初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

スキューバダイビング

スキューバダイビングの事故を防ぐのに必要なたった3つのこと

2015.08.10
スキューバダイビングの事故のほとんどはダイバーの過失から起こっています!事故を自分で防げる重要ポイント3つをご紹介します!

夏になると残念ながら増えてしまう水難事故のニュース。水での事故はスキューバダイビングに興味がある人も気になる点でしょう。

スキューバダイビングは、ルールを守って行えば安全なアクティビティです。スキューバダイビング事故のほとんどはダイバーの過失から起こっています。

そこで今回は、スキューバダイビングの事故を防げる大事な3点をお伝えします!これを覚えているだけで、安心感がグッと増すこと間違いなしです!

1.無理のないスキューバダイビングで事故回避

スキューバダイビングの事故回避のために一番大事なことは「無理をしない」ということです。では、どういうことが「無理」に当たるのでしょうか?具体例と一緒に説明していきます。

スキューバダイビングをするのは「やりたい」と思った時だけ

スキューバダイビングは強制されてやるものではありません。自分の気持ちが「やりたい」となったのを確認してから参加しましょう!

photo by PIXTA

例えば、波が高い日のスキューバダイビング。回数をこなしているダイバーでも、波が嫌いな人はいます。「今日は海に入る気分じゃないな」と思ったら、無理せずキャンセルすることをおすすめします。

少しでも迷いがある状態は、水の中でパニックを引き起こすこともあるのです。

全てに納得してからスキューバダイビング

ユニークな器材や専門用語が多いスキューバダイビング。覚えたて・習いたての人たちは混乱するのが当たり前です。少しでも疑問に思ったり不明瞭な点があったりする場合は、しっかりインストラクターに確認し、納得した上で潜りましょう!

例えば身につけている器材について疑問に感じることがあった場合、必要があれば器材を交換してもらうことも可能です。潜り始める前に、できる限り不安を取り除くことが事故回避に繋がります。

スキューバダイビングの前はしっかり休息

スキューバダイビング前の飲み過ぎ、睡眠不足などは要注意です!疲れている状態だと、思うように体が機能してくれません。思考力の低下、脱水症状、酸欠状態などから事故に繋がる可能性があります。スキューバダイビングの前はしっかり休息をとるのが基本です。

2.ルールを守ってスキューバダイビングの事故回避

冒頭でも書きましたが、スキューバダイビングはルールを守って行えば安全なアクティビティです。そのルールを軽視もしくは無視した結果、事故に繋がっているケースが多々あります。

では、実際にどんなルールがあるのか一部をご紹介します。

スキューバダイビングでの第1ルールは呼吸をし続ける!

スキューバダイビングの最も重要なルールは、「呼吸をし続ける(息を止めない)」こと!これは皆さんの肺を守るために重要なことなのです。

結論から言うと、息を止めたまま海の深いところから浅いところに戻ってくると、肺が破裂する危険性があります。これは水の中では水圧がかかるからなのですが・・・、詳細に関しては非常に難しい議論になるのでこの場では割愛させていただきます。

スキューバダイビングの基本はゆっくりのんびり

photo by divedog

photo by divedog

スキューバダイビング中はゆっくりのんびり動くのが基本です。特に深いところから浅いところに戻る時は、毎分18m以下というゆっくりな速度が定められています。

これは「減圧症」という水圧と窒素の関係で起こり得るリスクを避けるためです。

スキューバダイビングではタンク内の空気が命綱

水中で呼吸をし続けられるよう、スキューバダイビングでは空気を詰めたタンクを使用します。そのタンク内の空気残量はメーターで確認でき、あるところまで減ったらダイビングを終了することになっています。

このルールを軽視し、空気残量が0近くになるまで水の中にい続けた結果、水面に戻って来られずに溺れ死んでしまった、という事故が実際に起こっています。

3.スキューバダイビング中は見せてもらうだけで触らない

スキューバダイビングの事故を防ぐ大事なポイントの最後の1つは、むやみやたらに海の中のもの・生き物を触らないということです。

海の生き物に噛まれた、刺されたなどの事故がありますが、それは人間の不注意から起こっていることが多くあります。例えば、うっかり掴んだ岩に、カメレオンのように保護色になっている魚がいたり、手をついた砂地の下に毒を持った魚が隠れていたり。

海の生き物たちが攻撃してくるのは、彼らのテリトリーを犯している人間に対しての防御反応です。彼らから好んでアタックしてくることはありません。海の中のマナーを守り、「海の中の世界を見せてもらっている」ということを忘れないようにしましょう。

「無理をしない」「ルールを守る」「生き物に敬意を払う」この3点を押さえておけば、スキューバダイビングの事故が起こる確率は低くなります。

また、信頼できるスキューバダイビング・ショップを選ぶというのも重要ポイントです。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、初心者でも安心して利用できるスキューバダイビング・ショップを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でスキューバダイビング・ショップをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。
小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。

ツアーを予約する