サーフィン 恩納村

今年の冬は沖縄でサーフィンしない?一味違った楽しみがアナタを待っている

2017.11.28
沖縄で冬サーフィンを楽しむために知っておきたい情報をまとめてご紹介します!波のこと、気温のことはもちろん、初心者や家族連れの方におすすめのツアー情報など盛りだくさん。

「沖縄で冬のサーフィンを楽しみたい!」そんなことを考えている人も少なくないはず。沖縄は1年を通して気温が暖かく、南の楽園と称されるリゾート地。

そのため冬にサーフィンをする人にとって環境が良く、サーフトリップ(サーフィンをする為に国内外を飛び回ること)で訪れるサーファーもあとをたちません。

今回はそんな沖縄で、冬サーフィンを楽しむために知っておくと便利な情報とおすすめのツアーをご紹介します。

冬の沖縄の波

photo by PIXTA

冬の沖縄は西高東低の気圧配置になり、東側に非常に発達した低気圧が停滞します。この時の低気圧が台風ほどの勢力になり、東シナ海側ポイントで素晴らしい波が発生します。

冬の沖縄の気温・水温


冬の沖縄は気温15度、水温(海水)20度を下回ることはないと言われており、日中は気温が25度を上回る日も!

ですので、ドライスーツではなくウエットスーツを着用することが多いです。ロングスプリング(トップは長袖・足はヒザ丈までカバー)・シーガル(トップは半袖。足は足首までカバー)・フルスーツ(3mm・手首~足首まで体全体をカバー)のいずれかが主流。本州の秋サーフィンの装備をイメージしておくとスムーズです。

冬サーフィンの良さ


冬サーフィンの良さは、「うねりの形の整った上質な波」と「人の少なさ」です。これは沖縄に限らずですが、冬の海でサーフィンをする人はやはり夏に比べて明らかに少ないもの。人気ポイントでもゆったりと自分のペースでサーフィンを楽しむことができます。

また、夏の半額程度でホテルやエアチケットを手配できるのも嬉しいポイント。コスパばっちりの旅でスキルを磨いて夏に備えましょう!

おすすめスポット

砂辺

photo by PIXTA

沖縄本島で最も有名なサーフポイントである砂辺。本島中部の西海岸に位置し、おしゃれな街並みやレストラン・カフェなどサーフィン帰りにもたっぷり楽しめるエリアです。

基本的には北風が強く吹く12月〜3月までの“北うねり”を楽しむのが一般的で、初心者~上級者まで幅広いサーファーが集っています。

真栄田

photo by PIXTA

ダイビングやシュノーケリングができるエリアとして有名な真栄田。

ベストシーズンは10月~4月初旬。パワフルな波を楽しめる中級者~上級者向けのサーフポイントです。急に強い波が来る場合がありますので、波のサイズによっては初心者には難しく感じることも。

水深が浅いため干潮時のビッグウェーブには事故を起こさない配慮が必要ですが、コンディションがいい日にはきれいな波が楽しめるおすすめポイントです!

スーサイド

photo by PIXTA

那覇空港から車で約30分の場所に位置するスーサイド。手軽にサーフィンを楽しめる人気のエリアです。東西に長く伸びた海岸線が500mにも渡って広がっています。

通年でサーフィンをすることができ、初心者~上級者までたくさんのサーファーたちが質の良い波を楽しんでいます。

#surfing #サーフィン #emeraldsea #iloveokinawa #suicidecliff #スーサイド

A post shared by JJJ (@jjj22yo) on

幅広いうねりを伴った波がコンスタントに訪れるのが特徴ですが、水深が浅いため注意が必要です。大潮の満潮前後のタイミングに訪れてくださいね。

“スーサイド”の名前は諸説ありますが、第2次世界大戦中、侵攻してくるアメリカ兵の捕虜になることを避けるため、すぐ近くの喜屋武岬から多くの一般住民が飛び込み自殺をしたことが由来とされています。今ではサーフポイントとして有名ですが、そのような歴史のある場所ということを心に留めておいてください。

初心者や家族連れの方にオススメのツアー情報

最後にツアー情報をご紹介します。シーナサーフが開催する 「【ボードの上に立ちたいならこのコース!】 体験ロングボードサーフィン」ツアーは初心者、家族連れの方におすすめ。

恩納村という沖縄きってのリゾート地で、安心してサーフィンを楽しむことができます。ツアー名のとおり、参加者の約9割がその日のうちにボートに立てるようになる人気のツアー!

まずは陸上練習からスタート!一般のサーファーがいない場所&足が着く場所で練習してもらえますので、初心者も安心ですね。

「スタンバイの姿勢(ボードの上でうつぶせに寝た状態で波を待つ姿勢)」など、3つの基本動作をしっかりと確認していきます。その後、スタンバイ姿勢からボード上に立ち上がるまでの動作を繰り返し練習します。

陸上での基本動作の練習をしっかりしておくと、本番でテイクオフ(海の上でボードに立つ)しやすくなりますよ!

いよいよ海へ入っていきます。インストラクターが乗りやすい波を選びボードを押し出してくれますので、スタンバイの姿勢をとりましょう!慣れてきたらテイクオフにトライしてみてください。徐々にコツをつかんでいけるはず。

足のステップや体の重心の位置など、修正ポイントもアドバイスしてくれるので参考にしてください!1人のインストラクターに対し参加者5名までの少人数制となりますので、たっぷり楽しめますよ。

波に乗る気持ち良さを体で感じてみてください!慣れてくると、より長い時間波に乗れるようになりますよ。

シーナサーフ
  • 沖縄県恩納村字前兼久167 1F

・サービス名:沖縄本島・恩納村サーフィン
・コース名:【ボードの上に立ちたいならこのコース!】 体験ロングボードサーフィン
・対象年齢:10歳以上
・開催期間:通年
・料金:8,640円~

沖縄でサーフィンを楽しもう!

沖縄は年間を通して安定した波があるので、冬でもサーフィンを十分楽しむことができます。しかし、リーフブレイクという海底が岩の地形になっているため、サーフィンができる時間が満潮前後の3時間ほどと限られていますのでご注意ください。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では沖縄で楽しむアクティビティを多数掲載しております。沖縄旅行の際は参考にしてみてください!

(編集部注*2016年2月8日に公開された記事を再編集したものです。)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する