初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

沖縄県

久米島でダイビング!ライセンス取得のススメ

2016.01.15
沖縄でも人気のダイビングスポット久米島!どうせダイビングをするならライセンスを取得して楽しみを広げてみませんか?ライセンスにまつわるエトセトラをご紹介!

photo by PIXTA

世界中から観光スポットとしても人気の久米島は1年中暖かい気候と、島を囲む豊かな黒潮の影響で豊富な生物が見られることから多くのダイバーからも愛されるダイビングスポットです。

海の透明度も高く、初心者でも比較的易しいポイントも多いので体験ダイビングからベテランダイバーまで多く訪れていますが、体験ダイビングでは潜れない深さのポイントもあるのでこれを機にライセンス取得を目指してみませんか?

じゃあ、どうやって?期間は?費用は?などなど気になるあれこれにお答えします!

ライセンスありとなしでは何が違うの?

そもそもスキューバダイビングのライセンスがあるのとないのとではどんなことが違うのでしょうか?

簡単に言うと以下のようになります。

  • ライセンスなし:「体験ダイビング」と言われる専門免許を取得したインストラクター帯同の場合のみ潜水可能
  • ライセンスあり:「ファンダイブ」と言われるライセンス保持者のみ(2人以上)での潜水可能

その他にも体験ダイビングでは潜水可能な水深が12mまでという制限もあります。ライセンス保持者の場合はライセンスの種類によって潜水できる水深が変わってきますが、初級ライセンスで18mまで潜水可能です。

では、ライセンスにはどんな種類があるのでしょうか?

ライセンスの種類はどんなものがある?

スキューバダイビングのライセンスは種類がとても多く、それぞれ潜水できる条件が変わってきます。また、民間の団体が発行している資格なので発行元の母体にも幾つか種類があります。

今回は一番普及率の高いと言われているPADI(パディ)という団体が発行するライセンスの代表的なものをご紹介します。

初級:オープンウォーターダイバー(Cカード)ライセンス

まず誰もが最初に通る入り口の初級ライセンスです。一般にcertification cardを略して「Cカード」と呼ばれるカードの初歩。これさえあれば以下の条件のもと自分たちで潜ることができますよ。

1.日中の穏やかな水域でバディと共に潜水
2.水深18mまでの範囲かつ、減圧停止が必要ない範囲の潜水
3.頭上に障害物が無く直接水面まで出られる環境

中級:さらに広範囲に、長時間潜れるアドバンスド・オープンウォーター・ライセンス

こちらは名前の通り、初級よりももう少し海の中でできることと、行ける場所が広くなる、と考えてください。アドバンスドのライセンスの条件は以下になります。

1.水深30mまで潜水可能
2.ナイトダイブが可能

上級:引率ができるレベル!ダイブマスター

ダイブマスターまで行けば、海のエキスパートの仲間入りです!世界中の海を潜ることができますよ!ですが、年齢の規定や、ダイビングの経験本数が必要になってきますので簡単な資格ではないようです。

ライセンスはどこでどうやってとるの?

ダイビングショップを選ぼう

スキューバダイビングのライセンスはPADIなどのライセンスを発行している母体の民間団体に加盟しているダイビングショップが設けるプログラムを受講することによって取得することができます。

ダイビングショップの役割は機材の販売からレンタル、ツアーの開催から養成プログラムまで行うダイバーの強い味方なんです!

日数はどれくらいかかる?

早いものだと2日でとることができるようですが、ダイビングをした日は飛行機に乗れない、などの制約があるため様々なスケジュールパターンがあります。

通常2日から5日間で取れるのがCカードです。

費用はどれくらいかかる?

こちらもシーズンやダイビングショップ、また母体の民間団体によって違いがあるようですが、レンタルなどの機材を含めて2万円台から7万円台と様々です。

また、スケジュールを5日で組めばその分料金は少し上がりますし、3日で済ませば安くなるなど、スケジュールと比例しています。

久米島など離島での取得を目指す場合は、渡航費と合わせて予算組みすることをお勧めします。

難易度は高い?

泳ぎの得意な人、苦手な人、学科が苦手な人など、個人差はありますが適性検査で著しく不適正もしくは体調に欠陥が見つからない限り、たいていの人が取得できているようです。

ただ、もちろん安全第一!「できていないこと」におまけして合格にするということはないので、3日で終わらせる予定が4日延びてしまった、ということはあるようですよ。

インストラクターの指導をしっかり聞いていれば大丈夫です!頑張りましょう!

ライセンスを取ったらファンダイブを楽しもう!!

ライセンスを取ったらいよいよ!海の世界を自由に楽しみましょう!ライセンス保持者であればお友達同士での潜水も可能なので、気兼ねなく楽しむことができますよ♪

久米島では透明度の高い美しい海があなたを待っています。ライセンスを取得して海の世界への切符を手に入れましょう!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では沖縄を満喫できるダイビングツアーもご紹介しています!ぜひチェックしてみてくださいね!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

naomi

naomi

京都府生まれ千葉育ち。
17歳でオーストラリアに留学し、広大な酪農地帯で花の高校生活を牛とともに過ごす。以来オーストラリアが第二の故郷。
英会話の講師、ダンス講師を掛け持ちながらライターとして執筆中。