鬼怒川観光に行ったら味わいたいグルメ10選! 2019.05.12 鬼怒川

関東屈指の温泉街、鬼怒川。温泉だけでなく観光スポットにも事欠かない鬼怒川は、季節を問わず人気のエリアです。名産の湯波(ゆば)や定番の温泉まんじゅう、ご当地グルメなど、名物が盛りだくさん。ぜひ、温泉や観光とともに味わってみては?

東京から特急電車で2時間弱、車で2時間半ほどでたどり着ける、アクセス良好の栃木県・鬼怒川。

関東屈指の温泉地として有名ですが、観光名所やアウトドアアクティビティを楽しめる場所も多く、1年を通して人気を集めています。

また、鬼怒川はグルメの宝庫としても有名です。今回は、特産品や名物グルメなど、鬼怒川に訪れたら絶対に食べるべき一押しグルメをご紹介します!

【目次】

■まずは鬼怒川の見どころをチェック!
 - リバーアクティビティのメッカ「鬼怒川」
 - 子供から大人まで楽しめるテーマパーク「東武ワールドスクウェア」
 - 関東有数の大型温泉地「鬼怒川温泉」
1.「杉ん子」のゆば
2.「おおあみ」のかりんとうまんじゅう
3.「大黒家」のそば
4.「きぬ川 不動瀧」の懐石料理
5.「トラットリア カミーノ」のマルゲリータ
6.ご当地ドリンク「レモン牛乳」
7.「ラーメン八海山」のたろう餃子
8.地ビール「鬼怒川温泉麦酒」
9.「水辺のカフェテラス」の和牛カレーライス
10.「ギャラリーカフェ パントエ」のチャーシューサンド

<<栃木県で体験できるツアーの一覧はこちら>>

■関連記事
日光・鬼怒川で必ず行きたい観光スポット29選

まずは鬼怒川の見どころをチェック!

当初は僧侶や大名しか入ることが許されなかったという鬼怒川温泉。

明治時代にに一般開放されて以降多くの観光客が訪れ、宿泊施設や観光スポットが次々に建設されていき、大型温泉地として発展しました。

まずは、鬼怒川で絶対に訪れるべき人気スポットからチェックしていきましょう!

リバーアクティビティのメッカ「鬼怒川」

底まで透けて見えるほどの美しい水と、その名の通り怒った鬼のように荒々しい流れが特徴の「鬼怒川」は、ラフティングやカヌー、キャニオニングといったリバーアクティビティのメッカです。

鬼怒川や奥日光でアクティビティツアーを開催する「NAOC」では、鬼怒川の魅力を全身で味わえる“キャニオニング 半日コース”を開催中。

岩盤で天然のウォータースライダーを楽しんだり、滝つぼのプールで泳いだり、滝の上から飛び込んでみたり…。水しぶきを浴びながら、童心に返って思い切り遊びましょう!日常のストレスもきっと吹き飛んでしまうはず。

主催会社:NAOC(ナオック)
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉滝871-2 NAOC(ナオック) 鬼怒川オフィス

<<栃木県で体験できるキャニオニングツアーの一覧はこちら>>

■関連記事
それぞれ魅力的!特色で選ぶ関東のキャニオニングスポット5選

子供から大人まで楽しめるテーマパーク「東武ワールドスクウェア」

近年、外国人観光客も多く訪れる鬼怒川で、ダントツの人気を誇るのが「東武ワールドスクウェア」。

世界各国の遺跡や建築物を実際よりも小さいスケールで再現したミニチュアパークで、園内を歩くだけで世界中を旅行したかのような気分が味わえます。

自由の女神やスフィンクス、エッフェル塔や万里の長城などの建築物と一緒に写れば、自分が巨人になったような不思議な写真が撮れるかも!SNSに載せて、友達をびっくりさせましょう。

東武ワールドスクウェア
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
  • 0288-77-1055(予約センター)

・営業時間:[3/20~11/30]9:00~17:00 [12/1~3/19]9:30~16:00
・料金:(当日券)大人2,800円、小人1,400円

関東有数の大型温泉地「鬼怒川温泉」

PIXTA

1691年、沼尾重兵衛によって発見されたという「鬼怒川温泉」。鬼怒川の上流域にあり、毎分3,573リットルもの湯量を誇ります。

温泉はアルカリ性の単純泉で、神経痛や麻痺、冷え性や疲労回復などさまざまな効能が期待できるそうです。

温泉街はバブル崩壊や天災により一時は勢力を失ったものの、現在は高速道路の開通や高速バスの新設などにより、再び賑わいを見せています。ホテルや旅館がリニューアルしていたり、飲食店が増加していたり、一度行ったことがある人も新しい魅力に出会えるはず!

鬼怒川温泉
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原
  • 0288-22-1525(日光市観光協会)

・営業時間:施設により異なる
・料金:施設により異なる

1.とろけるような食感がたまらない!「杉ん子」のゆば

ゆばは大豆の加工品のひとつで、豆乳を煮たとき表面にできる薄い膜を引き上げたもの。栃木のゆばは幾重にも巻き上げボリュームがあって丸いのが特徴。同じゆばでも平たい京都のゆばは“湯葉”、栃木は“湯波”と書きます。

鬼怒川で湯波を食べるなら、東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉」駅の目の前にあり、ご当地メニューが楽しめる「杉ん子(すぎんこ)」がおすすめ。

一番人気は、トロトロの汲み上げ湯波が乗った“ゆば丼”!出汁の利いた舞茸入りのあんと、濃厚でとろけるような湯波の組み合わせは最高の味わいです。

1日15食限定のメニューなので、気になる方はぜひ早めの時間帯に来店しましょう!

杉ん子(すぎんこ)
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398-5
  • 0288-76-1800

・営業時間:9:00~16:00

2.ぎっしり詰まった餡がおいしい「おおあみ」のかりんとうまんじゅう

温泉地のおみやげといえば、やっぱり定番は温泉まんじゅう!

「まんじゅう処 おおあみ」の温泉まんじゅうは、しっとりとした柔らかな皮の中に、最高級の小豆を使った“つぶし餡”がたっぷり入っていて絶品です!

沖縄産の黒糖を使ったカリカリの生地がおいしいかりんとうまんじゅうも、一度食べたら忘れられないおいしさ。ぜひ、2つの味を食べ比べしてみてください。

まんじゅう処 おおあみ
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉滝543
  • 0288-77-0133

・営業時間:8:30~18:00

3.本格的な手打ち麺が食べられる!「大黒家」のそば

全国有数のそば生産地である栃木県。豊かな自然と日光山麓からの名水、そして宿場町としての歴史が、“そば食文化”を発展させ、現在も数多くのそば処が軒を連ねています。

中でも、木の温もりが感じられる純和風の店内で本格手打ちそばを味わえる「大黒家」は、地元の人にも愛される名店です。

のど越しつるつるでコシのある二八そばと、化学調味料を一切使わないコクと甘みのあるそばつゆは相性バッチリ!

そば以外にも、塩で食べる揚げたての天ぷらも人気の逸品。歯ごたえサクサクの“かき揚げそば”や、煮物・天ぷら・炊き込みご飯が付いた“大黒家定食”もおすすめです。

大黒屋
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原680
  • 0288-76-1259

・営業時間:[月~金] 11:00~15:00  [土日祝] 11:00~15:00/17:00~20:00

4.地元の旬の食材を活かした料理宿「きぬ川 不動瀧」

鬼怒川の渓谷沿いに佇む「きぬ川 不動瀧」は、地元農家から仕入れた新鮮な野菜や、とろけるような味わいのとちぎ和牛やイベリコ豚などの厳選食材を使った懐石料理が自慢の宿です。

旬の食材と土鍋で炊いたごはんを味わえる食事はもちろん、景観の良さも魅力的。客室の窓からは、雄大な鬼怒川の渓谷が望めます。

ぜひ、鬼怒川の絶景を眺めながら絶品料理に舌鼓を打ってみては?

きぬ川 不動瀧
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原656-1
  • 0288-76-2008

・営業時間:チェックイン15:00/チェックアウト10:00

5.パリッとした生地が大人気!「トラットリア カミーノ」のマルゲリータ

シダーウッドのログハウスが目を引く「トラットリア カミーノ」。温泉街でひときわ存在感を放つ、本格的なイタリアンレストランです。

人気メニューは窯焼きのマルゲリータ。サクサクの食感がたまらないクリスピータイプの生地と、もちもち食感の厚い生地を選べます。

前菜の種類も豊富で、ディナータイムにワインとアラカルトを楽しむのもおすすめのお店です。カップルのデートにもぴったり!

トラットリア カミーノ
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1430-2
  • 0288-78-0211

・営業時間:11:30〜15:00(ランチ) 17:30〜22:00(ディナー)

6.知る人ぞ知る県民のソウルドリンク!「レモン牛乳」

“レモン牛乳”とは、栃木県内の生乳メーカーで販売されている乳飲料のこと。正式名称は“関東・栃木レモン”といいます。

ほかの都道府県ではあまり目にすることがないレモン牛乳ですが、栃木県内ではスーパーマーケットやコンビニ、駅の売店でも売られているほどおなじみのドリンクなのだそう。

「牛乳にレモンを入れたら分離するのでは?」と思う人も多いでしょうが、実はこのレモン牛乳、レモン果汁はまったく入っていません!無脂肪牛乳と生乳に砂糖とブドウ糖を混ぜ、酸味のある独特の味わいをつくり出しているそうです。

町で見かけたら、一度飲んでみてはいかがでしょうか?

7.演歌より美味い!?「ラーメン八海山」のたろう餃子

地元では名の知れた演歌歌手、鬼怒川太朗さんがオーナーをつとめる「ラーメン八海山」。

「演歌より美味い!」というキャッチフレーズを持つ看板メニュー“たろう餃子”は、あふれ出る肉汁がたまらない一品。あまりのおいしさに、おかわりを頼む人やテイクアウトで持ち帰る人も多いのだとか。

鬼怒川太朗さんは新潟県出身なこともあり、ラーメンは魚介ダシの効いた新潟風。ぜひ、餃子とあわせて味わってみてください。

ラーメン八海山
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1403-11
  • 0288-76-8500

・営業時間:11:00~15:00、18:00~翌0:00

8.キリっとした味わいが特徴の地ビール「鬼怒川温泉麦酒」

「鬼怒川温泉麦酒」はドイツの醸造都市ドルムンドで誕生したピルスナータイプのビールで、鬼怒川水系天然水を仕込み水に使用し、原料となる麦芽をふんだんに使用した、味わい深い地ビール。

発酵度を高めて辛口に仕上げられていて、麦芽の重厚な旨みとキリッとした苦味が特徴です。

温泉後の一杯はもちろんですが、地元の名産品とともに味わうのもおすすめ!

9.「水辺のカフェテラス」の和牛カレーライス

東武鉄道鬼怒川線「鬼怒川温泉」駅から歩いて約5分の場所に建つオシャレなお店「水辺のカフェテラス」は、食事はもちろん、景色や雰囲気を楽しみたい人にもおすすめです。

店名の通り、テラスの前には大きな池が広がり、ガラス張りの店内からも水辺の美しい景色が楽しめます。

おすすめメニューは、1日10食限定の“特製和牛カレーライス”!ペースト状にした野菜をルーに混ぜ混み、和牛と合わせたスパイシーなメニューです。

ランチメニューのほかにデザートやドリンクの種類も充実しているので、ティータイムにもぴったりですよ。

水辺のカフェテラス
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409 鬼怒川パークホテルズ前
  • 0288-77-1289

・営業時間:10:00~15:00

10.「ギャラリーカフェ パントエ」のチャーシューサンド

大きな窓から陽射しが差し込む明るい店内の「ギャラリーカフェ パントエ」は、パンとコーヒーが自慢のカフェ。

日光ブランドの“HIMITSU豚”で作った自家製チャーシューをたっぷりとはさんだ“HIMITSU豚チャーシューサンド”は、お店の看板メニュー。柔らかなチャーシューは臭みがなく、シャキシャキのレタスとの相性も抜群!

また、一枚一枚手作りされているラスク“きぬのゆらすく”は、メディアでも度々取り上げられる人気スイーツ。鬼怒川みやげにテイクアウトするのもオススメです。

ギャラリーカフェ パントエ
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1407-8
  • 0288-25-7445

・営業時間:8:30~17:00 ※季節により変動あり

鬼怒川には名物グルメが盛りだくさん!

ご当地グルメから懐石料理まで、鬼怒川には名物がたくさんあります!

温泉や観光を楽しむのもいいですが、食べ歩きを楽しむのもオススメですよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

アウトドアレジャー予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では日光・鬼怒川エリアのレジャーを多数ご紹介しています。こちらもぜひご覧ください!

(編集部注*2016年4月27日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する