沖縄の海で遊ぶならココで決まり!とっておきのビーチ20選 2018.11.08 沖縄県

国内で美しいビーチといえば、真っ先に沖縄を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。今回はそんな沖縄のトップクラスのおすすめビーチをご紹介!周辺のおすすめアクティビティもあわせてご紹介します。

「沖縄といえばビーチ!ビーチといえば沖縄!」といっても過言ではないほど、沖縄の海は全国トップレベルの美しさです。

沖縄にはさまざまなビーチが存在するので、数あるビーチの中からいざどこに行こうか考えたときに迷ってしまいますよね!

そこで今回は、沖縄本島や離島のおすすめのビーチと、その周辺にあるアクティビティを厳選してご紹介します。

【目次】

■利便性と絶景のいいとこどり!本島の人気ビーチ
 - 1.空港から近い!「豊崎美らSUNビーチ」
 - 2.子連れに人気!「あざまサンサンビーチ」
 - 3.雨の日でも遊べる!「美々ビーチいとまん」
 - 4.広いビーチでのびのびと!「トロピカルビーチ」
 - 5.まるで海外に来た気分に!「アラハビーチ」
  ---北谷のおすすめ!モーターパラグライダーツアー
 - 6.本島最大級のサンゴ礁!「残波ビーチ」
 - 7.マリンスポーツも充実!「ムーンビーチ」
 - 8.隠れ家ビーチでゆったり「ミッションビーチ」
 - 9.貴重な体験ができる「恩納海浜公園ナビービーチ」
 ---恩納村のおすすめ!SUPツアー
 - 10.天然の美しさにうっとり「ウッパマビーチ」
  ---今帰仁村のおすすめ!リバートレッキング&キャニオニング
 - 11.海の生き物を観察しよう!「崎本部ビーチ」
  ---本部町でおすすめ!ダイビング&シュノーケリング
 - 12.「オクマビーチ」からのサンセットは絶景!
■本島から気軽にアクセス!本島周辺の離島のビーチ
 - 1.手付かずの自然が楽しめる「トケイ浜」
 - 2.沖縄本島から車で行ける!「伊計ビーチ」
 - 3.ダイビングファンに人気!「水納ビーチ」
■島の原風景に囲まれて・・・離島のおすすめビーチ
 - 1.約7kmも続く白い砂浜「与那覇前浜ビーチ」
             ---宮古島のおすすめ!パンプキン鍾乳洞
 - 2.南国の魚とサンゴ群!「石垣島サンセットビーチ」
             ---石垣島のおすすめ!4輪バギー
 - 3.遠浅の穏やかな海「コンドイビーチ」
 - 4.ハテルマブルーに癒される「ニシ浜」
 - 5.ビーチでのんびり星砂探し!「ペー浜」

利便性と絶景のいいとこどり!本島の人気ビーチ

沖縄本島はたくさんの美しいビーチに囲まれており、空港からそのまま車で訪れることができます。

その利便性はもちろんのこと、海の美しさはいうことなし!
ホテルが管理しているビーチも少なくなく、設備や環境が整っていることも魅力のひとつです。

1.空港から近い!「豊崎美らSUNビーチ」

PIXTA

沖縄本島の豊見城(とみぐすく)市にある「豊崎美らSUNビーチ」。
シャワールームやロッカールームの他、レンタサイクルができるサイクルセンターなどの設備もあります。BBQ専用エリアやビーチサッカー・バレーエリア、海を望めるバスケットコートなどもあります!

全長700mもある県内最大級のビーチは、那覇空港に着いたら20分ほどで行けちゃうほどの近さ!

映画『涙そうそう』のロケ地となった、記念撮影にぴったりの「兄ィニィの丘」という小高い丘もあるんです!
「沖縄に着いたらすぐに海で遊びたい!」という方におすすめのビーチです。

豊崎美らSUNビーチ
  • 沖縄県豊見城市字豊崎5-1
  • 098-850-1139

・遊泳期間:4月1日~10月31日
・遊泳時間:9:00~18:00(7・8月は9:00~19:00)
・駐車場:あり ※有料

2.子連れに人気!「あざまサンサンビーチ」

PIXTA

沖縄県南城市にある「あざまサンサンビーチ」。このビーチの特徴は、人工ビーチで透明度が高いことです!

人工ビーチはクラゲ防止ネットが完備されていたり、ライフセーバーや監視員が常駐してくれているので、子供連れのファミリーも安心して楽しむことができます。
海のきれいさと安全面、両方が揃っています。

ハーフパイプやビッグマーブルといった人気のマリンスポーツが充実していて、保護者同伴なら3歳から遊べるものもあるので、家族みんなで楽しめちゃいますよ。

あざまサンサンビーチ
  • 沖縄県南城市知念安座真1141-3
  • 098-948-3521(あざまサンサンビーチ事務所)

・遊泳期間:3月末~10月
・遊泳時間:10:00~18:00(7・8月は19:00まで)
・駐車場:あり ※有料

3.雨の日でも遊べる!「美々ビーチいとまん」

PIXTA

沖縄県糸満市にある「美々ビーチいとまん」。
多くの人が利用できるよう大中小の東屋があり、バスケットコートや遊具場、多少天気の悪い日でも楽しめるよう屋内ステージまであるんです!

遊具場はもちろん、屋内ステージではフラダンスなどのイベントも行なわれているので、小さな子供が一緒でも楽しめますね。

地元の方も多く利用するビーチなので、服を着たまま海で遊んだり、家族や友人とバーベキューするなど、のどかな風景を垣間見ることもできますよ。

また那覇空港から車で30分ほどと近く、周辺には平和記念公園などの観光スポットもあります!

美々(びび)ビーチいとまん
  • 沖縄県糸満市西崎町1-6-15
  • 098-840-3451

・遊泳期間:4月~10月
・遊泳時間:9:00~18:00(7・8月は19:00まで)
・駐車場:あり ※有料

4.広いビーチでのびのびと!「トロピカルビーチ」

PIXTA

宜野湾市の宜野湾海浜公園の隣にある「トロピカルビーチ」。

このトロピカルビーチはとにかく広大で、砂浜や広場に加え、遊泳区域もとっても広いんです!
1年中きれいに整備されているので、地元の方の屋外宴会場としても利用されたり、ジョギングコースにもなっている人気のビーチです。

隣に宜野湾海浜公園があるので、子どもが海に飽きてしまっても大丈夫!
公園に行って遊ぶこともできるので、ファミリーに嬉しいビーチですね。

那覇から車で約30分と近いため、シーズン中は観光客のみならず、地元の方にも大人気。
水遊びやバーベキューを楽しんだり、ゆったりとビーチで過ごしたい人向けです。

トロピカルビーチ
  • 沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1
  • 098-897-2759

・遊泳期間:4月下旬~10月30日
・遊泳時間:9:00~19:00(終了時間は時期によって異なる)
・駐車場:あり

5.まるで海外に来た気分に!「アラハビーチ」

PIXTA

沖縄本島北谷町(ちゃたんちょう)の安良波(あらは)公園にある「アラハビーチ」。

全長約600mの直線状の砂浜が特徴で、2001年にオープンした新しいビーチなんです!

北谷は外国人居住者が多いので、まるで海外のビーチに来たかのよう。

ビーチはきちんと整備された人工ビーチで、マリンアクティビティも充実しています。

ビーチとひと続きになっている公園の芝生にある、実物大の海賊船「インディアン・オーク号」は子供たちに大人気。
ビーチで遊ぶ以外にも楽しめちゃいます。

また、サンセットが美しいスポットでもあるので、夕陽を見に行くのもおすすめですよ。

アラハビーチ
  • 沖縄県中頭郡北谷町北谷2-21
  • 098-926-2680

・遊泳期間:4月8日~10月31日
・遊泳時間:9:00~18:00(時期によって異なる)
・駐車場:あり

北谷のおすすめ!モーターパラグライダーツアー

沖縄本島北谷周辺に行ったらぜひトライしてほしいおすすめのアクティビティが、沖縄県中城村(なかぐすくそん)で体験できるモーターパラグライダー。パラグライダーのハーネス部分にエンジンの付いたプロペラを背負って飛ぶ“モーターパラグライダー”は、沖縄の美しい大自然を満喫するのにピッタリのアクティビティです。

「ブルースカイ」主催の“遊覧タンデムフライト”は、所要時間も15分ほどと長くないので、沖縄本島のビーチに遊びに行ったついでに楽しむこともできちゃいます。ベテランのガイドさんが同乗するタンデム飛行なので、初心者や幼い子供連れでも楽しめるのがうれしいポイント。

透明度の高い海とどこまでも続く青い空を、めいっぱい楽しんでください!素敵な思い出になること間違いなしですよ。

主催会社:ブルースカイ
  • 沖縄県中城モール北広場など ※集合場所は風向きによって参加当日に決定

6.本島最大級のサンゴ礁!「残波ビーチ」

PIXTA

沖縄本島中部を代表するビーチ、「残波ビーチ」。
読谷村(よみたんそん)の有名観光スポット「残波岬」の西側に広がり、青い海に白い砂浜とリゾートホテルが見える残波ビーチは、“THE沖縄!”というくらいのリゾート感のあるビーチです!

長さ30m、幅50mの浜では磯遊びが楽しめたり潮干狩りポイントもあり、小さな子供や地元の方が楽しんでいる姿がよく見られます。
沖合には本島最大級のサンゴ礁があり、発達した天然のリーフが大きなラグーンとなっている天然ビーチなので、一見の価値あり!

ビーチの隣には残波岬公園があり、併設の「いこい広場」でBBQハウスやレストランなどの休憩施設、山羊や亀とのふれあいコーナー、アスレチック、多目的広場など、遊べる施設がいっぱい。マリンスポーツも充実しているビーチなので、家族連れにおすすめですよ。

残波ビーチ
  • 沖縄県中頭郡読谷村宇座1922
  • 098-958-3833(残波ビーチ管理組合)

・遊泳期間:4~10月
・遊泳時間:9:00~18:00
・駐車場:あり

7.マリンスポーツも充実!「ムーンビーチ」

PIXTA

リゾートホテルムーンビーチにあるプライベートビーチ「ムーンビーチ」。
トロピカルな木々や自然に囲まれた、三日月形の天然ビーチなんです。

波の上をバウンドしながら楽しむドラゴンボートやジェットスキー、空中散歩が楽しめるフライボード、ウェイクボードやヨットなど、他ではなかなか体験できないマリンスポーツが楽しめるのもおすすめポイント!

また、ホテルが開催しているヨウ島という無人島でピクニックをするツアーでは、シュノーケリング体験やバーベキューランチなど、沖縄の海や自然を存分に満喫できる人気のプラン。

こちらのビーチはホテルに宿泊していなくても気軽に利用できるので、沖縄本島に行ったらぜひ立ち寄ってみてください。

ムーンビーチ
  • 沖縄県恩納村字前兼久1203
  • 098-965-1020(ホテルムーンビーチ)

・遊泳期間:通年
・遊泳時間:8:00~18:30(季節や天候により変動あり)
・料金:大人500円、3歳〜小学生300円(※宿泊者は無料)
・駐車場:あり ※有料


8.隠れ家ビーチでゆったり「ミッションビーチ」

PIXTA

恩納村北部にある、アメリカンテイストの天然の海岸「ミッションビーチ」。
ここは元々カトリック教会が管理するサマーキャンプ場だったものを、現在では隠れ家的なビーチとして一般に利用しているものなんです。

全長300mとこじんまりとしたビーチですが、雰囲気は他のリゾートビーチとは一線を画するものがありますよ。
CMや映画撮影などに何度も利用されたことがあり、白壁のビーチハウスや丘の上に佇む教会、クラシカルなアメリカの雰囲気が漂う不思議なビーチ。

ぜひ平日の人の少ないときに訪れてみてください。ゆったりとした素敵な時間の流れを感じることができますよ。

ミッションビーチ
  • 沖縄県恩納村安富祖2005-1
  • 098-967-8802

・遊泳期間:4月下旬~10月下旬頃まで
・遊泳時間:9:00~18:00
・料金:(5歳以上)300円/人
・駐車場:あり ※有料

9.貴重な体験ができる「恩納海浜公園ナビービーチ」

PIXTA

沖縄の西海岸にある恩納村は、沖縄本島でも代表的なリゾート地!
そんな代表的なリゾートエリアにある村営の市民ビーチが「恩納海浜公園ナビービーチ」です。

こちらのビーチではシュノーケル、バナナボートなどのマリンスポーツをはじめ、オリジナリティ溢れるさまざまなアクティビティが体験できます。

サンゴの苗づくりや植え付け体験ができる“サンゴ再生プログラム”や、マーメードスーツを着て写真撮影ができる“マーメードプラン”、沖釣り体験や修学旅行の体験学習までできちゃうんです!

恩納村の観光スポットとしても有名な「万座毛(まんざもう)」を眺めることができる人気スポットでもあるので、マリンスポーツの合間にゆったりと景色を楽しむのもいいですね。

恩納海浜公園ナビービーチ
  • 沖縄県国頭郡恩納村字恩納419-4
  • 098-966-8839(海浜公園管理事務所)

・遊泳期間:4月1日~10月31日
・遊泳時間:10:00~19:00(季節により変動)
・駐車場:あり

恩納村のおすすめ!SUPツアー

沖縄本島恩納村周辺に行ったらぜひトライしてほしいおすすめのアクティビティが、沖縄県恩納村にある「グッドライフ」のSUP体験。

スタンドアップパドルボードは、通称SUPと呼ばれているアクティビティ。専用のボードの上に立ちオールを使って漕いで進むのですが、風や波がなくても楽しめるマリンスポーツなので、場所を選ばず海や湖、川でも楽しめるんですよ。

オーシャンクルージング”では、SUPの体験だけでなく洞窟探検や熱帯魚の餌付け体験もできちゃうので、お得感満載です!SUPで沖縄の海の美しさを目に焼き付けてきてください。

主催会社:グッドライフ
  • 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1288

10.天然の美しさにうっとり「ウッパマビーチ」

PIXTA

沖縄本島北部の今帰仁村(なきじんそん)にある「ウッパマビーチ」。「ウッパマ」とは沖縄の方言で大きな浜という意味で、ウッパマビーチの白く美しい砂浜は、1km以上続いてます。

このウッパマビーチは、ベル・パライソというホテルの目の前に広がっていて、海のグラデーションがきれいなことで有名!
海は遠浅になっていてクラゲ防止ネットも設置されているので、子連れの家族でも安心して遊ぶことができるのも嬉しいポイントです。

またウッパマビーチは人の手が入っていない、貴重な天然ビーチとしても有名なので、そのナチュラルな美しさをぜひ堪能してみてください!

ウッパマビーチ
  • 沖縄県国頭郡今帰仁村字運天1069
  • 0980-56-2767(ベル・パライソ)

・遊泳期間:3月末~10月末
・遊泳時間:9:00~18:00(7月中旬~8月末は8:00~19:00)
・駐車場:あり

今帰仁村のおすすめ!リバートレッキング&キャニオニング

今帰仁村周辺に行ったらぜひトライしてほしいアクティビティが、「沖縄プロデュースカマダ」の“やんばるリバートレッキング&キャニオニング”。

川に沿って歩き、滝を目指して沢登りをするリバートレッキングは、沖縄の亜熱帯植物が生息する独特の森“やんばるの森”を存分に満喫できちゃいます!

また、コースによって3歳から50代の方まで幅広い年代が楽しめるので、ファミリーでの参加もおすすめですよ。
滝壺に飛び込んだり天然のプールで泳いだり、まるでジャングルを冒険しているような感覚は大人も子どもも興奮すること間違いなし!

主催会社:沖縄プロデュースカマダ
  • 沖縄県名護市真喜屋802-1 ファミリーマート名護真喜屋店 駐車場

11.海の生き物を観察しよう!「崎本部ビーチ」

PIXTA

沖縄本島北部、本部(もとぶ)半島西側、ゴリラチョップと呼ばれる岩の近くにある天然のビーチ「崎本部(さきもとぶ)ビーチ」!

おすすめポイントは、他ではあまり見られないソフトコーラル(主に褐色で軟質の組織でできているサンゴ)が多く生息しているところです。
魚影も濃いので、シュノーケリングにはピッタリ。台風の影響を受けても波は穏やかなので、安全に遊べるという点でもおすすめです。

浜辺にはグンバイヒルガオという海浜植物が生え広がり、海の中では餌付けされたたくさんの魚たちが寄ってきます。

のんびりと穏やかに過ごすのに最適なビーチ!
駐車場がないのと、キャンプやバーベキューは禁止されているのでご注意ください。

崎本部ビーチ
  • 沖縄県国頭郡本部町崎本部
  • 0980-47-2700(本部町企画商工観光課)

・遊泳期間:通年
・遊泳時間:8:30~17:30(時期によって異なる)
・駐車場:なし

本部町でおすすめ!ダイビング&シュノーケリング

沖縄本島本部町周辺に行ったらぜひトライしてほしいおすすめのアクティビティが、名護市の「アイランドブリーズ」による“沖縄本島ブセナ 体験ダイビング&シュノーケリング”。

沖縄で大人気のブセナの海でのダイビングは格別です。
海の美しさはもちろん、真っ白な砂、種類豊富なたくさんの魚、サンゴの群生など、忘れられない光景が広がります。

体験ダイビングは10歳から、シュノーケリングは3歳から参加でき、インストラクターが常に寄り添って泳いでくれるので、安心して楽しむことができますよ。

主催会社:アイランドブリーズ
  • 沖縄県名護市喜瀬1792

12.「オクマビーチ」からのサンセットは絶景!

PIXTA

沖縄本島北部の国頭(くにがみ)村の西海岸にある、JALプライベートリゾートオクマの中にあるビーチ「オクマビーチ」。
エメラルドグリーンの海、1km続く天然の白砂、やんばるの森に囲まれたオクマビーチはまさに“リゾートビーチ”!

シュノーケリングやダイビングをはじめ、海中を歩くマリンウォーカーや、JETに引っ張られて楽しむアクティビティ、ロケットボート、Uチューブなど、マリンスポーツが充実しています。

リゾートホテルのビーチなので管理がしっかりなされ、水質が環境省公認の「AA」という最高級のランクを獲得しているんです。
また、このビーチから眺めるサンセットがとても美しいので、訪れた際はぜひ一度ご覧くださいね。

オクマビーチ
  • 沖縄県国頭郡国頭村奥間913
  • 0980-41-2222(JALプライベートリゾートオクマ)

・遊泳期間:4月上旬~10月(天候・状況によって変動あり)
・遊泳時間:9:00~18:00(季節によって変動あり)
・料金:大人750円、小人520円(ホテル宿泊者は無料)
・駐車場:あり ※ビーチのみ利用の場合は利用料に含まれる

本島から気軽にアクセス!本島周辺の離島のビーチ

沖縄本島の周囲には、橋が架かっているため車で直接アクセスできる島や、船で数分程度の場所にある島など、気軽に訪れることができる離島があります。

そんな離島には、本島とはまた違った魅力のビーチがたくさん!
そんな本島周辺の離島のビーチもご紹介します。

1.手付かずの自然が楽しめる「トケイ浜」

PIXTA

「トケイ浜」のある古宇利島は、美ら海水族館の東側に浮かぶ離島。本島からワルミ大橋を渡り、屋我地島(やがじしま)を経由して古宇利大橋から行きます。

古宇利島には古宇利ビーチなど、人気の海岸がいくつかありますが、トケイ浜は自然そのままの風景が残る小さなビーチ。

美しい海はもちろんのこと、まるで人の手で開けたような、きれいな丸い穴の空いた岩の集まり「円筒状空洞地形群(ホットポール)」が点在しており、それを楽しみに訪れる人も少なくありません。

トイレやコインシャワーも備えられていますので、シュノーケリングにもおすすめ。海中ではたくさんの魚に出会うことができます。

トケイ浜
  • 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2805
  • 0980-56-2101(今帰仁村役場)

・遊泳期間:通年
・遊泳時間:禁止時間帯なし
・駐車場:無料(周辺に有料パーキングもあり)


2.沖縄本島から車で行ける!「伊計ビーチ」

PIXTA

沖縄市のお隣、うるま市にはいくつかの離島があり、「伊計ビーチ」のある伊計島もそのひとつ。
本島から延びている海中道路を通り、平安座島(へんざじま)、宮城島を経由して伊計島へ向かいます。すべて道路でつながっているため、車で訪れることができます。

伊計ビーチは有料の観光ビーチ。トイレや更衣室などの基本的な設備は手入れが行き届いており、入場料を支払えば自由に利用できます。

レンタル品も充実しており、シュノーケルはもちろん、バナナボートやウエイクボード、アクアバイクなどでも遊ぶことが可能!
マリンスポーツが苦手な方には、船の中から海中の魚たちを観察できるグラスボートもおすすめです。

事前に予約をしておけば、宿泊OKの休憩所を借りることができるので、ビーチのそばで一夜を明かすことも可能。
BBQセットも一緒にレンタルして楽しいひとときを過ごしましょう!

伊計ビーチ
  • 沖縄県うるま市与那城伊計405
  • 098-977-8464

・遊泳期間:通年 ※台風以外の日は営業
・遊泳時間:(日帰り)10:00~17:00
・料金:(日帰り)中学生以上400円、5歳~小学生300円、4歳以下無料 ※レンタル用品は別途有料
・駐車場:あり


3.ダイビングファンに人気!「水納ビーチ」

PIXTA

沖縄本島から船でわずか15分で行くことができる離島・水納島(みんなじま)。
クロワッサンにも例えられる三日月形の小さな島は、美しい海と素晴らしいダイビングポイントに恵まれた人気のスポットです。

水納漁港のすぐ西側に広がる「水納(みんな)ビーチ」は、本島からすぐとは思えないほどの透明度の高さ!

ビーチ内にはトイレ・コインシャワーなどの設備があり、さまざまな備品やマリンスポーツもレンタル可能!
船に乗る際にパラソルなどの大きな荷物を持ち込まなくても、気軽にリゾート気分を楽しむことができます。

4月から10月の期間はビーチそばにパーラーも営業し、ビールや軽食、かき氷など海には欠かせないメニューが並びます。周辺にはお店がないため、食事の面で不安があるときは持参するのもおすすめです。

島内にはいくつか民宿があるので、水納ビーチを気に入ったら宿泊して次の日も遊ぶのもOK!

ゆっくりとした時間が流れるこの島に、ハマってしまう人も少なくありません!

水納(みんな)ビーチ
  • 沖縄県国頭郡本部町瀬底6229
  • 0980-47-5572

・遊泳期間:通年
・遊泳時間:禁止時間帯なし
・料金:無料 ※レンタル品は別途有料


島の原風景に囲まれて・・・離島のおすすめビーチ

那覇空港からすぐにアクセスできる本島のビーチは、気軽に楽しむことができます。
しかし、自然そのままの風景の中で、よりゆったりとした時間を過ごしたい方には離島ビーチがおすすめです。

特に、宮古島諸島や石垣島をはじめとした八重山諸島は、国内屈指の美しさを誇るビーチがたくさん!
その中でも、ぜひとも押さえておきたい人気ビーチをご紹介します。

1.約7kmも続く白い砂浜「与那覇前浜ビーチ」

PIXTA

那覇空港より飛行機で約45分で辿り着くことができる宮古島。
いまや人気の離島のひとつになっていますが、その中でも「与那覇前浜ビーチ」は、“東洋一白い砂浜”と謳われている白く輝く砂浜が印象的なスポットです。

どこまでも続く長い砂浜はなんと約7km!
目の前には、白い砂浜といくつもの青い色が重なる澄んだ海…思わず泳ぎたくなってしまいます。

シャワーとトイレは完備されており、パラソルやベンチはもちろん、マリンスポーツの備品も有料でレンタルできるので、思い思いの過ごし方で素晴らしいオーシャンビューを堪能しましょう!

与那覇前浜ビーチ
  • 沖縄県宮古島市下地与那覇
  • 0980-73-1881(宮古観光協会)

・遊泳期間:通年(更衣室・シャワーは3月下旬~10月上旬まで利用可)
・遊泳時間:禁止時間帯なし
・駐車場:あり

宮古島おすすめ!パンプキン鍾乳洞

宮古島で今話題のスポットといえば「パンプキン鍾乳洞」!
龍神さまが住まうといわれるパンプキン型の大きな鍾乳洞は、なんと10万年という歳月をかけてできあがったのだとか。
「ひでちゃんTours宮古島」主催の探検ツアーに参加すれば、情報通のガイド・ひでちゃんの濃厚なトークも楽しめますよ。幻想的な演出もあるのでお楽しみに!

主催会社:ひでちゃんTours宮古島
  • 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根380平良アパートB202 ひでちゃんツアーズ店舗(★こちらは仮の集合場所となります。正確な集合場所はツアー前にご連絡いたします)

2.南国の魚とサンゴ群!「石垣島サンセットビーチ」

PIXTA

那覇空港から飛行機でおよそ1時間の場所にある石垣島。
島の北端・平久保灯台そばの久宇良(くうら)海岸に「石垣島サンセットビーチ」はあります。

有料の海水浴場だけあり、設備が整っている美しいビーチ。
ハブ・クラゲ侵入防止ネットも設置されていますので、小さい子供が一緒でも安心して海で遊ぶことができます。

海に入ればすぐに巨大なサンゴ群が広がっており、たくさんの生き物を見ることができます。
映画『花より男子』のロケ地として使用されていて、ビーチの美しさはお墨付き。

名前にもある通り、おすすめの時間帯は夕暮れ!
周囲には遮るものはなく、目に見えるのは夕日とオレンジに染まる海だけ…!
最高の思い出になること間違いなしです。

石垣島サンセットビーチ
  • 沖縄県石垣市字平久保234-323
  • 0980-89-2234

・遊泳期間:5月1日~10月15日
・遊泳時間:9:30~18:00(最終受付17:00)
・料金:(シャワー・トイレ・更衣室利用料金)大人400円、小人200円
・駐車場:あり ※有料

石垣島のおすすめ!4輪バギー

石垣島の海を堪能したら、今度は大地を制覇しちゃいましょう!「SIMBA TRIBAL(シンバ・トライバル)」は石垣島で初の4輪バギーを使用した“沖縄・石垣島 ATV四輪バギー”ツアーを催行しており、普通免許所持者なら誰でもワイルドなバギーの旅に出ることができます。

ハワイやオーストラリアなどで人気のバギーツアー。安定感のある4輪バギーなら、多少の凸凹道でもへっちゃら!石垣島の亜熱帯植物が生い茂るジャングルエリアやさとうきび畑をズンズンと駆け巡ります。

日本の田舎道とも違う、南国の香り漂う道のりが続く石垣のフィールド。真っ青な広い空の下、自然の中を駆け巡る爽快感はこのツアーでしか味わうことができませんよ!

主催会社:SIMBA TRIBAL(シンバ・トライバル)
  • 沖縄県石垣市大浜2075-152

3.遠浅の穏やかな海「コンドイビーチ」

PIXTA

石垣島から船でわずか15分ほどの場所にある竹富島。
沖縄の暮らしの原風景を今なお残している場所がいくつもあり、1年を通して多くの観光客が訪れている人気のスポットです。

そんな竹富島の西側に広がる「コンドイビーチ」は、遠浅の美しい海が続くビーチ。海の向こうには、お隣の島・小浜島と西表島を望むことができます。
波も穏やかなので、家族みんなでシュノーケリングを楽しめるのも魅力のひとつです。

干潟の時間帯になると砂の島が現れ、徒歩で行くことも可能に。いろいろな楽しみ方ができるイチオシのビーチです。

コンドイビーチ(コンドイ浜)
  • 沖縄県八重山郡竹富町竹富
  • 0980-82-5445 (竹富町観光協会)

・遊泳期間:通年(4~10月のみビーチ内に売店あり)
・遊泳時間:禁止時間帯なし
・駐車場:あり

■関連記事
竹富島でシュノーケリング!人気のコンドイビーチ&お役立ち情報まとめ

4.ハテルマブルーに癒される「ニシ浜」

PIXTA

国内の有人島としては最南端の島になる波照間島。高速船を使えば、石垣島から1時間ちょっとで行くことができます。

八重山諸島の中でも1番アクセスに時間を要する島ですが、その海の美しさは諸島内でもトップクラス。
「ハテルマブルー」と呼ばれるその神秘的な青さの海は、時間をかけて訪れる価値が十分にあります。

「ニシ浜」の“ニシ”は現地の言葉で「北」という意味があり、その名の通り島の北に広がるビーチ。
波照間島といえばこのニシ浜を訪れないことには始まりません!

島の外周道路から浜へと向かって坂道を下っていくと、突然目の前に広がる絶景に思わず声をあげてしまいそう。

輝くようなエメラルドグリーンの海でシュノーケリングを楽しんだり、浮輪でぷかぷかと浮かんでみたり、砂浜の木陰でぼんやりしてみたり…とにかく癒されたい人はぜひ足を運んでみましょう!

ニシ浜
  • 沖縄県八重山郡竹富町波照間
  • 0980-82-5445 (竹富町観光協会)

・遊泳期間:通年
・遊泳時間:禁止時間帯なし
・駐車場:あり

■関連記事
沖縄のおすすめ離島11選!あなたにピッタリの島はどこ?

5.ビーチでのんびり星砂探し!「ペー浜」

PIXTA

「ニシ浜よりもっとディープで静かなビーチへ行ってみたい!」という方には、同じく波照間島にある「ペー浜」がおすすめ。
ニシ浜から西側へ15分ほど歩いた場所に広がるビーチは、わかりにくい場所にあるため穴場スポットになっています。

サンゴ礁の上に育つ珍しい植物・ハマシタン。
波照間島には竹富町の天然記念物に指定されている巨大な「ハマシタン群落」があるのですが、その群落と反対の方向へ進んでいくとペー浜に辿り着くことができます。

ニシ浜にも負けずとも劣らない美しいハテルマブルーのペー浜。周辺には船も滅多に通らず、ビーチのある方角は付近に島もないため、見渡す限り水平線だけがどこまでも続いています。

いつも人はまばらで、地元の人たちが木陰で静かな時間を過ごしているのが日常のペー浜の風景。
行きづらい場所にあるため、万が一の際に救助が困難という理由で遊泳は禁止ですが、星の形をした「星砂」を高確率で見つけることができるスポットでもあります。

海に入らずに、じっくりと星砂を探す…なんて過ごし方も素敵です!

ペー浜
  • 沖縄県八重山郡竹富町波照間
  • 0980-82-5445 (竹富町観光協会)

・遊泳期間:遊泳禁止
・遊泳時間:遊泳禁止
・駐車場:駐車スペースあり

魅力的なビーチが多い沖縄で海を楽しもう!

いかがでしたか?

沖縄本島にはほかにも多くのおすすめビーチがありますが、今回ご紹介したビーチツアーを参考に、沖縄のビーチを目一杯楽しんできてください。

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では沖縄のアクティビティを多数紹介、さらには直接予約もできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(編集部注*2017年7月20日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する