アウトドアの聖地「みなかみ」。夏と冬、本当に行くべきはどっちの季節? 2018.10.18 水上(みなかみ)

東京から日帰りで遊びに行けるアウトドアの聖地・みなかみ。夏と冬、それぞれの楽しみ方をアウトドアのプロの目線で紹介してもらいました!

群馬県最北端に位置する利根郡みなかみ町。

山、川、そして大地…と豊かな大自然に恵まれたみなかみは、“アウトドアの聖地”と評判です。

1年を通してさまざまなアウトドア・アクティビティを楽しめるエリアですが、どのシーズンが最も楽しめるのでしょうか?

今回はアウトドアアクティビティ予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」ナビゲーターとして何度もみなかみエリアに足を運んでいる2人に質問をぶつけ、夏・冬それぞれのみなかみの魅力を語ってもらいました。

果たしてどちらの季節がより楽しめるのでしょうか?

【目次】

-夏のみなかみの魅力を語ってくれるのは…
-冬のみなかみの魅力を語ってくれるのは…
■Q.みなかみで楽しめるアウトドア・アクティビティってどんなものがありますか?
 -【夏】|ラフティングを始め、川、山、湖を満喫できるあそびが勢揃い!
 -【冬】|壮大な谷川連峰を思う存分体感できる雪あそびを楽しんで!
■Q.特におすすめのツアーを教えてください
 -【夏】|谷川連峰を眺めながら全長1.3㎞をハイスピードで滑空!
 -【冬】|大自然のジェットコースター気分でゲレンデを滑り降りる!
■Q.季節ごとにオススメのみなかみグルメを教えてください
 -【夏】|「育風堂」の分厚いカツ丼
 -【夏】|「おやど松葉屋」のかき氷
 -【夏】|「オクトワン」のクラフトビール
 -【冬】|「ラ・ビエール」のピザ
 -【冬】|「くぼ田」のそば
 -【冬】|「ラーメンきむら」のラーメン
■Q.これだけは言いたい!みなかみの魅力とは?
 -【夏】|天然遊園地に是非遊びに行きましょう!
 -【冬】|静かな雪景色を堪能できる!

夏のみなかみの魅力を語ってくれるのは…

SOTOASOBIナビゲーター 山川朝未/Profile:教員、船員、旅館の仲居、人力俥夫などさまざまな職業を経てそとあそびの世界にたどり着いたパワフルウーマン。夏のみなかみで体験できるアクティビティはほぼ制覇している。

冬のみなかみの魅力を語ってくれるのは…

SOTOASOBIナビゲーター 今原絵理/Profile:アルプスから低山まで季節を通して登山を楽しむナビゲーター。全国各地のフィールドへの思いも熱く、みなかみの冬のフィールドに対しては特に思い入れがあるのだとか。

Q.みなかみで楽しめるアウトドア・アクティビティってどんなものがありますか?

それぞれのシーズンでオンタイムなアウトドア・アクティビティとは?

フィールドの魅力とともに教えてもらいました。

【夏】|ラフティングを始め、川、山、湖を満喫できるあそびが勢揃い!

「みなかみを流れる利根川は、東日本最大級の激流が楽しめる川として有名です。利根川最上流に位置する激流を楽しむのなら、何といってもラフティングリバーブギ・ボードキャニオニング・シャワークライミングがおすすめ!

またSUPカヌー・カヤックをのんびり楽しめる緩やかな川や湖もあるので、水遊びと一括りでおさまらない楽しみ方を見出すことができますよ。

山系の遊びであれば、山頂からマウンテンバイクで颯爽と駆け下りたり、のんびり樹上でハンモックやブランコが楽しめるツリーイング(木登り)、森の中を高速で滑空できるジップライン、今までにない究極のスリルが楽しめるバンジージャンプなど、毎日遊んでも飽き足らないほどの豊富なアクティビティが楽しめます」

【冬】|壮大な谷川連峰を思う存分体感できる雪あそびを楽しんで!

「冬のみなかみの魅力は、何といっても雪をかぶった美しい谷川連峰を望むことができる点! 
一度この美しい光景を間近で見た人は、みな冬のみなかみの虜になるはずです。

この時期に楽しめるアクティビティの代表といえばスノーシュー

道路が走っている道から少し歩くだけで、気軽に大自然に足を踏み入れることができるんですよ。
雪が降り始める1月ごろならふわふわの雪を味わうことができ、雪と空のコントラストを堪能したい人には晴天率が高まる3月ごろがオススメです。

またバックカントリーのビギナーツアーや、雪を体いっぱいに感じられるスノーキャニオニングツアー、さらにはスリル満点のエアーボードツアーが開催されていたりと、アクティブな雪遊びツアーも盛りだくさんです!」

■関連記事
アウトドアの聖地「水上(みなかみ)」のアクティビティ総まとめ

Q.特におすすめのツアーを教えてください

みなかみを知り尽くしたSOTOASOBIナビゲーターが選んだ「これぞベスト」なアクティビティツアーとは?

夏、冬それぞれの魅力溢れるツアーをご紹介します。

【夏】|谷川連峰を眺めながら全長1.3㎞をハイスピードで滑空!

「木と木の間に張られたワイヤーを勢いよく滑車で滑り落ちるアクティビティ『ジップライン』は大興奮です!

全長1.3㎞、合計9本ものジップラインがある“水上高原フォレストジップライン”なら、全国でも珍しい本格的なジップラインが楽しめますよ。

特に夏場は、水上高原に吹き抜ける爽やかな風と気持ちの良い森の香りを全身で感じることができます。

身長130㎝以上体重30㎏あれば子供でも参加できるので、ぜひご家族でチャレンジしてみてください」

主催会社:水上高原フォレストジップライン
  • 群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1 「水上高原ホテル200」内アクティビティカウンター

■関連記事
関東近郊で楽しめる!空や森を一直線に滑るジップラインとは?

【冬】|大自然のジェットコースター気分でゲレンデを滑り降りる!

「ゲレンデでできるスリル満点のスポーツが『エアーボード』です。

うつ伏せになって滑り降りるので、目線が低くなり、スキーやスノーボード以上の迫力を味わえますよ。

急斜面であればかなりスピードも出るので、まさに自然のジェットコースター!

でも操作は簡単なので、初回から満喫できるんです。

『マックス』主催の“1日コース”なら、たっぷりエアーボードが堪能できます。

前半でしっかりと練習するので、ランチタイムを挟んでの後半では、磨いたテクニックを駆使して滑り倒すことができますよ!」

主催会社:マックス
  • 群馬県みなかみ町湯檜曽湯吹山 マックス 土合ベース

■関連記事
日帰りOK!エアーボードを楽しめるスポットまとめ【関東編】

Q.季節ごとにオススメのみなかみグルメを教えてください

アクティビティ後の疲れた体には、おいしいグルメが一番!

夏、冬、それぞれ味わっておきたいみなかみグルメをご紹介します。

【夏】|「みなかみ肉屋レストラン 育風堂」の分厚いカツ丼

「イチ押しは、テラスで風に当たりながら食べられる『みなかみ肉屋レストラン 育風堂』の分厚いカツ丼!

肉屋ならではの高品質のお肉は、このためだけにみなかみに行く価値のある味です。

店内もおしゃれなので、SNS投稿したい人にもおすすめですよ」

みなかみ肉屋レストラン 育風堂

  • 群馬県利根郡みなかみ町大穴814-1
  • 0278-72-3574

【夏】|「おやど松葉屋」のかき氷

「夏といえばやはりかき氷!

温泉宿『おやど松葉屋』で食べられるビッグサイズのかき氷は、珍しい氷室の天然氷を使った逸品なのだとか。
みなかみのフルーツをふんだんに使った手作りシロップが癖になると評判です!

宿泊しなくても食べることができるので、気軽に立ち寄れます。
1年中食べることができますが、やっぱり夏は格別!」

おやど松葉屋
  • 群馬県利根郡みなかみ町小日向669
  • 0278-72-2232

【夏】|「オクトワン」のクラフトビール

「2018年5月にオープンしたばかりのHOTなビール醸造所。

奥利根のおいしい水を使って作ったクラフトビールは、みなかみの大自然を感じるおいしさです!

アウトドア後の最高の1杯を求めている人は、ぜひここへ!」

OCTONE Brewing
  • 群馬県利根郡みなかみ町湯原702-2
  • 0278-25-4520

【冬】|「ラ・ビエール」のピザ

「みなかみ温泉街で本格的な窯焼きピザが食べられます。
ほっこり焼きたてが食べられるので、あたたまりたい冬に特にオススメです!

みなかみのおいしい水を使ったピザ生地は、東京では味わえないおいしさ。舞茸など、地元の食材を使ったオリジナルピザはみなが注文するほど人気の一品ですのでぜひお試しを!」

ラ・ビエール
  • 群馬県利根郡みなかみ町湯原681-3
  • 0278-72-2959

【冬】|「くぼ田」のそば

「水上駅のすぐそばにあるお蕎麦屋さんなので、アクセスもばっちり!

名物『三色きのこそば』は、地元みなかみの人気ブランド舞茸『すくよか』の天ぷらが豪華にトッピングされており、おいしさも見た目も完璧ですよ!」

くぼ田

  • 群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢70-15
  • 0278-72-6420

【冬】|「ラーメンきむら」のラーメン

「アクティビティでたっぷり雪遊びをした後は、やはりラーメンで締めたくなりますよね。

JR『水上駅』近くの『ラーメンきむら』は、昔ながらの醤油ラーメンを食べることができます。
懐かしい気持ちになりたい人は是非! 
アクティビティ後の疲れた体に染み渡りますよ」

ラーメンきむら
  • 群馬県利根郡みなかみ町鹿野沢1-28
  • 0278-72-2161

Q.これだけはいいたい!みなかみの魅力とは?

【夏】|天然遊園地にぜひ遊びに行きましょう!

PIXTA

「夏のみなかみは、大自然の中にある“天然遊園地”です。

川、大地、空、山…と恵まれたフィールドがあり、たくさんのアクティビティが用意されています。

メジャーどころのラフティングやSUPなどはもちろん、ややマニアックなジップラインやリバーブギ・ボードなどなど、あらゆるアウトドアレジャーが楽しめるので、夏場は毎週遊びに来ても決して飽きることはありません。

また遊び方は1つではなく、アクティブに楽しむのはもちろん、大自然に癒やされたり家族で思い出を作ったりと、どんな人にも『みなかみだからこそ味わえた』という最高で特別な遊び方が必ず見つかりますよ!」

【冬】|静かな雪景色を堪能できる!

PIXTA

「夏はアウトドアで大盛り上がりのみなかみも、冬になれば人が少なくなり静かで荘厳な大自然を贅沢に味わえる土地に変化します。
何といっても美しい谷川連峰の雪景色は、みなさんに是非見て欲しい光景です。

冬にしか踏み入れることができない山中、恵まれた土地ゆえに堪能できる天然スノーライダーなど、贅沢な体験が味わえますよ。

子供も参加できる雪アクティビティが豊富なので、とっておきの体験を探しているファミリーにもおすすめです!」

あなたは夏、冬、どちらのみなかみに興味を持ちましたか?

どの季節も違った魅力を放つアクティビティの聖地・みなかみ。

夏は夏、冬は冬でそれぞれ人を魅了するパワーを秘めていることがわかったのではないでしょうか?

どっちの季節により惹かれたのかは、あなたの心の次第!

SOTOASOBI的には是非とも両方の季節、いや1年中楽しんでほしい最高のアウトドアアクティビティエリアです!

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、このほかにも楽しめるツアーを数多く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(文:田中奈美)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する