初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

シュノーケリング 石垣島

石垣島シュノーケリングでマンタに会いに行こう!

2016.01.29
石垣島シュノーケリングでマンタに会える!?有名マンタポイントやシュノーケリング情報をご紹介!潜らないから初心者でも安心です♪

石垣島は、首都圏からも訪れやすい南の島として大人気の観光地です。美しい海と豊かな自然はシュノーケリングを楽しむのにもぴったり!

今回は、石垣島で楽しめるシュノーケリングの中でも、マンタやエイが生息するエリアのシュノーケリングについてご紹介させていただきます♪

マンタとエイは違うの?

photo by PIXTA

マンタはエイの1種で、なかでも世界最大の「オニイトマキエイ」や「ナンヨウマンタ」をマンタと呼んでいます。その大きさはなんと平均3〜5メートル!

頭部に頭鰭(とうき)という耳のような器官がついているのが特徴で、石垣島の海にもたくさんのマンタが生息しています。

シュノーケリングでもマンタに会える?

マンタはダイビングでしか見られないと思われがちですが、シュノーケリングでもマンタを上から眺めることができるんです!

もちろん野生のマンタなので必ず会えるわけではありません。会えたらラッキー!という気持ちでシュノーケリングを楽しみましょう♪

川平石崎マンタスクランブル

石垣島の川平石崎(かびらいしざき)マンタスクランブルは、言わずと知れたマンタポイント!南風の吹く季節は高い確率でマンタに遭遇することができます。

色とりどりの熱帯魚やサンゴ礁の中を悠々と泳ぐマンタの姿は、まるで空を飛んでいるかのよう!マンタには毒針がないので安心して眺められるのも嬉しいポイントです♪

ただし、よく似たイトマキエイなどは毒針を持っているので注意しましょう。

川平石崎マンタシティ

マンタシティは石垣島の新しいマンタポイントです。川平石崎マンタスクランブルから少し南西に移動したところにあります。

浅く明るい所にマンタの集まる場所があり、トップシーズンには10匹以上のマンタが見られることも!マンタスクランブルと同じく、南風の吹く時期がおすすめです。

このエリアには5隻の船しか入ることができないので、混雑時は他の船が帰るまで待機する場合があります。

エイやウミガメが生息するエリアのツアーもあります♪

絶景川平湾で楽しむ!無人島カヤック&珊瑚礁シュノーケルツアー

マンタスクランブルのある川平石崎エリアからも近い「川平湾」で、シュノーケリングとシーカヤックを楽しむことのできるツアーです。

シュノーケリングポイントである無人島沖合いには広大なサンゴ礁群が広がっており、"エイやウミガメ"も回遊しています。

もちろん、クマノミやルリスズメなどの熱帯魚も数多く生息しています。無人島では繁殖期に営巣をする白い渡り鳥のアジサシの群れが見られることも♪

シーカヤックもシュノーケリングも事前レッスンがあるので、初心者の方でも安心してご参加ください。

■基本情報
絶景川平湾で楽しむ!無人島カヤック&珊瑚礁シュノーケルツアー
・名称:アプネアアドベンチャー石垣島
・所要時間:約3時間
・対象年齢:9歳〜65歳くらい
・開催期間:通年
・参加料金:8000円〜(税込)

最後に

いかがでしたか?

川平石崎エリアには一年中マンタが現れますが、なかでも9月〜11月頃は数も遭遇率も上がると言われています。逆に北風の吹く時期は波やうねりが高くなるので海に出られないことも。

また、マンタシュノーケリングをする際は「触らない・追いかけない」など、いくつかの注意点があります。貴重な生き物や自然を傷つけないためにも、ルールを守って安心安全にシュノーケリングを楽しみましょう!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では石垣島のシュノーケリングツアーをご紹介しています。ご旅行の際は是非チェックしてみてください♪

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yuki

yuki

愛知県生まれ千葉県育ち。小さい頃はよく木に登って遊んでました。今は休みの日に山や公園に行って自然を眺めながらのんびり過ごすことが大好き!記事を通して自然の魅力を伝えていきたいです!

ツアーを予約する