初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

スキューバダイビング 沖縄県

「ダイビングin沖縄」は初心者にピッタリ!その理由とは?

2016.01.27
日本でありながら異国情緒が漂うトロピカルな海が楽しめる沖縄は、スキューバダイビングを始めるのにおすすめの場所なんです!ダイビング初心者に沖縄がおすすめの理由とその魅力をご紹介します!

国内のスキューバダイビング人気エリアといえば、ダントツ1位は沖縄です!「亜熱帯気候」や「熱帯雨林気候」と呼ばれるエリアに属する沖縄では、日本でありながら異国情緒が漂うトロピカルな海が楽しめます。

そんな海はスキューバダイビングの初心者にもピッタリ!これからダイビングを始めようとしている人にも、沖縄はおすすめの場所なんです!ということで、今回はスキューバダイビング初心者に沖縄がおすすめの理由とその魅力をご紹介します。

ダイビング初心者が参加できるツアーがたくさん

日本有数のリゾート地としても知られている沖縄は、いつも休暇を過ごす人で賑わっています。休暇中のちょっとした時間を使って参加できるのが「体験ダイビング」という初心者向けのダイビングツアー!ライセンスなしで参加できるので、沖縄旅行者に人気のアクティビティです。
沖縄の魅力の1つ「海の美しさ」を堪能するには潜るのが一番!夏はもちろんですが、暖かい沖縄の海では秋や冬でも体験ダイビングツアーが開催されています。
参考記事:スキューバダイビングにもガイド付きツアーあり!気になる行程をご紹介!

海の状況に合わせてダイビングスポット選び

沖縄は多数の島々からなっており、その周りはたくさんのダイビングスポットで囲まれています。そのため、その日の海の状況に合わせて最適なダイビングスポットを気軽に選べるのが、沖縄の海の大きな特徴です。

人気ダイビングスポット1:沖縄本島の西にある「慶良間諸島」と本島周辺

例えば、沖縄本島の西にある「慶良間諸島」は大小20余りの島々からなっているスキューバダイビングのメッカです。本島からボートで約35分〜1時間の距離なので、より良いコンディションのダイビングスポットを求めて移動するのは難しくなく、「潜ることができない」という日はほとんどありません。

万が一、海が荒れていて慶良間諸島まで船が出せない時でも、沖縄本島の周りではダイビングできることがほとんどです。

本島でのダイビングの特徴は、海上のボートではなくビーチからダイビングを始められる場所が多いこと!ボートかビーチか、海に入る方法を選べるのも初心者にうれしいポイントです。

人気ダイビングスポット2:沖縄の「青の洞窟」

初心者に人気のダイビングスポット「青の洞窟」は沖縄本島の西側に位置する真栄田岬にあります。真栄田岬は北風の影響を受けやすいことで有名で、波が荒れると入水できなくなります。逆に南風の時は全く問題なく、多くのダイバーで賑わいます。

同じ本島西側でも「ゴリラチョップ」というダイビングスポットは湾になっているため、北風が強くても問題ありません。いかがでしょうか。日々変化する海の状況に合わせたダイビングスポット選びのしやすさこそが、沖縄でのダイビングが初心者にもオススメな大きな理由の1つなのです!

いろいろなダイビングが楽しめる沖縄の海

スキューバダイビングの楽しみ方はいろいろあります。沖縄の海の良さは、その「いろいろな楽しみ方」をダイビング初心者にも味わわせてくれることです。そこでダイビングの「いろいろな楽しみ方」の中から3つの例をご紹介します。

ダイビング初心者でも楽しめる海中地形

海中地形とは、地殻変動や海水の浸食などによって作られた「洞窟」「アーチ」「クレバス(割れ目)」などのことです。水中での体勢コントロールが重要なので経験者向けのダイビングスポットが多いのですが、沖縄には初心者でも楽しめる地形スポットが数あります。

宮古エリア伊良部島の北にある「Wアーチ」は、初心者向き地形ダイビングスポットの代表です。下から見上げるとハート型に見える空洞でも知られています。

ダイビング初心者でも楽しめる「マクロ」の世界

photo by PIXTA

ダイビング用語で「マクロ」とは小さい生き物を指します。沖縄には白い砂地に根(海底の岩礁)がいくつも点在しているダイビングスポットが多く、場所によって見られる種類も変わるため、マクロ派ダイバーを魅了し続けています。

マクロを楽しめるスポットは流れが穏やかなことが多く、ダイビング初心者でもゆっくり海に慣れながら楽しむことができます。

ちょっと先の話ですが、ダイビングにも慣れ小指の頭ほどの小さい生き物を自分で発見できるようになったら、水中での体勢コントロールが上達している証拠なんですよ!

ダイビング初心者でも楽しめる「大物」

スキューバダイビングで「大物」というと、サメ、エイ、クジラ、カメなどを指し、沖縄を代表する大物は「ジンベイザメ」「ハンマーヘッドシャーク」「マンタ」「ザトウクジラ」「ウミガメ」などがあります。

沖縄でウミガメは1年中見られ、特に慶良間諸島での遭遇率は高く、1回の体験ダイビングで10匹以上見つけることも珍しくありません。また石垣島では、マンタに会える体験ダイビングツアーが開催されています。自分の体より大きい生き物が悠々と泳いでいる姿を見たら、あなたも海の虜になること間違いなしです!

沖縄の水温は冬でも暖かい?!

沖縄では水温があまり下がらないため「1年中ダイビングを楽しめる」というのも初心者におすすめのポイントです。

沖縄の海水は冬でも21〜22度で、ウエットスーツでも問題なくダイビングができます。また冬は繁忙期に比べてダイバーの数がずっと少なく、インストラクターも海も独り占めできるチャンスなんです!海の中は冬でもトロピカルモード!カラフルな魚たちがいつでも出迎えてくれます。

photo by PIXTA

いかがでしたか?初心者でも楽しめる、魅力たっぷりな沖縄の海に是非あなたも潜ってみませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、初心者が1人でも安心して参加できるダイビングツアーを紹介しています。ダイビングを始めるきっかけにぜひご利用くださいね!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

カンナ

カンナ

スキューバダイビング・インストラクター。お気に入りのダイビングスポットはマレーシア。でも、今年は日本の海に潜るために帰国中。
小さい時から、雨の日でも「外に行きたい」と言うくらいだった私。生まれつき外好きのようです。

ツアーを予約する