新しいことにチャレンジしたい季節到来!春におすすめのアクティビティ8選 2018.01.13 ラフティング

春は何か新しいことに挑戦したい方も多いのでは!?気軽にできるおすすめのアクティビティを紹介します。家族、カップル、友達と楽しんでみてください!

冬が終わればすぐに春!外に出るのが気持ちいい季節ですよね。

そんな春におすすめのアクティビティを紹介します。初心者でも気軽にできるので、思いっきり楽しんでみてください!

1.ラフティング

春に人気のアクティビティといえば、スリル満点のラフティング!ラフトと言われる5~8人乗りのボートに乗り、川下りをする爽快なリバースポーツです。

パドルを持ちながら激流を下っていくので、スリル満点!ガイドと一緒なので初心者でも安心して体験できます。1年の中でも春は雪解け水が山から大量に流れてくるので、川の水量が豊富。迫力あるラフティングを楽しむことができます。

おすすめのラフティングスポット

北海道の空知川や、東京の奥多摩、群馬の水上(みなかみ)、埼玉の長瀞(ながとろ)、関西では奈良吉野川や、九州では熊本の球磨川など、ラフティングスポットは全国にたくさんあります。

なかでもおすすめは、ラフティングのメッカとして今や定番スポットである群馬・水上。

渓谷の美しさに加え、春の水量の多さは関東随一とも言われており、東京から日帰りで楽しめるという立地も魅力。たくさんの体験ツアーが開催されており、期間中は多くの人がラフティング目当てに訪れています。

埼玉・長瀞渓谷も東京から日帰りで行くことができるスポット。長瀞はその名の通り長い瀞(とろ)が続き、ゆったりとした川の流れを楽しむことができるので、初心者でも安心。天然記念物の岩畳を眺めたり、渓谷の美しさも楽しめます。

もちろんラフティングならではのスリルを味わえるポイントも随所に現れるので、みんなで息を合わせて越えてみましょう!きっと今までにない爽快感が待っていますよ。

■関東のラフティングの詳細はこちらの記事■
「急流を下る!ラフティングを楽しむことができる関東のおすすめスポット」

2.ホーストレッキング

ホーストレッキングとは、乗馬をしながらトレッキングするアウトドアレジャー。

乗馬というと、ハードルが高そうなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ホーストレッキングは服装の自由度も高いので気軽に参加が可能!

カントリースタイルの乗馬クラブもあり、カウボーイ気分を満喫できるツアーもあります。フィールドも草原や森林、ときには海岸だったりと自然を楽しめるコースが多く、馬のヒーリング効果も相まって、リラックスした気持ちで楽しめます。

もちろん、最初は柵のある馬場内で基本的な乗り降りの仕方や進め方、止まり方などをしっかりレクチャーしてもらえるので、馬に乗るのが初めてという方でもご安心を。

ツアー中は馬と触れ合うことが多いので、子どもの情操教育の場として取り入れてみるのもおすすめです。

おすすめのホーストレッキングスポット

ホーストレッキング体験は、北海道や長野の軽井沢、那須高原、八ヶ岳、霧島連山など、避暑地として名高いスポットなどで体験できます。

首都圏では、千葉の市原にある乗馬クラブエバーグリーンホースガーデンがおすすめ。竹林の中を散策できる初心者向けの体験ツアーを開催しています。馬の背中から見る景色は格別ですよ!デートや家族旅行の際に、気軽に体験してみては!?

■関東・甲信越の乗馬の詳細はこちらの記事■
「【関東】都心から2時間圏内!日帰りで外乗できる乗馬スポット特集」

3.SUP(スタンドアップパドルボード)

SUPというアクティビティを聞いたことがありますか?

リゾートや観光地でひそかなブームになっているスポーツで、サーフボードのようなボードの上で、パドルを持って進みます。海でも川でもトライできますが、比較的流れのゆっくりの場所がおすすめ。

ハワイや沖縄など、リゾート地での人気も高いです。最近では、ほかのアクティビティとセットで体験したり、SUPしながらヨガを体験できる「SUPヨガ」なども話題。リゾートエリアへ旅行する際には、ぜひ体験してみましょう!

美しい海上の風景とともに、ボードの上で絵になるポーズを取ることの多いSUPは、SNS映えする写真をたくさん撮影できるのも魅力。「いいね!」やコメント数などを増やしたい方にもおすすめのアクティビティです。

おすすめのSUPスポットは

SUP体験するなら、日本屈指の美しさを誇る沖縄の海がおすすめです。

石垣島や宮古島などの離島はもちんろんですが、那覇から日帰りで行くことができる座間味島も人気があります。

座間味島は、那覇から高速船で1時間ほどで行ける離島。このあたりの海はケラマブルーと呼ばれ、太陽からの光が海底の石灰石に反射して、美しい青色を作り出します。

「もっと手軽にSUP体験をしたい!」とお考えなら、関東圏のツアーがおすすめ。神奈川の逗子や鎌倉エリアではさまざまな体験ツアーを開催されています。

湘南の海でのSUP体験は、手軽にリゾート気分を満喫するのにピッタリ!風光明媚な海上の景色を眺めながら、潮風を浴びてゆったりリラックス…日々の忙しさを忘れさせてくれます。

さらには、東京都内で体験できるツアーも!江戸川の支流で開催されている東京SUP体験は、なかなか休みが取れない方におすすめです。

■沖縄のSUPの詳細はこちらの記事■
「SUPを体験するならやっぱり沖縄!エリア別厳選ツアー5選」

■湘南のSUPの詳細はこちらの記事■
「スタンドアップパドル(SUP)初体験なら湘南・鎌倉へ!レンタル付きツアーで手軽に始めよう」

4.カナディアンカヌー・カヤック

パドルと呼ばれる漕ぎ手を使って進む小舟を総称して「カヌー」と呼びますが、中でも漕ぎ手が片側のもの(シングルブレードパドル)を「カナディアンカヌー」、両側にあるもの(ダブルブレードパドル)を「カヤック」と呼びます。

カナディアンカヌーは長距離の移動も可能で、推進力があるため、ツーリングや広くて長い川や湖などで楽しめるのが特徴。一方カヤックは全長が短く、両手の漕ぎ手を使える分、川幅の狭い上流エリアや流れの速い川でも使うことができます。

カヌーやカヤックの魅力は、川や湖の雄大さを感じたり、観光船では行けないような場所に近づいたり、自然を間近で体験できること。対象年齢も低めなのでファミリーにもおすすめです。漕ぎなが、自然が作り出した岩肌や山に囲まれた風景を眺めたり、そこに生息する生き物を見たりできます。

自然の中で体を使うことで、心身ともに浄化され、すっきりとした気持ちになれますよ。

おすすめのカヌー・カヤックスポット

鹿児島・奄美大島や、沖縄・西表島では、日本最大級のマングローブ林でリバーカヤックを楽しめるツアーが人気。マングローブでできたトンネルや亜熱帯の森を進んでいくので、ドキドキの体験ができます。非日常が味わえ、まるで映画の冒険者のよう。あなたも映画の主人公になってみては!?

奥多摩の白丸湖や山梨の河口湖、関西では琵琶湖などでは、レイクカヤックも楽しむことができます。アクセスしやすいので、お出かけついでに気軽に始めてみましょう。

■関東のカヌー・カヤックの詳細はこちらの記事■
「週末レジャーに!関東の日帰りOKなカヌーツアーまとめ」

5.シーカヤック

先ほど紹介したカヤックの中で、海に特化したものを「シーカヤック」と呼びます。フィールドが異なると遊び方や楽しみ方が変わってくるので、リバーカヤックとは区別して紹介します。

シーカヤックはまさに海上散歩。波に揺られながら、進みたい方向に進んでいくのは最初は難しいですが、コツをつかむと面白くなってきます。

ツアーでは、シットオントップという横方向の安定性が高いカヤックを使用することが多く、初心者にも扱いやすいです。

関東圏では葉山や伊豆、関西では岡山などがあり、九州・沖縄でも楽しむことができます。

■関東のシーカヤックの詳細はこちらの記事■
「関東で楽しめるシーカヤック!葉山のおすすめツアーを紹介」

子どもと楽しめる水族館でのカヤックも!

場所によってカヤックを楽しめる対象年齢は異なりますが、伊豆下田にある下田海中水族館・うみがめカヤックスが開催している、小学1年生から参加できるシーカヤックコースがおすすめ。

なんとイルカが泳いでいるドルフィンビーチでカヤック体験ができます。

イルカと並走して漕いだりイルカと遊んだりできるので、子どもから大人まで!

6.ボルダリング・クライミング

photo by chachacha

photo by chachacha

最近人気のボルダリング。テレビや街中で、カラフルな岩がたくさん付いている壁をよじ登る姿を目にした方もいるのでは?

ロープなどの補助器具を使わないものを「ボルダリング」、ロープを使い二人一組で上るものを「クライミング」と呼びます。最近は室内型のボルダリングが人気になっており、首都圏にもジムが次々とオープンしています。仕事帰りや週末などに、手軽にできるので新しい趣味としておすすめです!

室内でのボルダリングにハマったら、やっぱり次に行きたいのは本物の山。

滋賀の比嘉山系では獅子岩1日コースが開催されています。プロのガイドと一緒なので、安心して初クライミングに挑戦できますよ。

もちろん、ボルダリング未経験でも参加可能なので、ぜひこの春にチャレンジしてみては!?

■関西のロッククライミングの詳細はこちらの記事■
「ロッククライミングに挑戦!関西で自然を体感できるおすすめツアー」

7.ジップライン

ジップラインとは、ターザンのように森の中をワイヤロープで滑るアクティビティ。欧米で人気のアウトドアスポーツで、日本でも体験できるところが増えてきています。

森の中を滑り降りる爽快感とスリルはたまりません。大きな声を出しながら、自然の気持ちよさを体験してみてください!

おすすめのジップラインスポット

ジップラインを体験するならば、群馬の水上高原リゾートホテル200(トゥーハウンドレッド)の水上高原フォレストジップラインがおすすめ。

全長1,200m、8本にも及ぶジップラインは、滑る回数を重ねていくとさらに楽しさが増していき、病みつきになること間違いなし!しかもジップラインだけではなく、ここでは森の中でのフィールドアスレチックもできるので、アクティブ要素満載です。

身長130cm以上、体重30kg以上から体験できるので、ファミリーでも楽しめますよ。

■関東のジップラインの詳細はこちらの記事■
「ジップラインで関東の空を一直線!」

8.パラグライダー

「空を鳥のように飛びたい!」そんな憧れを抱いている方におすすめなのがパラグライダー。パラグライダーは、斜面を助走して気流に乗って飛ぶスカイスポーツ。

1~5mの浮遊感を味わう体験コース、ダンデムフライトというプロのパイロットと一緒に飛ぶコースがあるのが一般的で、セットで体験できる場合もあります。

おすすめのパラグライダースポット

斜面が必要なことから、高原や山の斜面を利用したスポットが多く、関東では筑波山や静岡の朝霧高原、栃木の那須高原、関西では京都の亀岡、鳥取砂丘などで楽しめます。北海道から九州まで、いろいろな場所で体験できるので、意外に身近なスポーツですよ。

なかでもおすすめは、富士山の麓にあるスカイ朝霧が開催している、ダンデムフライトとパラグライダー体験のセットコース

ダンデムフライトでは、後ろにベテランインストラクターが付いてくれるので、難しい操作は不要!贅沢な空中散歩を体験できます。

タンデムフライトを楽しんだ後は、いよいよ体験スタート!自分一人の力で飛べた瞬間は、日常では味わえないドキドキと達成感が待っていますよ。

ふわっと浮きあがった時の高揚感は、パラグライダーならでは。贅沢な空の楽しみを体験してみてください!

■東海のジップラインの詳細はこちらの記事■
「【東海】子供も参加できるおすすめパラグライダーツアー4選」

春は外で思いっきり楽しもう!

過ごしやすい陽気の春は、外で思いっきり楽しみたいですね。初心者でも始められるアクティビティがたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてください!

レジャー・アクティビティの予約サイト「そとあそび」では他にも全国のさまざまなアクティビティをご紹介しています。こちらもぜひご参考にしてくださいね。

(編集部注* 2017年1月23日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する