今年はどこ行く?桜の名所12選【関東】 2017.03.28 関東

お花見で迷っている方は必見!関東には桜の名所が盛りだくさん!有名スポットから地元の人に愛される名所まで、まとめてご紹介させていただきます♪

photo by PIXTA

春といえばやっぱり桜!お花見やお祭りなど、毎年この時期を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

日本には何百種類もの桜があるといわれており、有名なソメイヨシノをはじめ、八重桜やしだれ桜など、地域や時期によって様々な桜を楽しむことができます。

関東の桜は毎年3月下旬頃に開花宣言が発表され、例年4月上旬頃に見頃を迎えます。「今年はどこの桜を見に行こう・・・」と迷っている方のために、数ある関東の桜の名所の中から厳選してご紹介させていただきます♪

1.六義園(東京)

photo by PIXTA

六義園(りくぎえん)は国の特別名勝にも指定されている庭園で、東京の観光名所のひとつです。JR駒込駅より徒歩7分とアクセスも良好♪和の雰囲気が漂う素敵な庭園で、のんびり散歩をしながら桜を楽しむことができます。

六義園にはソメイヨシノやヤマザクラなど様々な桜がありますが、そのなかでも見逃せないのが「しだれ桜」です。高さ約15m・幅20mある木に、薄紅色の花が流れる滝のように咲き誇る姿は圧巻!

例年の見頃は3月下旬〜4月上旬頃。3月中旬からは、「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」が開催され、光に照らされた庭園と桜の見事な景色を楽しむことができます。ライトアップ期間中は21時まで開園しているので、お仕事帰りに立ち寄ってみるのもおすすめです♪

■基本情報
・名称:六義園(りくぎえん)
・所在地:東京都文京区本駒込6-16-3
・アクセス:JR駒込駅より徒歩7分/都営地下鉄三田線千石駅より徒歩10分
・駐車場:なし
・電話:03-3941-2222
・開園時間:9:00〜17:00(ライトアップ期間は〜21:00)※最終入園30分前まで
・休園日:12/29〜1/1
・見頃:3月下旬〜4月上旬

【六義園の詳細情報はこちら】

2.赤城南面千本桜(群馬)

photo by PIXTA

赤城南面千本桜(あかぎなんめんせんぼんざくら)は、前橋市にある群馬県を代表する桜の名所。約1.3kmの市道沿いにおよそ1000本のソメイヨシノが植えられており、満開時の見事な桜のトンネルは必見です!

見頃は例年4月上旬〜4月中旬頃。そして、毎年4月に開催される桜祭りには県内外から10万人以上の花見客が訪れます。期間中は多くの露店が出店されており、お花見気分も上々♪

隣接する「みやぎ千本桜の森」内には、平成25年にオープンしたばかりの「世界の桜ゾーン」があり、37種類にもおよぶ約500本の桜と、一面に咲くシバザクラを見ることができます。シバザクラの開花期間は4月中旬〜5月中旬と少し長めなので、並木の桜が散ったあとも楽しめますよ♪

■基本情報
・名称:赤城南面千本桜
・所在地:群馬県前橋市苗ヶ島町2511-2
・アクセス:【電車】前橋駅より上毛電鉄中央前橋駅まで徒歩15分、上毛電鉄中央前橋駅より大胡駅下車、ふるさとバスで「電力中央研究所前」下車徒歩5分 ※ふるさとバス(電話予約式・当日予約のみ027-283-3122)
【車】北関東自動車道「伊勢崎IC」から約30分/関越自動車道「赤城IC」から約40分
・駐車場:あり(500円/1日)
・電話:027-235-2211
・定休日:なし
・見頃:4月上旬〜中旬

3.吉高の大桜(千葉)

photo by PIXTA

吉高の大桜は千葉県印西市にある樹齢300年を越える一本桜です。高さ10.6m、枝張最大幅25m以上のヤマザクラで、訪れた人は想像以上の大きさにびっくりしてしまうほど。市の天然記念物にも指定されており、地元の人たちの間ではとても有名な桜です。

周囲にはのどかな里山風景が広がっており、菜の花やチューリップなど、様々な春の植物と合わせて楽しめるところも魅力のひとつです。ソメイヨシノより1週間ほど遅い開花で、見頃は満開から2、3日程度。満開を見逃したくないという方は市のHPなどでこまめにチェックすることをおすすめします♪

また、開花期間中は周辺道路が車両進入禁止となります。最寄りの駐車場は国道464号線沿いの印旛中央公園にあり、大桜までは徒歩25分ほどでたどり着けます。休日は車・バスともに渋滞混雑が予想されるため、時間に余裕を持って行きましょう。

■基本情報
・名称:吉高の大桜
・所在地:千葉県印西市吉高930
・アクセス
【電車】北総線「印旛日本医大駅」・京成線「京成佐倉駅」・京成線「京成酒々井駅」よりバス→「教習所前」下車徒歩15分または「郵便局前」下車徒歩30分
【車】京葉道路経由「宮野木JCT」を東関東道・千葉北・成田方面へ→高速四街道IC・四街道出口方面→国道464号線沿い印旛中央公園駐車場より徒歩30分
・駐車場:無料
・電話:0476-45-5300
・定休日:なし
・見頃:4月上旬〜中旬の2、3日

4.小田原城址公園(神奈川)

photo by PIXTA

小田原城址公園は神奈川県小田原市にある桜の名所です。「日本さくらの名所100選」にも選ばれており、3月下旬〜4月上旬には「長興山のしだれ桜」、「沼代桜の馬場」と合わせて小田原桜まつりが開催されます。小田原駅から徒歩約10分とアクセスも良好です。

小田原城天守閣やその周りのお堀を背景に、約320本のソメイヨシノが花を咲かせる姿は絶景!お花見のシーズンには30万人以上の観光客が訪れる人気の桜スポットなんです♪

また、開花期間中は"ぼんぼり"が点灯され、昼間とは異なる幻想的な風景を楽しむことができます。夜桜デートはもちろん、仕事帰りに立ち寄ってみるのもおすすめ♪休日はかなりの混雑が予想されるので、できるだけ公共交通機関を利用した方が良さそうです。

■基本情報
・名称:小田原城址公園
・所在地:神奈川県小田原市城内6-1
・アクセス:【電車】小田原駅東口から徒歩約10分
【車】小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分/東名高速道路「大井松田IC」から約40分
・駐車場:周辺に有料駐車場あり
・電話:0465-23-1373
・休館日(天守閣):12月第2水曜日/12月31日~1月1日
・見頃:3月下旬〜4月上旬

5.大宮公園(埼玉)

photo by PIXTA

大宮公園は、埼玉県さいたま市にある県営公園です。県内でも指折りの桜の名所として知られており、ソメイヨシノをはじめとする約1000本の桜が公園内を彩ります。小動物園や児童遊園地、日本庭園などの施設もあるので、子どもから大人まで楽しめること間違いなし♪

埼玉県内で最も利用者の多い県営公園で、お花見シーズンは例年10万人以上の人が訪れるそう。桜はもちろんのこと、樹齢100年を越える赤松林やハクモクレン、ツバキなど様々な植物が見られるのも魅力のひとつです♪

開花期間中はライトアップもあるので、夜桜鑑賞も満喫することができます。広い園内を散歩しながら、ゆっくりと桜を楽しんでみてはいかがでしょうか?

■基本情報
・名称:大宮公園
・所在地:埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目
・アクセス
【電車】JR「大宮駅東口」から徒歩20分/東武アーバンパークライン(東武野田線)「大宮公園駅」または「北大宮駅」から徒歩7分
【車】県道川口上尾線・堀の内交差点から北へ約1km「大宮公園入口」交差点左折すぐ
・駐車場:あり(無料)
・電話:048-641-6391(大宮公園事務所 )
・定休日:公園は無休、その他施設毎に異なる
・見頃:3月下旬〜4月上旬

6.千鳥ヶ淵・千鳥ヶ淵周辺(東京)

photo by PIXTA

千鳥ヶ淵は皇居の北西側に位置するお堀です。都内でも有数の桜の名所として知られており、ソメイヨシノやオオシマザクラなど約1000本の桜が満開を迎えるころには、都心にあるとは思えないほど美しい景色が広がります。

周辺には千鳥ヶ淵緑道や千鳥ヶ淵公園もあり、なかでもお堀沿いに約700m続く桜のトンネルは必見!お堀のボートからは、水面に向かって枝を伸ばす迫力ある桜を楽しむことができます。千代田のさくらまつりでは靖国神社参道に屋台が出店され、グルメとお祭り気分も満喫♪

見頃は例年3月下旬〜4月上旬頃で、なんと100万人以上のお花見客が訪れるといわれています。また、まつり期間中は千鳥ヶ淵ボート場の夜間営業が行われ、営業時間も通常時より延長されるので、ぜひライトアップされた桜を水上から楽しんでみてはいかがでしょうか?

■基本情報
・名称:千鳥ヶ淵・千鳥ヶ淵緑道
・所在地:東京都千代田区 九段南2丁目から三番町先
・アクセス:【電車】地下鉄「九段下駅」2番出口徒歩約5分/地下鉄「半蔵門駅」5番出口徒歩約5分(千鳥ヶ淵緑道入口)
・駐車場:なし
・電話:03-3556-0391
・見頃:3月下旬〜4月上旬

■基本情報
・名称:千鳥ヶ淵緑道ボート場
・所在地:東京都千代田区三番町2
・アクセス
【電車】地下鉄「九段下駅」2番出口徒歩10分/地下鉄「半蔵門駅」5番出口徒歩10分
・電話:03-3234-1948
・営業時間:さくらまつり期間中9:30~20:00(受付終了30分前まで)
・定休日:月曜日(3月20日から4月15日は無休)
・料金:30分500円(観桜期は30分800円)

7.常陸風土記の丘(茨城)

photo by PIXTA

常陸風土記の丘までは都心から約1時間半、茨城県石岡市にある桜の名所です。石岡市内には1万年以上も前の旧石器・縄文時代〜弥生時代の遺跡が数多く存在しており、常陸風土記の丘でもそうした歴史的財産が活用されています。

そんな常陸風土記の丘の桜の魅力は、約1ヶ月に渡る「桜のリレー」です。4月上旬のソメイヨシノに始まり、中旬には150本を越えるしだれ桜、下旬には300本のボタン桜と見どころ満載!なかでも中旬のしだれ桜が人気で、桜のトンネルをくぐっているかのような美しい景色を楽しむことができます。

また4月上旬からは「さくらまつり」が開催され、開園時間も21時までと大幅に延長!もちろんライトアップも行われます。折りたたみテーブルやレジャーマットの貸出があるので、荷物が減らせるのも嬉しいポイントです♪

■基本情報
・名称:常陸風土記の丘
・所在地: 茨城県石岡市染谷1646
・アクセス:【電車】常磐線「石岡駅」下車→関鉄グリーンバス林経由・柿岡車庫行き「村上」下車徒歩15分
【車】常磐自動車道「千代田石岡IC」→国道6号線→県道7号線経由15分/常磐自動車道「石岡小美玉スマートIC」→国道355号線経由10分
・駐車場:あり(無料)
・電話:0299-23-3888
・開園時間:9:00〜17:00
・入園料:無料(一部施設有料)
・定休日:月曜日(まつり期間中無休)、年末年始
・見頃:4月上旬〜下旬

8.天平の丘公園(栃木)

photo by PIXTA

天平の丘公園は栃木県下野市にある県内でも人気の桜の名所です。八重桜を中心にウスズミザクラなど約450本の桜が植えられており、3月下旬〜4月下旬にかけて比較的長く桜が見られるのも魅力♪下野国分尼寺跡などの史跡や民族資料館もあるので、歴史散策も楽しめます。

開花期間中には天平の花まつりが開催され、例年4月中旬〜下旬にかけて一斉に咲く八重桜は一見の価値ありです♪地元の商店街による出店やミニ新幹線の運行も予定されているので、ご家族でもお楽しみいただけます。

ウスズミザクラが開花する3月下旬から4月上旬にかけては、17時〜20時までライトアップされています。お祭りと夜桜を両方楽しみたい方は時期を見逃さないようにしましょう♪

■基本情報
・名称:天平の丘公園(てんぴょうのおかこうえん)
・所在地:栃木県下野市国分寺993-1
・アクセス:【電車】JR小金井駅から車で約10分
【車】東北自動車道「栃木IC」から約20分/北関東自動車道「壬生IC」から約15分
・駐車場:あり ※4/10~4/30は有料(小型車400円、大型1,000円)
・電話:0285-39-6900
・入園料:あり(無料)
・定休日:なし
・見頃:4月中旬〜4月下旬

9.茂原公園(千葉)

photo by PIXTA

茂原公園までは都心から約1時間。千葉県茂原市のほぼ中央に位置しています。広場や散策道など自然の地形を利用した公園となっており、市民の憩いの場としても親しまれている公園です。園内にある弁天湖では、たくさんの亀が甲羅干しをしている姿を見ることもできますよ♪

桜の見頃である3月下旬〜4月上旬にかけては「茂原さくらまつり」が開催され、ソメイヨシノなど約2850本の桜が園内を彩ります。期間中はライトアップも行われ、時間も"日没〜翌朝"と長いので仕事で少し遅くなってものんびり桜を楽しめるところが魅力です♪

4/1(土)~2(日)には、和太鼓やバンド演奏・フリーマーケットも行われるので、この時期に行かれる方はぜひチェックしてみてください。ちょっと足を伸ばして春の房総に行くのもおすすめです♪

■基本情報
・名称:茂原公園
・所在地:千葉県茂原市高師1325-1
・アクセス:【バス】JR茂原駅から小湊バスの長南方面行きにて「藻原寺」下車徒歩5分
【車】国道128号線を大多喜方面へ→市役所手前の茂原公園交差点を右折
・駐車場:あり
・電話:0475-20-1528(茂原市役所商工観光課)
・見頃:3月下旬〜4月下旬

10.熊谷桜堤(埼玉)

photo by PIXTA

熊谷桜堤は江戸時代から桜の名所として知られており、日本さくら名所100選にも選定されています。荒川の土手に沿って約2kmも続くおよそ500本のソメイヨシノは圧巻の一言。どこまでも続くような美しい桜並木が春の荒川を彩ります。最寄り駅から徒歩5分とアクセスも抜群!

開花期間中は熊谷桜堤と荒川公園を会場に「熊谷さくら祭り」が開催されます。露店や様々なイベントなど桜以外にも見どころが盛りだくさん!もちろん夜にはライトアップも行われるので、夜桜デートにもぴったりです♪

歩いていける距離に万平公園もあり、旧熊谷堤を中心にソメイヨシノやシダレ桜を楽しむことができます。ブランコやすべり台などの遊具も多いので、ファミリーにもおすすめですよ♪

■基本情報
・名称:熊谷桜堤(くまがやさくらつつみ)
・所在地:埼玉県熊谷市河原町2丁目
・アクセス:【電車】JR高崎線・秩父鉄道熊谷駅南口から徒歩約5分
【車】関越道「東松山IC」から約30分
・駐車場:あり
・電話:048-524-1111
・見頃:3月下旬〜4月上旬

11.桜山公園(茨城)

photo by PIXTA

桜山公園は、日本三名園のひとつである偕楽園に隣接する公園です。茨城県水戸市に位置しており、市内有数の桜の名所としても知られています。最寄り駅の「偕楽園駅」から徒歩10分とアクセスも良好!ソメイヨシノやボタンザクラなど約370本もの桜が訪れる人を楽しませてくれます。

露店も多く出店し、にぎやかなお花見の雰囲気を味わうことができます。また、開花に合わせて例年18時〜22時まで"ぼんぼり"によるライトアップも行われるので、夜桜鑑賞にもおすすめです。

開花時期には市内のさくら名所6ヶ所で「水戸の桜まつり」が開催されます。ぜひ色々な水戸の桜スポットに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

■基本情報
名称:桜山公園
・所在地:茨城県水戸市見川1
・アクセス:【電車】JR常磐線「偕楽園駅」より徒歩約10分
【車】常磐自動車道「水戸IC」より約20分
・駐車場:あり(無料)
・見頃:4月上旬〜中旬

12.井の頭恩賜公園(東京)

photo by PIXTA

井の頭恩賜公園は東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる都立公園です。都内でも屈指の桜の名所として知られており、最寄り駅の「吉祥寺駅」から徒歩5分とアクセスしやすいのも魅力!お花見シーズンに訪れる花見客は約60万人を越えるともいわれています。

池の周りに約250本、公園全体では約500本の桜が植えられています。ボートから眺める迫りくるような桜は絶景!水面にひらひらと花びらが舞い落ちる景色も風情があって素敵です。

西園には様々な種類の桜があり、早咲きのものは例年3月上旬頃、遅咲きのものだと4月下旬頃まで楽しむことができます。ライトアップはありませんが、公園内に街灯があるので夜桜鑑賞もできますよ♪

■基本情報
名称:井の頭恩賜公園(いのかしらおんしこうえん)
・所在地:東京都武蔵野市御殿山1-18-31
・アクセス:【電車】JR・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩約5分
【車】中央道「調布IC」から約20分
・駐車場:あり(1時間まで400円、以後30分毎に200円)
・電話:0422-47-6900
・見頃:3月下旬〜4月上旬

いかがでしたか?
いよいよ春本番!お気に入りの桜の名所を見つけて、ぜひ家族や仲間と楽しい時間をお過ごしください♪

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、春のお出かけにぴったりのレジャーを多数ご紹介しています!お花見の予定と合わせて楽しいアウトドアレジャーを楽しんでみませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」で関東のレジャーをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する