絶対押さえておくべき!沖縄のGWお出かけスポット18選 2019.03.29 沖縄県

2019年のGWは10連休!もうどこへ出かけるか、計画は立てましたか?バカンスにぴったりの沖縄には魅力的なスポットが盛りだくさん。気温も安定しているので、海水浴も楽しめますよ。今回は、沖縄でGWにおすすめのスポットを18ヶ所ご紹介します。

今年のGWは10連休!この長期休暇を利用して、沖縄でバカンスを楽しみませんか?

今回は、GWを満喫できる沖縄のおすすめスポットと、各地で楽しめるアクティビティをご紹介します!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【目次】

■1.青の洞窟|恩納村
 - 青の洞窟シュノーケリングツアー
■2.琉球村|恩納村
 - 青い空、透き通った海!絶好のロケーションでサーフィンを楽しもう
■3.沖縄美ら海水族館|本部町
 - 沖縄の海と空を堪能できるパラセーリング
■4.古宇利島(こうりじま)|今帰仁村
■5.ブセナ海中公園|名護市
■6.ビオスの丘|うるま市
■7.比謝川(ひじゃがわ)|嘉手納町
 - マングローブカヤックで亜熱帯の自然を体感!
■8.中城城跡(なかぐすくじょうあと)|中城村
 - 上空から絶景を楽しむモーターパラグライダー
■9.アメリカンビレッジ|北谷町
■10.那覇ハーリー|那覇市
■11.首里城|那覇市
 - ケラマブルーの海で体験ダイビング&シュノーケリング
■12.おきなわワールド|南城市
■13.斎場御嶽(せいふぁーうたき)|南城市
■14.川平湾(かびらわん)|石垣島
 - 川平湾の緑豊かな無人島をめぐるSUPクルージング
■15.ヤエヤマヤシ群落|石垣島
■16.砂山ビーチ|宮古島
 - 宮古島でナイトシュノーケリング&星空観察
■17.伊良部大橋|宮古島・伊良部島
■18.通り池|下地島

<<沖縄県で体験できるツアーの一覧はこちら>>

1.幻想的な光が射し込む人気スポット「青の洞窟」|恩納村

PIXTA

恩納村(おんなそん)・真栄田岬(まえだみさき)にある「青の洞窟」は、海水の浸食によってできた洞窟。

太陽光の反射により海中が青く輝くことから付けられたその名の通り、幻想的な青の世界が楽しめることから人気のスポットです。

生息するサンゴや魚たちの種類も豊富で、ダイビングやシュノーケリングにもうってつけ。洞窟内に住む生き物たちは人に慣れているので、すぐ目の前を泳ぐ貴重な姿が見られますよ!

青の洞窟
  • 沖縄県恩納村真栄田469-1

初心者も子供も楽しめる!青の洞窟シュノーケリングツアー

青の洞窟を満喫したいなら、“沖縄の自然を思い切り楽しめるツアー”がモットーの「冒険島」が開催する“青の洞窟シュノーケリングツアー”がおすすめ。

洞窟の前までは専用のマリンボートで向かうので、道中も快適です。また、グループごとに完全貸切制なので、家族や友人グループでのびのびと楽しむことができます。

ライフジャケットを着用し、移動はガイドが牽引するフロートにつかまる形で行うため、泳ぎが苦手な人や水が苦手な人も安心です。4歳以上から参加可能なので、子供のシュノーケリングデビューにもぴったり!

神秘的なブルーの世界は、きっと忘れられない思い出になるはず。洞窟内ではガイドが記念撮影を行ってくれるので、感動の瞬間を写真に収めてみてください。

主催会社:冒険島
  • 沖縄県国頭郡恩納村前兼久149 冒険島

■関連記事
大人気!沖縄の青の洞窟シュノーケリングツアー、口コミランキングを一挙公開

<<沖縄県で体験できるシュノーケリングツアーの一覧はこちら>>

2.古き良き沖縄の文化にふれる「琉球村」|恩納村

PIXTA

恩納村(おんなそん)にある「琉球村」は、昔ながらの沖縄の古民家や工芸体験、伝統舞踊などが楽しめるテーマパーク。

施設内の古民家は沖縄県内の各地から移築されたものであり、2007年には国の登録有形文化財にも認定されるほど、歴史的価値の高い建造物が集まっています。

エイサー演舞やハブショーなどイベントが楽しめるほか、沖縄ならではのさまざまな体験ができるのも魅力の1つ。

シーサーや織物、沖縄ガラスを使った万華鏡づくりなどのワークショップや、沖縄を代表する芸能楽器三板(サンバ)の体験講座や特産品をふんだんに使用したパフェ作りなど、子供から大人まで楽しめるプランが盛りだくさんです!

琉球村
  • 沖縄県国頭郡恩納村山田1130
  • 098ー965ー1234

・営業時間:9:00~18:00(最終受付17:30)
・定休日:なし
・料金:大人(16歳以上)1200円 小人(6~15歳)600円

青い空、透き通った海!絶好のロケーションでサーフィンを楽しもう

日本屈指のリゾート地として知られる恩納村は、白砂のビーチと、海底が見えるほど透き通った海が魅力的。

「シーナサーフ」の“体験ロングボードサーフィンツアー”は、そんな美しい海を楽しむのにうってつけです。

ツアーで使用するのは、浮力が大きく安定感に優れているロングボード。陸上や足が着く海でしっかり練習できるから、初心者でも安心です。

インストラクターの万全のサポートで、なんと参加者の90%近くがボードの上に立てるようになるのだそう!波に乗る感覚とボードの上から見渡せる絶景に、感動すること間違いなしですよ。

主催会社:シーナサーフ
  • 沖縄県恩納村字前兼久167 1F シーナサーフ

<<沖縄県で体験できるサーフィンツアーの一覧はこちら>>

■関連記事
【沖縄】レンタルはどこ?サーフィン情報まとめ

3.圧巻のスケールを誇る「沖縄美ら海水族館」|本部町

PIXTA

沖縄を代表する人気観光スポット「沖縄美ら海水族館」は、本部町・海洋博公園内にある日本最大級の水族館です。

魅力はなんといっても、そのスケールの大きさ!ジンベエザメやナンヨウマンタといった巨大な魚たちが悠々と泳ぐ姿や、大規模なサンゴ礁、飼育の難しい深海魚など、日常では絶対に見られない光景に興奮間違いなしです。

水族館周辺で行われるイルカショー「オキちゃん劇場」や、イルカと交流できる「イルカラグーン」、絶滅危惧種の生物を見ることができる「ウミガメ館」「マナティー館」も必見!海の生き物たちのエネルギーを思い切り感じてみてください。

沖縄美ら海水族館
  • 沖縄県国頭郡本部町石川424
  • 0980-48-3748

・営業時間:8:30~18:30(3月〜9月は20:00閉園)
・定休日:12月第1水曜日とその翌日
・料金:大人1,850円/高校生1,230円/小・中学生610円

気分は海鳥!沖縄の海と空を堪能できるパラセーリング

沖縄の美しい空と海を楽しみたいなら、パラセーリングがおすすめ!モーターボートにパラシュートを取り付け、引っ張られながら海の上を散歩するパラセーリングは、地上とは違う目線で沖縄の景色を楽しめる人気のアクティビティです。

美ら海水族館から車でおよそ15分の場所で、さまざまなマリンアクティビティツアーを開催している「シーワールド」。“美ら海パラセーリングツアー”は、日焼け止めと着替えさえあれば参加できるので、観光のついでに楽しめる気軽さが魅力です。

高度約50mからの眺望は、瀬底島のサンゴやエメラルドグリーンに輝く海、まぶしく光る白いビーチなど、色鮮やかなものばかり!南国ならではの絶景パノラマは、写真で見るよりもずっと壮大ですよ。

主催会社:シーワールド
  • 沖縄県本部町字崎本部5232 本部港桟橋

<<沖縄県で体験できるパラセーリングツアーの一覧はこちら>>

4.CMで有名なハートロックも必見!「古宇利島(こうりじま)」|今帰仁村

PIXTA

今帰仁村(なきじんそん)にある「古宇利島(こうりじま)」は、エメラルドグリーンの海に囲まれた、全長1.96kmの小さい島です。

島の北側の「ティーヌ浜」には、“ハートロック”の名で親しまれるハート型の岩があります。これは波の浸食により、何百年何千年もの歳月を経てできたもので、もっと年月が経てばよりハートに近い形になるともいわれています。

古宇利島は沖縄版のアダムとイヴの伝説が残る恋の島でもあるそう。カップルで訪れれば、2人の絆がより深まるかも!?

古宇利島
  • 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 古宇利島

5.美しい海中世界を覗ける「ブセナ海中公園」|名護市

名護市の「ブセナ海中公園」は、海中展望台やグラス底ボートが楽しめる海中公園。

その名の通り、桟橋の先にある海中展望台では360度、パノラマの海中世界が味わえます。服を着たまま、雨の日でも海を楽しめるのはうれしいですね。

ブセナ海中公園のシンボルでもあるクジラ型の「グラス底ボート」は、底が一面ガラス張りになっているので船に乗りながら海中散策ができます。

映画のキャラクターで一躍人気者になったカクレクマノミや、背中の模様が個性的なオヤビッチャ、瑠璃色の尾びれが美しいルリスズメダイなど、カラフルでかわいい魚たちと出会えますよ!

ブセナ海中公園
  • 沖縄県名護市喜瀬1744−1
  • 0980-52-3379

・海中展望台営業時間:9:00~18:00(11月~3月は17:30閉園)
・料金(海中展望台+グラス底ボート):大人2,060円/高校生・大学生1,650円/4歳~中学生1,030円

6.亜熱帯の自然あふれる「ビオスの丘」|中部・うるま市

PIXTA

「ビオスの丘」は、亜熱帯の自然を堪能できるテーマパーク。子供から大人まで、“こころ育む自然体験”ができるスポットです。

カヌーや水牛車で緑いっぱいの園内を回ったり、亜熱帯地方ならではの小動物や植物を観察したり、ここでしかできない貴重な体験が盛りだくさん。

中でもおすすめなのが、“湖水観賞舟(こすいかんしょうせん)”でのクルージング!約1kmにも及ぶ曲がりくねったジャングルを進みながら、湖畔に生息する動植物について船頭がガイドしてくれます。

車椅子やベビーカーでの乗船も可能なので、小さな子供からシニア世代まで、家族みんなで楽しめますよ!

ビオスの丘
  • 沖縄県うるま市石川嘉手苅961―30
  • 098-965-3400

・営業時間:9:00~18:00(最終受付17:00)
・定休日:なし
・入園料:大人900円 小人(4歳~小学生)500円
 入園+乗船セット:大人1,600円 小人900円

7.カヌー・カヤックの名所として有名な「比謝川(ひじゃがわ)」|嘉手納

沖縄本島で最大の流域面積を持つ「比謝川(ひじゃがわ)」は、マングローブ原生林が広がるカヌー・カヤックの名所。川幅が広く、穏やかでゆったりとした流れが特徴のフィールドです。

原生林の中には、シオマネキやトントンミー、カワセミなど、亜熱帯ならではのさまざまな生物が生息しています。カヌーやカヤックで散策すると、すぐ近くでその姿を見ることができますよ!

比謝川
  • 沖縄県沖縄市

マングローブカヤックで、亜熱帯の自然を体感しよう!

比謝川をカヤックで散策するなら、「カヤックイーズ」が主催する“マングローブツアー”がおすすめ!

フィールドに精通したガイドが亜熱帯ならではの自然の魅力を伝えてくれるので、新しい発見にたくさん出会えます。目で見て、耳で聞いて、匂いを嗅いで…。五感いっぱいに楽しめるツアーです。

4歳から参加OKなので、家族みんなで散策することができますよ。ツアー後はマングローブの生き物たちの着ぐるみを被って記念撮影もできるので、思い出の1枚を撮影してみてくださいね!

主催会社:カヤックイーズ
  • 沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜566-15 カヤックイーズ

<<沖縄県で体験できるカヌー・カヤックツアーの一覧はこちら>>

■関連記事
沖縄のマングローブカヤックならここだ!おすすめツアーまとめ15選

8.琉球時代に思いを馳せる世界遺産「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」|中城村

PIXTA

中城村(なかぐすくそん)にある「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」は、“琉球王国のグスク及び関連遺産群”として登録される、沖縄県に9つある世界遺産のうちの1つです。

14世紀後半に先中城按司(さちなかぐすくあじ)によって築かれ、15世紀後半には座喜味城(ざきみぐすく)の城主だった護佐丸(ごさまる)によって増築されたといわれています。

標高150m~170mの高台にある山城で、西に東シナ海、東に中城湾を望む絶景スポットとしても有名です。

琉球王国に300余りあったという城の中でも、中城城跡は最も多くの遺構が残されているのだそう。歴史を肌で感じ、琉球王国が栄えた時代に思いを馳せてみては?

中城城跡(なかぐすくじょうあと)
  • 沖縄県北中城村大城503
  • 098-935-5719

・観覧時間:8:30~17:00(5~9月は18:00閉園)
・休業日:なし
・料金:大人400円 中高生300円 小学生200円

上空200mから絶景を楽しむモーターパラグライダー

中城城跡付近では、美しい海を空から眺めるモーターパラグライダーツアーが体験できます。

「ブルースカイ」の“モーターパラグライダーツアー”は、上空200mから見る鮮やかな海、雄大なサンゴ礁、白砂が続く海岸線など、沖縄の絶景を堪能できるツアー。運がよければマンタやウミガメを見られることもあるそうです!

ベテランパイロットとのタンデム(2人乗り)フライトなので特別な操作は必要なく、3歳以上の子供や初心者でも気軽に楽しめます。爽快感抜群の空中散歩を体験してみませんか?

主催会社:ブルースカイ
  • 沖縄県中城モール北広場など ※集合場所は風向きによって参加当日に決定

<<沖縄県で体験できるモーターパラグライダーツアーの一覧はこちら>>

9.異国ムード漂う人気スポット「アメリカンビレッジ」|北谷町

PIXTA

北山町美浜の「アメリカンビレッジ」は、沖縄にいながら異国情緒を感じられるリゾート地区。米軍基地からの買い物客や、外国人観光客にも人気のスポットです。

ハイセンスな雑貨屋さんや、アメリカンテイストのオシャレなカフェやレストランが揃っており、ショッピングやランチ、ディナーを楽しむのにもおすすめですよ。

また、アメリカンビレッジは夜景のきれいなスポットとしても有名。店からこぼれるネオンライトや大観覧車、街の光が反射して輝く海はなんともロマンチックです。

アメリカンビレッジ
  • :沖縄県中頭郡北谷町美浜(字)15-69
  • 098-926-5678(北谷町観光協会)

・営業時間:店舗によって異なる

10.GWには見逃せないビッグイベント「那覇ハーリー」|那覇港

PIXTA

「那覇ハーリー」は、毎年5月3日~5日に那覇港で開催される県内屈指のビッグイベント!

ハーリーとは、爬龍船(はりゅうせん)という船体の先に竜頭、船尾に竜尾の装飾がつけられた船での競漕・祭りのこと。もともとは、航海の安全や豊漁の祈願の意味を込めて生まれたイベントなのだそうです。

那覇ハーリーでは、3つの地域の代表者が競う本バーリー、古式ハーリーにのっとった衣装でハーリーウタを歌いながら行う御願(うがん)バーリーのほか、一般人参加者や学校同士で競う各種ハーリー競漕や、体験乗船、ライブ、夜には花火の打ち上げがあるなど、イベントが目白押し!

那覇ハーリー
  • 沖縄県那覇市港町1丁目 那覇港新港ふ頭
  • 098-862-1442(那覇市観光協会)

・開催日時:例年5月3日~5日 10:00~21:00
      ※御願・本バーリーは5日 16:00~17:25
・参加費:無料

11.ライトアップも「首里城」も格別|那覇市

PIXTA

言わずと知れた沖縄のパワースポット「首里城」。那覇市街にあり、空港からモノレールで行くこともできるアクセス良好なスポットです。

首里城はもともと、沖縄が“琉球王国”という1つの国だった頃の城。中国と日本の影響を受けたデザインと建築様式が特徴的で、世界遺産にも登録されています。園内ではほかにも守礼門や園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)石門、円覚寺後などの文化財が見られます。

日没から24時までは毎日ライトアップも行われています。おすすめは閉館の1時間前!園内を見学した後は、ライトアップされた首里城を眺めてみては?

首里城
  • 沖縄県那覇市首里金城町1-2
  • 098-886-2020

・開園時間:無料区域8:00~19:30 有料区域8:30〜19:00(季節によって閉園時間は異なる)
・休館日:7月の第1水曜日とその翌日
・料金:大人820円 高校生620円 小・中学生310円 小学生未満無料

那覇から日帰りOK!ケラマブルーの海で体験ダイビング&シュノーケリング

「マリーンプロダクト」が開催する“慶良間諸島ダイビング&シュノーケリングツアー”は、那覇から日帰り参加が可能で、魅力的なサービスが満載です。

那覇市街地から車で約10分でアクセスできる港から、クルーザーで慶良間諸島へ。1時間ほどクルージングを堪能して、慶良間のメインエリアである座間味島・渡嘉敷島周辺のポイントに到着します。

ベテランガイドによる丁寧なレクチャーを受けたら、午前中は体験ダイビングに挑戦!水深3~6mの比較的浅いポイントで潜るので、初心者でも安心して楽しめます。

ランチはクルーザーの上で、温かい沖縄料理に舌鼓。心地よい海風を感じながら、船上で味わうランチは格別ですよ。

午後はガイド付きのシュノーケリングトリップが待っています。水中カメラを無料レンタルできるので、カラフルな魚や色鮮やかなサンゴなど、ケラマブルーの海中世界を撮影してみましょう!

主催会社:マリーンプロダクト
  • 沖縄県那覇市西3-20 三重城港・待合所

<<沖縄県で体験できるダイビング・スキューバダイビングツアーの一覧はこちら>>

■関連記事
離島好きにはたまらない!慶良間・座間味島の観光スポット&アクティビティ10選

12.沖縄の自然、文化、歴史が一堂に会する「おきなわワールド」|南城市

PIXTA

南城市にある「おきなわワールド」は沖縄の自然、文化、歴史を体験することができるテーマパークです。

首里城の城下町を彷彿とさせる風景は、築100年以上経た古民家を移築してできたもの。登録有形文化財にも認定されており、琉球村と同じく、伝統芸能や工芸体験も楽しめます。

世界唯一の「ハブ博物公園」や、マンゴーやパパイヤといった果物を楽しめる「熱帯フルーツ園」など、沖縄ならではの施設も魅力的。中でもイチオシなのが、東洋で最も美しい鍾乳洞ともいわれている「玉泉洞」です。

30万年かけて自然の営みによってつくり上げられた洞内には、サンゴを主成分とした琉球石灰岩でできた美しい風景が広がります。鍾乳洞の水が幻想的にライトアップされた“青の泉”は必見です!

おきなわワールド
  • 沖縄県南城市玉城字前川1336
  • 098-949-7421

・営業時間:9:00~18:00(最終受付17:00)
・定休日:なし
・フリーパス料金:大人1650円 小人(4歳~中学生)830円

13.厳かな気持ちで訪れたい「斎場御嶽(せいふぁーうたき)」|南城市

PIXTA

御嶽(うたき)とは、沖縄の人々にとって神聖な場所としてあがめられている場所のこと。一般には地元の人以外の人間が入ることは許されておらず、地元の人でも決められた日以外は立ち入ってはいけないという特別な場所です。

南部にある「斎場御嶽(せいふぁーうたき)」は、世界遺産に登録され、御嶽の中でも珍しく一般客でも参拝することができるスポット。

空港からも近いので、島へ入る前の挨拶や無事に旅を過ごせたお礼に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

くれぐれも参拝の際はマナーや注意書きを守って、厳かな気持ちを忘れずに!荘厳な雰囲気に心も鎮まること間違いなしですよ。

斎場御嶽(せいふぁーうたき)
  • 沖縄県南城市知念字久手堅270-1
  • 098-949-1899

・営業時間:3月~10月 9:00~18:00(2〜11月は17:30閉園)
※入場は終了の30分前、チケット購入は終了の45分前
・休息日:2019年6月3日~6月5日、2019年10月28日~10月30日
・料金:大人300円 小・中学生150円

14.ミシュラングリーンガイドで3つ星の景勝地「川平湾(かびらわん)」|石垣島

PIXTA

沖縄本島から南西に約410kmにある石垣島。その北西部にある「川平湾(かびらわん)」は“日本百景”の1つであり、“ミシュラングリーンガイド”で3つ星にも認定された、沖縄を代表する景勝地です。

美しいエメラルドグリーンの海、点在する緑豊かな島々、そして白い砂浜が織りなすコントラストはまさに絶景。

ただし、流れが急で危険なため川平湾の海での遊泳は禁止されています!グラスボードなどの遊覧船のほか、カヤックやSUPといったマリンアクティビティで楽しむことはできますので、ぜひ利用してみてくださいね。

川平湾
  • 沖縄県石垣市 石垣島川平934

川平湾の緑豊かな無人島をめぐるSUPクルージング

「遊泳禁止でも、川平湾の美しい海を楽しみたい!」という人には、「アプネア・アドベンチャー石垣島」の“川平湾無人島SUPクルージング”がおすすめ!

SUPの漕ぎ方からセルフレスキュー方法までベテランガイドがレクチャーしてくれるので、初心者でも安心。基本技術を身につけたら、約3kmのクルージングへ出発しましょう!

川平湾に浮かぶ琉球石灰岩でできた9つの無人島をSUPでめぐり、無人島へ上陸するワクワク体験も。開放感あふれる川平湾で、心も体もリフレッシュしてみませんか?

主催会社:アプネア・アドベンチャー石垣島
  • 沖縄県石垣市川平1216−354 アプネア・アドベンチャー石垣島

<<沖縄県で体験できるSUPツアーの一覧はこちら>>

15.亜熱帯ジャングルのような「ヤエヤマヤシ群落」|石垣島

PIXTA

石垣島は美しい海だけでなく、亜熱帯のジャングルも魅力的!

島の北部にある米原の「ヤエヤマヤシ群落」では、石垣島と西表島でしか見られない貴重なヤエヤマヤシの群生地を見ることができます。

ジャングルの中を歩きながらふと顔を上げると、ヤエヤマヤシが生い茂る迫力満点の景色が見られます。ワイルドな雰囲気を味わいながら散策すると、気分はまるで冒険家!

すぐ近くには石垣島でも珍しいさとうきびジュースを扱ったお店や、美しいサンゴ礁の広がる「米原ビーチ」もあるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

米原のヤエヤマヤシ群落
  • 沖縄県石垣市桴海

16.宮古島の絶景ビーチの1つ「砂山ビーチ」|宮古島

PIXTA

沖縄の離島といえば、宮古島を思い浮かべる人も多いのでは?「前浜ビーチ」や「新城海岸」などの有名ビーチもあり、どこを切り取っても絶景に出会える人気スポットです。

「砂山ビーチ」は、そんな宮古島のおすすめビーチの1つ。名前の通り砂の山の先にあるので、海までたどり着くのに少し体力と時間がかかりますが、その分絶景を楽しむことができます。

中でも、岩でできたアーチは絶景スポット!アーチ越しに見える宮古島の海は、まるで絵画のように美しいんです。

現在は崩壊の危険防止のため柵とネットが取り付けられ、アーチの中は立ち入り禁止となっています。柵の外からアーチの向こうを覗くことはできるので、安全な範囲で楽しんでみてくださいね。

砂山ビーチ
  • 沖縄県宮古島市平良荷川取

■関連記事
宮古島を120%楽しむならココ!ビーチからグルメまで観光スポット30選

宮古島で癒やしのナイトシュノーケリング&星空観察

「ひでちゃんTours宮古島」の“ナイトシュノーケリング&星空観察コース”は、夜の宮古島を満喫するのにうってつけ!

プライベート感あふれるビーチで癒やしのサンセットタイムを過ごした後は、夜の海でシュノーケリング体験!ペンライトを片手に生き物観察をしたり、海にプカプカ浮かびながら星空を眺めたり、夜の海を過ごす貴重な体験ができますよ。運がよければウミガメと遭遇したり、夜光虫によって輝く幻想的な海も見られることもあるのだとか!

ツアーの最後は、ガイドイチオシのスポットで星空観察を満喫しましょう。降り注ぐような満天の星は思わず息をのむような美しさで、宮古島のとっておきの思い出になるはず!

主催会社:ひでちゃんTours宮古島
  • 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根380平良アパートB202 ひでちゃんツアーズ店舗(正確な集合場所はツアー前に連絡)

<<沖縄県で体験できる星空ツアーの一覧はこちら>>

17.美しすぎる景色の「伊良部大橋」|宮古島・伊良部島

PIXTA

「伊良部大橋」は、宮古島と伊良部島を結ぶ橋であり、2015年1月の開通以降、その景色の美しさからすぐさま沖縄の新しい観光スポットとなりました。

無料で渡れる橋としては日本で一番長く、その距離は3,540mにも及びます。

日本有数の美しさを誇る宮古島の海を360度見渡せる風景は、言葉をなくすほどの絶景!徒歩でも1時間弱で渡りきれますが、サイクリングやドライブを楽しむのもおすすめです。

伊良部大橋
  • 沖縄県宮古島市 平良

・料金:無料

18.ダイバーたちの憧れ!沖縄のブルーホール「通り池」|下地島

PIXTA

伊良部島から、さらに橋を渡って進むとたどり着ける小さな離島「下地島(しもじしま)」。「通り池」は、そんな下地島で最も有名な2つの大きな池の総称です。

光の加減によって青にも黒にも見える神秘的な水面は、まるで鏡のよう。2つの池は実は地下で繋がっていることから通り池の名がつけられたそうです。

外海と通り池は巨大な海底トンネルで通じており、池の中には海の生き物が多く生息しているのだそう。トンネルから池へ上がるときの幻想的な美しさはダイバーからも人気で、“沖縄のブルーホール”とも呼ばれています。ぜひ、ダイビングにも挑戦してみては?

通り池
  • 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田

今年のGWは、沖縄でバカンスを思い切り楽しもう!

バカンスにぴったりのリゾート地である沖縄には、魅力的なスポットが盛りだくさん。GWには混雑が予想されるので、しっかり計画を立てて早めに予約を取っておきましょう!

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、沖縄で楽しめるアクティビティを多数ご紹介しています。ぜひ、こちらも参考にしてみてくださいね。

(編集部注*2017年4月3日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する