初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2015.9.29

ボディボードとサーフィン、ウェイクボードとの違いって?

波乗りをするマリンスポーツを始めてみたいけど、細かい違いがいまいちわからないという方も少なくないのでは。そもそもボディボードとはどんなものか、サーフィンやウェイクボードなどとの違いを初心者にもわかりやすく解説します。
関連:【サーフィン・ボディボードのツアー
Photo by Lip Kee Yap

Photo by Lip Kee Yap

波乗りをするマリンスポーツを始めてみたいけど、ボディボードとサーフィン、細かい違いがいまいちわからないという方も少なくないのでは。

そもそもボディボードとはどんなものか、サーフィンやウェイクボードなどとの違いを初心者にもわかりやすく解説します。

そもそもボディボードとは?

Photo by aeryals.prod

Photo by aeryals.prod

ボディボードとは、1970年代初めにハワイでトム・モーリーによってサーフィンよりもっと手軽に波乗りをしたいと考案・開発されたもの。合成樹脂で作られた小型のボードに腹ばいになって波乗りを楽しむマリンスポーツです。

ボードの上に上半身をのせ、体重移動によってボードを操作し波乗りをします。

サーフィンとの違い

Photo by StockSnap

Photo by StockSnap

ボード自体があまり大きくなく推進力がないため、フィン(足ひれ)をつけて行うのが、サーフィンとの大きな違いです。

また、サーフィンがボードの上に立って波乗りをするのに対し、ボディボードはボードに腹ばいで乗って波の上を滑走する点が大きく異なります。

ボディボードでは腹ばいになって低い視線からサーフィンと同じくらいのスピードで波乗りをするため、体感スピードが倍以上になって爽快感たっぷりにライディングを行うことができます。水面ギリギリを体が滑って波と一体化するのが醍醐味です。

ウェイクボードとの違い

Photo by Logan wake

一方、ウェイクボードは、ボードに乗ってモーターボートなどにロープで引っ張ってもらい水の上を滑るウォータースポーツで、進行方向に足先が横を向くものを指します。

進行方向に足先が正面を向く水上スキーに比べて、波を利用したジャンプや技が楽しむことが可能。水上スキーより割合簡単で、初心者でも少し練習すれば水上を軽やかに滑ることができます。

使用するボードの大きさによって波乗りのスタイルや楽しみ方が異なる

Photo by makunin

Photo by makunin

ちなみにサーフィンは、使用するボードの大きさによって、波乗りのスタイルや楽しみ方が変わってきます。

サーフィンで使うサーフボードは、一般的に9フィート(約274.3cm)以上のロングボードと、9フィート未満のショートボードに大別され、ロングとショートの中間に位置するファンボードもあります。

Photo by LuisDulanto

Photo by LuisDulanto

長さや幅、厚みがあって安定感に優れているロングボードは、ボードが大きいのでコントロールが難しいという難点がありますが、失速しにくく波に乗るのが比較的簡単なため、初心者に人気。

アグレッシブな動きができるのは、シャープな形状のショートボード。細かいターンなどのトリックをして遊びたい方に最適ですが、立てるようになるまで練習が必要です。

手軽にサーフィンが楽しめるのがファンボードで、ボードが小さく軽量で浮力があるので、動きがスムースに行なえます。

女性や子供でも安全でリーズナブルに楽しめるのがボディボード

Photo by Miguel Navaza

Photo by Miguel Navaza

他方、女性や子供、運動が苦手な方でも波乗りしやすいのは、ボディボード。

ボードがソフトな素材で作られているので、ライディング中に自分や他の人にぶつかっても大きなケガをすることが少なく、波の段差から落ちても平気なので、ショートボードだと乗るというよりも海面に突き刺さってしまいそうな巻いている波を、より一層堪能することができます。

加えて、必要な道具一式と高価なウェットスーツを全て揃えても10万円以下で抑えることができるため、安全でリーズナブルに楽しめるのも大きな魅力です。

ボディボード体験で波乗りや海の素晴らしさを体感して

波に乗るタイミングさえつかめれば、波乗りの楽しさをあっという間に味わえるのが、ボディボードの最大の魅力。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、ボディボードやサーフィンスクールの初心者向け体験ツアーの情報について詳しく掲載しています。ボディボード体験で波乗りや海の素晴らしさを体感してみませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でサーフィン・ボディボードのツアーをチェックする

■関連記事■
初めてのボディボード。サイズと価格帯選びのポイント

初心者が覚えておきたいボディボードの基本姿勢とテイクオフ(波の乗り方)

真似したい!ボディボードのテクニックとコツがわかる動画まとめ

初心者大歓迎!この夏は湘南江ノ島の「ガレージワン」でサーフィンはじめてみませんか?

サーフィンのメッカ千葉県九十九里のability surf(アビリティサーフ)でサーフィンライフをはじめてみよう!

【日本初!】神戸に人工サーフィン施設「kobe-reyes-(神戸レイーズ)」が2016年4月にオープン予定

人とは違った夏の思い出をつくりたい人必見!ユニークな水上スポーツ5選

沖縄本島・名護で体験しておきたいアクティビティまとめ

こんな世界見たことない!スタンドアップパドルボードで石垣島の透き通る海を楽しむ

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

yuuko

Yuko.H

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび