ダイビング・スキューバダイビングの直後に飛行機に乗るのは禁止!その理由とは? 2018.12.06 スキューバダイビング

スキューバダイビングの直後に飛行機に乗るのは危険です!スキューバダイビングと飛行機の意外な関係と予定の立て方をご紹介します!

スキューバダイビングを含めた旅行を計画中のみなさん、移動手段に飛行機は入っていますか?
また「スキューバダイビングの直後に飛行機に乗るのは禁止」ということを耳にしたことはありますか?

今日はスキューバダイビングと飛行機の関係をお伝えしつつ、スキューバダイビングを含めた旅行プランの作り方をご紹介します!

【目次】

■スキューバダイビングと飛行機の関係
 - スキューバダイビングで1回潜った場合
 - スキューバダイビングで1日に複数回または連日潜った場合
■スキューバダイビング直後の飛行機がダメな理由
 - スキューバダイビングと水圧
 - スキューバダイビングと高度と窒素
■スキューバダイビング後はゆっくり余韻を楽しもう!
 - スキューバダイビング後の飛行機の予定
■さっそくダイビングのメッカ・沖縄へ出かけよう!
 - 絶対に外せないメジャースポット「青の洞窟」を満喫!|沖縄本島エリア
 - 世界に誇る景勝地「川平湾」で楽しむ!|石垣島エリア
 - 東洋一の美しさと名高い「宮古島」の海を味わう!|宮古島エリア

<<全国で体験できるダイビング・スキューバダイビングツア一の一覧はこちら>>

スキューバダイビングと飛行機の関係

photo by そとあそび

スキューバダイビングと飛行機の関係は、ダイビングのライセンス取得コースで学ぶことの1つです。
まずはその内容を簡単にご紹介します。

スキューバダイビングで1回潜った場合

スキューバダイビングをその日1日だけ行い、しかも1回しか潜らなかった場合、スキューバダイビング終了後から飛行機搭乗まで「最低12時間」空けることが推奨されています。

スキューバダイビングで1日に複数回または連日潜った場合

スキューバダイビングで1日に複数回または連日潜った場合、最後のスキューバダイビング終了後から飛行機搭乗まで「最低18時間」空けることが推奨されています。

スキューバダイビング直後の飛行機がダメな理由

PIXTA

上記のように、スキューバダイビング終了後から飛行機搭乗までは、12時間もしくは18時間を空けるのが良いとされています。
これは水圧と気圧に関係していることなのです。

スキューバダイビングと水圧

スキューバダイビングでは、空気を詰めたタンクを使い水中で呼吸をし続けます。
水中で呼吸をし続けるということは、水圧がかかっている状態で呼吸していることになります。さて、水圧がかかるとどういうことが起こるのでしょう。

空気中には窒素が含まれています。
通常の呼吸では体に吸収されない窒素ですが、水圧下で呼吸すると体内に吸収されます。
吸収はされても体には必要ないものなので、時間が経てば自然に体外へ出ていきます。

スキューバダイビングと高度と窒素

スキューバダイビング中に体内に吸収された窒素は、時間が経てば自然に体外へ出て行きますが、スキューバダイビング直後はまだ体内に残っている状態です。
その状態で飛行機に乗ると「減圧症」というものになってしまうリスクが高くなるのです。

体内に残っている窒素は、飛行機に乗り高度が上がり気圧が低くなると膨らみます。
その膨らんだ窒素の気泡が体に悪さをする状態が減圧症です。
減圧症になれば、関節痛を引き起こしたり、呼吸系の障害を引き起こすことも。また重篤な後遺症を招くケースも少なくありません。

飛行機に限らず気圧が低くなる所(高い所)に行くことが原因なので、スキューバダイビングの直後は登山も控えたほうが良いでしょう。

スキューバダイビング後はゆっくり余韻を楽しもう!

PIXTA

スキューバダイビング終了後から飛行機搭乗まで12時間もしくは18時間あれば、窒素が体外に出るための十分な時間があると考えられています。
しかし、念のため24時間空けることをすすめる医師も少なくありません。

スキューバダイビングは、のんびりゆったり水中の世界を楽しめるマリンスポーツです。その後慌ただしく帰り支度をしてしまってはもったいない!
スキューバダイビングの後は、その余韻に浸りつつ海辺の時間を楽しめるような予定が組めるといいですね!

スキューバダイビング後の飛行機の予定

では実際にスキューバダイビングの予定をどのように組めば良いのか、具体的な例を挙げてみましょう。

スキューバダイビングが午前中で終了した場合、翌日の朝6時以降の飛行機であれば18時間が経過していることになります。そして午後にもスキューバダイビングを行った場合、午後6時までに全てが終了していれば、翌日の午後の飛行機は大丈夫ということになります。

ちなみに、飛行機に乗った直後にスキューバダイビングをすることは問題ありません。
体内に窒素が残っている状態で高い所に行くことが問題なのです。

スキューバダイビングショップに問い合わせる際、飛行機の時間が決まっているのであればそれを伝えてください。
スキューバダイビングショップはその道のプロ!
みなさんが安心して海に潜れるようダイビングのスケジュールを組んでくれます。

さっそくダイビングのメッカ・沖縄へ出かけよう!

飛行機とダイビングの関係がわかったところで、実際にスキューバダイビングに出かけてみませんか?
ここでは1年中ダイビングを楽しめる沖縄のおすすめツアーをご紹介します。

■関連記事
【12歳から体験OK!】沖縄ダイビング・スキューバダイビングツアーまとめ

絶対に外せないメジャースポット「青の洞窟」を満喫!|沖縄本島エリア

青の洞窟は、太陽の光が透明度の高い海水と海底に反射し、洞窟内が青く光ることから名付けられた沖縄の人気スポットです。

「アークダイヴ(スカイウォーカー)」が開催するのは、青の洞窟を最大限楽しめる“青の洞窟体験ダイビング”ツアー。
初心者でも安心して参加できるよう、ツアー序盤では足のつく場所で何度も練習できます。ダイビング回数は1度ですが、潜水時間はたっぷりと約40分もありますよ。

出発後はガイドから魚用の餌を手渡されます。
クリアな青一色の世界に、たちまちカラフルで可愛らしい魚たちが集まってきました!
間近で海の生物をゆっくり見られる配慮はうれしいですね。
洞窟内部は薄暗い、神秘の世界。洞窟内部から入り口を眺めると、ぽっかりとその部分だけ青色に輝き、なんともミステリアス!

ツアー終了後には、ガイドから「青の洞窟制覇証明書」をプレゼントされます!
ユニークなサービスも素敵です。

主催会社:アークダイブ(スカイウォーカー)
  • 沖縄県国頭郡恩納村字真栄田469-1 真栄田岬

■関連記事
沖縄「青の洞窟」ダイビング・スキューバダイビングツアーを徹底比較!

世界に誇る景勝地「川平湾」で楽しむ!|石垣島エリア

沖縄県の石垣島にある川平湾は、白一色の砂浜とエメラルドグリーンの海のコントラストがいっそう美しい有名スポット。日本百景に選ばれている名勝地でもあります。

そんな川平湾でダイビングを楽しめる「シージャック ダイブファミリー」の“半日体験ダイビング1DIVE(さんご礁)コース”ツアーは、ガイド1人に対しゲスト2人までの少人数制。ガイドが常に近くでサポートしてくれるので、初めてダイビングに挑戦する人でも大丈夫!
浮遊体験をさらに楽しめるように、入水して最初の方はわかりやすくスキルをレクチャーしてくれます。この面倒見の良さは少人数制ならではですね。

水中に慣れたら、周りを見回してみましょう。透き通った世界でゆらぐサンゴ、カラフルな魚たち…クマノミにも出会えるかもしれません。
陸では決して味わうことのできない非現実を、たっぷりと味わいましょう!

こちら1ダイブのコースですが、2ダイブの“半日体験ダイビング 2DIVE(さんご礁+マンタ)コース”もありますので、旅の目的やスケジュールに合わせて選んでみては?

主催会社:シージャック ダイブファミリー
  • 沖縄県石垣市川平241-1 シージャック ダイブファミリー

■関連記事
欲張り度NO.1!女子の憧れいっぱいの石垣島ダイビング・スキューバダイビングツアー3選

東洋一の美しさと名高い「宮古島」の海を味わう!|宮古島エリア

沖縄県宮古島は「東洋一」と賞される「宮古ブルー」の海が特徴的な人気スポットです。

「BIGHOLIDAY-TRIP(ビッグホリデイトリップ)」が開催する“絶景ビーチ体験ダイビング1回”ツアーは、初心者でも安心のダイビングツアー。
「楽しく安全に楽しんでほしい」をモットーにしていて、丁寧な安全説明や水中のレクチャーに定評があります。

太陽の光が届く水深5mまでを範囲とし、ゆっくりのんびりダイビングを楽しめます。
また、少人数制でゲストに合わせたペースでツアーを進めてくれるので、子供からご年配の方まで幅広い年齢層の方が参加できます。
サンゴや魚たちと一緒に、透明度抜群の水中世界を満喫しましょう!

このツアーでは、水中カメラを全グループに1台無料で貸し出ししています。SDカードを持参すれば、素敵な思い出を一緒に持ち帰ることができますよ。

1ダイブのツアーですが、2ダイブできる“絶景ビーチ体験ダイビング2回”もありますので、たっぷり楽しみたい人はどうぞ。

主催会社:BIGHOLIDAY-TRIP(ビッグホリデイトリップ)
  • 沖縄県宮古島市下地来間106 来間漁港ビーチ

■関連記事
押さえておきたい沖縄・宮古島のダイビング・スキューバダイビングポイント6選!

正しく認識して、アクティビティを楽しもう!

ダイビングやスキューバダイビングと飛行機には、意外な関係があるのですね。
関係性を正しく認識すれば、問題なくアクティビティを楽しるので、ぜひ覚えておきたいところです。

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、このほかにも楽しめるツアーを数多く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(編集部注*2015年7月31日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する