あなたも山ガール!?初心者でもトレッキングを楽しめる、おすすめの日本百名山 2018.06.23 トレッキング

登山には興味があるけれど、ハードルが高いと感じている方にはトレッキングがおすすめです。日本百名山を舞台に、四季折々の自然に触れたり、山からの景色を眺めがら山歩きを楽しみましょう!

萌える緑や澄んだ空気を思い浮かべ、ふと「山にでも行ってみようかな」なんてワクワクすることはありませんか?

とはいえ登山はハードルが高いと思っている方も多いはず。そんな方はトレッキングから始めてみてはいかがでしょうか。トレッキングは登頂が目的の登山とは違い、純粋に山歩きを楽しめばOKなので、一気に山が身近な存在になります。

今回は、小説家で登山家の深田久弥が著した『日本百名山』の中から、初心者でもトレッキングや登山を楽しめる山を紹介します。

【目次】

- 天城山|静岡県
- 大菩薩嶺|山梨県
- 乗鞍岳|長野県・岐阜県
- 宮之浦岳|鹿児島県

東京から約2時間!季節の草花が満喫できる「天城山」|静岡県

PIXTA

伊豆半島中央部に広がる天城山は、東京から約2時間で行ける日本百名山。万三郎岳(ばんざぶろうだけ)や万二郎岳(ばんじろうだけ)、山遠笠山(とおがさやま)などの山々からなる連山で、万三郎岳は標高1,406mと伊豆半島で最も高い山です。

登山コースは整備されていて道しるべもきちんと設置されているので、迷わず山歩きを楽しめます。

山に入ると、生い茂る森林と季節の花がお出迎え。春から夏にかけてはアセビやシャクナゲが咲き誇り、秋になるとブナやカエデが色づきます。

登山口は北東方面にある「天城高原ゴルフ場」や、南西方面にある「天城峠」や「八丁池口」などがあります。初心者におすすめなのが「天城高原ゴルフ場」から入り、万二郎岳を目指しながら自然あふれる登山道を歩くコース。万二郎岳の頂上では東伊豆の景色を見渡しながら、ほっと一息!

その次は万三郎岳を目指して歩きましょう!万三郎分岐点まで来たら、天城高原駐車場へ戻ることも、天城の瞳と呼ばれる美しい八丁池まで下ることもできます。

天城山
  • 静岡県伊豆市地蔵堂


<<伊豆で体験できるアウトドアレジャーの一覧はこちら>>

南アルプスや富士山の展望が素晴らしい「大菩薩嶺」|山梨県

PIXTA

2,057mの標高を誇りながらも、1,600m付近まではバスで行くことができ、整備された登山道を歩ける大菩薩嶺は、初心者でも楽しみやすい日本百名山です。

大菩薩嶺山頂は樹木に囲まれているため、標高1,897mからの展望が良い「大菩薩峠」を通るコースがおすすめです。

大菩薩峠から先は緩やかで見晴らしの良い稜線を約1時間歩き、絶景&撮影スポットの「雷岩」に向かいましょう。この稜線歩きと雷岩からの景色こそがメインといっても過言ではありません。「ここからの姿が一番きれい!」との声もあり、雄大な富士山や南アルプス、大菩薩湖などを堪能できます。

最後は雷岩から15分ほどで大菩薩嶺の頂上へ!帰りは雷岩から40分ほど下れば、最寄り駅までのバスに乗れます。

登山口の「上日川峠」と大菩薩嶺山頂の往復で、ゆっくり休憩を挟んでも4〜5時間程度と比較的歩きやすい山です。

大菩薩嶺
  • 山梨県甲州市塩山上萩原


<<山梨で体験できるアウトドアレジャーの一覧はこちら>>

大パノラマが広がる「乗鞍岳」|長野県・岐阜県

PIXTA

長野県と岐阜県にまたがる乗鞍岳は、北アルプスの最南部に位置しています。日本百名山の中で13座しかない標高3,000m級にもかかわらず、唯一、難易度や体力的にも初心者でも挑戦しやすく、日帰り登山やトレッキングができる珍しい山です。

緩やかな山容で、ほかの北アルプスの山々に比べ岩場が少なく緑が多いことから、歩きやすさには定評があり人気です。

バスで行ける「畳平」を登山口とし、最高峰「剣ヶ峰」を目指すコースが初心者にはおすすめ。頂上まで1時間半程度で、道中では御嶽山や白山、八ヶ岳などを見渡せます。山頂には乗鞍本宮神社の奥宮があり、お守りを買ったり御朱印をいただけるのも魅力です。

もっとしっかりと山歩きを楽しむなら、麓付近の「三本滝バス停」から、日本の滝百選「三本滝」や周辺の森を散策しながら剣ヶ峰を目指すコースもあります。バス停が点在しているため、疲れたら畳平までバスに乗れるところも、初心者にはありがたい点です。

乗鞍岳
  • 岐阜県高山市丹生川町岩井谷


<<乗鞍で体験できるアウトドアレジャーの一覧はこちら>>

屋久島の大自然や絶景を堪能できる「宮之浦岳」|鹿児島県

宮之浦岳は屋久島にあり、標高1,936mで九州最高峰の山。そんな宮之浦岳を舞台に、本格的な登山に挑戦してみませんか?

「屋久島ガイドツアー」が開催している“トレッキングツアー”は、海抜0mから始まり1日かけて標高1,936mを目指します。早朝の海岸で海抜0mを踏みしめたあと、「淀川登山口」まで車で約2時間移動し、いよいよトレッキングスタートです。

全コース中、最も大きい屋久杉の「淀川大杉」に圧倒されたり、透きとおる水面に木漏れ日が反射する「淀川」を渡ったりしたあとに、本格的な登山道に入ります。

少しずつ歩を進めて行くと、標高1,640mエリアで高原が広がり、日本庭園を思わせる湿原「花之江河」のお出まし。さらに「投石平(なげしだいら)」でランチタイムをとったらもう一頑張りです。

森林限界を超えたことで景観が開け、眼下の雲海や木々を眺めながら歩みを進めれば、ついに宮之浦岳山頂です!遮るものが一切ない360度の大パノラマは、息を飲むほどの絶景。地球と自然の壮大さに、心が震えることでしょう。

主催会社:屋久島ガイドツアー
  • 鹿児島県熊毛郡屋久島町 淀川登山口(宿泊先までの送迎が基本)


<<屋久島で体験できるアウトドアレジャーの一覧はこちら>>

初心者でも日本百名山トレッキングを楽しもう!

日本には、登山やトレッキング初心者にも優しい山やコースがたくさんあります。

特に最初のうちは、登山ツアーや登山ガイドを利用することで安全に始められ、自分の望んでいる山歩きを具体的に行えます。服装や装備も最低限を準備し、目的や用途に併せて徐々に増やしていけばOK。本格的な趣味にするかは、実際に山を歩き、爽快感を味わってみてからでも遅くはありません。

大自然を五感で味わう登山・トレッキングの世界へ一歩足を踏み出しましょう!

(文:坪井直)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する