初心者でも安心!アウトドアのプロが”おもいっきり”大自然をエスコート

エアーボード

冬の最新アクティビティ!エアーボード初心者が気になる3つのポイント

2015.11.06
ヨーロッパを中心に人気急上昇中の冬の最新アクティビティ、エアーボードとはそもそもどんなスポーツなのでしょうか? 未経験者や初心者はどうやってテクニックを学べばいい? ビギナーが気になる3つのポイントについて調べてみました。
関連:【エアーボード

2000年代初頭にスイスのアウトドア・メーカーによって開発されたエアーボードは、ヨーロッパを中心に人気急上昇中の冬の最新アクティビティです。

今回はそもそもエアーボードとはどういうスポーツなのか、未経験者や初心者はどのようにテクニックを学べばいいかなど、ビギナーが気になる3つのポイントについて調べてみました。

1.そもそもエアーボードとは

エアーボードとは、空気で膨らませるタイプのゴム製ボードの上に腹ばいになって雪上を滑走するウインタースポーツです。

言わばスノーボディボードともソリの進化系とも言えるもので、地面から数十センチという低い視点で雪面スレスレを滑るため、時速40キロ以上ともいう実際の速度以上の体感スピードとスリルを味わうことができます。

ゲレンデを猛スピードで滑走する姿は、注目度ナンバーワン!目立ちたい方にもおすすめのアクティビティです。

2.未経験者や初心者はどうやってテクニックを学べばいい?

エアーボードをコントロールするには、ボードの上にうつ伏せで横たわって両サイドのハンドルを握り、左右に体重移動しながら、ボード底面のエッジをきかせます。

未経験者や初心者でも、アウトドア・スクールで短時間のレクチャーを受ければ、ターンやブレーキングといった基礎テクニックを習得でき、あっという間にフリーランやロングコースにもチャレンジ可能です。

ボードの上に寝そべって滑走するので、スキーやスノーボードのように、転倒する恐怖心も起こりません。エアーボード自体にクッション性があるため、スキー場のゲレンデの圧雪であろうと、凹凸のある山の斜面であろうと、場所を選ばず楽しめます。

3.エアーボードで滑走できる場所は

難しいことを考えず、とにかく気軽に挑戦できるのがエアーボードですが、エアーボードで滑ることのできるスキー場は、日本国内ではまだあまり多くはありません。

エアーボードの滑走許可のあるスキー場は全国各地にあるものの、体験ツアーの参加者でないと滑走できないところもあります。滑走許可があるスキー場でも、ゲレンデのコンディションによっては滑れないケースも出てきます。

現在エアーボード専用コースがあるのは、北海道のビバアルパカ牧場と、長野県のファミリーゲレンデ霧ヶ峰スキー場の2箇所のみです。

ゲレンデや自然のフィールドでエアーボードを楽しめるツアーは「そとあそび」で!

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」では、各地のスキー場で体験できるツアーだけでなく、なだらかな山の斜面といった自然のフィールドで楽しめるエアーボードツアーの情報も掲載しております。

あなたもエアーボードの魅力を体感してみませんか?

アウトドアレジャー予約サイト「そとあそび」でエアーボードのツアーをチェックする

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

yuuko

yuuko

旅行や食べ歩きが趣味、多岐ジャンルで活動するライター。サーフィンとサップヨガを本格的に始めたいと思っています。

ツアーを予約する