初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

  • とびっきりの体験アウトドア歴15年の
    プロが厳選したコースのみ
  • だれでも気軽に!初心者大歓迎!
    全コースプロガイドつき
  • 最低価格保証いつもお得な価格で
    予約ができる!
2016.2.14

初めてのカヌー体験!服装と持ち物はどうすればいい?

初めてカヌー体験ツアーに参加する時、服装と持ち物はどうすればいいか、お悩みの方も少なくないはず。カヌーを体験する際の基本的な服装と持ち物についてご案内します。

初めてカヌー体験ツアーに参加する時、服装と持ち物はどうすればいいか、お悩みの方も少なくないことでしょう。

今回はカヌーを体験する際の基本的な服装と持ち物についてご案内します。

カヌー体験時の服装で気をつけるポイント

水に濡れても動きやすく体を冷やさないものをチョイス

河川や湖でパドルを漕いで進むカヌー体験をする時の服装のポイントは以下です。

  • 水に濡れても構わない
  • 動きやすく快適
  • 水を弾きやすい生地素材を選ぶ(吸収性の良い綿はNG)

全身を使うスポーツですので、動きやすいのが大前提。転覆したりして水の中に落ちても動きを妨げない、濡れた場合も体を冷やさない服装を念頭に置いておきましょう。

綿やデニムは避けよう

photo by Paul Townsend

photo by Paul Townsend

トレーナーやジーンズ生地、チノパン、スカートなどの綿製品は、濡れると重くなって動きが制限されてしまう上、体温を奪うため、寒い秋や冬場だけでなく、夏場においても危険です。安全管理上、綿素材の服装での体験ツアーの参加を禁止しているカヌースクールも多いので、綿の衣料品は避けましょう。

体験カヌー参加時のオススメの服装とは?

濡れても保温性、速乾性のある化繊素材の運動着を

おすすめなのは、濡れても保温性があるフリース素材や、速乾性のあるドライシャツといった化繊生地の服装です。マラソンやジムで身に付けるような運動着だと良いでしょう。夏場はショートパンツが快適ですが、日焼け防止にはロングパンツがベストです。

夏は水着も活用しよう

photo by Jodie Wilson

photo by Jodie Wilson

夏場であれば、水着での参加をOKしているスクールもありますが、確認が必要です。水着で参加する場合も、念のためシャツとロングパンツも持っておきたいもの。水着を下着代わりに使うと便利で快適です。

泳ぎやすく日焼け防止にもなるラッシュガードなら、一層良いでしょう。トイレの時などに着脱しやすいセパレートタイプがベターです。

寒い季節は風を通さないレインウェアや防水ジャケットを

濡れたまま風に当たると体温を奪われてしまうため、風を通さないレインウェアや防水ジャケット、ウィンドブレーカーも用意しておきましょう。

夏以外の季節は、防寒の機能もある防水ジャケットは必須です。寒い季節は、保温性をアップさせる長袖のドライシャツなど、化繊のインナーウェアも準備して下さい。

レンタルもうまく利用しよう!

スクールによっては、ライフジャケットなどの基本装備以外にも、レインウェアや防水ジャケットなどをレンタルしているところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

意外と忘れがちな必需品と役立つ便利品

水に濡れるレジャーの必需品!タオル

濡れた体や、濡れた衣類の水気を吸収するために吸収性の良いタオルを2〜3枚用意しておきましょう。汚れてもいい大きめのタオルがオススメです。

日差し予防に!防水のハット

夏はもちろん、他の季節でも、日焼け防止や雨対策にもなるハットタイプの帽子が必需品です。風に飛ばされにくいあご紐が付いているものが理想的でしょう。

カヌー用があればベスト!防水の靴

靴は濡れても構わず、運動に適したマリンシューズ、ハイキングシューズなどがおすすめです。ケガや危険防止にも、底が厚すぎるものや薄すぎるものはやめましょう。着替え時にはサンダルがあると便利ですが、足のケガを防ぐためにも体験時には履かないほうが良いでしょう。

雨天時や秋や冬には、レインブーツが推奨されており、レンタルシューズを用意してくれているツアーもありますが、有料の場合もあります。ご自身でお持ちの防水サンダルや靴があれば持ってきましょう。

着替えとタオル以外にも用意しておきたいもの

日差し対策:サングラス

photo by Pixabay

photo by Pixabay

水場の強い日差しにはサングラスがあると好ましいですが、体験中に水の中に落としてしまわないように、メガネバンドもあわせて準備しておきましょう。また、視界の眩しさをガードしてくれるので安全面の上でも持っておくといいでしょう。

ビニール袋でも代用可能!防水の袋

Photo by mont-bell公式オンラインショップ

Photo by mont-bell公式オンラインショップ

貴重品やスマートフォンなどの電子機器などをしまうための防水バッグも、できれば完全防水のものを揃えておきたいものです。中身はカヌー体験中の水分補給のための飲料水、万が一ケガをした際に必要となる健康保険証のコピーを入れておくのにも便利です。

なければビニール袋でも代用OK!濡れた着替えを持って帰るのにも便利ですよ。

日焼け対策!:日焼け止め

photo by Sunny Ripert

photo by Sunny Ripert

水上は日焼けをしやすく、対策をしていないと場合によってはやけどのような状態になってしまうこともあるので、特に夏場は日焼け止めも用意しましょう。

準備万端でカヌー体験を楽しもう!全国のツアー情報は「そとあそび」で!

スクールや体験ツアー、季節によっても参加する時の服装や持ち物が微妙に異なることがあるため、事前にチェックしておきましょう。

カヌーやカヤックは年齢性別を問わず楽しめますが、自然の中で行うアウトドアスポーツですので、急な天候や温度の変化にも対応できるよう、服装や持ち物は万全の準備をしておくことが望まれます。

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、お子様から60歳以上のシニア世代まで、初心者でも参加できる全国各地の体験ツアーの情報を掲載しております。ぜひご一読ください。

■関連記事■
カヌーとカヤックは何が違うの?はじめに知っておきたいカヤック豆知識!

初心者が知っておきたいテクニック/カヌーの乗り方・パドルの持ち方と漕ぎ方

知っておくと安心!カヌーが転覆(沈)した時に脱出・復帰する方法とは

オリンピックだけでなんと16種類も!カヌーの競技種目まとめ

東京五輪まであと5年!知ればもっと面白くなるオリンピックのカヌー競技で期待の日本選手

この夏カヌー体験で絶景を楽しもう!国内おすすめスポット4選

カヌー体験は3歳から。関東で3~6歳の未就学児と一緒に遊べるツアーまとめ

カヌーを関東でするならココ!初心者におすすめの湖5選

関西でカヌー・カヤック体験なら京都木津川がおすすめな4つの理由

北海道でカヌー!美しい湖で体験できる初心者におすすめのツアーまとめ

まるでアマゾン!沖縄でマングローブカヌーを楽しもう

(編集部注*2016/02/14に公開された記事を再編集したものです。)

掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ライター

yuuko

Yuko.H

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。

レジャーを探す

  • 円〜(税込)

  • 円〜(税込)

outfitter

そとあそび』が運営する『Outfitter』は、日々アウトドアの楽しさや参考になる情報を発信しています。

レジャー検索

熊本ボランティア支援について

top

そとあそびとは

大切な人と過ごす特別な時間!
アウトドアのプロが創りだす『とびっきりの体験』

「そとあそび」は、“そとあそびキュレーター”が厳選した初めてアクティビティに参加する人も
楽しめるツアーを主体としたアウトドア・レジャー専門の予約サイトです。

「そとあそび」で取扱うサービスは、各アウトドア・レジャー業界のプロガイドが提供する体験サービスです。
アウトドア・レジャー業界歴15年・ガイド経験のある“そとあそびキュレーター”が、
原則として実際に開催地を下見し、代表者にツアー詳細を確認したうえで、
旅の目的になり得る、おすすめツアーのみを厳選してご紹介しています。
皆さんが安心してお申込できる様、アウトドアツアー主催会社さんの御協力の元、
ご紹介する全ツアーが公示最低料金で参加可能となっております。

アウトドアレジャーそとあそび