大人も子供も大はしゃぎ!アスレチックスポット21選【関東編】 2018.07.19 関東

夏休み到来です。今話題の大人も子供も楽しめるアスレチックやジップラインを体験しに出かけましょう!今回は関東でアスレチックを体験できるスポットを21ヶ所ご紹介!

大人も子供も楽しめるアスレチックや、ロープを滑車で滑っていく「ジップライン」が今、熱いんです♪

もうすぐ夏休みシーズン。天気がいいのに部屋にこもっていたらもったいない!
外に出て、澄んだ空気の中、体を動かしましょう!

今回は、関東でアスレチックが楽しめるスポット21ヶ所をご紹介します!

【目次】

フォレストアドベンチャーで森を大冒険!
  - 1.フォレストアドベンチャー・三島スカイウォーク
  - 2.フォレストアドベンチャー・小田原
  - 3.フォレストアドベンチャー・箱根
  - 4.フォレストアドベンチャー・秩父
  - 5.フォレストアドベンチャー・おおひら
  - 6.フォレストアドベンチャー・つくば
  - 7.スウィートグラス・アドベンチャー
  - 8.樹の上の冒険王国ターザニア
水上アスレチックで度胸試し!
  - 9.清水公園フィールドアスレチック
  - 10.フィールドアスレチック 横浜つくし野コース
  - 11.フィールドアスレチックありのみコース
  - 12.平和の森公園フィールドアスレチック
  - 13.鬼怒グリーンパーク
広大な敷地でのびのび遊ぼう!
  - 14.ツインリンクもてぎ
  - 15.日光だいや川公園
  - 16.ふなばしアンデルセン公園
  - 17.那須野が原公園
  - 18.水上高原フォレストジップライン
  - 19.根岸公園
崖登りに木登り!? 非日常体験を楽しもう!
  - 20.アメリカキャンプ村
  - 21.群馬県での木登り(ツリーイング)

<<関東で体験できるアウトドアレジャーツア一の一覧はこちら>>

フォレストアドベンチャーで森を大冒険!

フォレストアドベンチャーは全国展開しているフランス発の“自然共生型アウトドアパーク”。森林を破壊して作るのではなく、森そのものの姿を活かしたアスレチックです。

モットーは「自分の身は自分で守る」ということ。大人も子供も自分でハーネスを着用して、どうしたら前に進めるのか考えながらチャレンジしていくので、遊びを通して多くを学べるというのも魅力です。

コースは全部で3つ! 難易度の高い「アドベンチャーコース」、難易度がやや低めで森を楽しめる「ディスカバリーコース」、安全性が高く小さな子供でもチャレンジできる「キャノピーコース」です。

すべての施設に3コースがそろっているわけではなく、施設によって体験できるコースが異なるので、事前にチェックしておきましょう。

ここでは、関東のフォレストアドベンチャーをご紹介します♪

1.フォレストアドベンチャー・三島スカイウォーク

全長4,000mの日本一長い歩行者専用吊り橋「三島スカイウォーク」に、自然共生型アウトドアパークフォレストアドベンチャー・三島スカイウォークが、7月26日にオープンします。

地上9mにぶら下がるブランコのような板を渡り歩く「ステッピングストーン」や高さ10mのプラットホームからネットめがけて飛び込む「ターザンスイング」など、計5サイト33ものダイナミックなアクティビティが用意。森の中でクライミングを満喫できる「クリフチャレンジャー」も体験できます。

最大高さ約70mの吊り橋の下をロープ1本で一気に滑走する「ロングジップスライド」は、往路300m、復路260mと距離が長く、大迫力。日本一の富士山と日本一の吊り橋に向かって絶景を見ながら滑走できます。2本のラインが並行しているので、2人1組で同時に体験できるのもうれしいポイントです。

まさに“自然を活かした、樹上のアウトドアパーク”。童心にかえって、非日常体験を楽しんでください。

フォレストアドベンチャー・三島スカイウォーク
  • 静岡県三島市笹原新田313
  • 055-972-0053

・営業時間:9:00~17:00
・料金:3,600円、ロングジップスライド1,800円/人、クリフチャレンジャー1,000円/10分ほか
※アドベンチャーコースは小学4年生以上もしくは身長140cm以上から体験可、体重130kg以下

2.フォレストアドベンチャー・小田原


高速道路を降りて3分という好立地にあるフォレストアドベンチャー・小田原。ここの売りは日本最大の「ディスカバリーコース」があること。高い木の上からロープにぶら下がって滑走するジップスライドは8つもあるんです!

アドベンチャーコースもあり、大人も子供も家族みんなで楽しめるスポットです。

フォレストアドベンチャー・小田原
  • 神奈川県小田原市久野4391
  • 080-4330-4030

・営業時間:9:00~日没(最終スタートは15:00)
・定休日:不定休
・料金(通常料金):大人(18才以上)3,600円、小人(小学1年生〜17才)2,600円
※ファミリー割引・シニア割引あり ※アドベンチャーコースは小学4年生以上もしくは身長140cm以上から体験可能

■関連記事
【関東】子連れで旅行したいスポット19選

3.フォレストアドベンチャー・箱根


フォレストアドベンチャー・箱根は日本随一の観光地・箱根にあり、旅のスケジュールにも組み込みやすいのがおすすめ。「アドベンチャーコース」と、身長110cm以上であれば誰でも楽しめる「キャノピーコース」があるので幅広い世代で楽しめます♪

クライミングウォール「クリフチャレンジャー」があり、約7mの壁に11ルートがあり、ロープに確保された状態で登るので初心者でも安全に体験できますよ♪

フォレストアドベンチャー・箱根
  • 神奈川県足柄下郡箱根町湯本字茶の花749-1
  • 080-4219-2206

・営業時間:9:00(受付8:40)~17:00(最終受付15:10)
・定休日:不定休
・料金(通常料金):【アドベンチャーコース】大人(18才以上)3,600円、子供(小学4年生〜17才)2,600円
【キャノピーコース】1名2,500円
※アドベンチャーコースは小学4年生以上もしくは身長140cm以上から体験可能

■関連記事
箱根を五感で満喫!ジャンル別観光スポット30選

4.フォレストアドベンチャー・秩父


フォレストアドベンチャー・秩父は「秩父ミューズパーク」のスポーツの森内にあります。

「アドベンチャーコース」のみですが、規模は国内最大級! 6本のジップスライドで谷を越えていく爽快感は抜群です♪ 全コースが高い位置に設置されていて、大人も大興奮間違いナシですよ。

また近くにPICA秩父があり、コテージでの宿泊やお食事に立ち寄るのもおすすめです。翌日は長瀞で、ラフティングやキャニオニングでアウトドアを満喫するのもいいですね。

フォレストアドベンチャー・秩父
  • 埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク・スポーツの森内
  • 070-5567-3335

・営業時間:9:00~日没
・定休日:不定休
・料金(通常料金):【アドベンチャーコース:コンティニュービレイシステム】大人・子供3,600円
※小学4年生以上もしくは身長140cm以上から体験可能

■関連記事
秩父で観光!どこ行く?何する?絶対外せないスポット大特集

5.フォレストアドベンチャー・おおひら

栃木県にあるフォレストアドベンチャー・おおひらは、「アドベンチャーコース」と「ディスカバリーコース」の2コースがあります。

見どころは、様変わりする森。里山を再生したパーク内には針葉樹・広葉樹・竹林があります。竹林での体験は、まるで忍者修行!?それぞれの雰囲気を楽しみながら体験できます。

敷地内にはバーベキュー施設もあるので、森でたくさん遊んでお腹が空いたらレッツ・バーベキュー! 里山を堪能できるスポットです。

フォレストアドベンチャー・おおひら
  • 080-1344-8424

・営業時間:【通常】9:00~17:00 【夏時間】9:00~18:00(7・8月) 【冬時間】9:00~16:00(11~2月)
・定休日:水曜日(祝日・学校休業期間を除く)
・料金(通常料金):【アドベンチャーコース】大人(18才以上)3,500円、子供(小学4年生〜17才)2,500円
【ディスカバリーコース】大人(18才以上)3,000円、子供(5〜17才)2,000円
※アドベンチャーコースは小学4年生以上もしくは身長140cm以上から体験可能
※ディスカバリーコースは5才、身長110cm以上から体験可能

■関連記事
主役は子供!子連れで行きたい関東おでかけスポット25選

6.フォレストアドベンチャー・つくば

フォレストアドベンチャー・つくばは、旧がま公園に造られたパーク。「アドベンチャーコース」と「キャノピーコース」が利用でき、全56のアクティビティが設置されています。

特に、約1,000本の梅が広がる筑波山梅林を眼下に眺めながら空中を滑走するジップスライドが目玉! 2月下旬から3月は梅が咲き誇り、圧巻の景色です。

周辺には筑波山温泉もあるので、体を動かして汗をかいたら温泉に浸かってリフレッシュしちゃいましょう♪

フォレストアドベンチャー・つくば
  • 茨城県つくば市沼田1688
  • 090-4755-7800

・営業時間:【通常】9:00~17:00
【夏時間】9:00~18:00(7・8月)
【冬時間】9:00~16:00(11~2月)
・定休日:木曜日(祝日・学校休業期間を除く)
・料金(通常料金):【アドベンチャーコース】大人(18才以上)3,600円、子供(小学4年生〜17才)2,600円
【キャノピーコース】1名2,100円
※アドベンチャーコースは小学4年生以上もしくは身長140cm以上から体験可能
※キャノピーコースは身長110cm以上から体験可能

■関連記事
雨の日を楽しもう!関東のお出かけスポット21選

7.スウィートグラス・アドベンチャー

フォレストアドベンチャーの仲間、スウィートグラスアドベンチャーは浅間山の大噴火で被害を受けずに残った北軽井沢の森を活用してできたパーク。森林リゾート「ルオムの森」の一角にあり、他にも由緒ある洋館やレストラン、ブックカフェ、お土産屋さんもある北軽井沢らしいおしゃれスポットです。

ここでは「アドベンチャーコース」と「ディスカバリーコース」が体験可能。またハーネス不要で未就学児でも楽しめるように工夫された「どんぐりコース」や、ツリーハウス、木工クラフトもできるのでご家族みんなで楽しめるのがうれしいですね♪

またアドベンチャーとバーベキューのお得なパックで、施設内のレストランのひとつ「あさまグリル」で手軽にバーベキューが楽しめるので、“アスレチック×バーベキュー”もおすすめですよ!

スウィートグラス・アドベンチャー
  • 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4783
  • 0279-84-3369

・営業時間:日により異なるため公式HPをご確認ください
・定休日:不定休
・料金:【ディスカバリーコース】3,100円(小学1年生かつ身長110cm以上)
【アドベンチャーコース】3,100円(小学4年生または身長140cm以上)
【どんぐりコース】 無料(未就学児から可能) ※トランポリンは20分500円

■関連記事
長野県・軽井沢観光で子供と思いっきり遊べるスポット11選

8.樹の上の冒険王国ターザニア

樹の上の冒険王国ターザニアも、フォレストアドベンチャーの仲間。330万平方メートルの広大な敷地を持つ一大複合リゾート「リソル生命の森」内にあります。

ここでは「アドベンチャーコース」と「キャノピーコース」が楽しめ、さらに最大の目玉、日本最長445mのロングジップスライドも! 開けた場所で森を眺めながら風を切る感覚は爽快です♪

また敷地内には宿泊施設やテニスコート、プール、レストランなどもあるのでぜひ一緒に利用してみてくださいね。

樹の上の冒険王国ターザニア
  • 千葉県長生郡長柄町味庄東台1067 生命の森リゾート内ターザニア
  • 0475-35-0071

・営業時間:9:00~日没まで(夏季は8:30~)
・定休日:季節によって異なるため公式HPをご確認ください
・料金:【アドベンチャーコース】大人(18才以上)3,800円、子供(小学4年生〜17才)2,800円
【キャノピーコース】2,600円(小学生以上)
【445mロングジップスライド】1,500円(小学生以上)
※アドベンチャーコース、ロングジップスライドは小学生以上、身長140cm以上から体験可能
※キャノピーコースは小学生以上、身長110cm以上から体験可能

■関連記事
【関東】夏休みに自然などを満喫!子供が喜ぶ体験スポット17選

水上アスレチックで度胸試し!

ここからは、水の上でアスレチック体験ができるスポットをご紹介します!

9.清水公園フィールドアスレチック

キャンプやバーベキュー、マス釣り、ポニー牧場などアウトドア施設が充実した清水公園内にあるフィールドアスレチックがこちら。本格的な野外スポーツ施設で、「冒険コース」「チャレンジコース」「水上コース」があり、計100ポイントの木製遊具が設置されています。

特にスリリングなのは、水上コース! 20ポイントの遊具には、いつ池に落ちてもおかしくないような場所がたくさんあります。遊具の「水面突進」や「水面走り」は水濡れ必至!? 大人もいつの間にか本気になってしまうこと間違いなしです。

清水公園フィールドアスレチック
  • 千葉県野田市清水906
  • 04-7125-3030

・営業時間:天候やコンディション、時期によって異なるため公式HPをご確認ください
・定休日:12/30~1/1
・料金:大人(中学生以上)1,000円、小学生700円、シルバー(65歳以上)500円、未就学幼児(4歳以上・施設使用料)200円

■関連記事
【千葉】子供も連れて家族で行きたい!おすすめ乗馬スポット

10.フィールドアスレチック 横浜つくし野コース

フィールドアスレチック 横浜つくし野コースには、50基ものフィールドアスレチックの遊具に、さまざまな遊具がぎゅっと凝縮されたトムソーヤ冒険の森、バーベキュー場があります。

フィールドアスレチックにはステージが全部で4つ。まずはファーストステージ・東の山で慣らし運転から始めます。セカンドステージ・池にはロープで繋がれたタライに乗って池を渡る場面も!ずぶ濡れにならないよう、仲間と協力しながらクリアしていきます。

サードステージ・西の山は坂の多いポイントが多数。なかなかハードですが、滑車ロープで空中を滑走するポイントもありますよ。そしてファイナルステージ・おどろきでは「ありじごく」など、一筋縄では進めないポイントが待ち受けています!

フィールドアスレチック横浜つくし野コース
  • 神奈川県横浜市緑区長津田町4191
  • 045-983-9254

・営業時間:9:00~17:00
・定休日:12/29~1/3
・料金:大人800円、中高生700円、3歳~小学生500円、3歳未満無料

■関連記事
子供と一緒に鎌倉観光!家族で楽しい観光スポット21選&おまけ付き!

11.フィールドアスレチックありのみコース

Daisuke 39さん(@nitenmon385)がシェアした投稿 -

フィールドアスレチックありのみコースは、少し変わった40基の木製遊具が設置された公園です。水上のアスレチックも充実していて、特に目玉は終盤の池の上を通るターザンロープ! 距離も長くて挑戦しがいのあるポイントですよ♪

ほかにも小さな子供も楽しめる大型遊具やバーベキュー場などがあり、1日遊べるご家族におすすめのスポットです。

フィールドアスレチックありのみコース
  • 千葉県市川市大町226-1
  • 047-338-2050

・営業時間:9:30~17:00
・定休日:月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始(12/26~1/4)
・料金:大人800円、小中学生700円、幼児(3歳以上)500円

■関連記事
初心者にも嬉しい!手ぶらでOKなキャンプ場22選【関東編】 

12.平和の森公園フィールドアスレチック

chanmakiさん(@makirock0411)がシェアした投稿 -

都会にある憩いの場、平和の森公園フィールドアスレチックは40基の木製遊具がリーズナブルな料金で遊べます。それぞれの遊具には地名や歴史にちなんだ名前が付けられているので、大人も子供もどういう意味なのか考えてみましょう♪

こちらも水上コースがあり、タライをオールで漕ぎながら池の噴水の周りを一周する「羽田の渡し」など、普段使わない筋肉を使ってクリアするポイントも!

ちなみに公園内では食事ができず、また終了時間も早めなので、午前中に訪れるのがおすすめです。

平和の森公園フィールドアスレチック
  • 東京都大田区平和の森公園2-1
  • 03-3766-1607

・営業時間:9:30~15:00(退場時間は16:30まで)
・定休日:月曜日(祝日の場合は開場、翌平日休場)、年末年始 ※降雨・降雪時、またその翌日等コンディション不良のときは休場
・料金:高校生以上360円、小中学生100円 ※幼児は使用不可

■関連記事
ハズレなし!東京お出かけスポット10選

13.鬼怒グリーンパーク


「水との出会い」をテーマに造られた鬼怒グリーンパークは、広大な敷地にサッカー場兼ラグビー場やテニスコート、野球場、パークゴルフ場などのスポーツ施設が充実。パーク内は宝積寺エリア、白沢エリア、上流広場の3つのエリアに分かれていて、宝積寺エリアに水上アスレチックがあります。

水上アスレチックは視界の開けたのどかな風景の中にあり、所要時間は30ポイントで約1時間半。水濡れも気にせず、鬼怒川の自然を感じながらアスレチックを満喫しましょう!

鬼怒グリーンパーク
  • 栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺86-1
  • 028-675-1909(鬼怒グリーンパーク管理事務所)

・営業時間:【4月~9月】8:45~16:30、 【10月~3月】8:45~16:00 ※アスレチックの利用時間
・定休日:無休
・料金:大人(高校生以上)300円、小中学生150円

■関連記事
日光・鬼怒川で必ず行きたい観光スポット29選

広大な敷地でのびのび遊ぼう!

広々とした敷地でアスレチックはもちろん、充実した設備も満喫しつつ1日のびのび楽しめるスポットです!

14.ツインリンクもてぎ

サーキットでレースが行われることでも有名なツインリンクもてぎ。モータースポーツが盛んなこともさることながら、遊園地やレストラン、ミュージアム、キャンプなど多種多様な楽しみ方ができるんですよ♪

ここでのアスレチックは、遊びの森の中にある風変わりな遊具。遊具だけでなく、森を散策しながらつり橋を渡ったり、沢を通ったりして探検隊になった気分で回れるのが特徴です。

ツインリンクもてぎには、2つのジップラインプログラムが用意されています。「メガジップラインつばさ」はスタートデッキから中間デッキ、中間デッキからゴールデッキの往復561m、最大高低差約20mの2つのラインを駆け抜けます。

「森のジップライン・ムササビ」は6本のジップラインと3つのつり橋を渡る大冒険プログラム! 本番前に練習できるポイントもあるので、安心してくださいね。森の中の景色を楽しみながらいろいろな発見をしましょう♪

ツインリンクもてぎ
  • 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
  • 0285-64-0001

・営業時間:日によって異なるため公式HPをご確認ください。
・定休日:日によって異なるため公式HPをご確認ください。
・入場料金(通常営業日):大人(高校生以上)1,000円、15歳未満無料
・ジップライン料金:【メガジップラインつばさ】大人・小人1,300円 【森のジップライン】大人・小人2,100円
※メガジップラインつばさは体重35kg以上90kg以下の方が体験可能
※森のジップラインは小学4年生から、身長135cm以上から体験可能

■関連記事
【厳選!】日光・鬼怒川おすすめ名物グルメまとめ

15.日光だいや川公園

日光だいや公園は自然の中での体験学習やスポーツやキャンプが楽しめる公園。フィールドアスレチックは人・情報交流ゾーン内にあります。

公園内を流れる「みどりのせせらぎ」沿いにアスレチックがあり、遊具で小川を渡るポイントも!川に落ちないように慎重に渡りましょう。また初夏には飛び交う蛍も見ものです。

日光だいや川公園
  • 栃木県日光市瀬川844
  • 0288-23-0111

・営業時間:【4月~9月】9:00~16:45(受付は15:45まで) 【10月~3月】9:00~16:30(受付は15:30まで)
・定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/1)
※ただし、3月20日~5月31日、7月20日~8月31日、10月1日~10月31日の火曜日は営業
・料金:大人(高校生以上)300円、小中学生150円

■関連記事
日光の観光地まとめ【ファミリー向け】

16.ふなばしアンデルセン公園

PIXTA

国内の屋外テーマパークで人気上位につけるほど、老若男女問わず人気が高いふなばしアンデルセン公園。童話作家アンデルセンの育った町の風景をイメージして造られた園内には、メルヘンな雰囲気が漂います。

園内は5つのゾーンに分かれていて、ワンパク王国ゾーンに「森のアスレチック」があります。コースは全部で4つ。小さな子供向けの「ファミリーコース」、初~中級者向けの「じゅえむの冒険コース」、中~上級者向けの「ダイナミックコース」、上級者向けの「力だめしの森コース」で楽しめます。

規模が大きく種類豊富なアスレチックで、大人も子供も夢中になれること間違いナシ! 自然の中で思いっきり体を動かしましょう♪

ふなばしアンデルセン公園
  • 千葉県船橋市金堀町525
  • 047-457-6627

・営業時間:9:30~16:00
※4月8日~10月31日の土日祝日、3月20日~4月7日、7月20日~8月31日の全日は9:30~17:00
・定休日:月曜日(祝日、春・夏・冬休み期間は開園)
・料金:【入園料】大人900円、高校生600円、小中学生200円、幼児(4歳以上)100円 ※入園料金無料日あり

■関連記事
近場で満喫!関東の日帰りで楽しめるお出かけスポット20選!

17.那須野が原公園


那須野が原の一角にある那須野が原公園にはプールや芝生広場、オートキャンプ場など、牧歌的な雰囲気の自然の中でのびのびと遊べる施設が充実しています。

公園内の林にあるフィールドアスレチックは、那須野が原の開拓史をテーマにした遊具があり、その数は全30ポイント。大人でもクリアするのが難しい箇所もあり、子供の成長した姿を見つつ大人も楽しめるコースです。

那須野が原公園
  • 栃木県那須塩原市千本松801-3
  • 0287-36-1220

・営業時間:【4月~9月】9:00~16:45(受付は15:45まで) 【10月~3月】9:00~16:30(受付は15:30まで)
・定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
3月20日~5月31日、7月20日~8月31日、10月1日~10月31日は無休
・料金:大人(高校生以上)300円、小・中学生150円

■関連記事
【那須】雨の日もへっちゃら!楽しく過ごせる観光スポット11選

18.水上高原フォレストジップライン


水上高原リゾート200内にある水上高原フォレストジップラインでは、日本最長級の8ライン、全長1.2kmのジップラインが楽しめます。

見える景色もコースによってさまざま! 木々の間をすり抜けていくコースや、朝日岳の絶景を左手に望みながら滑走していくコースもあります。また、キツツキラインはダブルラインになっていて、手を繋ぎながら2人で滑走することもできるんですよ♪

コースの間には綱渡りや丸太渡しなど、木の上のアスレチックゾーンを通って次のコースに行くポイントもあり、ジップラインとはまた違ったスリルも味わえます。

小さい子供やジップラインを少しだけ体験してみたいという方は、ツリートレッキングがおすすめ。身長120~200cm、体重25~120kgが対象のチップマンクコース(10ポイント)と、身長90cm以上が対象のバンビーナコース(5ポイント)があるので、ここでも十分遊べますよ♪

水上高原フォレストジップライン
  • 群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1 水上高原リゾート200内
  • 0278-75-2222

・期間:4月下旬~11月上旬
・営業時間:【ジップライン開始時間】10:00~、13:30~、15:30~ 【ツリートレッキング受付時間】8:30~16:00 ※天候・日照時間により変動します。
・定休日:期間中は無休
・料金:【ジップライン】大人・小人3,800円(8月のみ4,300円) 【ツリートレッキング】大人1,620円、小人1,080円

■関連記事
アウトドアの聖地「水上(みなかみ)」のアクティビティ総まとめ

19.根岸公園

横浜市営地下鉄「岸根公園」駅から徒歩1分の場所にあり、アクセスがとても便利な運動公園。

芝生や池があり、四季を通じでたくさんの人で賑わう広大な公園ですが、子供たちにとりわけ人気なのが「忍者とりで」と「ロングすべり台」。スリルあふれる遊具ではありませんが、程よい斜面を利用しており、比較的小さな子供も楽しむことができます。

また、管理センターでは竹とんぼやフラフープ、レジャーシートなど無料で貸し出しも行なっており、公共の公園ならではの安心感があふれている公園です。

根岸公園
  • 神奈川県横浜市港北区岸根町725
  • 045-481-1697(岸根公園管理センター)

・閉園日:年中無休
・料金:無料

■関連記事
【関東】とびっきりの非日常を体感できるアウトドア12選!

崖登りに木登り!?非日常体験を楽しもう!

ほかの施設ではなかなか体験できない、崖登りや木登りができるスポットをご紹介します。

20.アメリカキャンプ村

Mapponさん(@mappon69)がシェアした投稿 -

ログハウスやツリーハウス、バーベキューハウスなどの施設が充実したアメリカキャンプ村。映画『リング』の撮影に使われたログハウスがあることでも知られています。ここでは、キャンプ場のある山を利用して作られたアスレチックにチャレンジできるんです。

アスレチック(ボルダリングコース)は全部で25ポイント。森の木を利用したというより斜面を利用しているポイントが多く、大人でもかなりハード。30分から1時間で回れます。

家族や仲間とアスレチックを楽しんだらバーベキューで盛り上がるのもおすすめですよ♪

アメリカキャンプ村
  • 東京都西多摩郡奥多摩町梅沢230
  • 0428-83-2724

・アスレチックの利用時間:10:00~16:00
・定休日:原則水・木曜日(7・8月、祝日は除く)
・入場料:中学生以上1,200円、3歳~小学6年生600円
・アスレチック利用料:中学生以上1,000円、6歳~小学6年生500円

■関連記事
夏だ、BBQだ!都内から日帰りOK!海辺でできるBBQスポット6選

21.群馬県での木登り(ツリーイング)体験

photo by そとあそび

水上温泉でも有名な群馬県みなかみ町では、ツアー会社「猿山-モンキーマウンテン」が開催する木登り(ツリーイング)ツアーが体験できます。谷川岳と利根川を望みながら地上10mの木登りはとっても爽やか!

木登りといっても、木を抱えてよじ登っていくのではなく、2本のロープを使った技法で上に登っていきます。余分な力を使わず脚力で登るので、女性や子供も楽しめますよ♪

地上6mまで登ると、木に吊るされたチェアハンモックで一休み。そしてまた登っていき地上10mに到着すると、今度は寝そべることができるハンモックがあるので、ここでくつろぐことができます。

利根川を眺めながらの地上10mでのカフェタイムは最高! お好きなドリンクとケーキで自然を満喫できます♪

地上に降りると最後に振り幅8mの特大ブランコに挑戦! 利根川に向かって飛び出せば気分はまさにターザン! オプションで地上6mでの綱渡り体験もできるので、よりスリルを感じたい方はこちらもぜひ挑戦してみてくださいね♪

主催会社:猿山-モンキーマウンテン
  • 群馬県利根郡みなかみ町川上131‐5

■関連記事
注目レジャー!ツリークライミング(ツリーイング)の楽しさを知ろう!

都会の街中から緑豊かな場所までさまざまなアスレチックがあるので、ぜひいろいろなアスレチックにお出かけしてみてくださいね♪

アウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、子供づれで楽しめるツアーを数多く紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(編集部注*2016年7月15日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する