初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

河口湖・本栖湖

雨でも楽しめる河口湖観光スポット5選

2016.01.27
河口湖は山梨県にあり、富士山が美しく見える場所として有名なエリアです。河口湖周辺には沢山の観光スポットが点在しており、雨の日でも満喫できる屋内施設も充実しています。今回は、雨でも楽しめる河口湖観光5選をご紹介します。

河口湖は、山梨県に属しており富士山がとても綺麗に見える場所として有名なエリアです。河口湖周辺には様々な観光スポットもあり、富士山と共にたっぷり楽しむことができます。

もし旅行中に雨が降っていたらどうしようと心配な方もいるかもしれません。でも大丈夫!屋内施設が充実している観光スポットも河口湖にはあるのです!

雨でも河口湖と富士山をたっぷり満喫して、素敵な思い出を作ってみませんか?

今回は、雨でも楽しめる河口湖の観光スポットを5つご紹介します。

河口湖クラフトパーク

河口湖クラフトパークは、その名の通り様々なクラフト体験ができる屋内施設です。ジェルキャンドルや、トンボ玉作り、ステンドグラス、そば打ち体験など楽しく簡単に体験ができます。

その上、ワイン館も併設しており、山梨県産のワインのみを販売していますので山梨のお土産にぴったりです。体験後にはアイスクリームで一休みなんていかがですか?

■基本情報
・名称:河口湖クラフトパーク
・住所:南都留郡富士河口湖町河口3118
・TEL:0555-20-4123
・営業時間:9:30〜17:00
・料金:作りたいものによって異なりますのでホームページで確認してくださいね。

北原ミュージアム

北原ミュージアムは、ブリキコレクターの北原照久さんが開館したおもちゃの博物館です。40年にもわたって収集されたおもちゃの数々には懐かしさや驚きを感じることでしょう。

おもちゃの他にも、イベントを開催していたりレコード盤が展示されていたりと、ここでしか見ることのできない珍しい1品に出会えるかもしれません。

■基本情報
・名称:河口湖北原ミュージアム
・住所:南都留郡富士河口湖町小立1204-2
・TEL:0555-83-3220
・開館時間:9:00〜17:00
・入館料:大人800円(高校生以上)、小人400円(小・中学生)

なるさわ富士山博物館

なるさわ富士山博物館は、道の駅「なるさわ」内にオープンした博物館です。館内は恐竜エリア、シアター、富士山エリアに分かれており、特に富士山エリアの模型や情報などは河口湖ならではです。

さらに鉱石ミュージアムショップも併設しており、自分だけのオリジナルブレスレットを作れたり山梨県にちなんだ水晶などのパワーストーンを購入したりすることができます。

■基本情報
・名称:なるさわ富士山博物館
・住所:南都留郡鳴沢村字8532-64
・TEL:0555-20-5600
・開館時間:9:00〜18:00
・入館料:無料

オルゴールの森

photo by PIXTA

オルゴールの森は、世界の様々なオルゴールを展示し、自動演奏等でその優雅な音色を楽しむことができる施設です。貴重なオルゴールも多数ありますので、見応え十分です。

ヨーロッパをイメージした庭園を散策する楽しみ方もありますので、雨の中でも散策を少ししてみてはいかがでしょうか?ペット預かりサービスもありますので、ペット連れの方にもおすすめです。

■基本情報
・名称:河口湖オルゴールの森
・住所:南都留郡富士河口湖町河口3077-20
・TEL:0555-21-4111
・開館時間:9:00〜17:30(1月〜3月は17:00まで)
・入館料:大人1500円、中高生1100円、小人800円

河口湖猿回し劇場

河口湖猿回し劇場は、全天候型の屋内施設で可愛い猿たちの演技が楽しめる場所です。約650名も入る大劇場ですので、雨でも比較的待つことなくお猿さんの公演を楽しめるのではないでしょうか?

また、他の施設と組み合わせたお得なクーポンも販売されていますので、お猿さんも他の観光スポットも楽しみたい方はチェックしてみてくださいね。

■基本情報
・名称:河口湖猿回し劇場
・住所:南都留郡富士河口湖町河口2719-8
・TEL:0555-76-8855
・開演時間:10:00の回より1回目*スケジュールがホームページで確認してくださいね。
・入場料金:大人1500円、中高生1000円、小人750円

まとめ

雨でも楽しめる河口湖観光はいかがでしたか?雨でも屋内施設でゆったりと過ごすことができる場所ですので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

もし、晴れの日に河口湖へ行けたら、もっとアクティブな時間をすごしてみたい!という方には、アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」のツアーがおすすめですのでチェックしてみてくださいね。

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ryoko

ryoko

夏はサーフィン、冬はスノーボード、たまに釣りを楽しむ二児の母です。これから家族でキャンプを極めたいなと思案中。

ツアーを予約する