沖縄のシュノーケリングを12月に楽しむ際の魅力とおすすめコースとは!? 2018.11.30 シュノーケリング 沖縄

冬だって海に行きたい!そんな人は必見です。12月でも楽しめる沖縄のシュノーケリング情報をまとめてご紹介します。

12月のレジャーといえば温泉やイルミネーションなどが主流です。
しかし見逃してはいけないのが冬の海!

沖縄の12月は冬至を過ぎた頃に本格的な冬が訪れますが、上旬は半袖でOKな日があるほど、暖かい日も。

そこで今回は、夏の海にはない魅力が詰まった冬の沖縄ならではのシュノーケリングツアーの魅力をご紹介します!

【目次】

■沖縄の12月はどんな感じ?
■12月の沖縄シュノーケリング
 - 海水温はどのくらい?
 - 年末休み前がチャンス!
 - 夏よりもキレイな海
 - 日中はシュノーケリング、夜は星空鑑賞
■冬のシュノーケリングを満喫するおすすめツアーはこれだ!
 - 「アンダゴ」のシュノーケリングツアー|沖縄本島
 - 「マリンハウスシーサー」のシュノーケリングツアー|慶良間諸島
 - 「エコガイドカフェ」のシュノーケリングツアー|宮古諸島

<<沖縄県で体験できるシュノーケリングツア一の一覧はこちら>>

沖縄の12月はどんな感じ?

PIXTA

12月の平均気温は18〜19℃。
気温だけを見ると暖かいように思えますが、北風が強くなるので体感温度は下がります。
日によっては半袖で過ごせる12月上旬でも、海の周辺は風が強いので上着があると安心です。

12月の沖縄シュノーケリング

12月の沖縄でシュノーケリングをする際に知っておきたい情報をまとめました!

海水温はどのくらい?

photo by そとあそび

海水温は気温より高く、平均23℃くらいです。
厚手のウェットスーツやベストを着用すれば、夏と同じようにシュノーケリングを楽しむことができますよ!

海から上がった後に風邪をひかないよう、上着や大きめのタオルを持って行きましょう。

年末休み前がチャンス!

photo by そとあそび

気になる12月の旅費はというと、年末休み前であれば年間で最も安い時期なんです!
またオフシーズンということもあり観光客が比較的少ないので、ゆっくりシュノーケリングを楽しめるところも魅力。

正月休み直前くらいから価格が上がり始めることが多いので、できれば早めにチケット予約することをオススメします。

夏よりもキレイな海

photo by そとあそび

海水温が低い時期はプランクトンが少ないため、夏よりも海の透明度が高くなります。
海が荒れる日も増えてきますが、条件さえ良ければ最高のシュノーケリングを体験できるはず!

日中はシュノーケリング、夜は星空鑑賞!

PIXTA

12月の沖縄は星空も見逃せません!
冬は1年で最も空気が澄んでいるので、明かりの少ないところであれば満天の星空を楽しめ、南十字星や天の川が見られることも。

日中は透明度抜群の海でシュノーケリング、夜は満天の星空。
ツアーを終えて宿に帰ってもお楽しみが待っているのは、この時期ならではの魅力です。

<<沖縄県で体験できる星空ツア一の一覧はこちら>>

冬のシュノーケリングを満喫するおすすめツアーはこれだ!

基本的には通年楽しめる沖縄のシュノーケリングツアー。
中でも今回は、特に冬におすすめのツアーを厳選してご紹介します。

「アンダゴ」のシュノーケリングツアー

00

沖縄本島でシュノーケリングツアーを開催する「アンダゴ」は、すべてのツアーが完全貸し切りという徹底ぶり!
年齢や家族構成によって、各家族にあったプランを練ってくれます!

中でもおすすめなのが“シーカヤック&青の洞窟熱帯魚シュノーケル”!

こちらのツアーで楽しめるアクティビティは、シュノーケリングだけにとどまりません。
このツアーもう1つの見どころがシーカヤック。「これから海に漕ぎ出すぞ」というドキドキ感がたまりません!

ツアーの目玉である「青の洞窟」では、なかなか出会うことができない夜行性の魚たちがみなさんを迎えてくれます。
ツアーの最後には自分で見つけた貝殻をアクセサリーに!

世界にひとつしかない宝物になること間違いなしです。

主催会社:アンダゴ
  • 沖縄県国頭郡恩納村山田 357 真栄田岬 ダイバーズハウス・シーウィーズ

■関連記事
沖縄でシュノーケリングデビュー!3歳の子供も楽しめるツアー5選

「マリンハウスシーサー」のシュノーケリングツアー

06

「マリンハウスシーサー」のシュノーケリングツアーでは、自慢の自社ボートで慶良間諸島の青い海へ誘います!
那覇から日帰りのツアーも開催しており、シュノーケリングのほか冬の沖縄で大人気のホエールウォッチングツアーも開催しています。

そんなマリンハウスシーサーの“1日ボートシュノーケリング”は、なんとポイントを変えて最大3回も海に潜ることができます。

ウェットスーツは3mmと5mmの2種類の厚さのものが用意されており、気温や水温に合わせ最適のものを選べます。また冬は重ね着できるフードベストや船上で着用できるマリンコートの貸し出しもあるので、とっても快適なシュノーケリング体験になること間違いなし!

また最大3回海に潜れる、ということは3種類の海の風景が楽しめるということ!
みなさんもぜひ冬の透き通った海を違うスポットから楽しんでみては?

主催会社:マリンハウスシーサー
  • 沖縄県那覇市港町2-3-13 マリンハウスシーサー那覇店

■関連記事
【透明度抜群!】慶良間諸島で外せないシュノーケリングポイントはここ!

「エコガイドカフェ」のシュノーケリングツアー

環境に配慮したエコツアーに贈られる「環境省主催エコツーリズム大賞(特別賞)」を受賞した「エコガイドカフェ」は、まさに自然と密着した宮古島シュノーケルツアーを提供しています。

《11~3月・カヤッファ・ビーチ》シュノーケリング&体験スローダイビング”ツアーでは、100種類以上のサンゴと魚が住む透明度抜群な「カヤッファ(中の島ビーチ)」でシュノーケリングが楽しめます。

またそれだけではありません。

スローダイビングといわれる鼻と口で呼吸できるフルフェイスマスクを使った方法で潜るので、今まで不安があってダイビングに挑戦できなかった人もぜひ!
感動の体験を味わうことができますよ。

主催会社:エコガイドカフェ
  • 沖縄県宮古島市伊良部(下地島)中ノ島(カヤッファ)ビーチ

■関連記事
ハズレなし!宮古島で感動のシュノーケリング体験をするならこのツアー!

暖かい冬の沖縄でシュノーケリングデビュー!

夏のイメージが強い沖縄ですが、冬にはまた違った顔を見せてくれます。

12月はお得に行けることもあるので、シュノーケリングをやってみたい!という人はぜひこの機会にシュノーケリングデビューしてみませんか?

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、このほかにも楽しめるツアーを数多く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(編集部注*2016年7月6日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する