ケイビングが秘かに人気!?地底洞窟探検の魅力を口コミから徹底解剖 2019.04.16 ケイビング・洞窟探検

洞窟内を探検するケイビング。整備されていない洞窟内をほふく前進したり、岩の壁を登ったり、穴を滑り降りたり…子供はもちろん大人も童心に返って楽しめる魅力がいっぱい!今回はケイビングの魅力と体験できるおすすめのツアーを紹介します。

冒険好きなら一度は憧れたであろう洞窟の世界。どこまでも続く空洞や鍾乳石の不思議な造形、洞窟に住む生き物、どこからともなく湧き出る地下水など、日常生活ではお目にかかれない光景が広がっています。

そんな洞窟を探検する「ケイビング」というアクティビティが今、秘かに人気!

ただ洞窟を歩き回るだけでなく、全身を使って岩場を登ったり、穴を滑り降りたり、ほふく前進で泥だらけになりながら進んだりと、本格的な洞窟探検を楽しめるんです。

洞窟の中は天候に左右されない上、年間を通して気温があまり変動しないので長いシーズン楽しめるのも好ポイント!今回はケイビングの魅力と、実際にケイビングを体験できるツアーを紹介します。

【目次】

 ■ケイビングで体験できる3つの魅力!
  - 1.日常では体験できない探検家気分が味わえる!
  - 2.地球の歴史を感じられる!
  - 3.仲間や家族との結束が強まる!

 ■魅力を体感!おすすめケイビングツアー4選
  - 1.非日常空間でコウモリや地下水を探してみよう!|群馬県
  - 2.都内からアクセスするならこのツアー!|埼玉県
  - 3.トレッキング+ケイビングで溶岩地形の謎に迫る!|山梨県
  - 4.青く澄んだ神秘的な地底湖を見に行こう!|岐阜県

<<関東で体験できるケイビング・洞窟探検ツアーの一覧はこちら>>

ケイビングで体験できる3つの魅力!

日本ではまだ認知度が高くないケイビング。その魅力をリアルに感じてもらうため、アウトドアレジャーの予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」で実際に体験した人の口コミを交えて紹介します!

1.日常では体験できない探検家気分が味わえる!

日常生活で立ち入ることはまずないであろう洞窟の中を探検するケイビング。

太陽の光の届かない真っ暗闇を照らすのは、ヘッドライトの光だけ。泥だらけになりながら狭い穴をくぐり抜けていくワクワク感がたまりません!

「がちリアル脱出ゲーム」
こんな狭いところ行けるの!?というところをいくつもくぐり抜け、みんなで道を探しながら探検しました!片道4時間弱かかりましたが、そんなの忘れるくらい楽しいです。行く価値アリです(^^) (20代・女性)
引用-ジャグスポーツ|SOTOASOBI

作りものの迷路では味わえない本物の体験に、時を忘れてしまうほど夢中になれるのケイビング。人生経験豊かなシニア世代の方もその魅力に引き込まれているようです。

「次回は最高齢記録更新します!」
娘・息子と参加しました。未知の世界への恐怖と期待、体力的な不安の中、頼もしい洞窟マンの引率で潜入開始!

結果…もう最高でした!!!これまでラフティングやキャニオニング、フォレストアドベンチャーなど様々なアクティビティを体験しましたが、正直、これまでの中でおすすめ度No.1です!!

狭い洞窟を進んで行くドキドキ感、その先にある自然の神秘、洞窟マンの面白い解説、最後に待っていたのは、心地よい疲労と充実感でした。洞窟から出たとき、なんと緑が鮮やかだったことか…光が温かく柔らかく感じられたことか…。「生きている」ことを実感しました。娘・息子も大満足!(60代・女性)
引用-洞窟マン|SOTOASOBI

洞窟の中は、人間にとって過酷な環境。だからこそ探検気分も盛り上がりますし、地上に出たときの安心感や達成感もひとしおです。

2.地球の歴史を感じられる!

PIXTA

ケイビングの舞台となる洞窟は、太古の時代から長い年月をかけて形成されてきた空間です。天井からぶら下がる鍾乳石も、1cm伸びるのに数十年から数百年もの時間がかかります。

洞窟の中には生まれたての小さな鍾乳石から、人の大きさをはるかに超えるような巨大鍾乳石も!そこには地球の歴史が刻まれています。

「都心近郊で見れる地球の歴史」
洞窟の中は想像以上に厳しい道のりでした。しかし、地球の神秘を五感全部で感じることができて、素晴らしい体験でした。(40代・女性)
引用-洞窟マン|SOTOASOBI

全身を使って難所をクリアしていくと同時に、地球の深部に潜り込んでいるような感覚も高まっていくのではないでしょうか?そんな体験は、子供の感性も刺激するようです。

「貴重な体験でした」
息子と一緒に参加しました。真っ暗で狭い洞窟内を隙間をぬって進んでいくことに少々、不安があったものの、いざやってみると「楽しい!」という気持ちしかありませんでした。

洞窟内でガイドさんに教えていただいた、鍾乳石の話や洞窟のできるまでの話が息子にはとても響いたようで、夏休みの自由研究のテーマは“洞窟探検”になりました。帰宅後に図書館に行き、鍾乳石や大陸の移動などについて熱心に調べていました。

楽しい体験プラス夏休みの宿題にもつながり、一石二鳥となりました。
本当にありがとうございました。(30代・男性)
引用-ジャグスポーツ|SOTOASOBI

見たことのない世界にふれると、今まで考えもしなかったことに疑問を持ったり、もっと知りたくなったりしますよね。地底世界にはそんな景色が広がっています。

3.仲間や家族との結束が強まる!

洞窟の暗闇や狭い空間に、不安を抱くこともあるかもしれません。

そんなとき頼りになるのは、ほかならぬ家族や仲間の存在。みんなで励ましあったり、協力しながら難所をクリアしていけば、絆が深まること間違いなしです!

「探検という言葉がぴったり!仲間ともっと仲良しになりました」
ガイドさんも体験したことのないくらいの雪景色でしたが、洞窟の中は暖かく、全身を動かすので暑いくらいでした。「こんなところ入れるの?」というところに入っていったり、底が見えないくらいの穴の上を通ったり、一面の暗闇になったり。ドキドキしっ放しの「探検」でした!仲間、友人と力を合わせてクリアすることもあって、より絆が深まりました。

ガイドさんは側にいつつも自由に行動させてくださいました。初めてでしたが、とっても楽しかったです。(20代・女性)
引用-ジャグスポーツ|SOTOASOBI

ツアーが始まった時点で、ガイド含め、その場にいるメンバー全員が「仲間」です。当日初めて会う人でも、洞窟を出るときには絆が生まれていることでしょう。

「夏休み最高の思い出」
夏休みの家族旅行で初めてのケイビング。参加前、3年生の娘は少しこわいなぁと話していましたが、いざコースが始まると夢中になって楽しんでいました。日ごろ泥だらけになる経験もできないので貴重な体験になりました。

また、インストラクターの方が楽しく優しくコースを案内してくださって、初めてでも最高に楽しめました!!地底湖とっても綺麗でした。(30代・女性)
引用-CiaO!(チャオ!)|SOTOASOBI

家族で参加すれば、一生忘れられない思い出になりますよ。チームで協力しながら楽しめるのも、ケイビング体験の魅力の1つです。

■関連記事
ケイビングを関東で楽しもう!子供と一緒に体験できるツアーはこちら!

魅力を体感!おすすめケイビングツアー4選

ここからはケイビングの魅力を体感できるツアーを紹介。関東からアクセスしやすいおすすめのツアーを4つ厳選しました!

1.非日常空間でコウモリや地下水を探してみよう!|群馬県

群馬県でケイビングを体験できるのが「ジャグスポーツ」が開催する“ケイビング1日ツアー”。

ツアーの舞台である上野村へは、関越自動車道「本庄児玉」ICから車で約1時間半。東京からは約2時間半と、日帰りでもアクセスできる距離です。

上野村周辺には洞窟が多く、近くにある鍾乳洞「不二洞」は、関東随一の規模を誇ることで知られています。けれどこのツアーで探検するのは観光地化された洞窟ではありません!ジャグスポーツだけが入ることを許された洞窟で、テクニカルなコースをガイドとともに探検できるんです。

狭く暗い洞窟内は非日常の宝庫。コウモリが飛んできたり、地下水を発見したりと、探検家気分を盛り上げてくれる要素もあります。洞窟を満喫した後はそのまま温泉に入れるのもうれしいポイント。最後の温泉を楽しみに、地底世界へと繰り出しましょう!

ジャグスポーツ
  • 群馬県多野郡上野村勝山684-1 「上野村ヴィラせせらぎ」駐車場

■関連記事
関東で本格的な洞窟探検を!しかも初心者でも参加できるケイビングツアー4選

2.ツアーをリードするのは参加者自身!都内からアクセスするならこのツアー|埼玉県

都心から電車でサクッとアクセスできる埼玉県。ベッドタウンとして人気があり、人口の多い印象がありますが、秩父や長瀞をはじめ、自然が豊かなことでも知られています。

そんな埼玉にはケイビングにうってつけのフィールドも!最寄り駅から無料送迎サービス付きの“ケイビングツアー”を開催しているのが「洞窟マン」。最寄り駅のJR高崎線「北本」駅、もしくは東武東上線「つきのわ」駅までは、JRまたは東武東上線「池袋」駅から約1時間です。

ツアーをリードしていくのは参加者自身。ガイドはあくまでもサポート役で、主役はあなたです。探検隊の隊長になった気分で、洞窟の深部に溜まる地下水やさまざまな不思議を探してみてくださいね。

ツアーの最後には温泉でさっぱり!アクセスが良いので、帰宅に比較的時間を取られないのもポイントです。

洞窟マン
  • 埼玉県比企郡小川町大字小川1220 道の駅おがわまち(※自動販売機前)

3.トレッキング+ケイビングで溶岩地形の謎に迫る!|山梨県

ケイビングと一緒に、富士山の麓にある青木ヶ原樹海のトレッキングが楽しめる「冨士エコツアー・サービス」の“洞窟探検ミステリーツアー”。集合場所の「道の駅なるさわ」へは、東京都内から車で約90分と、気軽に遊びに行けるアクセスの良さも魅力です。

このツアーは本格的なケイビングに挑むというよりは、自然観察を楽しむ要素が強いのが特徴。もともと青木ヶ原樹海は、富士山の噴火によって流れてきた溶岩の上にできた森です。トレッキングでは、特異な環境に生きる植物たちの姿を観察します。

ツアーで入る洞窟も、溶岩によって形成されたもの。上から垂れ下がっているのは、鍾乳石ではなくなんと氷柱!奥に進むと、スケートリンクのように凍り付いた地面から氷筍(ひょうじゅん)がポコポコと顔を出す「アイスパレス」と呼ばれる場所が。ほかの洞窟とはひと味違う、神秘的な光景が広がります。

洞窟内は空間が広く難所もないので、5歳以上から参加OK!小さな子供も一緒に洞窟探検ができ、楽しく自然を学べるおすすめツアーです。

冨士エコツアー・サービス
  • 山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢8532−63 道の駅なるさわ

4.青く澄んだ神秘的な地底湖を見に行こう!|岐阜県

冬場はツアーを開催していないところが多い中、「CiaO!(チャオ)」のツアーでは1年を通してケイビングを体験できます。今回紹介するのは、ケイビングが初めての方でも気軽に参加できる“チャレンジコース”。初心者向けのプログラムながら、美しい地底湖の絶景が見られます!

ツアーの舞台となる洞窟は、CiaOの代表ガイドで洞窟探検家の吉田勝次氏が20年という年月を費やして開拓した洞窟。ギリギリ通れるか通れないかという隙間でも、洞窟を知り尽くしたガイドがサポートしてくれるので、思い切って進みましょう。

洞窟の奥へ行くと、青く澄んだ地底湖が出現!絶景な上に、地底湖の水はキレイな湧き水なので飲むこともできます。地上に帰還したら、地底湖の湧き水で入れたコーヒーも味わえますよ。

集合場所までは岐阜市街地から車で約45分、名古屋からは約60分というロケーションながら、秘境感たっぷりの洞窟を満喫できるツアーです。

CiaO!(チャオ!)
  • 岐阜県関市洞戸菅谷545(国道256号線沿い) 道の駅ラステンほらど

ケイビングで未知の世界にふれよう!

不思議がいっぱいの地底世界を、自分の目で見てみたくなったという人は、ぜひケイビングツアーに参加してみてください。

今回紹介したツアーでは、ケイビングに必要な装備品は無料レンタルできるので気軽にチャレンジできますよ。あなたの知らない世界の扉が開けるはず!

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、全国のケイビングツアーをはじめ、さまざまなアクティビティを掲載しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

(文:上田麻歩 編集部注*2015年9月7日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する