初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

スキューバダイビング

スキューバダイビング、泳げなくてもできるんです!

2015.07.17
泳げないがために何かを諦めたことはありますか?スキューバダイビングは諦めなくていいんです!泳げなくても今すぐできるスキューバダイビングを紹介します!

泳げないけれど水の中の世界に興味があるあなた!体験スキューバダイビングをやってみませんか?体験スキューバダイビングは、泳げなくても安心して今すぐできるスキューバダイビングなんです!

では、今日は「泳げなくてもできる体験スキューバダイビング」をご紹介しつつ、どうして泳げなくてもできるのかご説明します!

スキューバダイビングで泳ぐ必要なし

スキューバダイビングは水中を泳いでいるイメージが強いと思いますが、実は泳いでいるよりも漂っている時間の方が長いんです。

少し具体的な話をすると、スキューバダイバーたちは身につけている器材と呼吸を使って、水中で無重力状態を作ります。これが漂っている状態です。そして、泳ぐ時と同じようなキックを使うのは移動したい時だけ。ずっと動き(泳ぎ)続けているわけではないんです。

体験スキューバダイビングでは、あなたの無重力状態をインストラクターが作ってくれ、そのまま運んでくれます。泳ぐようなキックをするのはインストラクターの役目、あなたがするべきことは呼吸だけです!自力で泳ぐ必要はありません。

スキューバダイビングでの呼吸は泳げない人にピッタリ

スキューバダイビングでは、空気を詰めたタンクを使って水に潜ります。水中でもそのタンクから空気を吸い続けられるので、水面での息継ぎが必要ありません。

水の中にいながら息を吸いたい時に吸える、これが泳げない人にもピッタリのスキューバダイビングの呼吸です。どうですか?泳ぐよりも簡単そうではないですか?

スキューバダイビングは「のんびり」が基本

photo by PIXTA

スキューバダイビングは運動ではありません。前記の通り漂っている時間の方が長いくらい「のんびり」が基本です。さらに体験スキューバダイビングではインストラクターが全てをコントロールしてくれるので、泳げないことを忘れてしまうくらいゆったりとした水中の時間を味わえます。

海底に座っていてもスキューバダイビング

水中を楽しむのがスキューバダイビングなので、動き(泳ぎ)続けるか一ヶ所にとどまるかは関係ありません。海底に砂地がある場合、そこに座って水中の景色を楽しめる体験スキューバダイビングもあるんです。

photo by PIXTA

水族館でガラス越しに見ていた水の中の世界を覚えていますか?あの中にいたカラフルなサンゴの隣に座れたり、魚たちの群を見上げたりすることができるんです。どうでしょう?泳げない人にぴったりのスキューバダイビングだと思いませんか?

体験スキューバダイビングは何度でもOK

体験スキューバダイビングの回数に限度はありません。何度でもどこでも参加することが可能です。

泳げない人の中には、この体験スキューバダイビングを数回経験してからライセンス取得に至った人もいます。ゆっくり水中を楽しめる経験は、自分のダイバー姿をイメージするのに効果的のようです!

また、ライセンス取得には泳ぐ・浮くといったスキルも必要ですが、それも体験スキューバダイビングでの経験が助けてくれます。水中にいることに慣れるとあら不思議!「泳げる」とまではいかないものの、足がつかない深さの水面で自分をある程度コントロールできるようになった人もいるんですよ!

水の中の世界に興味があるのであれば、まずは1回体験スキューバダイビングをしてみることをお勧めします!次のことはその後考えても遅くありません。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」は初心者の方を第一に考え、初めてでも安心して楽しめるダイビングショップをご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でスキューバダイビングショップをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。
小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。

ツアーを予約する