初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

宮古島

宮古島で何食べよう?厳選グルメスポット15選

2017.04.21
コバルトブルーの海と白い砂浜が印象的な宮古島が、実はグルメスポットとしても人気があることをご存じですか?島特産の珍しい食材や海産物、お肉など、美味しい物たちが勢ぞろい♪ぜひ訪れたい宮古島のグルメスポット15選です。現地でおすすめのアクティビティ情報も!

宮古島に行ったことはありますか?宮古島は沖縄本島から南西に300kmに位置し、池間島・来間島・伊良部島・下地島・大神島などの島々とともに宮古列島(宮古諸島)を構成しています。

実は『宮古島』は、日本の中でも珍しい亜熱帯海岸性気候のため、この地ならではのグルメが楽しめるおすすめスポットなんです!!

島の気候を利用して作られたフルーツや野菜、牛肉や海産物など、美味しい食材が豊富なのも魅力です♪宮古島が、日本人が移住したい島の上位にランクインするのも頷けます!

そこで今回は、人気の宮古島で地元民から旅行者にまで愛されるおすすめのグルメスポットを15ヶ所、厳選してご紹介しちゃいます。記事の最後では現地で楽しめるおすすめのアクティビティ情報もお届け!

1.古謝そば屋

快晴!! あぢぃー!

A post shared by ↟↟↟ akiko ↟↟↟ (@t_akiko195) on

宮古島と言えば、やはり宮古そば!宮古そばで有名な『古謝そば屋』は、沖縄そばにうるさい地元民にも人気のお店。

古謝そば屋は、昭和7年創業の老舗製麺所「古謝製麺所」の直営店。沖縄そばは中華麺と同じ製法の麺で、もちもちとしてうどんのような見た目。いわゆるそば粉を使ったそばとは違う、沖縄特有のそばです。

そばのメインである麺は、昔は麺作りのためにかんすいではなく木炭の上澄み液、塩、小麦粉で麺を作っていたそう!驚きですね!

時代とともに製麺法も少しずつ変化し、現在は衛生管理の整った工場で手打ちの良さを残しつつ製麺しているそうです。黄金色に輝く澄み切ったスープは、豚骨ベースなのにあっさりとして飲み干せちゃう美味しさ♪

ここのイチオシはやはりスタンダードな宮古そば!!宮古そばのトッピングで必ず乗っているソーキは豚のあばら骨の部分を煮込んだもの。古謝そば屋のソーキそばは、優しい出汁たっぷりのスープと豚の脂の旨みがぎっしりのソーキとの相性がバッチリです♪

古謝そば屋 そばセット 800円 #おそとランチ記録

A post shared by kaori tatsumi (@_beagle_) on

そんな人気の宮古そばにはそばセットもあり、宮古そば・じゅーしー・日替わりおかず(小皿)・もずく・お漬物・ドリンク付き、何ともお得なセット!!沖縄郷土料理の1つであるじゅーしー(炊き込みご飯)も付いてくるなんて、うれしい悲鳴が上がっちゃいそうです。

■ 基本情報
・名称:古謝そば屋
・住所:沖縄県宮古島市平良字下里1517-1
・アクセス:【車】宮古空港から10分(4.4km)
・営業時間:11:00~20:00(L.O)
・定休日:不定休
・電話番号:0980-72-8304

2.島おでん たから

みんなのたから

A post shared by feuwax (@taisuque) on

宮古島でしか食べられないものがおでん?と不思議に思うかもしれませんが、『たから』の島おでんは、地元民も絶賛のトロットロてびちが絶品!

“てびち”とは豚足のことで、苦手な方も多いかもしれませんが、ここのてびちは豚足の概念が覆る美味しさなんです!20㎏のてびちを6時間かけて丁寧に煮込み、61年継ぎ足され続けた出汁の美味しさも相まって、てびち初挑戦の方にもぜひおすすめです。

量もたっぷり入ったおでんの盛り合わせは1人前でも十分満足できちゃいます!いつも予約でいっぱいですが、汁物以外はテイクアウトもできるそうなので、宿泊先でもお店の味が楽しめますよ♪

注文が入るたびにおでん具材と一緒に、さっとダシ汁にくぐらせた青菜が乗せられているのが沖縄流おでん♪島おでんをつまみに沖縄のお酒、泡盛で一杯いかがでしょう。

また、実はこちらのお店、おでん屋さんなのにステーキが美味しいお店としても有名なんです!!騙されたと思って食べてみてください。後悔はしないはずです♪

宮古島では飲んだ後はステーキで〆るというのが風習で、たからのステーキは22時を回っても行列ができているほどの人気っぷり!!おろしにんにくにバターのソースは食欲をそそります!散々飲んで食べた後も不思議とペロリといけちゃうんです♪ぜひ一度トライしてみてください。

■ 基本情報
・名称:島おでん たから
・住所:沖縄県宮古島市平良西里172
・アクセス:【車】宮古空港から16分
【徒歩】平良港FTから7分/宮古島市公設市場から300m/パイナガマビーチから1km
・営業時間:19:00~翌2:00
・定休日:不定休(年末年始、旧盆は休み)
・電話番号:0980-72-0671

3.割烹 魚宮

初!ヤシガニ! #魚宮 #ヤシガニ #miyakojima #island #okinawa #miyakoisland #ヤドカリの仲間

A post shared by KANAMI (@kanami_51ster) on

『割烹 魚宮』で食べられる宮古島特有の料理はなんと、“ヤシガニ”!!ヤシガニは天然記念物で近年規制も厳しくなっているため、宮古島でしか食べられない上に今後は食べられなくなるかもしれない希少なものなんです。

また、ヤシガニ以外にもカニ料理があり、ノコギリガザミ、伊勢エビといった宮古島ならではの逸品が食べられます!魚宮は、地元の食材を使った料理を新鮮なうちに調理し提供するというこだわりをもっているので、ここでしか食べられない特別な一皿に出遭えますよ♪

おすすめコースも人気で、1人3,500円でメニューも充実!刺身・イカ墨釜飯・ラフテーの味噌煮・伊勢エビ・宮古牛の握り・もずく酢・魚汁・もずくプリンと、お酒のアテにも腹ペコさんにも嬉しい宮古島の食材を贅沢に使ったコースです!!

目玉メニューヤシガニは飼育にもこだわり、1か月以上フルーツやたんぱく質を与えて、旨みが出るように丹精込めて育てています。身はふっくらと、味噌にはココナツとフルーツの甘みがあり、エビ・カニ好きさんにはもちろんのこと、初めての方もきっと気に入るはず♪

柔らかくて甘みのある希少な黒毛和牛である宮古牛を使った宮古牛の握りは絶品!沖縄の郷土料理であるラフテー(豚の角煮)や太さが特徴の沖縄もずくもぜひ一度ご賞味あれ♪

■ 基本情報
・名称:割烹 魚宮
・住所:沖縄県宮古島市平良西仲宗根3-1
・アクセス:【車】宮古空港より車で約15分
・営業時間:16:00~22:30
・定休日:無休
・電話番号:050-5796-1513/080-6490-5009

4.Cafe Pani Pani(パ二パニ)

宮古島の南西に浮かぶ来間島にあるカフェ『パ二パニ』。宮古島に生息する亜熱帯植物に囲まれたオープンエアのテラス席はテーブルの下に白砂が敷かれているので、裸足になって砂の感覚を楽しみながらのカフェタイムを満喫できちゃいます!

南国の雰囲気いっぱいの店内はおしゃれで、居るだけでもワクワク♪宮古島特産のフルーツなどをふんだんに使ったシェイクやパフェ、ピザ・サンド・ハンバーガーなど、ユニークなメニューが沢山あるので何にしようか迷っちゃいます!

オープンエアで壁と床がないので、風が強い日や悪天候の日はお休みになってしまうこともあります。本当に素敵なカフェなので、天気の良い日にぜひ足を運んでみてください!!

パ二パニ名物のドラゴンフルーツとバナナを使った紫色のドラゴンバナナシェイクは大人気♪

リピーターも多く、地元情報誌にも載っていないのに人気のお店で、フードメニューは早い時間帯に行かないと完売してしまうほど。

7月頃に出るマンゴーシャービットは期間限定で、ドラゴンバナナシェイクに劣らずの人気!!アイスクリームも乗っていて南国感満点です♪

■ 基本情報
・名称:Cafe Pani Pani
・住所:沖縄県宮古島市下地字来間105-1
・アクセス:【車】宮古空港から20分
・営業時間:10:00~日没頃
・定休日:不定休(悪天候の日、台風の前後は休み)
・電話番号:0980-76-2165

5.楽園の果実cafe&おみやげ館

有機栽培で育てた野菜、フルーツなど宮古島産の食材をふんだんに使ったメニューが食べられるアジアンテイストなカフェ『楽園の果実cafe&おみやげ館』。

宮古島では有名なマンゴー、パイナップル、ドラゴンフルーツなどのパフェやスイーツは、6月中旬から9月の夏真っ只中が旬のシーズンでおすすめ♪期間によっては島バナナやパパイヤ、パッションフルーツ、ピンポンマンゴーなど珍しいフルーツが味わえます♪

宮古島の石灰岩、大理石、赤瓦を使って作られたお店はとってもおしゃれで、アジアンテイストの装飾が施された店内は趣きがあります。ジャムやゼリー、ケーキなど自社で加工しているお土産も人気で、自家製ジェラートのテイクアウトもできちゃいますよ♪

#楽園の果実#マンゴーパフェ#マンゴー#パフェ#来間島 #宮古島#沖縄#😋

A post shared by Jun.Ueno (@j.639) on

やっぱりイチ押しはマンゴーパフェ!こちらは有機JAS認定を持つマンゴー農家直営のお店なので、希少かつ絶品の有機マンゴーが食べられるというわけです。

お昼はまたしても宮古牛!このお店も必ず来ます。 #ランチ #宮古島 #来間島 #沖縄 #宮古牛

A post shared by Masahiro Hara (@masahiro_1016) on

大人気の特選宮古島産黒毛和牛の楽園ステーキ丼!!スイーツ以外にも朝採り島野菜のパスタやアグー豚のハンバーグ、ゴーヤピザなど、宮古島らしい食材を使ったお料理が食べられます。

期間限定のフルーツパパイヤパフェ♪これでもか!と贅沢に使われたフルーツが幸せな気持ちにさせてくれますよ♪甘いものが苦手な方にもおすすめなのが、パパイヤとドラゴンフルーツです。

■ 基本情報
・名称:楽園の果実cafe&おみやげ館
・住所:沖縄県宮古島市来間476-1
・アクセス:【車】宮古空港から約20分
・営業時間:[3~10月]11:00~18:30(L.O.18:00)
[11~2月]11:00~18:00(L.O.17:30)
・定休日:火曜(6〜10月は無休、年末年始・ゴールデンウィークは変動あり)
・電話番号:0980-76-2991

6.泡盛と沖縄料理 郷家

「この島に生きる人・大地・海・空の恵みに感謝し誇りを持って」仕事はまじめに!遊びは真剣に!をモットーにしている『郷家』は、三線や島唄ライブを楽しめる居酒屋♪店主のそんな明るくポジティブな理念が、お店に毎夜、人々を引き寄せているかのような人気っぷり!

フードメニューは沖縄定番の料理や地元で人気の料理、チャンプルーやにんじんシリシリーなどの炒め物、島豆腐や島らっきょうの天ぷら、紅イモと田芋のコロッケ、石焼ラフテーチャーハンなどのごはんものなど、バラエティ豊かで沖縄らしさも満点です!!

三線ライブは気付けば店中が一体となっている連帯感が心地よく、一度体験するときっとやみつきになっちゃいますよ!

沖縄と言えばゴーヤチャンプルー!郷家のゴーヤチャンプルーはラフテーゴーヤチャンプルーといって、3日間かけて作る特製のラフテー入り♪

毎晩19:30から行われる三線ライブは約50分間。ステージも客席も一体となって盛り上がる郷家名物のこのライブは、宮古島の民謡や速弾きの沖縄民謡などを楽しむことができます♪

#石焼きラフテーチャーハン #郷家

A post shared by 中本 (@nakamototototo) on

石焼ラフテーチャーハン♪郷家の名物メニューで、お店の方が目の前で混ぜ混ぜしてくれます。すぐに食べたいところをちょっとガマンすると…おいしいおこげができるんです!!

■ 基本情報
・名称:郷家
・住所:沖縄県宮古島市平良字西里570-2
・アクセス:【車】宮古空港から15分
・営業時間:17:30~24:00(L.O.23:30)
・定休日:不定休
・電話番号:0980-74-2358

7.ボックリーのチョッキ

平良の繁華街に近い場所、メインストリートの角にあるフクロウが目印のおしゃれなお店『ボックリーのチョッキ』。一見ショットバーのようですが、変わったカクテルが味わえるほか、実はフードもあなどれない美味しさ!!

山羊のカルパッチョや山羊もも肉のリエット、レバーパテ、フルーツとトマトのカプレーゼなど、見た目も綺麗でしかも美味しいフードの数々は、バーという括りにしてしまうのはもったいないですよね。

自家栽培のワイルドミントのモヒートや自然派のワイン、沖縄らしく泡盛のカクテルなど、ドリンクに対するこだわりもありつつメニューにはないカクテルも作ってくれるというから嬉しい♪

フルーツとトマトのカプレーゼ♪お酒にも合いそうなメニューですが、お酒が飲めない方や女性にもおすすめの逸品です!!

宮古山羊のカルパッチョ!!山羊は実は火を通すより生のほうが食べやすいんだとか♪ぜひお試しあれ!

スイカのソルティドック!スイカは今帰仁村産。凝ったカクテルがいっぱいあるので、普段飲まない物にもチャレンジしたくなっちゃいますね♪

■ 基本情報
・名称:ボックリーのチョッキ
・住所:沖縄県宮古島市平良字下里598-2
・アクセス:【車】宮古空港から13分
・営業時間:19:00~翌3:00
・定休日:日曜・祝日
・電話番号:0980-72-6644

8.島茶家ヤッカヤッカ

宮古島南西に浮かぶ来間島にある『島茶家ヤッカヤッカ』。オーナーさんはカフェや民宿、そしてクリエイティ部という名でwebや映像の制作、デザインまでやっているという万屋さん。

透き通った紺碧の海とビーチが息をのむ美しさの来間島に、真っ白なブランコとシンボルツリーのココナツヤシが目印のヤッカヤッカのカフェ。見た目にもとってもおしゃれなうえ、子連れファミリーにも大人気♪

旬の島内産の野菜やフルーツなどの食材を使った島ごはんは、体のことを考えて作られています!たとえば、オープン当時から変わらず、ごはんには発芽玄米と白米のブレンド米を使用するこだわり。

10年以上の時間をかけて完成したという宮古牛のコク旨カレー!!宮古牛の旨みがぎっしり詰まった絶品カレーです。

A post shared by Ayumi Takahashi (@ayyyu94) on

ヤッカヤッカのスイーツの中でも大人気なのがこちら!ふわふわレアチーズケーキの宮古島産マンゴーソースがけ♪ふわふわなのにとろっとしていて、不思議な食感。島内産のマンゴーソースが美味しさをより一層引き立ててくれます。

ヤッカヤッカおすすめのドリンク、バナナと黒ゴマのスムージー♪マンゴーやドラゴンフルーツの季節のフルーツのスムージーも人気がありますが、バナナの優しい甘さと黒ゴマのつぶつぶとした食感が何とも言えずクセになる!何杯でもいけちゃう危険な美味しさですよ♪

■ 基本情報
・名称:島茶家ヤッカヤッカ
・住所:宮古島市下地字来間126-3
・アクセス:【車】宮古空港から約15分
・営業時間:11:30~18:00(L.O.)
・定休日:木曜日
・電話番号:0980-74-7205

9.焼肉 火神

焼肉火神(かがみ)は宮古牛を炭火でいただける焼肉店です。宮古地域で15ヶ月以上肥育した黒毛和牛種である宮古牛はとても希少。多くは子牛のうちに本土に出荷されてしまうので、宮古牛となるのは全体の1割弱なんです。

そんな宮古牛をカルビやロースからサーロイン、リブロース、ホルモンまで様々な部位を堪能できるのが魅力!

また、柔らかい肉質と臭みが少なく、外来種と比べてコレステロール値も低い上質な沖縄県産のアグー豚など、厳選された沖縄県産食材が揃います。お酒も豊富に取り揃えていて泡盛もいただけますよ♪

ランチもありますし、店内は半個室となっていてお子様連れでもゆったり過ごせます。旅の疲れも吹き飛ぶ美味しさの宮古牛をご堪能あれ!

■基本情報
・名称:焼肉 火神
・住所:沖縄県宮古島市平良松原548-1
・アクセス:【車】宮古空港より車で約10分
・電話番号:0980-79-5129
・営業時間:【ランチ】12:00~14:00 【ディナー】17:00〜23:00
・定休日:木曜日

10.お食事処 すむばり

テレビの影響ってすごい。そとまで行列〜 #宮古島 #すむばり食堂

A post shared by Maki Tsushima (@tsushimaki) on

大衆食堂として地元民からも愛されているすむばり。スタッフの漁師(ウミンチュ)が獲る新鮮な海の幸を使ったリーズナブルかつ美味しい料理の数々が話題となり、今や雑誌などにも取り上げられる人気店です。

たこ丼🍴

A post shared by LAYLA (@layla2652) on

そんなすむばりの目玉メニューは、なんといってもタコ料理!タコの入った各種そばやタコ丼、タコ炒め定食、たこフライ定食などたくさんのタコ料理が揃います。

特に宮古島の中でもここでしか食べられない、島ダコが入っている宮古そば「すむばりそば」は大人気メニュー。はじめて訪れる方は、まずこのすむばりそばをいただきましょう!見た目にインパクトありの墨入りタコそばもおすすめです。

■基本情報
・名称:お食事処 すむばり
・住所:沖縄県宮古島市平良字狩俣768-4(池間大橋近く)
・アクセス:【車】宮古空港より約30分
・電話番号:0980-72-5813
・営業時間:10:00~19:00
・定休日:不定休

11.寿司ダイニング チョモランマ

宮古島の西里通り近くにあり、空港からのアクセスも良い寿司ダイニングチョモランマは観光中に立ち寄るのにうってつけ♪宮古島の野菜を使ったお料理や県内外の旬の海鮮料理、創作料理を楽しめます。

様々なメニューの中で特に注目度が高いのは、伊良部特産の伊良部なまりを使った「伊良部なまりと支那そば炒め」やオーナーが厳選した宮古牛の旨味をたっぷり味わえる「宮古牛の炙り握り」、そして寿司ダイニングなら外せない「刺身の盛り合わせ」!

新鮮な料理の数々にお酒も進みます。個室もあるのでシーンに合わせて楽しめますよ。宮古島の夜はチョモランマでゆったり過ごすのもいいですね♪

■基本情報
・名称:寿司ダイニング チョモランマ
・住所:沖縄県宮古島市平良字西里274
・アクセス:【車】宮古島空港より約10分
・電話番号:090-6858-6491
・営業時間:17:00~24:00
・定休日:日曜日

12.島CAFE とぅんからや

島cafeとぅんからやは、リゾートエリアの高台にあり太平洋が見渡せる絶景が自慢のカフェです。沖縄らしい赤瓦の屋根にシーサーが出迎えてくれる門構えとは裏腹に、リゾート感溢れる爽やかな店内も魅力的。

そんなとぅんからやでいただけるのは、もずくハンバーグのプレートやソーキカレー、スムージーなど、沖縄ならではの食材を使いつつリゾートな雰囲気にマッチしたメニューばかり♪

さらに焼き物を製作している「太陽が窯」、様々な雑貨を取り揃えた「南国雑貨 Tida(ティダ)」も隣接しているので、こちらも必見です!グルメもお土産も絶景も楽しめる宮古島に来たなら外せないスポットです。

■基本情報
・名称:島CAFE とぅんからや
・住所:沖縄県宮古島市上野字新里1214
・アクセス:【車】宮古空港より約16分
・電話番号:0980-76-2674
・営業時間:11:00~17:00
・定休日:月曜日

13.伊良部そば かめ

ご馳走様でした。

A post shared by RYO-CHIN (@r_chin) on

こちらは伊良部島にあるそば屋。具とだしに島名物のカツオの”なまり節”を使った「伊良部そば」が味わえるお店です。一見普通の民家のような外観ですが、店内は古民家のような懐かしい雰囲気。

ここでは伊良部そばはもちろん、他にもこの店ならではの手作りゆし豆腐の入った「手作りゆし豆腐そば」や、ゆし豆腐やソーキ、三枚肉などが入った具沢山の「かめそば」など、おいしくてリーズナブルな郷土料理が揃います。

伊良部島ならではのおそばをすすりながら、民家ならではのどこか懐かしく温かい雰囲気に癒されてみては?伊良部島ドライブの際はぜひ立ち寄ってみてください。

■基本情報
・名称:伊良部そば かめ
・住所:沖縄県宮古島市伊良部字長浜251
・アクセス:【車】宮古空港より約40分
・電話番号:0980-78-5477
・営業時間:11:00~21:00
・定休日:無休

14.AOSORAパーラー

AOSORAパーラーは、テイクアウト専門のスムージーショップとしてオープン。人気の宮古島産マンゴースムージーをはじめとする20種類以上のスムージーが人気となり、現在は店内席でも飲食できるようになっています。

こだわりはできる限りナチュラルな素材選び!人工の添加物などが使用されていない食材選びや、白砂糖は使わずキビ砂糖や有機アガベシロップなどを使用。スーパーフードをスムージーにブレンドするなど、健康意識の高い方も大満足のメニューです。

スムージー以外にもピタサンドなどのランチメニューや、最近パンの販売も始まったのでスムージーと合わせてお食事を楽しみましょう♪同じエリア内にある「美ぎ島雑貨がじゅまる」、「琉球ザッカ青空」も要チェック!

■基本情報
・名称:AOSORAパーラー
・所在地:沖縄県宮古島市下地来間104-1
・アクセス:【車】宮古空港より約17分
・電話番号:0980-76-3900
・営業時間:10:00〜18:00
・定休日:不定休

15.カフェ&ピッツァレストラン スターダストガーデン

こちらはゴルフ場やビーチを有するホテル「宮古島シギラリゾート」内にあるイタリアンのお店。リゾート感溢れる店内やテラス席から眺める宮古ブルーの絶景、そして白いお皿に盛られたおしゃれな料理に酔いしれます。


メニューは新鮮な野菜や近海で獲れた魚介類、島豚などを使った彩り豊かな料理がたくさん!美味しいサラダ・パスタ・ピッツァやデザートを堪能しましょう。

また、テラス席はワンちゃんも同伴可能なので愛犬とのご旅行の方にもおすすめですよ♪

■基本情報
・名称:カフェ&ピッツァレストラン スターダストガーデン
・住所:沖縄県宮古島市上野字新里1405-226
・アクセス:【車】宮古空港より約10分
・電話番号:【当日の予約】0980-74-7225 【当日以降の予約】0980-74-7100
・営業時間:【ランチ・カフェ】11:30~16:00 【ディナー】18:00〜21:00
・定休日:不定休

宮古島でアクティビティ!!

宮古島と言えば真っ先に思い浮かぶのは、マリンスポーツではないでしょうか♪海の底が透けて見えるほど澄みきった美しい海と、どこまでも続く真っ青な広い空。自然豊かな宮古島で何もしないなんてもったいない!!

シュノーケリングやカヌー、カヤック、シーカヤックやスキューバーダイビング、SUP(パドルボード)など、海を存分に楽しむアクティビティが満載です。

マングローブの林や八重干瀬(やびじという日本最大のサンゴ礁)など、日本では珍しい自然環境を多く持つ宮古島を存分に楽しむことができるアクティビティ・ツアーをいくつかご紹介します♪

シュノーケリング

シュノーケリングとは、シュノーケルと呼ばれるパイプ型の呼吸器を装着し、水面、または比較的浅い水中を遊泳するマリンスポーツです。

宮古島には、島固有の動物がたくさん生息しています。サンゴが隆起してできた島である宮古島は海の生き物の種類も豊富で、シュノーケリングにぴったり♪

宮古島版の青の洞窟を体験することができる『エコガイドカフェ』のシュノーケリングツアーがおすすめ♪コースによっては5歳から参加でき、ファミリーでもカップルでも楽しめます。

シュノーケリングマスクの付け方や呼吸の仕方など、丁寧にレクチャーしてもらえるので初心者さんにも安心ですね!「参加者みんなが海に優しい海遊びができるように。」をモットーにしている、人にも自然にも優しいツアーなんです♪

宮古島特有の珍しいカラフルな魚たちや神秘的な青の洞窟の世界を、ぜひ一度その目で見てきてください!!

■ 基本情報
・名称:エコガイドカフェ 宮古島(伊良部島エリア)シュノーケリング
・コース名:【ボート/青の洞窟】美しいサンゴと青の洞窟を満喫!シュノーケリング3本
・集合場所:沖縄県宮古島市伊良部池間添248 サンマリンターミナル(佐良浜港)
・所要時間:約3時間~
・集合時間:9:50  ※4/1~10/31の期間は8:50集合
・対象年齢:5歳以上
・開催期間:通年
・料金:9,500円~

SUP(パドルボード)

SUP(スタンドアップパドルボード)とは通称サップと呼ばれている、最近世界中で人気が高まりつつあるウォーターアクティビティです。ボードに立ってバランスを取りながらパドルを漕ぐというシンプルな操作ですが、インナーマッスルが鍛えられるなどのうれしい効果も期待できるそうです!

宮古島のさわやかで優しい風を肌で感じるには『アイランドスタイル』のSUPツアーがピッタリ!小1の子供から65歳の大人まで幅広い年齢層が楽しめるツアーです。

ビーチでパドルの操作を習ったら、実際に海の浅瀬での方向転換や進み方の練習をします。しっかりとしたレクチャーで、ツアーが始まるまでにはみんなボードに立てるようになるんだとか♪

海からしか行けないプライベートビーチに上陸して休憩タイムを過ごしたり、岩場コースにチャレンジしたり、のんびりツーリングをしたり、海に入って遊んだりと、宮古島の海を余すところなく楽しめるようなツアーとなっています。

■ 基本情報
・名称:アイランドスタイル 宮古島SUPツアー
・コース名:【小1からOK!SUPでのんびり海上クルージング!】SUPお散歩コース
・集合場所:沖縄県沖縄県宮古島市(※ツアー開催ビーチは宮古島内全域から選定するため、集合場所は前日に決定。新城(あらぐすく)海岸他)
・所要時間:約2時間半(ツアー約2時間)
・集合時間:9:00/13:00 ※潮の干満や天候により多少の変動がある場合があります。
・対象年齢:小学1年生から65歳までの方 ※それ以外の方は要相談
・開催期間:通年
・料金:6,000円~

カヌー・カヤック

カヌーには色々な種類があり、パドルで漕ぐ小舟の総称をカヌーと言います。その中でも使用するパドルの種類の違いによって、カナディアンカヌーとカヤックに呼び名が分かれています。

カヌー・カヤックは艇内に座ると水面が近く、水と一体になったかのような感覚になれるアクティビティです!

セブンシーズ宮古島』のマングローブカヤックツアーでは、カヤックでしか近づけない水辺の自然や生き物たちを観察しながら、宮古島の成り立ちやマングローブの生態などが学べちゃいます♪

自然体験活動や経験が豊かで知識の豊富なガイドさんが案内してくれるので、普通のツアーとは違った角度から宮古島の自然を楽しんだり、子供の貴重な自然体験の場としても人気があるんです!

マングローブの葉っぱをかじったり、渡り鳥を観察したり、このツアーでしか体験できないオリジナルの企画が盛りだくさん!!大人も子供も楽しめること請け合いです♪

■ 基本情報
・名称:セブンシーズ宮古島 宮古島マングローブカヤックツアー
・コース名:【水辺の自然とマングローブを楽しむエコツアー!】半日・体験マングローブカヤック ◆写真付
・集合場所:沖縄県宮古島市平良  砂山ビーチ駐車場
・所要時間:約2時間
・集合時間:9:15/14:15
・対象年齢:小学校1年生以上
:開催期間:通年 ※満潮時のみ開催
・料金:5,000円~

いかがでしたか?

自然豊かな宮古島ならではのおいしいグルメはまだまだ沢山ありますが、宮古島に行く際には、今回ご紹介したグルメスポットをぜひ参考にしてみてくださいね♪

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」では、宮古島含む沖縄や日本全国で楽しめるアクティビティやツアーを多数ご紹介しているので、こちらも参考にしてみてください!

(編集部注*2016年12月16日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yukky

yukky

幼少期、沖縄で育つ。高校の時、短期留学で大自然タスマニアへ。
自然と戯れるのが大好きです!
スノーボードはほぼ毎年行っています♪
船舶の免許がほしい!!
色んなアクティビティにチャレンジしていきたいです!