイビングのおすすめツアーは、カップルや記念日に利用したい「VIPコース」です!通常ツアーより潜水時間が15分ほど長めで、参加者の希望でツアーアレンジが可能です。

ゆっくりたっぷり潜りたい、カップルでたくさん写真を撮りたい、記念日をお祝いしたいなど、事前に希望を伝えると可能な範囲で対応してくれます。ガイドやスタッフのおもてなしが嬉しいツアーです。

ダイビングポイントでは軟体のやわらかいサンゴ「ソフトコーラル」の群生が見られ、色とりどりのサンゴがまるでお花畑のよう!そっと触れてみましょう。

可愛い魚たちへの餌付け体験や、ヒトデやナマコを触れる体験もできますよ。

「VIPコース」はサンゴのお花畑コースの他に青の洞窟コースもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。アウトドアレジャー予約サイトそとあそび」から予約すると、特典でツアー中に撮影した水中画像(10枚)のCD-Rを無料でプレゼント。

マナエンジョイダイビング
  • 沖縄県北谷町宮城2-193 1F マナエンジョイダイビング ショップ

・サービス名:青の洞窟・砂辺 体験ダイビング
・コース名:【アレンジ可能でカップルや記念日にもオススメ!】さんごのお花畑体験ダイビング★VIPコース◆写真付!
・開催期間:通年
・参加条件:12歳以上
・所要時間:約2時間半
・料金:9,500円~

まとめ

いかがでしたか?

沖縄は世界でも有数のダイビングスポットがあるエリアなので、たくさんのツアーが開催されています。また、本島だけでなく、宮古島や石垣島、西表島などでも楽しめますよ。

1年中開催されていることが多いので、ご自身にあったツアーを見つけて思い切り沖縄の海を楽しんでください!
アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で自分にピッタリのスキューバダイビングツアーをチェック!


【そとあそびでは期間限定で1,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中。詳しくはこちらをチェック!】

(編集部注*2015年12月16日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

naomi

naomi

京都府生まれ千葉育ち。
17歳でオーストラリアに留学し、広大な酪農地帯で花の高校生活を牛とともに過ごす。以来オーストラリアが第二の故郷。
英会話の講師、ダンス講師を掛け持ちながらライターとして執筆中。

ツアーを予約する