1月の沖縄でシュノーケリング?3つのメリットとおすすめツアー4選 2018.12.14 シュノーケリング 沖縄

1月の沖縄はシュノーケリングのベストシーズン!?冬だからこそ楽しめる沖縄の海の魅力と、さまざまな楽しみ方ができるおすすめのシュノーケリングツアーをご紹介します!

「1月に沖縄へ行くけど、シュノーケリングできるかなぁ…」

正月休みが取れる1月に、沖縄旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。せっかく沖縄に行くなら、少しでもいいから海を楽しみたいもの。冬とはいえ、沖縄なら…と思っているそこのアナタ!冬は沖縄の海を楽しむにはピッタリのシーズンかもしれませんよ。

今回は1月の沖縄でシュノーケリングをする3つのメリットと、おすすめのツアー4選をご紹介します。

【目次】

■1月に沖縄でシュノーケリングはできる?
■1月に沖縄でシュノーケリングをする3つのメリット
■シュノーケリング初心者はツアーに参加しよう!その理由とは?
■沖縄でおすすめのシュノーケリングツアー4選
 - 1.光と美ら海が織りなす神秘的な「青の洞窟」でシュノーケリング
 - 2.世界最大のサメを海中で観察!ジンベエザメシュノーケリング
 - 3.“今帰仁ブルー”をシュノーケリングとSUPで遊び尽くす!
 - 4.那覇から慶良間へ!ダイビングの聖地で海を堪能
【column】冬に沖縄へ行くならホエールウォッチングもおすすめ!

<<沖縄県で体験できるシュノーケリングツアーの一覧はこちら>>

1月に沖縄でシュノーケリングはできる?

PIXTA

1月の沖縄でもシュノーケリングはできます!しかし、夏と比べるとかなり寒くなります。

沖縄県那覇市の2018年1月の平均気温は17.2℃。東京都の2018年4月の平均気温が17.0℃なので、東京都の4月頃の気温と同じくらいになります。

ただ海水温は気温の1〜2ヶ月遅れで推移するので、最も水温が低いのは2〜3月頃になります。1月のシュノーケリングであれば、厚手のウェットスーツ(もしくは、ドライスーツ)を着用することで、あまり寒さは感じない程度になるでしょう(小さな子供や冷え性の方など個人差はあります)。

■関連記事
初めての方でも安心!道具レンタル可の沖縄シュノーケリングツアー

1月に沖縄でシュノーケリングをする3つのメリット

海水温も真冬ほどではない1月。実はシュノーケリングをする際にメリットも多いんです!ここではそのメリットを3つ紹介します。

メリット1.静かな海で思いっきりシュノーケリングを楽しめる!

沖縄の海のハイシーズンはもちろん夏。観光客から地元の方まで、夏には多くの人が海を訪れますが、冬の海はかなり静かです。夏には大混雑が起きる人気のシュノーケリングポイントも、冬なら独り占めも可能!少人数で思いっきり楽しむことができます。

海だけでなく、飛行機や宿泊施設も正月を過ぎれば混雑はなくなります。もちろん旅行費用も抑えられますし、沖縄でのんびり過ごしたいなら1月はおすすめのシーズンです。

メリット2.冬は海の透明度がさらに高くなる!

PIXTA

ただでさえ抜群の透明度を誇る沖縄の海ですが、冬は海水の透明度がさらに高くなる傾向があります。

夏は人が多いため海底からの砂が舞い上がったり、吐いた息で視界が悪くなったりします。また水温が高いとプランクトンが多くなり、その分透明度も落ちてしまうのです。海中世界や生き物をより鮮明に見られることが、冬のシュノーケリングの特権です。

メリット3.冬ならではの生き物に出会える!

PIXTA

同じスポットでも季節によって出会える生き物は異なります。夏はあまり見ることができないウミウシやコブシメ、イソマグロなどといった生き物も、冬なら遭遇する可能性が高いですよ!

■関連記事
沖縄でシュノーケリングデビュー!3歳の子供も楽しめるツアー5選

シュノーケリング初心者はツアーに参加しよう!その理由とは?

個人的に海に行ってシュノーケリングを楽しむのもよいですが、知識を持った経験者が複数人いるということでなければ、ガイド付きのツアーに参加するのがおすすめです。

手軽さから多くの人に楽しまれているシュノーケリングは、毎年水難事故が発生してるのも事実。そのほとんどがツアーに参加せず個人的にシュノーケリングをしているケースで、リーフカレント(離岸流)や危険な生き物との接触などが原因となっています。

現地の海をよく知り、海洋状況を判断できるガイドが付いたツアーであれば、そうした重大な事故に巻き込まれる可能性はとても少なくなります。さらに、季節や時間によって魚がたくさんいるポイントへ連れていってくれたり、生き物や海について詳しく教えてくれたりと、ガイドが付くことで得られるメリットがたくさんあります。

ツアーであれば基本的なシュノーケリングのセットはもちろん、ウェットスーツもレンタルできます。荷物を少なくしたい旅行では、ガイド付きのツアーに参加するのがおすすめですよ!

いろいろな楽しみ方ができる!沖縄のおすすめシュノーケリングツアー4選

人気のシュノーケリングポイントへ行けるツアーから、SUPやダイビングをセットで体験できるツアーまで。沖縄でおすすめのシュノーケリングツアーを4つ紹介します。

光と美ら海が創り出す神秘的な青の洞窟でシュノーケリング!|読谷村

沖縄本島でも人気のスポット、神秘的な「青の洞窟」でシュノーケリングを楽しみませんか?

「マリンサービス むるぬーし」が開催する“青の洞窟シュノーケリングツアー”は、絶景スポット・残波岬のある読谷村(よみたんそん)から出発。真栄田漁港から10分ほどボートで移動して、とっておきのポイントでシュノーケリングをスタート!透明度の高い海には、美しいサンゴ礁と魚がいっぱい!自分の手から魚への餌付けも体験できますよ。

水面で呼吸の練習をしてから海に入れるので、初心者の方やブランクのある方でも問題なし!フィンの装着などもガイドが手伝ってくれます。

ツアーの目玉はもちろん青の洞窟!洞窟内から入り口を振り返ると、青く輝く水面にうっとり…。神秘的な青の世界をたっぷり堪能しましょう。

こちらのツアーは6歳から参加できますが、もっと小さい子供連れの方は託児所を利用できる有料のサービスも!6ヶ月から5歳まで預けられるので、子供がいるからと諦めず沖縄の海を思いっきり楽しんでくださいね。

主催会社:マリンサービス むるぬーし
  • 沖縄県中頭郡読谷村字高志保915 「Gala青い海」施設内

■関連記事
幻想的な沖縄・青の洞窟でシュノーケリングするならココ!目的別おすすめショップ3選

世界最大のサメを海中で観察できる!ジンベエザメシュノーケリング|読谷村

「美ら海水族館」でも大人気のジンベエザメを水槽の中ではなく、海の中で見られるツアーがあるんです!「ラピスマリンスポーツ」が開催する“ジンベエザメシュノーケリングツアー”では、ダイバーに誘導されて水深2〜3mまで浮上して泳ぐジンベエザメを網越しに観察!

世界最大のサメであるジンベエザメは全長10〜12mにもなり、間近で見ると大迫力!ジンベエザメにくっついているコバンザメや餌付けにつられて集まる魚も一緒に観察できますよ。

こちらのツアーも託児所があり、子供を預けることが可能です。5歳以上なら一緒にツアーに参加できますよ!温厚なジンベエザメは人間に危害を加えることはありませんが、網で隔てられているので接触の危険性はありません。みんなで参加して、貴重な体験を共有しましょう!

主催会社:ラピスマリンスポーツ
  • 沖縄県沖縄県中頭郡読谷村都屋33 ジンベエザメツアー店舗(都屋漁港)

本島屈指の透明度!“今帰仁ブルー”をシュノーケリングとSUPで遊び尽くす|今帰仁村

沖縄本島でもトップクラスの美しさを誇る今帰仁村(なきじんそん)の海は、“今帰仁ブルー”と呼ばれるほど青く鮮やか!

そんな最高のロケーションを海中と海上の両方から満喫できるのが、「Good Good Sun(グッドグッドサン)」の“SUPクルージング&シュノーケリングツアー”です。

ツアー前半で楽しむのはSUP。立った状態で水面を移動できるSUPなら、高い視線でより遠くまで今帰仁ブルーを見渡すことができます。透明度の高い美しい海の上では、まるで宙に浮いているかのような不思議な心地に!

ツアー後半のシュノーケリングでは、多種多様なサンゴやトロピカルな魚たちに出会うことができます。鮮やかな青色のルリスズメダイや白と黒のしま模様が特徴のロクセンスズメダイなど、カラフルな魚を間近で見て楽しんでくださいね。

ツアーの集合場所から「美ら海水族館」や「今帰仁城址」までは、車で約12〜3分。ツアーの前後に観光も楽しめるのも魅力です。

主催会社:Good Good Sun
  • 沖縄県国頭郡今帰仁村与那嶺555 「レストラン珊瑚table」内

那覇からダイビングの聖地・慶良間へ!シュノーケリングとダイビングで海を堪能|那覇市

那覇市から西へ約40kmにある慶良間(けらま)諸島の海は抜群の透明度を誇り、世界中のダイバーが訪れるほど!2014年には国立公園にも指定され注目を集めています。

その中でもボートでしか行けないとっておきのポイントに連れていってくれるのが、「シーマックスダイビングクラブ沖縄」の“体験ダイビング&シュノーケリングツアー”です。集合場所は那覇市内から車で約15分の那覇北マリーナ。そこからボートに乗って慶良間諸島へ向かいます。

まず体験するのは、スキューバダイビング。ライセンスがなくても、初めての方でもOK!1〜2名の参加者に1名のガイドが付き、呼吸や耳抜きの仕方を教わりながら潜行します。慶良間の海の中はまさに生き物の楽園!冬には先ほども登場した貝殻を持たない貝と呼ばれる「ウミウシ」をたくさん見られます。2月から3月にかけては、ボートの上からザトウクジラの姿を見られることも。冬の海も楽しみがいっぱいですね。

シュノーケリングでは浅瀬にあるサンゴ礁や自分の影がくっきり映る真っ白な海底、ウミガメとの遭遇率が高い場所などおすすめのポイントに連れていってもらえますよ。

ダイビングとシュノーケリングで慶良間諸島の魅力を余すところなく堪能できる充実のツアーです。

主催会社:シーマックスダイビングクラブ沖縄
  • 沖縄県浦添市伊奈武瀬(いなんせ)1-3-5 那覇北マリーナ

冬に沖縄へ行くならホエールウォッチングもおすすめ!

冬の沖縄はホエールウォッチングの舞台として世界的に有名です。慶良間諸島には毎年冬になるとザトウクジラやマッコウクジラが集まるので、野生のクジラを間近で見られる絶好のチャンス!

慶良間諸島にある座間味島(ざまみじま)の“ホエールウオッチングツアー”は、那覇から出発するホエールウォッチングに比べて移動距離が短く、観察時間が長いのが特徴です。

座間味島のガイドはクジラたちに名前を付けて尾びれで判別しており、毎年その成長を観察して再会を楽しみにしています。中には数十年以上もの付き合いになるクジラも…。ここでしか聞けないガイドの話にもぜひじっくり耳を傾けてくださいね!

またツアーではホエールフォン(水中マイク)を使ってクジラの声を聞くこともできます。音を使ってコミュニケーションをとるクジラたちの生態を観察してみましょう。よりディープに楽しめるおすすめのホエールウォッチングツアーです。

主催会社:ネイチャーランドカヤックス
  • 沖縄県島尻郡座間味村座間味426

1月の沖縄でシュノーケリングを楽しもう!

冬でもマリンアクティビティを楽しめるのが沖縄の魅力。ぜひ静かでのんびりと過ごせる冬の沖縄で、シュノーケリングやホエールウォッチングを満喫してくださいね。

アウトドアレジャーの予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、シュノーケリング以外にもさまざまな沖縄のアクティビティを紹介しています。ぜひこちらもチェックして旅行計画の参考にしてみては。

(編集部注*2015年12月27日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

最新記事

related entries

釧路
2019.06.19

【北海道】幻想的な世界に溶け込む!日本の秘境・釧路湿原のカヌーの旅

世界に誇る手付かずの大自然「釧路湿原」。そこで出合う圧巻の景観はとても感動的です。そんな釧路湿原の自然をカヌーで間近に感じてみませんか?幻想的な釧路湿原を満喫できる“カヌーの旅”へいざ、出かけよう!

記事を読む
千葉県
2019.06.18

【千葉県】乗馬未経験OK!心も体も癒やされる外乗ツアーまとめ

新しいアウトドアアクティビティに挑戦するなら、都心から近い千葉県で“ホーストレッキング(外乗)”はいかが?季節ごとに移りゆく豊かな自然の中、温厚な馬とともに非日常体験ができる魅力的なアクティビティです。

記事を読む
大歩危・小歩危・剣山
2019.06.17

大歩危小歩危ラフティングツアーの料金と内容を徹底比較!

吉野川の大歩危小歩危エリアでラフティングがしたい!でもいろんなツアーがあって決められない!そんな人の為に「SOTOASOBI(そとあそび)」がおすすめするツアーの内容と料金を比較して紹介します! 

記事を読む
ラフティング
2019.06.16

家族でラフティングを楽しむならココ!子どもから大人まで楽しめるラフティングツアー5選

5〜8人乗りのボートに乗り息を合わせて川を下っていくラフティングは、家族みんなで体験できるリバーアクティビティ。初めての挑戦を共有することで、家族の絆はグッと深まりますよ!今回は家族で体験できる全国各地のラフティングツアーをご紹介します。

記事を読む
群馬県
2019.06.16

【群馬・みなかみ】バンジージャンプで夏の暑さも吹き飛ぶ絶叫体験!

じめじめした夏の暑さを吹き飛ばす絶叫体験をしたいなら、バンジージャンプがうってつけ!雄大な自然に囲まれ、涼しい風を感じながら飛べる群馬県・みなかみのバンジージャンプツアーは、興奮と感動で暑さを忘れさせてくれます。あなたもぜひ挑戦してみては?

記事を読む
北海道・東北
2019.06.15

【北海道編】夏休みに行きたい注目のお出かけスポット20選

暑い夏、旅行をするなら爽やかで涼しい北海道へ!今回は感動間違いなしの絶景スポットから子供が喜ぶスポットまで、夏休みに訪れたい北海道のおすすめスポット20ヶ所をエリア別に紹介。子供と体験したいアウトドアレジャーもお届けします!

記事を読む
シュノーケリング
2019.06.15

シュノーケリングは雨が降ってもできる!?中止になるのはどんな時?

梅雨など天気が不安定な時期は、アクティビティをする際に空模様が気になりますよね。濡れるのが前提のシュノーケリングなら雨でもできる?どんな天気だとツアーは中止になるの?そんな疑問にお答えします。

記事を読む
沖縄県
2019.06.14

沖縄のマングローブカヤックならここだ!おすすめツアーまとめ15選

マングローブって、国内では沖縄県と鹿児島県でしか見られないことを知っていますか?その貴重なマングローブの中をカヤックで漕ぎ進む人気のアクティビティが「マングローブカヤック」!ここでは沖縄県のおすすめツアーを一挙にご紹介します。

記事を読む
関西・近畿
2019.06.13

子連れ大歓迎のアクティビティ!関西で人気のアウトドアスポット12選

アスレチックや川遊び、山遊び。関西エリアには子供と一緒に自然の中で思いっきり遊べるアクティビティがいっぱい!こちらでは大阪周辺から日帰りで行けるアウトドアスポットをまとめてご紹介します。

記事を読む
秩父・長瀞
2019.06.12

口コミで選ぼう!長瀞で評判のいいラフティングスポット!

長瀞は都心からのアクセスが良いので、この夏、ラフティングを体験しようと考えている人も多いはず。とはいえツアーは数多く、どこを選んだらいいか悩んでいるあなた。実際に体験した人の口コミを参考に自分好みのツアーを見つけてみてはいかがでしょうか?

記事を読む

ツアーを予約する