初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.7.21

子供と一緒に鎌倉観光!家族で楽しい観光スポット22選

歴史と自然の両方を楽しむことができる鎌倉は、日本を代表する観光地の一つです。今回は、家族でのんびり楽しむ日帰り旅行のおすすめコースをご紹介します。
Flickr

Photo by bryan…

鎌倉は首都圏から気軽に行ける観光地として人気の町です。山と海に囲まれた歴史のある街並みは大人には楽しめても、子供にとっては少々堅苦しくなりがち。しかし、ほんの少しの工夫で、家族みんなが大満足の旅行になります。

今回は「鎌倉に行くのは初めて」という家族向けに、子供を軸にしたお勧めのコースをご紹介します。今回の旅のスタートは湘南モノレールの大船駅です。

1.湘南モノレール

Flickr

Photo by heniha

湘南モノレールは、大船駅から湘南江の島駅までを繋ぐ、約6.6㎞の懸垂式(ぶら下がり式)モノレールです。ゴンドラのように宙ぶらりんなので景色が良く見えるうえ、車や人が下を通る様子を見ることができ、子供たちは窓からの景色に夢中になります。

ここではぜひ、一番前の車両に乗ることをお勧めします。アップダウンがある町中を最高時速75㎞というハイスピードで走行するため、ジェットコースターに乗っているかのような爽快感を味わうことができます。

終点江の島駅までの道中は全く海が見えませんが、天気が良い日は大船~富士見町駅間で遠くに富士山を見ることができます。湘南モノレールを利用するのはほとんどが地元の方たちなので混み合うことが少なく、子供を座席に座らせて空中散歩を楽しむことができます。

家族旅でモノレールを使う最大のメリットは、何といっても時間を短縮できることです。大船駅からわずか約14分で終点の湘南江の島駅まで行くことができるので、子供が飽きてしまう前に到着できます。

また、湘南江の島駅の4階には、疑似運転体験が楽しめる車輛の運転台とモニターが置いてあります。電車が大好きな子の場合は、こちらに寄って運転士気分を味わわせてあげるのもお勧めです。

■ 基本情報
・名称:湘南モノレール大船駅
・住所:鎌倉市大船1丁目4-1
・運賃:湘南江ノ島駅まで大人300円 子供150円

2.新江ノ島水族館

 Flickr

Photo by saname777

えのすいの愛称で親しまれている新江ノ島水族館。せっかくなので開館時間をめがけて行くことをお勧めします。大人気のペンギンショーも・相模湾大水槽も・クラゲファンタジーホールも、朝一番なら水槽のすぐ近くでゆっくりと見ることができます。

イルカやアシカなど、えのすいではたくさんのショーが行われていますので、何のショーをどのタイミングで見るのかをあらかじめ決めておくと、効率よく回ることができます。

また、海の生き物と触れ合うことのできるタッチプールでは、子供たちは飽きることなく何度も遊びたがるので、その時間もたっぷり取ってあげられるような予定を組んでおくと良いでしょう。

■ 基本情報
・住所:藤沢市片瀬海岸2-19-1
・電話:0466-29-9960
・営業時間:9:00~17:00、または10:00~17:00(季節により変動あり)
・入場料:大人2100円 高校生1500円 小中学生1000円 幼児600円

3.江の島のバス

江ノ島駅、片瀬江ノ島駅から歩いて行ける距離にある江の島ですが、「歩くのはちょっと…」という方はバスを利用してみては?江の島大橋からの景色は最高ですよ!

京浜急行と江ノ電バスから出ています。大船駅、鎌倉駅とも直結しているので観光に便利ですね。ただ、週末は江の島大橋の渋滞が心配なのでご注意を。

4.江の島エスカー

子供の頃から大好き江ノ島エスカー 淡い午後の浮かぶ島 #サーフブンガクカマクラ

山村マリコさん(@marilynmariko)が投稿した写真 –

江の島で子供連れやスムーズに観光を楽しみたい方におすすめなのが、江の島エスカーです。高低差46mを4連で結んでいるエスカレーターです。途中、銭洗い池や辺津宮、中津宮を参拝しながらいけるので観光しやすくなっています。

これを使わない場合、江の島の頂上に行くには数百段におよぶ階段を上り下りしなければなりません!頂上までは大人の足で20分ほどかかります。

■ 基本情報
・名称:江の島エスカー
・問い合わせ先:0466-25-3525(江ノ島電鉄株式会社9:00~12:00/13:00~17:00受付 ※土日祝を除く)
・営業時間:9:00~19:05(イベント等により延長あり)
・料金(全区間の場合):大人360円 子供180円 ※各種セット割引あり

5.江の島シーキャンドル (江の島展望灯台)

photo by Renoji

photo by Renoji

やっぱりこの景色は押さえておきたい!湘南のシンボル・江の島シーキャンドルです!目前に広がる大海原や行き来する船たち、富士山、遠くに見える街並みに子供も大人も晴れ晴れとした気持ちになることでしょう。

photo by kazukiatuko

photo by kazukiatuko

夜には四季折々のテーマカラーに灯ります♪ロマンチックに夕日を目指して訪れるのもおすすめです。

江の島シーキャンドルのすぐ目の前には、明治時代の英国人貿易商に由来した和洋折衷の植物園「江の島サムエル・コッキング苑」もあるので、ぜひあわせて訪れてみてください。

■ 基本情報
・住所:神奈川県藤沢市江の島2-3
・電話:0466-23-2444
・営業時間:9:00~20:00 (最終入場 19:30)
・料金:大人 500円 子供 250円(江の島サムエル・コッキング苑入苑料、江の島シーキャンドル昇塔料含む)

6.江島神社

640px-Enoshimajinja_-05

photo by Aimaimyi

日本三大弁天の一つである江島神社。朱色が多く使われていてカラフルなのが印象的です。辺津宮、中津宮、奥津宮があり、辺津宮と中津宮はエスカーの乗り換え途中でも立ち寄れるようになっています。

辺津宮の賽銭箱、四季折々の花鳥画が描かれた中津宮・拝殿の格天井、八方睨みの亀、金運を上げたい方におすすめな銭洗池、それぞれの御社殿の敷地はそんなに広いとはいえませんが、コンパクトに面白さがまとまっているスポットです。

■ 基本情報
・住所:神奈川県藤沢市江の島2-3-8
・電話:0466-22-4020
・受付時間:8:30~17:00

7.江の島岩屋

photo by takashi

photo by takashi

岩屋とよばれる洞窟まで歩くのは結構大変ですが、探検気分を味わえる面白いところなので子供連れの方にもおすすめです。第一岩屋途中から(混雑時以外)ろうそくを持って入ります。

この洞窟は海から富士山まで続いているんだとか!?岩場の景色や生き物たちとの出会いもさることながら、天女と竜の恋の伝説があったり、第二岩屋の竜の像の目が光ると願いがかなうといわれていたり…神秘的なスポットでもある岩屋をぜひ訪れてみませんか?

■ 基本情報
・住所:神奈川県藤沢市江の島2
・電話:0466-24-4141(藤沢市片瀬江の島観光案内所)
・受付時間:9:00~17:00(10月下旬から2月末は16:00まで、繁忙期の時間延長あり)
・料金:高校生以上500円 小中学生200円

8.~ちょっと足を延ばして~鵠沼(くげぬま)海浜公園

初心者からスケボー・BMX・インラインスケートが体験できます!

片瀬の海水浴場から歩くと約15分の距離にある鵠沼海岸。夏にはビーチバレーの大会も行われます。そんな気持ちのいい海岸に隣接する鵠沼海浜公園には、スケートパークがあり、アクティブな親子にとくにおすすめです!

※初めてスケートパークを訪れる際は、安全のため、講習会参加が必須となっています。2回目以降は利用者登録証を持参すれば受講しなくても大丈夫です。

■ 基本情報
・住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸4-4-1
・電話:0466-31-4562
・営業時間:9:00~18:00(4~8月)、9:00~17:00(9~3月)
・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、元旦 ※雨天等の場合は閉場することあり
・入場券:高校生以上300円 小中学生100円 未就学児は無料(要保護者同伴)
・レンタル料:ヘルメットは無料、インラインスケートシューズ300円、防具3点セット300円

9.~ちょっと足を延ばして~県立辻堂海浜公園

辻堂海浜公園は子供に大人気のスポット!低予算でたっぷり遊べて親にとっても嬉しい遊び場です♪

夏はジャンボプールがオープン!そのためとくに夏場は来場者数が多いですが、季節を問わず楽しめるところが豊富にあります。

ゴーカートやスカイサイクルなどが人気の交通公園、飛行機や電車のしくみを遊びながら学べる交通展示館、広々とした芝生でのんびり過ごしたりもできますよ♪

■ 基本情報
・住所:神奈川県藤沢市辻堂西海岸3-2
<ジャンボプール>
・電話:0466-34-0011
・営業時間:9:00~18:00(入場は17:00まで)(平成28年度は7月9日~9月11日まで)
・料金:大人830円 中学生520円 小学生以下210円
<交通公園>
・電話:0466-34-3743
・営業時間:9:00~17:00(乗り物は昼休みを除き16:00まで)
・定休日:月曜日
・スカイサイクル料金:大人210円 子ども100円 ※自転車・ゴーカートは無料
<交通展示館>
・電話:0466-34-3743
・営業時間:9:00~17:00(入館は16:00まで)
・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
・料金:大人310円 高校生を除く学生210円 高校生・65歳以上100円 中学生以下は無料

10.江ノ島電鉄

 Flickr

Photo by Zengame

江ノ電で次の目的地に向かいます。鎌倉といえば江ノ電というほど有名な江ノ島電鉄線は、神奈川県藤沢市の藤沢駅から鎌倉市の鎌倉駅までを繋ぐ、地元住民からも観光客からも愛されている電車です。

江ノ島駅から稲村ケ崎駅までは海岸沿いを走るため、進行方向に向かって左側の窓いっぱいに美しい景色が広がります。平均時速が約20㎞なので、のんびりと景色を楽しむことができます。

極楽寺駅からは山道を、そして由比ヶ浜駅からは住宅地の中を縫うように走るので、景色がくるくると変わります。湘南モノレールから見下ろした街の様子とは全く違った景色に、子供たちはここでも夢中になります。

先頭車両の運転席のすぐ後ろの座席は、運転手の動きがよく見えるうえに、進行方向の景色と迫力も楽しむことができるのでお勧めです。次の目的地、長谷駅で下車します。

■ 基本情報
・名称:江ノ島電鉄江ノ島駅
・住所:藤沢市片瀬海岸1丁目4-7
・運賃:江ノ島駅から長谷駅まで大人260円 子供130円
・一日乗車券のりおくん:大人600円 子供300円

11.鎌倉大仏殿高徳院

長谷駅で下車し、10分ほど歩いたところにあるのがあの有名な鎌倉大仏です。像の高さは約11m、重さは約121tもあります。鎌倉には数多くの仏像がありますが、国宝の指定を受けているのは鎌倉大仏だけです。

国宝として・鎌倉のシンボルとして有名な鎌倉大仏ですが、大仏の造立についてははっきりとした記述がされておらず、謎のままになっています。また、大仏が安置されている高徳院についても、創立者や経緯など謎に包まれたままになっています。

遠くから、そして近づいて、大仏の大きさを十分に確かめた後は、ぜひ大仏の胎内を拝観することをお勧めします。内部はそんなに広くはありませんが、121tもの大きさの大仏がどのように作られたのかを知ることができ、昔の鋳造技術の高さを学ぶことができます。

■ 基本情報
・住所:鎌倉市長谷4-2-28
・入場料:中学生以上200円 小学生150円
・胎内の拝観料:20円
・胎内の拝観時間:8:00~16:30

12.駄菓子や鎌倉長谷店

大仏を見た後に、大仏のお菓子を探しに行きたいのがここ、駄菓子や鎌倉長谷店です。「大仏グミ」「大仏べっこう飴」など鎌倉大仏を模った数々の駄菓子や、「湘南グミ」など電車を模った駄菓子が、お店の中にあふれています。

お菓子のほかにも鎌倉限定のお土産を販売していて、中でも「大仏様のふせん」は子供も大人も思わず手に取ってしまいたくなるインパクトで、発売以来の大人気商品だという説明にも頷いてしまいます。

■ 基本情報
・住所:鎌倉市長谷2-14-20
・電話:0467-22-6499
・営業時間:平日15:00~18:00、土日祝10:00~18:00

13.銭洗弁財天 宇賀福神社

photo by 銭洗弁財天宇賀福神社 | Kentaro Ohno | Flickr

photo by Kentaro Ohno

鎌倉駅まで移動します。ちょっと静かな雰囲気のある宇賀福神社は“銭洗弁天”として有名!境内にある泉の水「銭洗水」でお金を洗うと、何倍にも増えるとか!!お金を洗うなんてなかなか無い体験に子供も大人も楽しめるのでは!?

鎌倉の定番!鶴岡八幡宮や食べ歩きが楽しい小町通りとは反対の西側に進み、坂を登っていきます。鶴岡八幡宮のようなガヤガヤという賑やかさもいいですが、雰囲気もよく、お金を清めるだけでなく心も洗われたような気持ちになるおすすめスポットです。

■ 基本情報
・住所:神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
・電話:0467-25-1081
・拝観時間:8:00~16:30

14.鎌倉ウインドサーフィン

鎌倉にあるツアー会社「セブンシーズ」が企画するウインドサーフィンが体験できるツアーです。

観光ももちろん楽しいですが、せっかく鎌倉に来たなら海で体を動かすのも最高に楽しいですよ!

体験ツアーを開催する材木座海岸は、マリンスポーツが盛んでウインドサーフィンにはぴったりの海。お子さんは小学1年生から参加することができます。

風をとらえて海の上を進む気持ちよさをぜひ味わってくださいね。晴天の太陽の下で、富士山を眺めながらするウインドサーフィンは忘れられない思い出になるはず!

■ 基本情報
・主催会社:セブンシーズ 鎌倉ウインドサーフィン
・住所:神奈川県鎌倉市材木座6-16-35
・対象年齢:小学生~
・所要時間:約6時間
・料金:5,400円~

15.鎌倉SUP

鎌倉にあるツアー会社「セブンシーズ」が企画するSUP(スタンドアップパドルボード)が体験できるツアーです。

マリンスポーツが盛んな鎌倉・材木座海岸では、SUPもおすすめです♪SUPならではの海上を滑って進んでいく景色や解放感は格別です!小学1年生から3年生までは、親子で一緒のボードに乗って参加します。海の中を覗くと、泳いでいる魚達が見られて、子供も大人も大興奮!

男女別の綺麗な更衣室やロッカー、シャワー(3分100円)、トイレ、パウダールーム、ドライヤー完備だから、安心して思いっきり遊べます♪

■基本情報
・主催会社:セブンシーズ 鎌倉SUP
・住所:神奈川県鎌倉市材木座6-16-35
・対象年齢:小学生~(小学4年生以下のお子様は保護者同伴)
・所要時間:約3時間
・料金:5,400円~

16.コクリコのクレープ

コクリコのクレープは、鎌倉の小町通りにある創業40年のクレープ屋さんです。鎌倉に来たらここのクレープと言われるほどの有名店。

特徴は生地がしっかりしていること。普通クレープの生地と言えばふにゃふにゃのイメージですが、ここの生地はしっかりしていて、香ばしい風味があります。

■ 基本情報
・住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-6-4
・電話:0467-22-7286
・営業時間:10:30~18:30

17.PALETASのアイスバー

大人も子供も心をわしづかみにされてしまうアイスバー専門店!東京都内や各地でも見かけるようになりましたが、原点である鎌倉1号店をぜひ訪れてみませんか?

種類も豊富な上、季節によって楽しめるアイスバーが違うので、みんなで違うものをオーダーしてシェアしてみるのもいいですね♪迷ってしまうのもまた楽しみです♪

カラフルでフルーツの特徴を生かした見た目に、女子や子供のテンションはMAXです!旬の時期に完熟状態で収穫された新鮮なフルーツをふんだんに使用し、香料や着色料使わないヘルシーなアイスバー作りにこだわっているお店です。

■ 基本情報
・住所:神奈川県鎌倉市御成町15-7 2F
・電話:0467-33-5009
・営業時間:10:00~18:00

18.鎌倉ハム富岡商会

鎌倉のグルメと言えば「鎌倉ハム」が有名ですよね!子供が大好きなハムの工場へ行ってみませんか?

こちら鎌倉ハム富岡商会では直売のほか、歴史資料館や工場見学で学んだり、ソーセージ手作り体験教室(要予約、11月1日~3月31日は休止)ができたりします♪お土産にもぴったりですよね♪

※工場見学通路は自由に見学できますが、スタッフによる案内受付は事前申し込みが必要です。

■ 基本情報
・住所:神奈川県鎌倉市岩瀬961
・電話:0467-47-8647
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:水曜日、年末年始

19.鎌倉市農協連即売所(レンバイ)

鎌倉駅東口から5分ほど歩くと、農家の人から直接、新鮮な鎌倉野菜を買うことができるスポット「鎌倉市農協連即売所」があります。

通称「レンバイ」というこちらのスポットは、普段スーパーで目にしない珍しい野菜がいっぱいあります!農家の方に美味しい料理法を教えてもらったり、会話をしながらするお買いものは一段と楽しいです♪

鎌倉野菜を旅の一番の目的にするなら、ぜひ早朝に立ち寄っておきたい場所です。

■ 基本情報
・住所:神奈川県鎌倉市小町1-13-10
・電話:0467-44-3851
・営業時間:8:00~日没

番外編〜その他のおすすめスポット〜

photo by TAKA@P.P.R.S

photo by TAKA@P.P.R.S

子供を軸にしたお勧めのコースという形で紹介してきましたが、鎌倉にはまだまだ紹介したいおすすめスポットがたくさんあります!

ここからは時間があればぜひ足を運んでほしい、その他のおすすめスポットを番外編として紹介します。

20.報国寺

photo by Ik T

photo by Ik T

報国寺(ほうこくじ)は、外国人観光客に「bamboo temple(竹寺)」の愛称で呼ばれる、鎌倉でも1、2を争う人気の観光スポットです。

一歩境内に入ると、その美しい竹林に目を奪われます。その光景は昔話「かぐや姫」を思わせるような、ファンタジックで物語が溢れている世界。子供も目を丸くして、竹林を散策する姿が目に浮かびます。

■ 基本情報
・住所:神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
・電話:0467-22-0762
・営業時間:9:00~16:00
・定休日:12/29~1/3

21.明月院「紫陽花寺」

photo by genki

photo by genki

あじさいの名所が多いことでも知られる鎌倉。梅雨時期になるといたるところであじさいが咲き、雨に濡れた風景は古都・鎌倉の町並みをよりいっそう情緒あるものに見せてくれます。

鎌倉のあじさい三大名所のひとつともいわれ、紫陽花寺としても知られる「明月院」は臨済宗のお寺で、日本古来の品種であるヒメアジサイが2500株も植えられています。

ヒメアジサイは濃い青い色が特徴で、こちらのあじさいの色は“明月院ブルー”と呼ばれています。男の子には少々魅力が薄いかもしれませんが、これだけのあじさいを一度に見られる明月院、訪れて損はなし!開花時期は例年6月上旬から7月中旬頃まで。

photo by gandhi

photo by gandhi

また、あじさい以外にも見どころは多い名月院は、院内にある「悟りの窓」と呼ばれる丸窓から眺める庭園の美しさも必見!

お寺の静謐な空間と極上の景色を家族で味わってみてくださいね。

■基本情報
・名称:明月院
・住所:鎌倉市山ノ内189
・電話番号:0467-24-3437
・拝観時間:9:00〜16:00(6月は8:30〜17:00)
・定休日:無休
・拝観料:300円(6月は500円) ※6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり、別途500円

22.とびっちょ本店

photo by hirotomo t

photo by hirotomo t

鎌倉と言えばしらす!とびっちょ本店は最高においしいしらすを食べることができます。お昼はここで決まりといっても過言ではないでしょう。

食べてみると、今まで食べてきたしらすがまるで別物のように感じます。鮮度が違うとここまで味が違うのか!と、驚くこと間違いなし!

鎌倉ビールもご一緒にいかがですか?

■ 基本情報
・名称:とびっちょ本店
・住所:神奈川県藤沢市江の島1-6-7
・電話:0466-23-0041
・営業時間:11:00~20:00
・定休日:不定休

家族で鎌倉で遊ぼう!

いかがでしたか?家族旅のポイントは予定を詰め込みすぎないことです。急がず、慌てず、欲張らず、家族全員が笑顔でいられるようなプランを立ててみてください。

今回ご紹介したスポットは、鎌倉のほんの一部です。歴史を学ぶことのできる鎌倉には、豊かな自然を満喫することができるスポットもたくさんあります。水族館のある湘南エリアには、家族で気軽にマリンスポーツを楽しむことができる施設が充実しています。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、湘南エリアで楽しめるマリンスポーツをたくさん紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

(編集部注*2016年5月6日に公開された記事を再編集したものです。)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

せんじゅ

せんじゅ

北海道の大自然に囲まれて育った子育て中の主婦です。スキー歴も釣り歴も、気づけば20年を超えました。休日には、家族で気軽に楽しめるアウトドアスポットを見つけて出かけています。今年の目標は子供たちのキャンプデビュー。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび