初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

ホエールウォッチング 那覇

那覇でホエールウォッチングならここだ!

2016.02.29
冬になると沖縄はホエールウォッチングのシーズンになります。特に那覇では空港からのアクセスが良いこともあり、手軽にホエールウォッチングを楽しむことができます。野生のクジラの大迫力は楽しむ価値が大いにありです!
photo by インディ

photo by インディ

冬になると沖縄を観光したいという方も多いのではないのでしょうか?特に那覇市は沖縄の中心市街で、多くの方が立ち寄る観光スポットです。暖かい気候の中で、日本の中でも独自の文化を持つ沖縄を回るのは楽しいですよね。

しかし、冬の沖縄でおすすめしたいのがホエールウォッチングです。野生のクジラを間近で見る迫力は他のアクティビティと比較しても劣らない快感です。那覇だと身近にホエールウォッチングを楽しむことが出来ちゃいます。

今回はそんな那覇でのホエールウォッチングについてご紹介します。

那覇空港から港までのアクセスの良さ

photo by yukidon

photo by yukidon

那覇でホエールウォッチングを楽しむ場合、那覇空港から車で15分程度の港で行っているツアー会社も多く、とてもアクセスが良いのが魅力です。中には、宿泊しているホテルと港を無料送迎してくれるツアー会社もありますよ。

準備をしたらあとは「さぁ、バスに乗り込んで集合場所へ!」といった形なのでスケジュールを組むのもとても楽ですよね。

ホエールウォッチングの時期

photo by genki

photo by genki

目当てとされている「ザトウクジラ」は春先から秋の終わりまで、北極や南極付近で捕食活動をしています。沖縄でその姿を見ることができるのは、12月から4月頃と言われ、捕食期間を経て繁殖、子育てのために沖縄やハワイなどの温暖な海へと向かいます。その距離は約9000キロメートルにもなります。

もしかしたら子連れのザトウクジラも見ることができるかもしれませんよ。

ザトウクジラのダイナミックなパフォーマンス

photo by インディ

photo by インディ

ホエールウォッチングは、何といってもザトウクジラのダイナミックなパフォーマンスが魅力!

体長15メートル前後、体重30トンというクジラの身体は長さはビル4階分、重さは乗用車30台分にもなります。そんな巨体ともなると、海に潜るだけでも海面が激しくうねります。それが海面から勢いよく飛び出してダイブしたりするのですから、想像するだけでも凄まじい迫力ですよね。

パフォーマンスには「ブリーチ」、「ブロウ」、「テールスラップ」など専門的な名前がついており、その1つ1つに意味があるとされています。予め調べた上で参加するとより一層、楽しむことができますよ。

クジラのジャンプとても感動しました!顔をたくさん見ることもできて最高の思い出になりました。
引用 - SEASIRホエールウォッチングお客様の声

※こちらの引用はSEASIR社に寄せられた手書きのご感想を文字起こししたものですので、一部表現が異なっている場合があります。

いかがでしょうか?

冬の那覇市を観光の際はホエールウォッチングもご予定に取り入れてみてはいかがでしょうか?野生のクジラの迫力は心に深く焼き付いて離れませんよ!

また、アウトドア・レジャー専門予約サイト「そとあそび」では他にも沖縄で楽しむことのできるアクティビティをご紹介しています。計画を立てる際は是非ともご利用になってくださいね!

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

t.kanno

t.kanno

時間があり次第、動物を観に行ったり、観光に行ったりしています。

ツアーを予約する