ラフティング 大歩危・小歩危・剣山

【徳島・高知】日本最大の激流?それとも最後の清流?好みで選べる四国ラフティング

2018.05.21
四国でラフティングといえば、日本最大級の激流・徳島県吉野川の大歩危・小歩危!一方のんびり派には、素晴らしい清流でラフティングができる高知県の四万十川がおすすめ!四国に行ったらぜひ参加して欲しい、とっておきのツアーを4つ紹介します!

四国でラフティングといえば、まずはやはり吉野川!

高知県から徳島県にかけて東西に流れる川の中でも、特に徳島の大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)は日本最大級の激流として有名です。過去にはラフティングの世界大会も行われていて、刺激を求めるアクティブ派に大人気。ラフティング好き憧れのスポットなので、ツアーもいろいろと開催されています。

もう1つ、のんびりラフティングを楽しみたいという方におすすめなのが、高知の四万十川でのツアーです。

「最後の清流」といわれる人気の観光スポットで、沈下橋などいかにも日本の田舎らしい風景を眺めながらのラフティングは、吉野川とはまた違った魅力があります。

今回はその両エリアのラフティングツアーを紹介!主催会社によってさまざなまコースがあるので、友達同士でスリリングに楽しむか、カップルや家族でのんびり楽しむか、好みで選んでみてください!

【目次】

- 日本トップレベルの激流スポット!大歩危・小歩危
 - バラエティ豊かな5コースから!
 - 1日ツアーでおいしいとこどり!
 - アクティブ派も、のんびり派も!
- 日本最後の清流、四万十川
 - 日本の原風景の中のんびり川下り

日本トップレベルの激流スポット!大歩危・小歩危

大歩危・小歩危でバラエティ豊かな5コースから選べる!

1999年から大歩危・小歩危でラフティングツアーを開催している「リバーランプラス」のコースは多彩です。

初級・ファミリー向けでは、大歩危の約5kmの上流区間で行われる“午前コース”と“午後コース”があります。身長が120㎝以上であれば、年齢不問で参加が可能。大歩危の大波のほかに、ラフティングボートを使ったスリルのある遊びや岩場からの飛び込み、谷の深くを流れる吉野川の雄大な景色も楽しめ、子供連れでも楽しめます!

中級向けにも“午前コース”と“午後コース”があり、全長4km、初級コースと比べても激流にチャレンジできます。

1日ラフティングおまかせコース”は、吉野川のどこのコースに行くかはお楽しみ!ランチをはさんで前後半のコースで、初心者でも1日たっぷりと吉野川のラフティングを満喫できます。ランチの後はカヌー・SUP・ダッキーなども体験できる、盛りだくさんのコースです。

全5コース、お好みのものをどうぞ。「リバーランプラス」のベースはJR土讃線「豊永」駅より徒歩3分、国道32号線沿いにあるので、車でも電車でも、観光ついでに立ち寄るのにも便利です!

主催会社:リバーランプラス
  • 高知県長岡郡大豊町西土居1番地-1 豊永ポエムベース

■関連記事
世界大会会場・吉野川でラフティングを楽しもう!吉野川のツアー5選

1日ツアーで大歩危・小歩危のおいしいとこどり!

JR土讃線「土佐岩原」駅からわずか1分という好立地で、吉野川を見渡せるおしゃれなリバーベースも人気の「ハッピーラフト」。開催しているツアーは、大歩危での“半日ラフティングツアー”や、キャニオニングとのコンボの“大歩危ラフティング×赤根渓谷キャニオニング”などがあり、どれも白く泡立つ大迫力のラフティング・フィールドが楽しめます!

中でもいちばん人気は、“1DAYラフティングツアー”。「ハッピーラフト」が選んだ、吉野川で最もおいしいという大歩危・小歩危の約10kmのコースを堪能できます。激流の中いくつもの瀬を乗り越えていくのはもちろん、ボートをウィリーさせたり、瀬の流れに逆らってサーフィンしたり。川に飛び込んで、体1つで急流を下っていくボディラフティングも楽しめます。参加は13歳以上のスリリングなツアーです!

すべてのコースで、特典としてツアー中の写真を無料でCD-ROMでプレゼント。ツアー後にみんなで見れば、また盛り上がりますよ!

主催会社:ハッピーラフト
  • 高知県長岡郡大豊町筏木221-1

刺激を求めるアクティブ派も、のんびり楽しみたい派にもおすすめ!

国内の人気ラフティングスポットの1つ、群馬のみなかみでもツアーを開催している「フォレスト&ウォーター」の四国支部は、大歩危・小歩危で3つのコースを開催しています。

1日満喫・小歩危コース”は、日本最大の激流区間である小歩危渓谷の8つの激流ポイントを下っていく、全長約9kmに及ぶツアー!アクティブ派に人気です。

ビギナーの方におすすめなのが、“半日・大歩危コース”。大歩危の急流はもちろん、途中吉野川の景色をのんびりと楽しめるポイントもあります。

ラフティングは基本スリルを求めるアクティビティですが、ベテランインストラクターが一緒にボートに乗って操縦すれば、安心して子供から中高年まで楽しめます。大歩危・小歩危より上流のおだやかなエリアで行われる“親子で楽しむ!ファミリーラフティング”は、まさにそんな方におすすめです。

眺望抜群の「フォレスト&ウォーター」のベースは、温水シャワーや男女別の広々とした更衣室も完備しているので、快適に楽しめます!

主催会社:フォレスト&ウォーター
  • 高知県長岡郡大豊町大砂子20-3

■関連記事
四国の吉野川ラフティングツアー徹底比較!

<<大歩危・小歩危エリアで楽しめるそのほかのアクティビティはこちら!>>

日本最後の清流、四万十川でラフティング

日本の原風景を感じられる美しい川でのんびり川下り

四国の景勝地といえば、高知県の四万十川も有名です。「最後の清流」ともいわれ、その川の美しさと昔ながらの素朴な風景のマッチングも素晴らしい四万十川。ラフティングも、急流にもまれる醍醐味を味わえるだけでなく、ゆったりとした流れをボートで下ったり、みんなで川遊びを楽しんだりできます。有名な観光スポット、沈下橋をくぐって通過する貴重な体験もできますよ。

「フォレストキャニオン」の“四万十川ゆったりラフティングツアー”は5歳から参加できるので、家族で高知旅行に行ったら、また違った四万十川体験をしてみてください。人気の滑床渓谷でのキャニオニングとの“コンボツアー1DAY”は小学1年生から参加可能なので、こちらもおすすめ。

ツアーの特典として、一眼レフで撮影してくれた写真を無料ダウンロードできます。帰宅したら、古き良き風景の中、みんなでのんびりとラフティングしている姿を見返して楽しむこともできますよ。

主催会社:フォレストキャニオン
  • 高知県四万十市西土佐江川崎2779-1

<<四万十川周辺エリアで楽しめるそのほかのアクティビティはこちら!>>

四国旅行でぜひラフティングも!

いかがでしたか?吉野川の大歩危・小歩危で、世界レベルのラフティングコースに挑戦するのも、四万十川で素朴な風景の中のんびりラフティングするのも貴重な体験です!

アウトドアレジャーの検索サイト「そとあそび」では、ラフティングをはじめ、このほかにも全国のアクティビティを検索・予約できます。ぜひ旅行や休日レジャーの参考にしてみてください!
(文:石田友紀 編集部注*2016年1月21日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する