初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

那須

那須の女子旅はこれでバッチリ!オススメ観光ルートをご紹介!

2015.10.01
那須は観光スポットもいっぱい!イイトコ取りの素敵な女子旅を!

那須といえば都心からも比較的近く、週末を利用した女子旅にはピッタリのエリア。でもたんくさんある観光スポットの中からどこに行くかなかなか決められないですよね!そんな迷える女子たちにオススメ観光スポットをご紹介いたします!

1.那須温泉神社

まわり真っ白の雪山!☃️

A post shared by DJ Quietstorm (@djqs) on

女子旅のテッパンといえば、パワースポットですね!こちらの神社は屋島の戦いで扇の的を射て名声を上げた歴史上の人物として有名なあの那須の余一(与一)と深い縁があり、神社内の三番目の鳥居は余一が奉納したものと言われています。

商売繁昌、家内安全等の他、女子要チェックの縁結びのご利益もあるのですが、那須与一も祈願したことから必勝祈願のご利益もあるそうです。

恋のライバルに打ち勝ちたいなんて時はこちらの神社は効果てきめんかもしれませんね?!

■ 基本情報
・名称:温泉神社(ゆぜんじんじゃ)
・住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町大字湯本182
・アクセス:北自動車道那須インター下車 那須湯本方面約30分/JR黒磯駅下車 東野交通バス那須湯本行き約35分→那須湯本バス停より徒歩約1分
・定休日:無休
・電話番号:0287-76-2306

2.森をひらくこと、T.O.D.A.


森の中に静かに佇む白い建物。

”先祖から受け継いだこの森を広くひらかれた森とするため”にこのような店名になったというこちら、一見するとどんなお店かわかりませんよね。

中に入ると木のぬくもりを感じる店内で、お茶やお食事を頂くことができます。優しい雰囲気の中でほっこりできそうですね!


別館のオープンプレイスは展示会やワークショップ、ライブも可能なレンタルスペースとなっており、女子旅のちょっと休憩にアートな気分に浸ってみては??

■ 基本情報
・名称:森をひらくこと、T.O.D.A.
・住所:〒325-0114 栃木県那須塩原市戸田12-1
・アクセス:JR黒磯駅→東野交通「板室温泉」行き約17分→「戸田」にて下車→徒歩6分/黒磯板室ICから10km弱
・営業時間:(キッチンプレイス)冬の営業時間 11:00~16:30(L.O. 16:00) ※オープンプレイスはイベントによって異なる
・定休日:毎週火曜日(不定休あり)、年末年始
・電話番号:0287-68-1031

3.生活雑貨 Flange~フランジ~

工房で一つ一つ手作りしている雑貨を販売しているお店です。店内に足を踏み入れれば木でできた可愛い雑貨達が出迎えてくれます。

手作りならではの温かみのあるデザインと、作り手の人柄がにじみ出てるのでしょうか…どこか愛嬌がありますね!

機能的にも使える雑貨が数多く取り揃えてありますので、ちょっと珍しいオシャレなお土産にしてみてはいかがでしょうか。

■ 基本情報
・名称:生活雑貨 Flange~フランジ~
・住所:〒325-0001 栃木県那須郡那須町高久甲4453-1048
・アクセス:那須ICより車で5分
・営業時間:10:00~17;00(月曜は15:00、日曜は16:00クローズ)
・定休日:不定休(火、木曜に休みが多い)

4.ウェルネスの森 那須

たくさん遊んで疲れたらあとはゆっくりホテルで疲れを癒すのみ!女子旅だったらホテルだってこだわりたいところ。そんな女子達にオススメしたいのがこちらのホテル!

イギリス直輸入の家具をそろえたクラシカルなデザインのお部屋とバリ風のインテリアで統一されたリゾートテイスト満点のお部屋がありますが、どちらもとっても洗練されていてオシャレです。


こんなところで宿泊できるなんてなんだかとってもラグジュアリーな気分!!

お部屋だけでなく、ホテル内のレストランのお料理もとても評判が高いので、遊び疲れた締めくくりのディナーはホテルでゆったりと過ごすなんて贅沢もアリですよね!

■ 基本情報
・名称:ウェルネスの森 那須
・住所:栃木県那須郡那須町高久甲6437
・アクセス:東北本線黒磯駅→車で20分/那須塩原駅発の無料送迎バスあり。(要予約)
・電話番号:0287-78-1225
・駐車場:あり(50台)
・チェックイン/チェックアウト:15:00(最終19:30)/11:00

いかがでしたでしょうか?こんなルートで巡る女子旅はバリエーション豊かでとっても楽しそうですよね!

「女子旅の二日目も那須をもっと楽しみたい!」という方はアクティビティもしてみてはいかがでしょうか。ホーストレッキングやパラグライダーなどが人気ですよ!これで女子旅プランはカンペキですね!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

kaneko

kaneko

Outfitterライター。水泳をきっかけにスキューバに関心を持ち、そこからスノーボード、ランニングと陸上に移行。現在はボルダリング、クライミングを勉強中。自分の記事が新しいことに興味を持つきっかけになれたら嬉しいです!

ツアーを予約する