初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

スキューバダイビング

スキューバダイビングにおける「Cカード」とは?用途をわかりやすくご紹介!

2015.07.31
スキューバダイビングについて調べているとよく目にする「Cカード」とは?旅行の必需品にもなり得るスキューバダイビングのCカードについて説明します!

スキューバダイビングをインターネット検索していると、頻繁に目にする「Cカード」という言葉。「Cカード」とはいったい何なのでしょう?

「Cカード」とは携帯に便利で、旅行への必需品にもなり得るもの!今日はスキューバダイビングの「Cカード」についてご説明します!

スキューバダイビングのCカードの「C」って?


スキューバダイビングのCカードの「C」は、英語の「Certification」からきています。「Certification Card」つまりスキューバダイバーとしての認定証のことです。

Cカードはスキューバダイビングのライセンス取得コースを修了後、皆さんの手元に郵送されてきます。自分の写真入りのカードで、いつ・どこで・どのライセンスを取得したかが明記されています。

Cカードはどんな時に使うの?

スキューバダイビングをやりたい時は、Cカードの提示が必須です。車を運転する時に運転免許証を常に携帯するのと同じく、スキューバダイビングに行く時にはCカードを持って行く必要があります。

ファンダイビングに参加する

ライセンス取得後に参加できるスキューバダイビングを「ファンダイビング」と言い、申し込み時にCカード提示が必要です。

水に潜る時には携帯しなくて大丈夫!利用するスキューバダイビングショップでの手続き時に1度提示すれば十分です。

他のスキューバダイビングコースを受講する

自身のスキューバダイビングスキル向上のために他のライセンスコースを受講する場合、その時点でのあなたのスキューバダイビングレベルを証明する必要があります。その際にもCカードを提示します。

スキューバダイビングのCカードは世界共通

1度取得したCカードは一生ものです。更新の必要はありません。また、世界共通のスキューバダイビングの認定証なので、どの国でも潜ることができます。
海や湖がある場所へ旅行を計画の際は、スキューバダイビングのCカードも持ち物リストに追加することをお勧めします!

スキューバダイビングはCカードがないとできない?

Cカードがないけれどスキューバダイビングをやりたい人には、オープンウォーター・ダイバー・コース受講をお勧めします。これはCカードを取得できる最初のコース。修了後すぐに仮のCカードをもらえ、そのままファンダイビングにも参加できます。

体験スキューバダイビングはCカード不要

Cカードを気にせずスキューバダイビングを楽しみたい人には、体験ダイビングがあります。これはライセンス取得コースではないので、参加してもCカードはもらえませんが、Cカードなしで繰り返しスキューバダイビングを楽しめる方法です。

スキューバダイビングの「資格」「ライセンス」「Cカード」

スキューバダイビングの情報を調べていると「ライセンス」「資格」「Cカード」と似たような言葉が出てきます。実はこの3つ、同じ意味で使われていることがほとんどです。

スキューバダイビングの「資格」が欲しい人は、「ライセンス」取得コースを受講し、修了後に「Cカード」がもらえる、と言うことなんです。

Cカードを持っていれば、チャンスを逃すことなくスキューバダイビングを楽しむことができます。旅行の際にはぜひCカードをお忘れなく!

また、これからCカード取得を考えているあなた!アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では初心者が安心して楽しめるスキューバダイビングショップを紹介しています。ぜひこの機会にチェックしてみてください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でスキューバダイビングショップをチェックする!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。
小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。