水上(みなかみ)でスノーシューの後に行きたい温泉スポット3選 2019.02.02 スノーシュー 水上(みなかみ)

群馬県の最北端に位置する水上は、冬の間はスキーやスノーボードだけでなく、スノーシューでも人気。関東有数の温泉地である水上温泉郷でスノーシューツアーの後に行きたい日帰りでも利用できる温泉スポットを3つ厳選してご紹介します。

群馬県の最北端、利根川源流域に位置する水上は、谷川岳や三国山といった山々の麓にあって、四季を通じてさまざまなアウトドア・アクティビティで人気のエリアです。

ウインターシーズンにはスキーやスノーボードだけでなく、いわば「西洋式かんじき」であるスノーシューを履いてハイキングやトレッキングをするツアーが注目を浴びています。スノーシューは特別な技術が必要なく、子供や初心者でもすぐに楽しめるのが魅力です。

他方、水上付近には水上温泉、宝川温泉、谷川温泉といった温泉が多数存在し、関東有数の温泉地となっています。

今回は水上温泉郷でスノーシューツアーの後に行きたい日帰りでも利用できる温泉スポットを3つ厳選してご紹介します。

【目次】

-1.水上温泉 天狗の湯 きむら苑
-2.谷川温泉 湯テルメ谷川
-3.宝川温泉 宝川山荘
-水上エリアの温泉、スノーシューツアーはバラエティ豊か!

<<みなかみ周辺で体験できるスノーシューツアーの一覧はこちら>>

1.好立地で人気!「水上温泉 天狗の湯 きむら苑」

「水上温泉 天狗の湯 きむら苑」は、関越自動車道水上インターチェンジより車で約5分、JR上越線「水上」駅よりタクシーで約5分という好立地ながら、にぎやかな温泉街とは利根川を挟んで対岸にあります。この落ち着いた一軒宿の源泉掛け流しの湯が日帰りでも楽しめます。

源泉は自家源泉の「天狗の湯」で泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩温泉。水上温泉は入浴後お肌がしっとりとなるうえハリも増し、アンチエイジング効果もあるという「美肌の湯」として知られています。

日帰り入浴できるのは、約100平方メートルの宿自慢の混浴大露天風呂です。その昔、天狗がかけたという言い伝えがある天狗橋を渡った先に大露天風呂があり、利根川源流の素晴らしい風景が眺められます。秘湯の露天風呂といった趣で、脱衣場は仕切りで男女別になっています。

水上温泉 天狗の湯 きむら苑
  • 群馬県利根郡みなかみ町 小日向326
  • 0278-72-5851

■関連記事
今年の冬の楽しみはコレ!群馬県で楽しめるスノーシューツアー6選

2.温泉浴しながら森林浴も!「谷川温泉 湯テルメ谷川」

谷川岳の東麓の山間にあり、川沿いの男女それぞれの露天風呂のほか、泉質や温度が異なる3つの湯が楽しめる町営の温泉館です。

アルカリ性単純温泉で60度の「不動の湯」、カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物温泉で49.3度の「河鹿の湯」、単純温泉で38.1度の「蛍の湯」は、リウマチなどの疾患をはじめ、神経痛、筋肉痛、疲労回復、健康増進などに効能があるそうです。

谷あいの美しい風景、川のせせらぎの中で温泉浴に森林浴もでき、心も体もリラックスします。リピーターが多いと聞いて納得です。

館内の売店では地元産のりんごジュースや農産物なども販売しています。

谷川温泉 湯テルメ谷川
  • 群馬県利根郡みなかみ町 谷川514-12
  • 0278-72-2619

■関連記事
初心者から楽しめて上級者も満足できる!女子的スノーシューの楽しみ方7選

3.映画のロケ地としても有名!「宝川温泉 宝川山荘」

水上からさらに利根川を遡り、ダム湖の藤原湖よりもさらに上流、利根川支流の宝川を1㎞ほど入った場所にある温泉宿「宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)」の日帰り温泉施設がこちらです。

約470畳分もあり、日本一ともいわれる4つの豪華な石造りの巨大露天風呂は、映画『テルマエ・ロマエ』のロケ地になったことでも有名です。

泉質は弱アルカリ性単純泉で、神経痛や筋肉痛、打ち身、冷え性、ストレス解消にも効能があるとか。

総湯量は毎分およそ1800リットルと膨大で、最も知名度の高い約120畳の大露天風呂「摩訶の湯(まかのゆ)」や「般若の湯」、男女別の内湯は全て100パーセント源泉掛け流しになっています。

4つの露天風呂のうち3つは混浴ですが、女性専用の「摩耶の湯(まやのゆ)」もあり、脱衣場は総ヒノキ造りで床暖房も備えています。

宝川温泉 宝川山荘
  • 群馬県みなかみ町藤原1899
  • 0278-75-2614

■関連記事
【完全版】水上(みなかみ)の観光スポットまとめ

水上エリアの温泉、スノーシューツアーはバラエティ豊か!

今回ご紹介した温泉を2倍3倍楽しむには、白銀の世界で一汗かくのがおすすめ!
「ジャグスポーツ」が主催する“半日ツアー 《スノーシューセットレンタル&写真付》”は、雨呼山のなだらかな尾根を進んでいく人気ツアー。登山客でにぎわう夏場とはうってかわって静寂に包まれた山道を、スノーシューで雪を踏む小気味よい音が響きます。アップダウンが少ないので、スノーシューに初めて挑戦する人も安心です。ツアー中には、雪上でアニマルトラッキング(動物の足跡)を見つけることも!

雨呼山は約1時間ほどで山頂へ到着します。360度、一気に開けた視界の先には上州武尊山や奧利根の山々が…!白い雪に覆われた山々の絶景には、神々しさすら感じます。
山頂からの帰り道では、斜面を利用して雪上をお尻で滑る天然の滑り台を楽しめます♪

主催会社:ジャグスポーツ
  • 群馬県利根郡水上町綱子145-1 ジャグスポーツ

■関連記事
アウトドアの聖地「みなかみ」。夏と冬、本当に行くべきはどっちの季節?

アクティブに楽しんだ後は温泉でのんびり!

水上温泉郷の温泉施設は、このように大変バラエティに富んでいます。

水上エリアで12月下旬から3月中旬頃まで開催されているスノーシューツアーも、「日本三大岩場」の1つに数えられる一ノ倉沢や、おびただしい氷筍(天井から滴り落ちた水滴が凍り、たけのこ状に積み重なった氷塊)が見られる大幽洞窟(おおゆうどうくつ)、高さ約50mの凍結した様子が壮観の「裏見の滝」といった見どころのあるコースでいっぱいです。

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、このほかにも楽しめるツアーを数多く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(編集部注*2015年12月13日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する