【完全版】水上(みなかみ)の観光スポットまとめ 2018.11.13 水上(みなかみ)

関東でアウトドアの聖地といえば、群馬県のみなかみ町!景勝地からレジャー、温泉、屋内スポットまで、幅広い観光スポットを目的別にご紹介します。季節を問わず楽しめるみなかみへ、あなたも出かけてみませんか。

関東きってのアウトドアの聖地といえば、群馬県利根郡のみなかみ町。都心からも日帰りでアクセスができ、バラエティに富んだアウトドアツアーがあるみなかみは、季節を問わずアウトドア愛好家から注目を集めています。最近では海外からの旅行者も増加中!

今回はそんなみなかみエリアの観光スポットを目的別に幅広くご紹介します。紅葉の見頃を迎えたみなかみへ、あなたも出かけてみませんか。

目次

■自然を満喫できる観光スポット
 - 谷川岳ロープウェイ
 - 諏訪峡
 - 照葉峡
 - ダム巡り
■見るだけじゃない!自然を楽しめるアクティビティ
 - 抜群の爽快感!山を駆け下りるマウンテンバイク
 - 高さ62mからの絶景バンジージャンプ!
 - 赤谷湖から駒形峡谷をカヤックで散策
 - 日本三大暴れ川の激流でラフティング
 - 滝を滑り下りる!渓谷で遊ぶキャニオニング
 - スリル&疾走感を味わえる雪遊び!エアーボード
 - 銀世界を大冒険!スノーシュー
■みなかみの歴史にふれられるスポット
 - 名胡桃城址
 - 水上歴史民俗資料館
■景色も楽しめるぽかぽか温泉スポット
 - 法師温泉 長寿館
 - 猿ヶ京温泉 まんてん星の湯
 - 宝川温泉 宝川山荘
■天気が悪くても大丈夫!屋内スポット
 - たくみの里
 - 月夜野びーどろパーク

<<水上(みなかみ)で体験できるアクティビティツアーの一覧はこちら>>

自然を満喫できる観光スポット

みなかみは自然の宝庫。アウトドアレジャーはもちろん、ハイキングや散策をしたり、写真撮影をしたり、自然を舞台にしたさまざまな楽しみ方があります。みなかみでぜひ訪れてほしい自然スポットを紹介。

山頂を望む空中散歩!「谷川岳ロープウェイ」

PIXTA

標高1,319mの谷川岳天神平まで一気に上る「谷川岳ロープウェイ」では、谷川岳山頂などを望む大パノラマを眺めながら約10分間の空中散歩を楽しめます。

谷川岳天神平にある「ビューテラスてんじん」では、ガラス張りのレストランから谷川連峰を見ながら食事ができます。さらに谷川岳天神平からペアリフトに乗ると、標高1,502mの天神峠まで到達することが可能!

谷川岳は紅葉の季節がおすすめ!山々が1年で最も鮮やかに色づく姿を間近で見てみませんか。

谷川岳ロープウェイ
  • 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽湯吹山国有林
  • 0278-72-3575

※2018年11月15日〜22日は機械整備のため運行停止

奇岩、怪石が連なるダイナミックな景観が美しい!「諏訪峡」

PIXTA

「諏訪峡」はみなかみを代表する奇岩、怪石が連続する渓谷で、水上温泉の景勝地の1つです。見どころは吊り橋の笹笛橋、高さ30mの坊岩玉簾(たますだれ)の滝、紅葉公園など。

渓谷に沿って遊歩道が整備されているので、景色を楽しみながら歩くことができます。隣接する道の駅「水紀行館」に車を置いて、じっくり散策してみるものおすすめ。

諏訪峡
  • 群馬県利根郡みなかみ町

■関連記事
アウトドアの聖地「水上(みなかみ)」のアクティビティ総まとめ

“関東の奥入瀬”とも称される、みなかみ屈指の紅葉スポット「照葉峡」

PIXTA

紅葉の美しさでは諏訪峡よりも人気が高いとされる「照葉峡(てりはきょう)」。“葉が照らされる”と書く名前からして美しさが想像できますよね。

「翡翠の滝」や「木精(こだま)の滝」など、俳人の水原秋桜子(しゅうおうし)が命名した大小11の滝が5kmに渡って点在しており、見どころとなっています。

照葉峡
  • 群馬県利根郡みなかみ町藤原

みなかみ名物はダムとカレー!?「ダム巡り」

PIXTA

一般財団法人水源地環境センターが認定した「ダム湖百選」に選ばれている矢木沢ダム(奥利根湖)、奈良俣ダム(ならまた湖)、相俣ダム(赤谷湖/あかやこ)のほか、藤原ダム(藤原湖)、須田貝ダム(洞元湖)など、みなかみには関東の水瓶である巨大なダムがいくつもあり、ダム巡りが楽しめます。

ダムの形式をごはんの盛り方に例えたご当地カレー「みなかみダムカレー」も有名で、みなかみ町の飲食店で食べることができます。

ダムを見てからダムカレーを食べるか、食べてから見るか‥‥、お好きな順番でぜひどうぞ!

見るだけじゃない!自然を楽しめるアクティビティ

みなかみを訪れてアクティビティをしないのはもったいない!日本最大の流域面積を持つ利根川が流れ、日本百名山に数えられる谷川岳をはじめとした山々に抱かれたみなかみでは、年間を通してさまざまなアクティビティが楽しめます。

ここでは初心者でも挑戦しやすい7つのアクティビティを紹介します。

抜群の爽快感!「マウンテンバイク」でみなかみの山を駆け下りる!

颯爽と風を切りながら、みなかみの豊かな自然を感じる。そんな体験ができるのが「MTBジャパン」が開催する“マウンテンバイク・ダウンヒルツアー”です。メンテナンスの行き届いた本格マウンテンバイクを使って、トレイル(山道)を下っていきます。

ダウンヒルって初めてでもできるの?と思われた方、ご安心を!本格的なダウンヒルにチャレンジする前に、ガイドによるレッスンがあります。ライディング姿勢やブレーキング、ギアチェンジなどの基本を教わったら、練習用のトライアルパークへ!多彩なシチュエーションで練習できます。

本番のコースは、下り坂がメイン。参加者のレベルに応じて、ガイドがベストコースをチョイスしてくれます。子供は7歳以上かつ身長125cm以上から参加OK!サスペンション付きキッズバイクに乗って、家族みんなでみなかみの自然を満喫してみては?

今シーズンは11月下旬まで。来シーズンは4月上旬から楽しめますよ。

MTBジャパン
  • 群馬県利根郡みなかみ町湯原120-1,B1-A MTBジャパンガイドハウス

<<気になる口コミはこちら>>

高さ62mから渓谷へ飛び下りる!絶景も楽しめる「バンジージャンプ」

絶叫好きならぜひチャレンジしてほしいのが、“バンジージャンプ体験”!舞台は赤谷湖の北側に位置する猿ヶ京。ここでは高さ62mの赤い水管橋から湖面に向かって飛び込む、スリル満点の体験にチャレンジできます。

橋に設置されたジャンプ台に立つと、前方に連なる山々とエメラルドグリーンの湖の絶景に目を奪われることでしょう。春には新緑、秋には紅葉など、四季折々の彩りが参加者を楽しませてくれます。

そんなつかの間の癒やしタイムの後は、緊張感MAXのバンジータイム!勇気を振り絞ってジャンプ台を踏み切り、美しいジャンプを決めましょう。渓谷に吸い込まれていくようなスリルと爽快感は格別!遊園地のジェットコースターやバンジージャンプでは味わえない体験が、あなたを待っています。

このツアーを開催している「バンジージャパン」では、仮装してのジャンプも可能。友人やカップルで盛り上がれること間違いなしです!

バンジージャパン
  • 群馬県利根郡みなかみ町相俣1731 BUNGY JAPAN猿ヶ京バンジー

<<気になる口コミはこちら>>

岩壁を流れ落ちる滝巡りも!「カヤック」で赤谷湖と駒形峡をツーリング

桜や紅葉の名所として知られる赤谷湖。谷川連峰が遠望でき、湖畔には猿ヶ京温泉を有する人気の観光スポットです。湖畔からの景色も美しいですが、カヤックで水上からアプローチすれば、違った視線からの景色が楽しめます。

「ノマドハウス」が赤谷湖で開催している“カヤックツアー”は、会話ができる3歳以上の子供から参加OK!使用するカヤックには2種類あり、川で遊ぶのに適したものか、安定感があり2人まで乗れるエアー式から選べます。

穏やかな水面をカヤックで漕ぎ進め、駒形峡谷へと入っていくと雰囲気は一変。木々が茂る岩壁からは、水が滝のように流れ落ちている場所がいくつもあります。しかもその滝の中には温泉が流れているものも!カヤックに乗ったまま滝に打たれてみたり、手で触ってみたりして、温泉を探し当てましょう。

カヤックだからこそできる貴重な体験が盛りだくさんのツアーです。今シーズンは11月下旬まで。来シーズンは4月上旬からなので、待ちきれない方は早めの予約をおすすめします!

ノマドハウス
  • 群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1150-1 「まんてん星の湯」三国館カヤックベース

■関連記事
水上(みなかみ)で体験できるおすすめカヌー・カヤックツアーまとめ

日本三大暴れ川の激流にアタック!チームの結束も強まる「ラフティング」

みなかみを流れる利根川は日本三大暴れ川の1つで、関東でも指折りのラフティングスポット!激流にもみくちゃにされながら川を下っていく、大迫力のラフティングが楽しめます。雪解け水が流れ込む4月から6月にかけては、特にスリリング!景観を楽しみつつ川遊びもしたい方は、水量の落ち着く夏から秋がおすすめです。

「カッパCLUB」では、そんな利根川での“ラフティングツアー”を開催しています。集合場所までは関越自動車道「水上」I.Cより約3分と好アクセス!近くの駅や宿泊施設への無料送迎もあるので、気軽にツアーに参加できますよ。

ツアーでは白波立つ激流にアタック!同じボートに乗り合わせた時点でみんな仲間です。チームワークを駆使して乗り越えましょう。波が穏やかな場所では、崖からの飛び込みやボートを使った遊びなども楽しめます。

ツアーが終わるころには、仲間との絆が芽生えているはず。友達やファミリーでの参加もおすすめです!

今シーズンはすでに開催が終了しているので、来シーズンが始まる4月中旬を待ちましょう。雪解けシーズンのスリリングなラフティングにぜひチャレンジしてみてくださいね。

カッパCLUB
  • 群馬県利根郡水上町寺間18 カッパCLUB

<<気になる口コミはこちら>>

あらゆる滝を滑り下りる!渓谷を遊び尽くす「キャニオニング」

みなかみの渓谷は、天然のウォーターアトラクション!体1つで沢を下るアクティビティ「キャニオニング」の絶好のフィールドです。

みなかみで“キャニオニングツアー”を開催する「キャニオンズ」は、日本にキャニオニングを広めた立役者!日本に数名しかいないという「世界キャニオニング協会(CIC)」公認ガイドが、ツアーを案内してくれます。

20mの大きな滝や渦を巻いた滝から滑り下りたり、円形状の壁に囲まれたプールで漂ったり、渓谷を遊び尽くします。美しい沢の水を浴びるのはとても爽快!ウェットスーツを着用するので、春や秋も体験できますよ。

ツアー後は、ベースのウッドデッキでくつろげます。川岸でBBQを楽しめるオプションも!キャニオニングとBBQで、みなかみの自然を大満喫できる1日を過ごしてみては。

キャニオンズ
  • 群馬県利根郡みなかみ町ゆびそ45 キャニオンズ アドベンチャーセンター

<<気になる口コミはこちら>>

初心者でもスリル&スピード感をすぐに味わえる!爽快な雪遊び「エアーボード」

エアーボードとは、その名の通り空気(エアー)の入ったボードの上にうつぶせで乗り、雪のゲレンデを滑り下りるスノーアクティビティ。

スキーやスノーボードと違って硬い器具を装着する必要がなく、ただボードの両端にある取っ手をつかむだけ。あとは体の重心を移動させて方向転換や停止ができるので、初心者の方でも気軽にチャレンジできるのが魅力です。地面とすれすれの低い視線で、体感速度40kmにもなるスリルと疾走感を味わってみましょう!

「マックス」では、リフト券付きの“エアーボードツアー”を開催。1日コースやスノーシューとセットになったコースもありますが、半日コースなら残り半日でスキーやスノーボードを楽しむもよし、観光や温泉を楽しむもよしと、スケジュールを組みやすいかもしれませんね。

冬のみなかみを訪れた際には、ぜひエアーボードを体感してみてくださいね!

マックス
  • 群馬県みなかみ町湯檜曽湯吹山 マックス土合ベース

<<気になる口コミはこちら>>

雪山を自在に楽しむ!「スノーシュー」で銀世界を大冒険

ゲレンデもいいけれど、雪山のディープな世界を覗いてみたい…そんな方におすすめなのが「ジャグスポーツ」が開催する“スノーシュー1日ツアー”。スノーシューとは西洋版のかんじきのようなもので、スノーブーツに装着するとふわふわの雪の上でもスムーズに歩けるようになります。

ツアーで用意されているのは、3つのコース。地面から伸びるツララ“氷筍(ひょうじゅん)”を見に行く「大幽洞窟コース」、日本三大岩場「一ノ倉沢の大岩壁」を目指す「一ノ倉沢コース」、そして凍り付いた滝に迫る「裏見滝コース」です。時期や状況によってガイドがベストコースへ案内してくれますよ。

行き先が決まったら、あとはアクティブに進むのみ!雪面を駆け下りたり、高い場所からジャンプしたり、スノースレッド(雪そり)を使って滑り下りたり。いかに雪山を楽しむかがポイントです。

ツアーの舞台、雨呼山(あまよびやま)の山頂から眺める奧利根の山々の絶景も感動もの!スノーシューで幻想的な雪山を満喫しましょう。

ジャグスポーツ
  • 群馬県利根郡水上町綱子145-1 ジャグスポーツ

<<気になる口コミはこちら>>

みなかみの歴史にふれられるスポット

みなかみには古くからの歴史を伝える史跡や資料館などもあります。その中の代表的なものを2つご紹介します!

真田昌幸ゆかりの地「名胡桃城址」

PIXTA

「名胡桃(なぐるみ)城址」は利根川と赤谷川の合流点近く、三方が絶壁となっている天然の要害に造られた山城の跡です。

天正7年に利根に侵攻した真田昌幸によって、現在の城址に築城されたといわれています。NHK大河ドラマ『真田丸』の放送に合わせて保存整備工事が行われ、土塁などの一部が復元されました。

名胡桃城址
  • 群馬県利根郡みなかみ町下津3462
  • 0278-62-0793

古の生活に思いを馳せる「水上歴史民俗資料館」

「水上歴史民俗資料館」では、江戸時代の村明細帳や水帳などの古文書、村絵図、山村生活に必要な樵(きこり)用具や雪ゾリ、明治から昭和初期にかけて使われた農機具や生活用具が数多く展示されています。

また、敷地内には国指定重要文化財の旧戸部家住宅が移築されていて、見学することができます。建物の中に一歩足を踏み入れると、150年前の奥利根の村に迷い込んだような感覚が味わえますよ。

水上歴史民俗資料館
  • 群馬県利根郡みなかみ町湯原441
  • 0278-72-3707

・営業時間:9:00~16:00
・休館日:年末年始
・料金:大人(高校生以上)200円、小人(小中学生)100円

景色も楽しめるぽかぽか温泉スポット

みなかみ町には水上温泉や谷川温泉、宝川温泉などいくつもの温泉があり、総称して水上温泉郷と呼ばれています。どの温泉地からも山々や渓谷が見渡せる景色の良さが魅力ですが、その中でも特におすすめの3ヶ所をピックアップ。すべて日帰り入浴が可能なので、ぜひ温泉もたっぷり堪能して帰りましょう。

1世紀以上の歴史を紡ぐ大浴場は圧巻の貫禄!「法師温泉 長寿館」

PIXTA

明治初期に建てられた本館をはじめ、明治28年に建てられた大浴場(法師乃湯)、昭和15年に増築された別館の3棟が国の文化財として登録されている「法師温泉 長寿館」。

多くの文人墨客が愛した客室、緩やかな時の流れを感じさせる情緒に満ちた湯殿。圧倒的な貫禄とノスタルジックな雰囲気が異世界へと誘い、身も心もしっとりと癒やしてくれます。

法師温泉 長寿館
  • 群馬県利根郡みなかみ町永井650
  • 0278-66-0005

【立ち寄り入浴】
・営業時間:10:30~13:30(利用は14:00まで)
・定休日:水曜日、年末年始(そのほか、清掃日など不定期に休みあり)
・料金:1,000円

■関連記事
水上(みなかみ)でキャンプ&BBQ!手ぶらもOKなキャンプ場をご紹介

収穫体験にBBQ!?楽しさいろいろ「猿ヶ京温泉 まんてん星の湯」

猿ヶ京温泉「猿ヶ京温泉 まんてん星の湯」は、赤谷湖を望む高台にある温泉施設。先ほど紹介したノマドハウスが開催するカヤックツアーの集合場所にもなっています。温泉は和風の「里の湯」と洋風の「七夕の湯」があり、どちらの露天風呂も赤谷湖や山々の景色を楽しめ、夜には美しい星空が広がります。

この温泉の魅力は、景観だけではありません!例えば、敷地内にある「まんてんファーム」では、野菜の収穫体験ができるんです。収穫した野菜は、赤谷湖を望むBBQガーデンですぐに食べられます。BBQは手ぶらでOKなので気軽に楽しめますよ。

また、家族連れの場合は子供の遊び場があると助かりますよね。館内の「民話と紙芝居の家」では、語り部が民話や紙芝居を披露。ただおもちゃで遊ぶのではなく、コミュニケーションが取れるのがポイントです。レディースルームではお化粧から授乳、おむつ交換などができますよ。

ほかにも大衆演劇やカラオケを楽しめる「三国館」や、車で3分の距離にある「湯島オートキャンプ場」など、盛りだくさん!どんな楽しみ方ができるか、ぜひご自身の目で確かめてみてくださいね。

猿ヶ京温泉 まんてん星の湯
  • 群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1150-1
  • 0278-66-1126

・営業時間:10:00~21:30(最終受付20:30)
・休館日:火曜日(祝日の場合は営業)
・料金:【1日券】大人1,390円、小人830円
※3時間券、5時間券、ナイター券あり

広さ計470畳分!4つの大露天風呂を堪能できる「宝川温泉 宝川山荘」

 

View this post on Instagram

 

Sakura 370zさん(@sakura370z)がシェアした投稿 -

「宝川温泉 宝川山荘」は、利根川上流の支流である宝川に隣接する形で造られた温泉施設。映画『テルマエ・ロマエ2』のロケ地にもなった場所で、全湯源泉かけ流しの日帰り温泉や食事が楽しめるほか、併設されている汪泉閣(おうせんかく)では宿泊もできます。

宝川温泉の自慢は、4つの大露天風呂!「摩訶の湯」、「子宝の湯」、「般若の湯」、「摩耶の湯」の4つ合わせて470畳分の広さというから驚きです。川沿いの地形を生かした造りになっていて、大自然を間近に感じながら入浴できますよ。

女性専用の摩耶の湯以外は混浴なので、女性の方は湯浴み着を着用しましょう。宝川の流れを眺めながら開放感抜群の大露天風呂で、ぜいたくな時間を満喫してみては。

宝川温泉 宝川山荘
  • 群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
  • 0278-75-2611

・営業時間:9:00~17:00(最終受付16:00)
・料金:大人1,500円、小人1,000円、未就学児無料、女性用湯浴み着レンタル600円
※利用時間は4時間

天気が悪くても大丈夫!屋内スポット

せっかくアウトドアの予定を入れていたのに天気が悪くて…という経験も時にはありますよね。アウトドアの基本は自然には勝てない、逆らわない、ということ。特に山の天気は変わりやすいといわれています。

急な雨に見舞われても柔軟に対処できるよう、雨の日のプランも用意しておきましょう!おすすめの屋内スポットをご紹介します。

「たくみの里」で体験・見学・ショッピングを楽しもう!

PIXTA

「たくみの里」は東京ドーム約70個分にも渡る集落に、木工や竹細工、和紙漉き、こんにゃく作りなどの手作り体験ができる“たくみの家”が点在している施設です。

手作り体験ができるたくみの家と、展示、見学、買い物が楽しめる家の2種類があるので、興味のあるモノを探して訪ねていきましょう!

たくみの里の玄関口には道の駅「豊楽館」があり、たくみの里のガイドマップが手に入ります。1日いても飽きない、昔ながらの手作り体験が楽しめるスポットです。

たくみの里 総合案内所「豊楽館」
  • 群馬県利根郡みなかみ町須川847
  • 0278-64-2210

・営業時間:9:00〜17:00(冬期16:00閉館)

ガラス細工と地ビールでオフを満喫!「月夜野びーどろパーク」

「月夜野びーどろパーク」ではガラス細工の制作体験ができるほか、職人の手による美しいガラス製品を購入することができます。
施設内には地ビールと一緒にシェフ自慢のオリジナル料理がいただけるレストランやカフェがあるので、ガラス制作体験をした後は、ぜひ月夜野の地ビールを試してみませんか。地元の特産品や地ビール・地酒の販売もあるので、お土産の購入にもおすすめです。

月夜野びーどろパーク
  • 群馬県利根郡みなかみ町後閑737-1
  • 0120-0278-62

観光・レジャーの宝庫、みなかみへ遊びにいこう!

自然や歴史にふれられる場所や屋内外のレジャースポットまで、みなかみには幅広い観光スポットがあります。特に自然を舞台としたアクティビティでは季節それぞれの楽しみ方があって、どれも魅力的なのがアウトドアの聖地といわれる理由。

都心から日帰りができる場所なので、ぜひ気軽に遊びにいってみてくださいね。

アウトドアレジャーの専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、みなかみで体験できるさまざまなアクティビティを紹介しています。お出かけの前にぜひチェックしてくださいね。

(編集部注*2016年3月4日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する