初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

釧路

魅力溢れる釧路を観光!子供も楽しめるスポット13選

2017.02.10
人気観光地の釧路には釧路湿原といった北海道ならではの自然の魅力がたっぷり感じられる観光スポットがたくさん!今回は子供も大人も楽しめる釧路の観光スポットを13ヶ所ご紹介。家族みんなで釧路を堪能しましょう!

photo by kiki

北海道は釧路は言わずと知れた人気観光地。市内には釧路湿原国立公園と阿寒国立公園の2つの国立公園を有し雄大な自然が残っています。また、たんちょう釧路空港やJR釧路駅といった大きな交通拠点もあり、豊かな自然を抱きながらもアクセス良好で観光しやすいという点も魅力。

そんな釧路はお子様連れの家族旅行にもおすすめ!そこで今回は子供と楽しめる釧路の観光スポットを13ヶ所ご紹介します。

1.釧路市動物園

釧路市動物園では北海道ならではの動物たちが数多く飼育されているんです。例えば特別天然記念物のタンチョウ、天然記念物のシマフクロウやオジロワシ、エゾシカやエゾヒグマなどなど、見慣れない動物たちがたくさん!

また、アムールトラやアミメキリン、ホッキョクグマ、アルパカなど子供にも人気の動物たちも多数。北海道の環境のもとの暮らす生き物たちに触れることで生命の神秘を感じたり、動物たちの愛らしさに癒されたりして家族みんなで楽しめますよ♪

■基本情報
・名称:釧路市動物園
・所在地:北海道釧路市阿寒町下仁々志別11
・アクセス:【車】釧路空港より約11分、JR釧路駅より約27分【バス】JR釧路駅より阿寒バスで約55分
・電話番号:0154-56-2121
・開園時間:【4月10日~10月上旬】9:30~16:30【10月中旬~4月9日】10:00~15:30
・休園日:12月~2月の毎週水曜日(祝祭日にあたる日を除く)、12月29日~1月2日
・入園料:一般/570円、中学生以下無料
※動物園入園料とリフレ入浴料のお得なセット券あり。リフレについては次にご紹介。

2.山花温泉リフレ

平成28年4月に開業20周年を迎えた山花温泉リフレ。大浴場や露天風呂、レモンやさくらといった一風変わった薬湯にお子様もワクワクしてしまいそうですね!しかもここリフレには温泉以外のお楽しみ施設も充実しているんです!

館内にある加工実習体験室では地元の農産品を使いアイスクリームやピザ、ソーセージなどをインストラクターと一緒に作ることができます。小さなお子様でも一緒に作れるのが嬉しいポイント♪

また5月から早秋の暖かい季節には大自然の中でのバーベキューや、レンタサイクルでサイクリングロードを走ることもできちゃうんです!しかもレンタサイクルには補助輪付き自転車の用意まであるんです。

宿泊やお食事も楽しめるファミリーにとっても優しいリフレで体も心もリフレッシュしましょう!

■基本情報
・名称:山花温泉リフレ
・所在地:北海道釧路市山花14線131
・アクセス:【車】JR釧路駅より約27分、釧路空港より約10分【バス】JR釧路駅より阿寒バスで約55分
・電話番号:0154-56-2233
・営業時間:【10月~6月】10:00~22:00(受付は21:30まで)【7月~9月】10:00~23:00(受付は22:30まで)
・定休日:無休
・入湯料:大人(高校生以上)/620円、中学生/520円、小学生/310円
※釧路観光ガイドマップ「ぐる得パスポート」、釧路市動物園年間パスポート提示で割引あり。

3.屈斜路湖(くっしゃろこ)でホーストレッキング

こちらはホーストレッキング(乗馬)で北海道の大自然を満喫できるツアーです。日本最大、そして世界でも第二位の大きさを誇るカルデラ湖の「屈斜路湖(くっしゃろこ)」を望む湖畔でのホーストレッキングが楽しめます。

ポイントは、首が据わった赤ちゃんでも参加できるコースが多数あること。その他のコースでも身長90cm以上のお子様であれば参加できるのでいずれにせよ小さなお子様でも一緒にホーストレッキング体験ができるんです!

また、自分の乗る馬を自分で放牧場から連れてきて、鞍や頭絡(とうらく)と呼ばれる器具を装着させるといった馬のお世話まで体験できるのも特徴です。

夏は爽やかな森の中を、冬は静かな雪原を馬と一緒にお散歩して馬と心を通わせましょう。きっと心に残る家族の大切な思い出になりますよ♪

■基本情報
・名称:メジェールファーム 北海道屈斜路 ホーストレッキング(乗馬)
・所要時間:約40分~
・対象年齢: 親子乗りは首が座った赤ちゃんからOK(1人乗りは90㎝以上)
・開催期間:通年(コースにより時期が異なります)
・集合場所:北海道川上郡弟子屈町字屈斜路420-1 メジェール牧場
・料金:3,500円~

4.釧路市こども遊学館

photo by kokodematu

近未来的な建物が特徴的な釧路市こども遊学館は子供の好奇心を満たしてくれる施設満載!展示エリアは「さんさんひろば」、「あそびらんど」、「ふしぎらんど」、「ものしりらんど」、「プラネタリウム」の5つに分かれています。

「さんさんひろば」はなんと屋内にある広い砂場!砂場の面積は約156㎡とかなりの広さ。「あそびひろば」にはロッククライミングや、昔遊びやごっこ遊びができるキッズテント、大きなジャングルジムなどの魅力的な遊び場が用意されています。まさに外遊びと屋内遊びの良いとこ取り!体を動かして遊べます。

「ふしぎらんど」と「ものしりらんど」は科学館のような展示が溢れているエリア。宇宙や地球、生命、また身近な現象についての展示や、様々な実験や工作ができる工房が備わっています。

大人も子供も楽しめる釧路市こども遊学館で、遊びを通して科学を学びましょう♪

■基本情報
・名称:釧路市こども遊学館
・所在地:北海道釧路市幸町10-2
・アクセス:【電車】JR釧路駅より徒歩約8分
・電話番号:0154-32-0122
・開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
・休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始
※4月29日~5月5日の期間、市内小中学校の春休み・夏休み・冬休みの期間は開館
・料金:【展示室観覧料】大人/590円、高校生/240円、小中学生/120円、幼児/無料
【プラネタリウム観覧料】大人/470円、高校生/180円、小中学生/120円、幼児/無料
【展示観覧+プラネタリウム観覧】大人/960円、高校生/380円、小中学生/220円、幼児/無料

5.釧路フィッシャーマンズワーフMOO

photo by ジャバ

ウォーターフロントのシンボルとなっている釧路フィッシャーマンズワーフ。ショッピングと食事が楽しめるMOOと、ガラス張りの丸い建物の中に花や木が植えられ、コンサート会場としても利用されているEGG、2つの建物が隣接しています。

MOO館内は見どころが豊富!1階の大型水槽はお子様の目を引くこと間違いなし!水槽では釧路の前浜や近海に生息する魚類や貝類、甲殻類が見られます。海産物や工芸品などが揃うショッピングゾーンでのお土産選びも楽しいですし、期間限定ですが新鮮な魚介類を炭火焼で味わえる「岸壁炉ばた」での炉辺焼きも雰囲気抜群!

また、2階の「港の屋台」では10の屋台が軒を連ね、どの席からでも全ての店のメニューを注文できるんです。ノスタルジックな雰囲気にきっとお子様もワクワクできるはず。誰でも気軽に立ち寄れるおすすめスポットです。

■基本情報
・名称:釧路フィッシャーマンズワーフMOO
・所在地:北海道釧路市錦町2-4
・アクセス:【電車】JR釧路駅より徒歩約15~20分【車】JR釧路駅より約5分
・電話番号:0154-23-0600
・営業時間:時期や施設により異なります
・定休日:1月1日(港の屋台は12月31日も休業)

6.達古武湖(たっこぶこ)でワカサギ釣り

冬の湖と言えばワカサギ釣り!釧路湿原の一番南に位置する「達古武湖(たっこぶこ)」の真っ白な氷原でワカサギ釣りが楽しめるツアーがこちら。小学生以上から参加できるのでご家族で体験するのにはうってつけのツアーです。

ワカサギ釣りポイントに辿り着いたら自分で氷に穴を開けます。あとはガイドさんが餌を付けてくれた竿を湖に垂らすだけ!釣れたら針から魚を外すのもガイドさんがやってくれるので魚に触れるのが苦手という女性やお子様も簡単に釣りが楽しめます。

釣ったワカサギはその場でサクサクの天ぷらに♪飲食物の持ち込みもOKなのでビールなどを持ち込めばお父さんも大満足間違いなしです!

絶景の達古武湖で、親子三世代でも無理無く気軽に楽しめるワカサギ釣りを体験してみては?

■基本情報
・名称:塘路ネイチャーセンター 釧路・ワカサギ釣り
・コース名:【釧路〜無料送迎有り】ワカサギ釣りスペシャル
・所要時間:約4時間(送迎時間含む)
・集合時間:9:00 ※釧路送迎の場合はam8:00頃(要予約)
・対象年齢:小学生以上
・開催期間:12月中旬〜3月末
・集合場所:北海道川上郡標茶町字塘路原野北七線86-17 塘路ネイチャーセンター
・料金:9,000円~

7.道の駅 阿寒丹頂の里 キャンプ場

丹頂の里のキャンプ場はキャンプやバンガローでの宿泊ができる野営施設。敷地内には巨大なアスレチック遊具があり、小さなお子様から小学生まで幅広い年齢のお子様が楽しめる工夫がされています。さらに石釜でのピザ焼き体験、木工クラフト、ジャガイモ堀りとり体験と、体験メニューも充実!

また、道の駅やホテル、温泉、レストラン、美術館などもすぐ近くにあるのでこの周辺だけでも様々な楽しみ方ができます。移動時間が短くいろいろ回れるのでお子様も飽きずに過ごせるのはファミリーには嬉しいポイント。

北海道の大自然でのキャンプはきっと子供にとっても大きな糧となるはず。キャンプと合わせた北海道観光もおすすめです!

■基本情報
・名称:阿寒丹頂の里 キャンプ場(自然休養村野営場)
・所在地:北海道釧路市阿寒町上阿寒23-36-1
・アクセス:【車】たんちょう釧路空港より約20分、JR釧路駅より約45分
・電話番号:0154-66-3810(地域資源活用工房)
・営業期間:4月~10月
・営業時間:【チェックイン】15:00~【チェックアウト】10:00
・定休日:期間中無休
・料金:キャンプ1泊1張/750円、バンガロー1泊1棟/5,400円~7,010円

8.あいすランド阿寒

あいすランド阿寒は凍結した阿寒湖の上に冬限定で出現するレジャーランド。氷原でオートマチックのスノーモービルや小学生から誰でも簡単に運転できる四輪バギー、氷上バナナボートにワカサギ釣りなど、地の利をフル活用したアトラクションが楽しめます。

また、氷上フェスティバル期間中は毎晩花火が打ちあがります!普段めったにできない体験にワクワクが止まらない!阿寒湖の氷上を遊びつくしましょう♪

■基本情報
・名称:あいすランド阿寒
・所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:【車】たんちょう釧路空港より約1時間34分【バス】JR釧路駅より阿寒湖畔行きバスで約120分
・電話番号:0154-67-2057
・営業期間:1月1日~3月31日 ※氷上の結氷状況により変わる場合あり
・営業時間:8:00~17:30(予約で早朝営業も可)、19:30~21:00(夜間営業は氷上フェスティバル期間中2/1~3/12のみ)
・定休日:なし(悪天候の場合は閉鎖)

9.マリモ展示観察センター

#hokkaido #trip #lakeakan #marimo

A post shared by Kaori Mukaizaki (@yuma107) on

阿寒湖に浮かぶ島、チュウルイ島にあるマリモ展示観察センターへは遊覧船や高速船、モーターボートを利用して行くことができます。

チュウルイ島に上陸して木々が生い茂った森をしばらく歩くとマリモ展示観察センターに到着。ここには阿寒湖名物にして特別天然記念物のマリモが展示されています。

天然マリモの群生地に設置されたカメラの映像では、小さなマリモから巨大なマリモ、水中を泳ぐ魚の様子などが見られます。丸くて可愛い不思議なマリモの生態の謎に迫りましょう♪

また屋外には展望台があるので、チュウルイ島から見る阿寒湖の雄大な景色を堪能できますよ!

■基本情報
・名称:マリモ展示観察センター
・所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-5−20
・アクセス:【船】遊覧船でコース一周約85分(マリモ観覧時間約15分)
・電話番号:0154-67-2505
・開館期間:4月29日~11月30日
※湖の状況などによって開館・閉館時期が前後する場合あり。
・開館時間:遊覧船などの運航時間内であれば常時開館
・休館日:期間中無休
・料金:【遊覧船一周+マリモ展示観察センター入館料】大人/1,900円、小人/990円

10.釧路湿原 タンチョウ観察エコツアー

釧路湿原にはタンチョウが一年を通して野生の状態で生活しています。そんなタンチョウのありのままの姿が実際に見られるツアーがこちら。

春は巣作り・産卵、夏は雛がエサとりや飛ぶ練習をしている姿が見られ、秋には飛べるように。冬は人里の給餌場に現れるようになり、湿原のエサ場やねぐらを行き来して暮らします。また2月ごろには子育ても終わり巣立ちを迎えます。

ツアーではまずタンチョウについての事前学習をするのでより深くタンチョウを知ることができます。双眼鏡を使ってタンチョウを発見できたときの喜びは格別。ツアーを通して自然環境や命の尊さを学べる、ファミリーにぴったりのツアーです。

■基本情報
・名称:塘路ネイチャーセンター 釧路湿原 タンチョウ観察エコツアー
・所要時間:約2時間~
・対象年齢:小学1年生以上
・開催期間:通年(コースにより異なる)
・集合場所:北海道川上郡標茶町字塘路原野北七線86-17 塘路ネイチャーセンター
・料金:7,500円~

11.丹頂鶴自然公園

photo by kiki

タンチョウの保護増殖を目的として1958年に誕生した歴史ある丹頂鶴自然公園。公園内には一年を通してタンチョウが見られるのはもちろん、オジロワシなど自然に暮らす生き物たちの姿も近くで見られます。

また、園内では工作教室やタンチョウ講座など子供向けのイベントも開催されます。事前予約制のイベントもあるので行かれる前にスケジュールをチェックしてみてくださいね♪

■基本情報
・名称: 釧路市丹頂鶴自然公園
・所在地:北海道釧路市鶴丘112
・アクセス:【車】たんちょう釧路空港より約10分
・電話番号:0154-56-2219
・開園時間:【4月10日~10月上旬】9:00~18:00【10月中旬~4月9日】9:00~16:00
・休園日:12月31~1月3日
・入場料:施設により異なる

12.阿寒湖アイヌコタン

photo by toratora

阿寒湖温泉街にあるこの阿寒湖アイヌコタンは、北海道一の規模を誇るアイヌコタン(アイヌの村)です。約30軒もの民芸品やアイヌ料理などが楽しめるお店があり、他にも人形劇や重要無形民俗文化財に指定されているアイヌ古式舞踊を見学することもできます。

また5名以上で事前に予約すれば工芸木彫り体験、刺繍体験、ムックリ(口琴)製作体験に参加可能!5人以上の家族旅行を計画されている方はぜひ参加されてみてください♪

外国人観光客にも人気の阿寒湖アイヌコタン。ご家族で美味しく楽しくアイヌの伝統文化に触れてみては?

■基本情報
・名称:阿寒湖アイヌコタン
・所在地:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4−7−84
・アクセス:【バス】釧路空港より約70分
【阿寒湖アイヌシアター『イコロ』】
・電話番号:0154-67-2727
・営業時間:10:00~22:00
・定休日:12月31日~1月2日
・料金:大人(中学生以上)/1,080円、小学生/490円

13.釧路湿原でカナディアンカヌーツアー

釧路湿原を静かに蛇行しながら流れる釧路川の魅力をたっぷり感じられるカナディアンカヌーのツアー。

夏季ツアーでは細岡カヌーポート~岩保木水門のコースを下ります。朝霧が美しい早朝ツアー、鉄道「ノロッコ号」で釧路湿原の景色を楽しんでからすぐにカナディアンカヌーを楽しめる昼のツアー、夕日に染まる湿原を楽しめる夕暮れ時のツアーから選べます。こちらは小学1年生から参加可能です。

一方冬季ツアーは釧路川の上流からアレキナイ川を遡上していくコース。冬の釧路湿原は氷点下の絶景が広がります。ダイヤモンドダストや毛嵐が舞い、川岸には霧氷が輝き、氷の上には雪の花「フロストフラワー」が。雪国ならではの幻想的な世界に溶け込んでいくようにゆったりとカナディアンカヌーを楽しみます。

また冬季ツアーではカヌー体験後にスノーシューを履いて丘を登り、カヌーで下ってきた川や湿原を一望できるお楽しみ要素も盛り込まれています。冬季ツアーは12歳以上や中学生以上の年齢制限が設けられています。

お子様と一緒にカナディアンカヌーで釧路湿原の絶景を堪能できるおすすめツアーです。

■基本情報
・名称:釧路マーシュ&リバー 釧路湿原 カナディアンカヌーツアー
・所要時間:約2時間~
・対象年齢:小学1年生~
・開催期間:コースによって異なる
・集合場所:北海道釧路郡釧路町河畔4-79 マ-シュ&リバー事務所(送迎あり)or北海道釧路郡釧路町達古武 JR細岡駅(コースによって異なる)
・料金:9,000円~

魅力溢れる釧路へGO!

photo by kiki

いかがでしたか?

釧路は自然や文化の魅力を満喫できる観光スポットが豊富です。ぜひお子様と北海道ならでは、釧路ならではの自然を感じながら観光を楽しんでくださいね♪大人にとっても子供にとっても実り多き旅行となるはずです。

アウトドアレジャー専門予約サイト「そとあそび」では、北海道で楽しめるアクティビティを多数ご紹介しています。お子様も参加できるものも多いのでぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

maho

maho

旅行・アウトドア好きの子育て中主婦。大学時代は地学専攻だったので日本や海外のさまざまなフィールドをトレッキングシューズで歩き回っていました。直近の夢は子供たちが大きくなったらアウトドアレジャーを一緒に楽しむこと。