知ってた?激流・吉野川のラフティングは、高知側もおすすめだって! 2018.04.02 ラフティング 高知

さぁ、本格的なラフティングのシーズンが到来です!日本一の暴れ川と名高い吉野川で、刺激いっぱいのスリリングな体験をしてみませんか?吉野川を満喫できるとっておきのラフティングツアーを紹介します。

高知県に水源を持ち、徳島側に流れ出る四国の代表的な河川・吉野川。

“日本三大暴れ川“とも称される吉野川でのラフティングは、ほかの川では決して味わえない起伏に富んだダイナミックなコースで、人生で一度は体験しないともったいない!と評判です。

まずは穏やかな流れからスタートし、慣れた頃に最高潮である大歩危・小歩危に到達する高知側からのツアーであれば、ファミリー層にもおすすめです。
そこで今回は、吉野川の魅力を紹介しつつ、そこで行われている高知側スタートのおすすめのラフティングツアーをご紹介!

とにかく刺激を求めている人、とっておきの体験をしたい人、みんなに自慢できる経験が欲しい人、今すぐ吉野川へ行くしかありません!

ラフティングの聖地・吉野川の激流に挑戦してみよう!

PIXTA

支流を含めると四国4県にまたがる吉野川は、広大な流域面積を誇る清流。流域によってさまざまな景色が楽しめる一方、“日本三大暴れ川“としても知られており、利根川の「坂東太郎」、筑後川の「筑紫二郎」に対し、「四国三郎」と呼ばれ親しまれています。

また川の流れが勢いよく、ラフティングにはぴったりのスポット。
吉野川中流部にある大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)と呼ばれる渓谷は流れが特に急なので、多くのラフティングファンがスリリングな川下りに挑戦しています。もちろんどのツアーでもガイドが丁寧に説明し、常に付き添っているので初心者でも気軽に参加できますよ!

川を囲む大きな岩は激流により削られ、そそり立つその岩肌はとてもダイナミック。岩の向こうには緑豊かな四国山地が広がり、爽快感あふれる景色が楽しめます。美しい高知の自然と空気に身も心も清められそう。
これからやってくるラフティングのベストシーズンにぜひ挑戦しておきたい川です。

吉野川
  • 高知県長岡郡大豊町
  • 0887-72-0450(大豊町観光開発協会)


■関連記事
日本一の激流が体験できる!吉野川ラフティングツアーまとめ

家族でラフティングに挑戦!ハッピーラフトのファミリーラフティングツアー

友達同士でアウトドアアクティビティを楽しむのもいいですが、行楽シーズンにはやっぱり家族で遊びに行きたいですよね。でも、小さい子供のいるファミリーには、ラフティングは難易度が高そうで心配…。

そんな人におすすめなのが「ハッピーラフト」主催の“ファミリーラフティングツアー”。経験豊富なガイドが安全面を十分に考慮したルートを案内してくれます。通常よりやさしい流れの場所を選んでいるので、小学1年生から参加可能。強い流れのところもあるので、大人も満足できますよ!

ツアーでは大きな岩の上からダイブしたり、天然のウォータースライダーでボディラフティングに挑戦したり、川遊びも充実。普段なかなか感じることのできない自然を満喫しながら、家族との最高の思い出になる川下りをお楽しみください。

主催会社:ハッピーラフト
  • 高知県長岡郡大豊町筏木221-1

■関連記事
吉野川でラフティング!小学生もOKな家族で楽しめる6つのツアー

激流ファン必見!大歩危・小歩危の両方に挑める1Dayラフティングツアー

1日中たっぷりラフティングを堪能したいなら、「ハッピーラフト」主催の“1Dayラフティングツアー“はいかがでしょうか?

ガイドが毎日、天候や川のコンディションに応じて最高に楽しめるルートを選んでくれます。大歩危と小歩危の両方に挑戦できるので、スリリングな激流を体験したい人におすすめ。激しい水しぶきとスピード感で大盛り上がりすること間違いなしです。

川下りのほかにもいろいろな川遊びができます。約4~8mの高さの岩からジャンプしたり、ゴムボートの上をトランポリンのように跳ねて川に飛び込んだり、どの遊びも迫力満点!

ランチには毎朝焼きたての手作りベーグルが味わえるのも、このツアーの魅力の1つ。ハムやチーズ、クリーム、ジャムなど、お好みで楽しめます。温かい紅茶で冷え切った体を温めたり、スポーツドリンクで水分補給も。このツアーならではの吉野川の楽しみ方をぜひ体験してみてくださいね。

主催会社:ハッピーラフト
  • 高知県長岡郡大豊町筏木221-1

■関連記事
激流が楽しすぎる!吉野川ラフティングがおすすめな3つの理由

レベルに合わせて選べる!初心者でも気軽に挑戦できる初級・ファミリー 午後コース

「リバーランプラス」のツアーはレベルに合わせて選べるのが人気のポイント。“初級・ファミリー 午後コース”なら、ラフティング初挑戦で不安な人も気軽に参加できます。

ツアーのスタートは午後からなので、午前中のんびり過ごしたい人にはぴったりのコース。ウェットスーツや激流用ライフジャケットはもちろん、ラッシュガード、子供用のウェットスーツもレンタルできるので便利。集合場所のベースは最寄りのJR豊永駅から徒歩3分のところにあり、アクセスしやすいのもうれしいポイントです。

丁寧なレクチャーを受けた後、ゆっくりボートを漕ぎながら広々とした吉野川の景色を堪能。慣れてきたら少しずつ流れの速いところを下っていきます。ボートの外に足を出して座ってみたり、ボートを持ち上げてバランスゲームをしてみたり、初心者でもラフティングを存分に楽しめるツアーです。

主催会社:リバーランプラス
  • 高知県長岡郡大豊町西土居1番地-1 豊永ポエムベース

■関連記事
吉野川のおすすめラフティングコース「大歩危小歩危コース」の9つの激流ポイント

初挑戦でもスリリングな激流を体験したい人におすすめ!中級・半日 午後コース

ラフティングは初めてだけど、スリリングな川下りに挑戦したいという人には「リバーランプラス」の“中級・半日 午後コース”がおすすめ。

最初は練習の瀬で、穏やかな流れの場所からスタートして大きな波のあるポイントへ下っていきます。漕ぐ練習と落ちないように掴まる練習をしたら、いざ激流へ!

荒々しい波が300m続く場所を過ぎてからくる落ち込みはスリル満点です。頭上を飛び越えるほどの高い波の場所にも挑戦できるので、ラフティング技術を磨けそう。終盤にはボートがひっくり返りそうなほどの難関も待ち構えています。

激流ばかりではなく穏やかな流れの場所もあるので、川遊びも楽しめます。吉野川を知り尽くしたガイドが付き添ってくれるので、初めてでもちょっと勇気を出してチャレンジしてみてください。ラフティングの楽しさに魅了されるかもしれませんよ。

主催会社:リバーランプラス
  • 高知県長岡郡大豊町西土居1番地-1 豊永ポエムベース

■関連記事
川好き必見!国内随一のラフティングスポット「吉野川」で楽しめるアクティビティまとめ

ラフティングするなら四万十川もおすすめ!充実した1日が過ごせるコンボツアー1DAY

このエリアのラフティングスポットとしては吉野川に負けないくらい、人気なのが日本最後の清流といわれる四万十川です。

高知県西部を流れているこの川は四国で1番長い全長196km。支流にかかる沈下橋は川の水が増水すると水の中に沈み、水が引くといつも通りに渡れる橋に。特徴的なこの橋は四万十川の見どころの1つです。

ここでしか見られない風景を眺めながらラフティングが楽しめる「フォレストキャニオン」の“コンボツアー1DAY”は、キャニオニングも一緒に体験できる贅沢なツアーです。午前中は三筋の滝で滝つぼに飛び込んだり、パワースポットの鳥居岩を通ったり、キャニオニングを満喫。四万十の自然を全身で感じられます。

ランチで味わえるシェフお手製のフォカッチャサンドは参加者に大好評。午後はラフティングに切り替えて、沈下橋の下をくぐったり、四万十川の急流に挑んだり、充実した1日が過ごせます。

主催会社:フォレストキャニオン
  • 愛媛県北宇和郡松野町目黒796-1 ゲストハウス夢楽


■関連記事
四万十を観光するならここで決まり!自然派もアクティブ派も大満足な旅へGO!

スリルだけじゃない!吉野川のラフティングは魅力満載

スリリングな川下りが体験できるだけでなく、楽しい川遊びやおいしいグルメまで楽しめる吉野川のラフティングツアー。

暴れ川と聞くと、初心者の人は少し不安を感じるかもしれませんが、明るく頼もしいガイドと一緒ならその不安も吹き飛びますよ。激流に慣れてくればこのスリルが病み付きになっちゃうかもしれません!

ラフティングの本格シーズンには、ぜひ高知の豊かな自然に囲まれながら、迫力満点の川下りでリフレッシュしてくださいね。

(文:石川美 記事画像:そとあそび)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する