初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

熱気球

簡単実験!ミニ熱気球をポリ袋で作って飛ばそう!!

2015.10.20
身近な材料だけでミニ熱気球を作れるって知ってましたか?小学生の自由研究はもちろん、大人の好奇心をくすぐること間違いなしの簡単実験をご紹介します!
photo by pixabay

photo by pixabay

「熱気球ツアーに行ってみたいけど遠いし時間もなくって」と、あきらめているあなた!
ミニ熱気球を作ってツアーの疑似体験をしてみませんか?準備は簡単。ポリ袋と身近な材料で作れちゃうんです。

熱気球が浮かぶのは「熱い空気は冷たい空気よりも軽い」という原理から。今回は熱源にドライヤーを使う簡単実験と、ソーラーパワーを使う簡単実験の2種類を紹介します!

簡単実験!ミニ熱気球・ドライヤー編の材料

photo by pixabay

photo by pixabay

■用意するもの■

・45Lのポリ袋(0.015mm以下の厚さ)
・ドライヤー
・タコ糸
・クリップ
・セロファンテープ

どれもスーパーやホームセンターで手に入るものばかり。成功の秘訣は「材料の軽さ」なので、重りにするクリップ以外はできるだけ軽いものを選んでください。特にポリ袋の薄さが重要です!!

ミニ熱気球の実験方法!ドライヤー編

1.気球部分を作る

45Lのポリ袋の開け口部分をセロファンテープで閉じます。この時、真ん中の約10cmは開けておきます。ポリ袋の開け口部分の両端に、クリップをつけたタコ糸を結びます。

2.ドライヤーでポリ袋の中の空気を温める

ポリ袋の開け口部分に開けておいた10cmの穴に、ドライヤーの吹き出し口を差し込み温風を送ります。この時ポリ袋の上の方を持ち、袋の中全体に温風が送られるようにしましょう。ポリ袋全体が温まり、浮き上がるような感じがしたら手を離します。

浮かびあがりましたか?ポリ袋の中が充分温まるには案外時間がかかります。気長に待ってみましょう。動画も参考にしてみてください。(ドライヤーの差し込み口の作り方が少し違うタイプです)

簡単実験!ミニ熱気球・ソーラーパワー編の材料

■用意するもの■

・黒いポリ袋(0.015mm以下の厚さ)
・タコ糸
・セロファンテープ

こちらもスーパーやホームセンターで手に入るものばかり。太陽のエネルギーを集めるためにポリ袋は必ず「黒色」を用意してください!ポリ袋の薄さも重要です!!

ミニ熱気球の実験方法!ソーラーパワー編

1.気球部分を作る

黒いポリ袋を何枚か張り合わせ、気球部分を作ります。ソーラーパワーを熱源とする場合は、気球部分はとにかく大きいことが大事です。牛乳のテトラパックのような形状や、鯉のぼりのような筒状が作りやすいでしょう。

気球部分に、地上に係留させるためのタコ糸を結びつけます。

2.ドライヤーでポリ袋の中の空気を温める

気球の中に空気をいっぱいに入れて口を閉じます。係留用のタコ糸を鉄棒などに結び、太陽の光が当たるように気球を地面に置きます。あとは気球内の空気が温まるのを待つだけ。天気に恵まれれば、ふわふわと浮かびあがります。

こちらの実験も浮かび上がるまでに時間がかかります。動画を見て参考にしてください。

実際の熱気球と同じぐらい大きな気球を、ソーラーパワーで飛ばした実験も!世界にはこんなスゴイ人もいるんですね。

ミニ熱気球の実験いかがでしたか?ますます本物の熱気球に乗りたくなったのではないでしょうか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、子どもから大人まで楽しめる熱気球体験ツアーを紹介しています。是非参考にしてみてください!

■関連記事■

風まかせに飛ぶ熱気球の大会とは?見どころ多い国内大会まとめ

熱気球で憧れの空中散歩!おすすめ体験ツアーをご紹介

子供も体験可!モーターパラグライダーで北海道の雄大な景色を上空から楽しむ

モーターパラグライダーはエンジンを動力に楽しむアクティビティ!

空も僕らの遊び場に!都内から1時間の距離で楽しめる新たな空のアクティビティ「FUNFLYING」に注目

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

Ishimaki Kano

Ishimaki Kano

全身で自然と風を感じるのが好きで、休日は河原をマウンテンバイクで走っています。趣味は街で見かけた動物や、月や空の景色を撮ること。カナダにバイソンの群れを見に行くのが夢です!

ツアーを予約する