雨でもポジティブになれる鬼怒川の観光スポット8選! 2018.07.05 鬼怒川

旅行が雨だとガッカリ…。でも、今回ご紹介する観光スポットなら、雨でも思いっきり楽しめること請け合い!アクティブ系や芸術系、癒やし系など、それぞれの目的や好みにピタッとくる鬼怒川周辺のおすすめスポットをご紹介します。

楽しみにしていた鬼怒川観光の日にまさかの雨・・・でもガッカリしないで!雨でも十分楽しめる観光スポットをご紹介します。

アクティブに動き回りたい方や芸術や歴史に触れたい方、大自然を満喫したい方、それぞれの旅の目的や好みにもピタリとハマるスポットが見つかるはずです。

【目次】

- 1.とりっくあーとぴあ日光
- 2.鬼怒川キャ二オニングツアー
- 3.平家の里
- 4.日光 花いちもんめ
- 5.足湯カフェ espo(エスポ)
- 6.鬼怒川ラフティングツアー
- 7.EDO WONDERLAND 日光江戸村
- 8.金谷ホテル

1.観て触れて遊べる体験ミュージアム「とりっくあーとぴあ日光」

yamamoriさん(@yamamoriseiji)がシェアした投稿 -

「とりっくあーとぴあ日光」は、人間の目の錯覚を利用して平面(二次元)のものを立体(三次元)的に描き表す、不思議で楽しいトリックアートに「観て」「ふれて」「写真を撮って遊べる」体験ミュージアム。

屋内型テーマパークなので、雨の日でも関係なく思いっきり遊ぶことができます。

展示されている作品はすべて壁に直接描かれたもので、分かっていても「本当に平面なの?」と、ついつい触って確かめたくなってしまうほどリアルに表現されています。

「遠近法」「陰影法」「前進色と後退色の組み合わせ」などの技法に、新しいアイデアと技術が付加されてまったく新しい芸術として確立されたトリックアートの不思議な世界を堪能しましょう。

とりっくあーとぴあ日光
  • 栃木県日光市小佐越1-4
  • 0288-77-3565

・営業時間:9:30〜17:00/季節変動あり
・料金:大人1,900円、小人1,100円/他プラン・料金あり

2.雨の日は水量UPでさらにワクワク!「鬼怒川キャ二オニングツアー」

ガラスのように透き通った水の中を泳いだり、岩の上から飛び込んだり、次々と現れる天然岩の滑り台でウォータースライダーを楽しんだりと、インディージョーンズのような探検ツアーが楽しめる「NAOC(ナオック)」の“鬼怒川キャ二オニングツアー”。

ベテランガイドが同行し、子供や初心者でも安心してキャニオニングを満喫できる遊び心満点のツアーです。川や水しぶきで濡れるので、雨が降っていても関係なく楽しめます。

沢登りの楽しさを併せ持ち、ワイルドな峡谷を存分に楽しめる「フカマキャニオン」をはじめ、まぼろしの滝と出合えるスケール感のある「エイトキャニオン」など、多彩なコースを用意。

鬼怒川の深い渓谷の自然にどっぷりと浸かって心もカラダもリフレッシュ!アクティブ派もきっと大満足できますよ♪

それでは、実際に雨の日に体験した方からの口コミをご紹介します。

8月末のちょっと天気の悪い日だったので残念だなと思い行ったのですが、逆に水量が増えて楽しかったです。シャワークライミングの間もずっと小雨が降っていたのですが川の中に居るので関係なく、大変気持ちよかったです。

8月末でも結構川の水は冷たいので、ジャージ等の上着を持っていくと良いですよ(濡れても水はけの良い服)。あと、タオルですね。他は借りた方が良いですね。ナオックの方も大変親切にしていただいて是非にもう一度参加したいと思います(30代・男性)
引用-そとあそび

主催会社:NAOC(ナオック)
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉滝 871−2 NAOC(ナオック) 鬼怒川オフィス

■関連記事
鬼怒川のキャニオニングが魅力的過ぎる!

3.雨に濡れる茅葺き屋根も趣深い「平家の里」

RJ.ripeさん(@rj.ripe)がシェアした投稿 -

「平家の里」は、その昔、源平の戦いに敗れた平家が源氏の追手から逃れるために秘境・湯西川に身を隠して生活をはじめたといわれ、こうした落人たちの生きざまや生活様式を後世に伝える拠点として、源平の戦に敗れてからちょうど800年目にあたる昭和60年に復元された民俗村です。

敷地内には8棟の茅葺き屋根の民家が点在し、まるで昔話の世界に入り込んたかのよう。古くから伝わる生活用具の展示や、木鉢、木杓子つくりの実演、名物の販売も行われており、落人たちが送っていた“山村生活”を体感することができます。

かつて永華を誇った平家が、後にたどった衰退の歴史…勢い栄えるものも必ず滅びる「盛者必衰」の道理が現代社会と重なり合います。

雨の日は、しっとりと濡れた木々がよりいっそう古の雰囲気に磨きをかけ、重みを感じることができます。

平家の里
  • 栃木県日光市湯西川温泉1042
  • 0288-98-0126

・営業時間:8:30~17:00/最終入館16:30、季節変動あり
・料金:大人510円、小人250円/他プラン・料金あり

4.年中満開のフラワーガーデン「日光 花いちもんめ」

@emisucculoveがシェアした投稿 -


大小2つの温室では常に15℃以上25℃以下に室温が保たれ、潅水コントロールで1年中満開の花を楽しむことができる「日光 花いちもんめ」。

約8,000鉢ほどある球根ベコニアは、まるでシャンデリアのように頭上いっぱいに広がっています。園内には記念撮影の場所も用意しているので、近くのスタッフに声をかけて撮影してもらいましょう。

また、自社農場からの直売品のほか、園内で育てた四季折々の鉢花を取りそろえ質の良いものを安く販売しているので、おみやげにもおすすめです。

日光 花いちもんめ
  • 栃木県日光市小佐越坂の下800
  • 0288-77-0866

・営業時間:9:00~16:30/受付終了16:00
・料金:大人800円、小人400円/他プラン・料金あり

■関連記事
日光・鬼怒川で必ず行きたい観光スポット29選

5.屋根付きオープンテラスで安らぐひと時「足湯カフェ espo(エスポ)」

休憩するならホテルサンシャイン鬼怒川内にある「足湯カフェ espo(エスポ)」はいかがでしょう?

足湯に浸かりながら目の前に広がる観光名所の鬼怒楯岩大吊橋と自然豊かな渓谷を眺め、のんびり&まったり♪雨の風景も旅情を掻き立てられ、なかなか良いものです。

また、地元日光産の素材を使った軽食メニューや、ドリンクメニューも豊富!足湯・眺望・ティータイムが一度に楽しめる新感覚のスポットです。

足湯カフェ espo(エスポ)
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1437-1 ホテルサンシャイン鬼怒川内
  • 0288-77-2727

・営業時間:10:00~19:00/L.O.18:30、季節変動あり

6.天然の打たせ湯も楽しめる「鬼怒川ラフティングツアー」

切り立った数十メートルの巨岩や奇岩が織りなす渓谷を下る“鬼怒川ラフティング半日コース”は、保護者同伴なら小学1年生から参加できるツアーです。

前半では高さ約90mの「盾岩」や実物大サイズの「軍艦岩」、動物の姿に見える奇岩などが乱立する3つの急流を、爽快かつスリル満点に下っていきます。

打って変わって流れの穏やかな後半では、約4mの高さからの飛び込みや川でぷかぷか浮かぶ体験など、思いっきり川遊びが楽しめます。

鬼怒川のコースには、地の利がもたらす天然温泉の流れ込みや打たせ湯があるのも魅力。雨天などの少し冷えを感じる日は、この癒やしポイントで体を温めましょう!

ヤマメやアユ、野生の猿や鳥、山桜にニッコウキスゲなど、四季折々の豊かな自然を観察できるのも鬼怒川ラフティングが人気の理由です。

主催会社:栃木カヤックセンター/鬼怒川ラフティングセンター/日光・那須アウトドアサービス
  • 栃木県日光市小佐越 鬼怒川レジャー公園

<<鬼怒川で体験できるラフティングツアーの一覧はこちら>>

7.屋内プログラムも充実の体験スポット「EDO WONDERLAND 日光江戸村」


実物さながらの江戸の町並みが再現された「EDO WONDERLAND 日光江戸村」。門をくぐればもうそこは江戸時代!屋外テーマパークですが、体験やお芝居、飲食など屋内での体験プログラムも多いので、雨の日でも満喫できます。

雨が降る江戸の風景も情緒があり、傘をさす江戸人になりきったスタッフの姿もよりリアルに感じます。

大きな桶に瑞々しい本物の野菜が浮かんでいたり、そこかしこに江戸の生活感が演出され、食文化が開花した江戸時代の味や、ここでしか味わえない食事などを楽しむこともできます。

店の名前から料理名まで独自の由来や逸話があるので、知ってから行くともっと楽しいですよ♪時にはちょんまげ姿の“江戸人”が普通に食事をしているところに遭遇したり、油断できないほどサプライズにあふれています。

EDO WONDERLAND 日光江戸村
  • 栃木県日光市柄倉470-2
  • 0288-77-1777

・営業時間:9:00~17:00/季節変動あり、通常毎週水曜日休村
・料金:大人4,700円、小人2,400円(1日手形)/他プラン・料金あり

8.有形文化財に登録された日本最古のリゾートホテル「金谷ホテル」

norizouさん(@norizou51)がシェアした投稿 -

雨の日は「渓谷の別荘」とも称される、歴史ある「金谷ホテル」で優雅に過ごすのもおすすめです。鬼怒川温泉駅から350mほどの場所にあり、ゆっくり歩いても5分ほどで到着するので雨の日でもラクラク♪

長期のバケーションといった慣習も、リゾートという概念も、洋食といったものすらない時代に外国人相手の宿泊施設として「金谷カッテージイン」を開業したのが「金谷ホテル」の始まりです。創業者「ジョン金谷鮮治」が描いた“もてなしの心”と“美学に溢れたダンディズム”の世界観が広がる、モダンで洗練された館内を歩くだけでも素敵です。

鬼怒川金谷ホテルのホテルダイニング「ジョンカナヤ」では、ランチの時間に限定20食の特製ビーフシチューランチを頂くことができます。ランチは予約が必要となりますので、事前に連絡を。大きな開放感あふれる窓から見える景色を眺めながら、伝統の味が楽しめる贅沢な時間…雨の日は木々の緑がより一層深まって美しいです。

ランチでいただける金谷ホテルのパンは“パンの神様”と呼ばれた職人の味が受け継がれていて、長年愛され続けています。パンはネット販売でも購入できますが、鬼怒川金谷ホテルでも購入することができるので、ぜひ焼きたてを堪能しましょう。

金谷ホテル
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1394
  • 0288-76-0001

・営業時間:チェックイン14:00~、チェックアウト11:00
・料金:客室タイプ・プランにより変動

雨でもへっちゃら!鬼怒川を遊びつくそう!

いかがですか?雨というと屋内ばかりイメージしてしまいがちですが、屋外にも楽しめるスポットがあり、ジャンルもさまざま!

鬼怒川には天気に左右されず楽しめるスポットがほかにもたくさんあります。もうこれで雨でもポジティブになれますね♪

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では鬼怒川周辺で楽しめるアクティビティをたくさん紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

(編集部注*2016年4月27日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する