冬の思い出作りに悩んでいるアナタに!絶対楽しいアウトドアレジャー10選 2019.01.25 雪遊び

冬ならではのアウトドアレジャーにチャレンジして体を温めませんか?寒いからといってインドアの遊びばかりじゃもったいない。今年の冬は外で遊んで、思いっきり楽しんじゃいまいしょう!

寒い日はこたつで温まりながらミカンを食べて…そんなインドアな過ごし方もいいですが、寒いからこそ元気にアウトドアで遊んでみてはいかがでしょうか?

スキーやスノーボードなど、雪上で楽しむ爽快感満点のアクティビティをできるのは冬ならでは。

また、冬は空気が澄んでいるので、夏と比べて遠くの景色まではっきりと美しく見えます。白銀に包まれた自然をじっくり眺めてみましょう!

今回は、そんな冬をとびっきり楽しめるアウトドアレジャー厳選してご紹介します!

【目次】

 - 1.ふわふわの雪原をスノーシューで散策しよう|長野県
 - 2.手つかずの雪面を滑るバックカントリースキー|長野県
 - 3.雪原を爽快に駆け抜けるスノーモービル|長野県
 - 4.雪上の新感覚アクティビティ・エアボード|岐阜県
 - 5.冒険気分も味わえる本格犬ぞりツアー|北海道
 - 6.氷上に穴を開けて楽しむワカサギ釣り|北海道
 - 7.華麗に舞うタンチョウを観察|北海道
 - 8.雪山をアクティブに下るスノーキャニオニング|群馬県
 - 9.透明度抜群の湖上でアイスウォーク|北海道
 - 10.熱気球で白銀のパノラマを一望しよう!|北海道

1.樹氷や霧氷に感動!スノーシューで八ヶ岳の雪原を散策しよう|長野県

スノーシューとは、西洋版かんじきとも呼ばれている雪用のトレッキングツール。装着すれば、雪の上を自在に歩き回れます!夏には踏み入れない林の中を進んだり、斜面を駆け下りたり滑ったりすることもできます。

冬は晴天率80%の八ヶ岳を舞台に、“スノーシューツアー”を行うのが「アルプスぼうけん組楽部」。

ツアーではグループごとにベテランガイドが同行。八ヶ岳の森に住む動物や植物に関する解説を丁寧にしてくれます。動植物だけでなく、雪山ならではの神秘的な光景にも注目!雪でモコモコに膨らんだ樹氷や、氷の花のように枝に付く霧氷(むひょう)など、その驚きの姿に感動必至です。

ちょっとした傾斜では、そりを使って天然のすべり台を楽しむなどアクティブな遊びも盛りだくさん!「ガイドブックには載っていないとっておきの冬」を満喫するのにぴったりのツアーです。

主催会社:アルプスぼうけん組楽部
  • 長野県茅野市北山4035-2541 北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅(1階休憩室)

■関連記事
青木ヶ原樹海や八ヶ岳周辺で楽しめる!山梨県の乗馬・ホーストレッキング5選

2.圧雪されていない手つかずの雪山を滑り降りるバックカントリースキー|長野県

「スキー場で滑るのも悪くないけど、もっと自然を体感してみたい!」と感じている人におすすめなのが、バックカントリースキー。

圧雪されていない手つかずの雪山を、一気に滑り降りていく大興奮のスノーアクティビティです。

もちろんリフトはありませんので、斜面の上まではスキー板を背負って歩きます。

登りの道が険しい場合もありますが、手つかずの雪面を滑り降りる爽快感はほかに代えがたい魅力です。

挑戦したいと思ったら、まずは体験ツアーに参加してみましょう!

長野にある「リトルピークス」が開催している“入門コース”では、ベテランガイドが同行しながら、バックカントリーを楽しむにあたっての注意点やポイントを教えてくれます。

ツアーの舞台となる日本アルプスの雪質は最高!パウダースノーを思いっきり堪能しましょう!

主催会社:リトルピークス
  • 長野県松本市安曇鈴蘭 乗鞍観光センター

■関連記事
バックカントリースキーとは?必要な道具や安全に楽しむ手順のまとめ

3.雪上ツーリングは爽快感抜群!スノーモービル|長野県

雪上を颯爽と駆け抜けるスノーモービル。一度は乗ってみたいと憧れた人も少なくないのでは!?実は長野県の白馬で、その夢が叶うんです。

白馬エリアを中心にさまざまなアウトドアツアーを催行している「白馬ライオンアドベンチャー」では“スノーモービルツアー”を開催中。保護者と2人乗りであれば、小学生から体験できます。

使用するスノーモービルは、小回りが利いて操作しやすい車種。運転に自信のない人や女性でも扱いやすく、練習をすればすぐにツーリングを楽しめるようになります。

コース後半には、林の中や起伏のある道など、アクティブなコースあり!ツアーが終わるころには、「また乗りたい!」とスノーモービルに夢中になること間違いなしです。

主催会社:白馬ライオンアドベンチャー
  • 長野県北安曇郡白馬村北城5746-3 ライオンカフェ(事務所) 

■関連記事
憧れのスノーモービル!初心者でもすぐに乗れるって本当?

4.新感覚のスリルとスピードを体感できるエアーボード|岐阜県

手軽にスリルを味わえる雪遊びツールをお探しなら、エアーボードがおすすめ!空気で膨らませたボディーボードのような形状のボードに寝そべるように乗り込み、斜面を滑って遊ぶ乗り物です。

岐阜にある「トリッパー」では、エアボードの乗り心地を試せる“体験ツアー”を開催中。手軽な半日コースから用意されており、飛騨高山観光と合わせて楽しむこともできます。必要なツールはすべて貸し出してくれるので、手ぶらで遊べるのも魅力のひとつです。

体験場所はスキー場にあるなだらかな斜面。“曲がる”“止まる”の基本操作を学んだ後は、トンネルや柱などの小道具を使いながら、より正確な操縦ができるよう練習を繰り返していきます。

操作に慣れてくると、かなりの急斜面もかっこよく滑れるようになり、夢中になること間違いなし!スキーやスノーボードとは違ったスリルとスピードをぜひ体感してみましょう。

主催会社:トリッパー
  • 岐阜県高山市荘川町岩瀬620-2(荘川高原スキー場) または 岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4670-75(ひるがの高原スキー場)

■関連記事
人気急上昇中のエアーボードが楽しめるおすすめスキー場7選

5.犬たちと絆を深めよう!冒険気分も味わえる本格犬ぞりツアー|北海道

犬好きの人なら一度は憧れるであろうアクティビティ、それが犬ぞり!どこまでも広がる雪原の上を、たくさんの犬たちに引かれながら疾走する犬ぞり体験ツアーの多くは、北海道で開催されています。

その中でもおすすめなのが「アウトライダー」の“1DAYアドベンチャーツアー”。参加者が本格的なマッシャー(犬ぞりの操縦者)体験ができるよう配慮された内容が人気です。

そりの操縦方法だけでなく、犬とのスキンシップやハーネスの取り付けなど、実際にそりに乗る前の準備まで自分たちで行えます。

ツアーでは、まずは平坦な場所からスタート。そりを操縦する感覚を身に付けていきます。

最初はそのスピードに驚くかもしれませんが、慣れてくれば周囲の風景や犬たちの様子を伺えるようにもなってくるはず。人の手が入っていない自然のフィールドを、マッシャーになりきって走破するのは爽快感抜群です!

ツアーが終わるころには、一緒に走った犬たちともすっかり仲良しに!ファンが続出しているツアーです。

主催会社:アウトライダー
  • 北海道紋別郡遠軽町白滝上支湧別235 アウトライダー犬舎(支湧別小学校跡 校舎)

6.氷に穴を開けて糸を垂らす!氷上で楽しめるワカサギ釣り|北海道

photo by そとあそび

ワカサギ釣りとは、氷上に穴をあけて穴釣りを楽しむウインタースポーツです。

ガイドと一緒に釣りをしますので、竿・針・餌などの基本装備は必要ありません。

ワカサギ釣りツアー”の行われる達古武湖(たっこぶこ)は釧路湿原国立公園に含まれており、貴重な動植物がいっぱい!ツアー中、遠くにタンチョウやキタキツネを見られるかもしれませんよ!

氷に穴を開けたらさっそく釣り開始!ガイドに釣り方を聞きながら焦らずチャレンジしてみましょう。魚が針にかかったときの小気味いい反応が、何ともいえません。

釣ったワカザギはその場で天ぷらにできます!釣りたてのワカサギは、市販の冷凍ものとは味が別物。おにぎりやビールを持ち込めますので、ワカサギ釣りと併せて氷上のピクニックを満喫しましょう。

宿泊地が釧路市内及び近郊の場合は、事前予約で無料送迎サービスもあります。

主催会社:塘路ネイチャーセンター
  • 北海道川上郡標茶町字塘路原野北七線86-17

■関連記事
ワカサギ釣りで押さえておきたいコツは、この6つ!

7.もっと身近に!華麗に舞うタンチョウを観察|北海道

photo by そとあそび

特別天然記念物のタンチョウを観察できる、「塘路ネイチャーセンター」の“観察エコツアー”。

ただ見るだけではなく、釧路湿原の自然環境とタンチョウの生活をまるごと理解でき、タンチョウの本来の姿を知れる、とっておきのツアーです。

釧路湿原に精通したガイドが、双眼鏡の使い方からレクチャーしてくれます。もちろんタンチョウの出現ポイントも事前にリサーチしてくれているので、期待できますね。

2月中旬からはタンチョウの求愛ダンスが見られる可能性も!鳴き声も聞こえる場合がありますので、目だけでなく耳も澄ませてみましょう。

主催会社:塘路ネイチャーセンター
  • 北海道川上郡標茶町字塘路原野北七線86-17

■関連記事
幻想的な風景を見に行こう!北海道・釧路のおすすめカヌーツアーまとめ

8.国内初の雪遊び!スノーキャニオニングで雪山をアクティブに下ろう|群馬県

暖かい季節に、自然の美しい渓谷で沢下りを楽しむキャニオニングですが、実は冬でもキャニオニングは楽しめます。それが、群馬県のみなかみで体験できる“スノーキャニオニング”なんです!

キャニオニングを日本に広めた元祖ともいえるツアー会社「キャニオンズ」では、新雪がたっぷり積もった水上の雪山を舞台に、初心者から参加できる体験ツアーを開催中。夏の渓谷も冬の雪山も知り尽くしたベテランガイドの案内で、雪山での遊びを満喫しましょう。

ツアーのスタート地点まではリフトで移動するので、気軽にアクセス可能です。天然の雪が降り積もる斜面で、スライダーを滑ったり、大きな段差からふかふかの雪にダイブしたりと、楽しみながら雪山を下っていきます。

急角度の斜面では、ロープを装着して豪快にスライド!経験豊富なガイドが参加者の体力やレベルに合わせてサポートをしてくれるので、初めてでもキャニオニングの醍醐味をしっかりと味わえます。

冬のキャニオニングが楽しめるのは、全国でもキャニオンズのツアーだけ!雪山を全身で楽しみたい人はぜひチャレンジしてみましょう!

主催会社:キャニオンズ
  • 群馬県利根郡みなかみ町ゆびそ45 キャニオンズ アドベンチャーセンター

9.国内屈指の透明度を誇る湖の上でアイスウォークを満喫!|北海道

真っ白な雪の中での遊びも楽しいですが、冬のもう1つの楽しみといえば、氷上のアクティビティ!先ほど紹介したワカサギ釣り以外にも氷にまつわるアウトドアツアーがあります。

それが、「オーシャンデイズ」が開催している“支笏湖アイスウォークツアー”!氷が厚く張られた北海道千歳市にある支笏湖(しこつこ)で、いろいろな遊びを交えながらワイワイと楽しめる内容になっています。

ツアーは、冬のダイビングで使用されるドライスーツのレンタル付き。内部に水が浸入しないドライスーツがあれば、氷点下の湖の中もへっちゃらです!氷の上をソロソロと歩いたり、氷の割れ目からすっぽり湖に浸かってみたり、氷の塊の上に登ってみたりと、ここでしかできない遊びを思う存分満喫しましょう。

国内屈指のきれいな水をたたえていることで知られる支笏湖。氷上はもちろん湖の中でも気持ちよく過ごせます。冬の北海道を訪れるなら、ぜひ参加しておきたい貴重なツアーです。

主催会社:オーシャンデイズ
  • 北海道千歳市支笏湖温泉 オーシャンデイズ兼シコツカムイ(支笏湖温泉駐車場商店街内)

■関連記事
【知床】子供といっぱい楽しもう!オススメの観光スポットご紹介!

10.熱気球に乗って白銀のパノラマを一望しよう!|北海道

熱気球体験というと、ロープに繋がれた熱気球が上下移動するだけの“係留フライト”が一般的ですが、「富良野ネイチャークラブ」では日本でも数少ない“フリーフライト”が楽しめるツアーを開催しています。

ツアーの開始は早朝。爽やかな空気の中、熱気球で飛び立ちましょう!動力を積んでいない熱気球の動きは風任せ。熟練のガイドが風の流れを読みながら高度やルートを調整します。

眼下に広がるのは、真っ白に広がる富良野盆地!低い高度では周囲の様子がジオラマのように良く見え、高く上がっているときは遠くの景色まで見渡せます。気になるものを見つけたら、同乗しているガイドにどんどん質問してみましょう!

ツアーの集合場所は旭川空港から車で約1時間、新千歳空港からは約2時間の場所にあり、北海道旅行のプランに組み込みやすいのも魅力の1つ。熱気球でのフライト体験は最高の土産話になるはずです!ぜひ周辺のエリアに出かける際は参加してみましょう。

主催会社:北海道 富良野ネイチャークラブ
  • 北海道富良野市北の峰町14-6 アルパインビジターセンター

■関連記事
ここはおさえたい!夏の富良野・美瑛・トマム観光おすすめスポット30選

冬ならではの楽しみを満喫しよう!

寒いからといって家にこもってばかりではもったいない!冬ならではの景色や空気を五感で感じてみませんか?

冬の澄んだ空気に身を任せていると、心も体もクリアになっていくかもしれません!思いっきりリフレッシュして、明日へのエネルギーを蓄えましょう。

アウトドアレジャー予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では冬に楽しめるアウトドアツアーを多数紹介しています。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

(編集部注*2017年12月16日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する