子供が喜ぶこと間違いなし!雪遊びスポット13選【関東編】 2018.12.22 雪遊び 関東

今年の冬は家族で雪遊びがしたい!そんなお父さん、お母さんにおすすめしたい関東とその周辺のおすすめ雪遊びスポット13選をご紹介します。自然のままの雪山を散策できる冬ならではのアクティビティ情報も合わせてお届け!

「今年の冬は子供と一緒に雪遊びをしよう!」

そう決意したもののどこに行けばよいのかわからない…というお父さん、お母さん!関東には日帰りで行ける雪遊びスポットがたくさんあるんです!

今回は子供と一緒に行きたくなる、関東やその周辺の雪遊びスポットをご紹介します。また、自然のままの雪山を散策できる冬ならではのアクティビティも合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

1.水上高原スキーリゾート|群馬県
2.草津国際スキー場|群馬県
3.かたしな高原スキー場|群馬県
4.たんばらスキーパーク|群馬県
5.ハンターマウンテン塩原|栃木県
6.マウントジーンズ那須|栃木県
7.西武園ゆうえんち「雪の王国」|埼玉県
8.さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト「スノーパラダイス」|神奈川県
9.箱根園「雪・そり遊び広場」|神奈川県
10.遊園地ぐりんぱ|静岡県
11.富士山こどもの国 「雪の丘」|静岡県
12.ふじてんスノーリゾート「ちびっこ愛ランド」|山梨県
13.軽井沢スノーパーク|長野県
■雪山を家族で散策しよう!人気のスノーシューツアー3選
 - 1.スノーシューデビューにおすすめ!雪山で自然観察も楽しもう|群馬県
 - 2.4歳からOK!天然の雪とたっぷり戯れよう|群馬県
 - 3.標高差500mをダウンヒル!温泉も堪能できるアクティブツアー|栃木県


1.“ピカチュウ”とコラボしたスキー場で子供も大喜び!「水上高原スキーリゾート」|群馬県

アウトドアの聖地として人気のみなかみ町にある「水上高原スキーリゾート」。子供に大人気のゲームソフトシリーズ『ポケットモンスター』とコラボレーションしており、1歳から5歳までの子供専用エリア「ピカチュウ・キンダーガーデン」と、家族で楽しめる「ポケモン・スノーパレット」の2つの雪遊び施設があります。

「ピカチュウ・キンダーガーデン」では、そりやスノーチュービング、スノーストライダーを楽しめるほか、メリーゴーランドのようにチュービングに乗って回るポーラーカルーセルやエアースライダーなどがあります。ホテル前から運行しているスノーライナーで移動ができるのも子供が喜ぶポイント!

「ポケモン・スノーパレット」では、全長50mもあるスノーエスカレーターを利用して、そりやチュービングを楽しむことができます。レンタル料金は少しかかりますが、ハンドル操作をできるそりなども用意されているため、短距離のそりに飽きてしまったときにぴったり。

ゲレンデに隣接する「水上高原ホテル200」に宿泊すると、“美肌の湯”を堪能できる大浴場や景色を眺めながら入れる露天風呂で疲れた体を癒やすこともできますよ。

水上高原スキーリゾート
  • 群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1
  • 0278-75-2222

・営業期間:【ピカチュウ・キンダーガーデン】2018年12月20日~2019年4月7日(予定)
【ポケモン・スノーパレット】2018年12月28日~2019年4月7日(予定)

■関連記事
冬の関東はココで決まり!アナタに見せたい観光スポット20選

2.オンライン予約のできる託児所も◎温泉も楽しめる「草津国際スキー場」|群馬県

PIXTA

「草津国際スキー場」はファミリーにやさしいスキー場として、キッズパークや託児所も充実している雪遊びスポットです。託児所はオンラインで予約ができるのでとても便利!

キッズパーク内には大型のエアーアトラクション施設はもちろん、スノーエスカレーターも完備されており、手軽にそりやスノーレーサーを楽しむことができます。

また、スキーやスノーボードの練習も安全にできるキッズゲレンデもあるので、スノースポーツデビューにもぴったり!さらに、いわずと知れた名湯である草津温泉もあるので、たっぷり遊んだ後は温泉でぽかぽかに温まりましょう。

草津国際スキー場
  • 吾妻郡草津町大字草津字白根国有林158林班
  • 0279-88-8111

・営業期間:2018年12月15日~2019年3月31日

3.“ミッフィー”がお出迎え!子供が楽しめる設備がいっぱいの 「かたしな高原スキー場」|群馬県

片品村にある「かたしな高原スキー場」には、イメージキャラクターである“ミッフィー”の名前が付いた雪遊び広場「ミッフィーアドベンチャーパーク」や、雪上でストライダーを楽しめるストライダージャパン公認の「スノーストライダーパーク」など、スキー以外にも雪遊びができる施設があります。

「ミッフィースキースクール」と称して、年齢やレベルに合わせてクラス分けをしたスキースクールもあるので、子供に教える自信はないけどスキーをさせたい…という方におすすめ。

トップスキーヤーによるイベントや大会も行われているので、イベントに合わせて参加するのもおすすめです。

かたしな高原スキー場
  • 群馬県利根郡片品村越本2990
  • 0278-58-2161

・営業期間:2018年12月20日~2019年3月31日

4.都心から約2時間半!アクセス良好でさらさらの雪を堪能できる「たんばらスキーパーク」|群馬県

沼田市にある「たんばらスキーパーク」は、首都圏から車で約2時間半というアクセス良好のファミリー向けスキー場。関東の中でも冬の冷え込みが厳しいエリアで、最高地点の標高が1,550mとやや高いのでさらさらの雪を楽しめます!さらに12月上旬から5月上旬までのロングシーズン営業されているのも魅力の1つです。

雪遊びとそり専用エリアである「たんばランド」は、ゲレンデから完全に独立しているので事故の心配も少なく、安心して雪遊びが楽しめます。ウェーブが設置されていて、ひと味違ったそり遊びも体験できますよ!

スノーエスカレーターや室内休憩スペースも完備。エリア内の遊具はそりやスノーストライダーなど豊富なラインナップで使い放題と、家族連れにうれしいサービスがいっぱいです。

たんばらスキーパーク
  • 群馬県沼田市玉原高原
  • 0278-23-9311

・営業期間:2018年11月23日〜2019年5月6日
【たんばランド】2018年12月22日~2019年4月7日

5.子供と雪遊びを楽しんだ後は、ロングコースをダウンヒル!「ハンターマウンテン塩原」|栃木県

首都圏最大級のスノーリゾート「ハンターマウンテン塩原」は、スノーエスカレーターの設置はもちろん、子供連れでも利用しやすい設備がいっぱい。

小さな子供専用の「キッズパーク」には、ハンドル付きそりやスノーチュービング、スノーストライダーコース、ふわふわ滑り台などが用意されています。キッズパーク内の乗り物はすべて利用券に含まれているので、自由に遊ぶことができますよ。

また3,000mのダウンヒルを心置きなく、思う存分滑りたい!というお父さん、お母さんには託児所の利用がおすすめ。ファミリーにうれしい施設が整っているので、日常を忘れて銀世界を堪能できること間違いなしです。

ハンターマウンテン塩原
  • 栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒
  • 0287-32-4580

・営業期間:2018年11月28日〜2019年4月14日
【キッズパーク】2018年12月22日~2019年3月31日

6.スノーラフティングも人気!絵本スペースや授乳室も完備の「マウントジーンズ那須」|栃木県

那須町にある「マウントジーンズ那須」では、40mのエスカレーターが設置された2ヶ所の「そりエリア」でそり遊びを楽しめます。ハンドル付のそりも無料レンタルOK。キッズパークの山頂には自由に利用できる「雪遊びエリア」もあり、子供も大自然の中でのびのびと遊べます。

有料になりますが、600mのロングコースを家族みんなで楽しめる“スノーラフティング”も大人気!キッズパーク専用の休憩室には絵本スペースや授乳室も完備されていて、雪遊びに疲れたら靴を脱いで子供とゆっくり過ごすこともできますよ。

マウントジーンズ那須
  • 栃木県那須郡那須町大字大島
  • 0287-77-2300

・営業期間:2018年12月21日~2019年3月24日

7.冬だけの楽しみ!「西武園ゆうえんち」でそりやスノーストライダーを満喫|埼玉県

 

View this post on Instagram

 

ちゅーそんさん(@chu.son)がシェアした投稿 -

所沢市にある「西武園ゆうえんち」に冬の期間だけ特設される雪遊びスポット「雪の王国」。

ふわふわスライダーや自由にそりが楽しめるそり専用エリア、ストライダーに板を貼り付け雪の上を滑るスノーストライダーなどの雪遊びが楽しめます。

もちろん遊園地のアトラクションでも遊ぶことができますよ。3月3日まではランタンを使用した光の祭典「WHITE LANTASIA(ホワイトランタジア)」を開催中。日中から夜まで1日たっぷり満喫できますね。

西武園ゆうえんち「雪の王国」
  • 埼玉県所沢市山口2964
  • 04-2922-1371

・営業期間:未定

■関連記事
【2018~2019年版】冬を遊びつくせ!関東のおすすめスポット特集

8.都心から約1時間!関東最大級の規模を誇る雪遊びスポット「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」|神奈川県

アウトドアから遊園地まで楽しめる「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」は、都心から車で約1時間でアクセスできる複合レジャー施設。その中にある「スノーパラダイス」は、6,000平方メートルの敷地を誇る関東最大級の雪遊びスポットで、関東で1番早くオープンを迎えます。

ぶつかっても痛くない柔らかなビニール素材を使用した“木の葉スライダー”というソリや、タイヤのような専用のチューブを使用してコースを滑るチューブスライダーも人気の遊具。そりは有料でレンタルできますが、持ち込みもOK!

雪遊びに飽きたら遊園地で遊んだり、温泉で温まったりといろいろな楽しみ方をできるのが魅力。4月7日までは600万級の光が輝くイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」も開催されているので、ぜひ鑑賞してみては。キャンプ場もあり、コテージやトレーラーでそのまま宿泊することもできます。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト「スノーパラダイス」
  • 神奈川県相模原市緑区若柳1634
  • 0570-037-353

・営業期間:2018年11月17日~2019年3月下旬(予定)

9.週末には水族館のペンギンもやって来る!動物ともふれあえる「箱根園」|神奈川県

水族館やゴルフ場、コテージなどがある複合施設「箱根園」では、毎年冬になると「雪・そり遊び広場」が登場します。

水族館を有するだけあって、毎週土日祝日には水族館のペンギンが広場に遊びに来てくれますよ。スノーシューズやスノーウェアはレンタル可能なので、用意がなくても安心して利用できます。

「だっこして!ZOO!」ではヤギやウサギ、カピバラ、フクロウ、ミニブタなどの動物たちとふれあえます。富士山の絶景スポットでもあるので、天候が良ければ富士山を見ることもできるかも!?

箱根園「雪・そり遊び広場」
  • 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
  • 0460-83-1151

・営業期間:2018年12月20日~2019年2月28日

10.富士山2合目で雪遊び!雪上迷路も楽しい「遊園地ぐりんぱ」|静岡県

富士山の2合目に広がるテーマパークである「ぐりんぱ」は、そりやチュービングのほか、雪上迷路などのアトラクションやアイススケート場まで完備している雪遊びスポットです。

アイススケートは2枚刃のスケート靴を使用するため、まだバランスを取るのが難しい小さな子供でも安心して楽しむことができます。

通常のアスレチックや遊園地、シルバニアファミリーの世界を体験できる「シルバニアビレッジ」なども体験できるので、幅広く遊べます。関東からは外れますが、都心から車で約2時間とアクセス良好なのもうれしいポイントです。

遊園地ぐりんぱ
  • 静岡県裾野市須山字藤原2427
  • 055-998-1111

・営業期間:【そり遊びゲレンデ】2018年12月22日~2019年3月24日

11.富士山を望みながらそり遊び!かまくらや雪だるま作りもできる「富士山こどもの国」|静岡県

同じく富士山の裾野に広がる自然豊かな公園「富士山こどもの国」では、毎年冬になると「雪の丘」という、そりや雪遊びが楽しめる施設が登場します。

約400平方メートルの雪遊び広場には長さ約30mと約100mの2つのコースがあり、そり滑りができます。かまくら作りや雪だるま作りにも体験できるほか、雪山の中に隠してあるボールを合図と共に探し出す“雪山宝探し”、親子で参加できる“ソリレース”などのイベントも盛りだくさん!そりはレンタルもありますが、持ち込みもOK。

授乳室も完備されているので、小さい子供連れのファミリーでも利用しやすいスポットです。

富士山こどもの国 「雪の丘」
  • 静岡県富士市桑崎1015
  • 0545-22-5555

・営業期間:2018年11月23日~2019年3月17日(予定)

12.子供のスキー・スノボデビューにぴったり!「ふじてんスノーリゾート」|山梨県

富士山にあるスキー場「ふじてんスノーリゾート」には、そり専用ゲレンデ「ちびっ子愛ランド」やスキー・スノーボードデビューにぴったりの家族専用ゲレンデがあり、スクールも開催されています。

ファミリー向けの無料休憩室や子供用トイレなど、小さな子供連れのファミリーにうれしい設備が整っていて、託児所を利用すれば夫婦水入らずの時間を過ごすこともできますよ!

ふじてんスノーリゾート
  • 山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1
  • 0555-85-3226

・営業期間:2018年12月上旬〜2019年4月上旬
【ちびっこ愛ランド】2018年12月上旬~2019年3月下旬(予定)

13.家族向けのスキー場として認定された「軽井沢スノーパーク」|長野県

PIXTA

軽井沢高原にある「軽井沢スノーパーク」は、小さな子供連れのファミリーが楽しめる施設やサービスが備わっている「ウェルカムファミリーのスキー場」に認定された第1号のスキー場です。

雪遊びができる専用のゲレンデ「ちびっこゲレンデ」では、チュービングやスノーストライダー、雪上アスレチックが楽しめます。ゲレンデの外に出れば、託児所や授乳室、無料キッズスペースなど、ファミリーにやさしい充実の設備も!

ちびっこゲレンデ前にそびえ立つ雪の小山「プチあさま」も子供たちに大人気!すべり台を作ったり、ほら穴を掘ったりと自由に遊んでみましょう。

軽井沢スノーパーク
  • 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16
  • 0279-84-1227

・営業期間:2018年12月9日~2019年4月7日(予定)

自然のままの雪山を家族で散策しよう!人気のスノーシューツアー3選

雪の上で楽しめるアクティビティとして人気の“スノーシュー”。スキーやスノーボードができなくても、西洋版かんじきのようなスノーシューを履けば雪の上も楽々歩いて探検できるんです。

整備されていない大自然の雪山でのトレッキングでは、非日常の風景や体験が待っています。そり遊びやスキー場から少し離れて、家族で新しい体験をしてみませんか。おすすめのスノーシューツアーを3つ紹介します。

<<関東で体験できるスノーシューツアーの一覧はこちら>>

1.スノーシューデビューにおすすめ!雪山で自然観察を楽しもう|群馬県

「マックス」が開催する“スノーシューツアー”では、谷川連峰を望めるフィールドでスノーシューが体験できます。

ガイドの案内で野生動物の足跡を見つけたり、冬の自然を観察したり…運が良ければカモシカやリス、ウサギに会えることも!

斜面をそりやお尻で滑り降りたり、雪の上にダイブしたりといった遊びもOK!高低差の少ないコースをのんびりと歩くツアーなので、初体験の方や体力に自信のない方でも問題ありません。小学1年生から参加できるので、ぜひ家族で体験してみては。

約3時間のツアーなので都心からの日帰りでも参加できますよ。

マックス
  • 群馬県みなかみ町湯檜曽湯吹山 マックス土合ベース

■関連記事
スノーシューを関東で楽しもう!初心者も安心して参加できるスノーシューツアー6選

2.4歳からOK!天然の雪とたっぷり戯れられる雪遊び満喫ツアー|群馬県

「レイクウォーク」が開催する“半日探検スノーシューツアー”は、移動距離は短く設定して雪遊びをたっぷり満喫できる内容。スノーシューで雪の上を歩く楽しさを体感したら、ふかふかの雪に埋もれてみたり、斜面を滑り降りたりとめいっぱい遊びましょう。気づけば大人のほうが夢中に…なんてことも。

スキー場とは違い、自然のままの雪山を散策するのは発見もたくさんあります。ぜひお子さんと一緒にさまざまな冬を感じてくださいね。

小学生の子供がいるファミリーには、ランチ付きの“雪遊び満喫スノーシューツアー”がおすすめです。

レイクウォーク
  • 群馬県利根郡みなかみ町大穴142-1 レイクウォーク大穴ベース

標高差500mをダウンヒル!アクティブに雪山を駆け下りた後は温泉へGO|栃木県

ふかふかの雪の上を駆けまわりたい!という夢を叶えてくれるのが、「カエルアドベンチャー」が開催する“スノーシューダウンヒルツアー”。標高1,500mから標高差約500mをスノーシューで下ります。

時には斜面を駆け下り、時には深く積もった雪にダイブ。コース内にある各ポイントではそりを使ったスライダー遊びもできて、アクティブに楽しめます。

ランチタイムでは開放的なフィールドで温かい食事がいただけ、ツアーの最後には「那須五峰の湯」で温泉に入ってリラックス。遊びとくつろぎのメリハリが絶妙なツアーです。小学3年生から参加できるので、家族で本格的にスノーアクティビティを始めたい方にもおすすめですよ!

カエルアドベンチャー
  • 栃木県那須郡那須町大島みどりヶ丘 「那須どうぶつ王国 」那須五峰の湯

子供も大人も雪遊びで盛り上がろう!

子供は寒さなんてお構いなし!いつだって外で遊ぶのが大好きです。今年の冬は家族みんなで楽しめる雪遊びスポットに出かけて、一生ものの思い出を作りましょう。

アウトドアレジャーの専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、家族で参加できる雪遊びツアーをたくさんご紹介しています。ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

(編集部注*2016年11月28日に公開された記事を再編集したものです)


※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する