沖縄本島・名護ではずせない!おすすめのグルメスポット10選 2018.11.04 名護

沖縄本島北部の玄関口である名護市は、テーマパークやアクティビティが充実している人気の観光地。今回はそんな名護市に行ったら寄らずには帰れないおすすめのグルメスポット10ヶ所を紹介します!旅をさらにすてきなものにしてくれる名店ばかりですよ。

食欲の秋真っ盛り!おいしいもの目当てに旅行をするなんて方も多いのでは。普段はなかなか口にできないご当地グルメを堪能するのも旅の醍醐味の1つですよね。

沖縄本島の北部に位置する名護市は、北部エリアの中心都市として商業や観光施設が充実しています。今回はそんな名護市でおすすめのグルメスポット10ヶ所を紹介します。東西両方の美しい海や観光スポットで遊んだ後は、おいしい沖縄の料理でお腹を満たしましょう!

【目次】

1.宮里そば
2.八重食堂
3.沖縄料理しまあかり名護店
【column】上空50mから沖縄の風景を堪能しよう!
4.焼肉乃我那覇
5.レストランふりっぱー
6.Captain Kangaroo
7.ジャンバルターコー
【column】本格オフロードコースをバギーで走行!
8.名護漁港水産物直販所
9.CALiN
10.美らテラス
【column】SUPとシュノーケリングで美しい海を大満喫

<<名護市で体験できるアクティビティツアーの一覧はこちら>>

1.地元の人に愛される沖縄そばの名店「宮里そば」

“名護んちゅ(名護の地元の人のこと)”に愛され続けている沖縄そばの名店が「宮里そば」。国道58号線を1本入った場所にある店舗は、昔ながらの名店の雰囲気を醸し出しています。広い店内には座敷もあるので小さな子供連れでも安心です。

看板メニューのソーキそばは、クセがなくやさしい味わいでやみつきになること間違いなし!さらに、カレーライスやスパゲティーもあるので、いろんなメニューを注文してシェアしながら食べるのもいいかもしれません。地元の雰囲気を楽しみたい方にぴったりのお店です。

宮里そば
  • 沖縄県名護市宮里1-27-2
  • 0980-54-1444

・営業時間:10:00~20:00
・定休日 :水曜日

■関連記事
絶対ハズさない!名護の観光スポット30選

2.熱々のスープを自分でかけられる!沖縄そばなら「八重食堂」

続いても沖縄そば店の紹介です。「八重食堂」はなんと、そばを注文するとスープの入ったやかんが出てくるんです!

やかんに入った熱々のスープを自分でたっぷりかけて食べるのが八重食堂のスタイル。他店にはなかなかない食べ方に大人気!さっぱりとした味わいの熱いスープで、最後までおいしく食べられます。

営業は昼間だけなので、立ち寄る際は注意してくださいね。

八重食堂
  • 沖縄県名護市城1-9-3
  • 0980-52-3286

・営業時間:11:00~15:00
・定休日:火曜日

3.雰囲気も居心地も抜群!地元のお酒と食材を堪能できる「沖縄料理しまあかり 名護店」

2018年1月にオープンしたばかりの「沖縄料理しまあかり 名護店」は、東京に姉妹店を持つ人気店です。やんばる鶏の唐揚げやジーマーミ豆腐など、地元の食材を使った料理が特に評判。沖縄県の特産である泡盛を多数取りそろえ、スターフルーツを使った自家製酒などバラエティに富んだお酒も楽しめます。

沖縄らしいカラフルで遊び心のあるインテリアに、生演奏のライブやスクリーンに映し出される映像などゆったりとくつろげる演出がたくさん。キッズスペースもあるので、小さな子供連れにもぴったりです。

近隣の滝水から作られた氷で使ったかき氷も食べずには帰れない逸品です!

沖縄料理しまあかり 名護店
  • 沖縄県名護市幸喜96-1
  • 0980-54-2772

・営業時間:16:30~24:00

上空50mから沖縄の風景を堪能しよう!

「沖縄料理しまあかり 名護店」から徒歩ですぐの場所で開催されている“パラセーリングツアー”に参加してみませんか?空から眺めるエメラルドグリーンに輝く海と白い砂浜、海中に広がるサンゴ礁は格別です!

パラセーリングとは、モーターボートにセールと呼ばれるパラシュートを装着し、空を舞うアクティビティ。風を切って飛ぶ感覚は、ジェットコースターとパラグライダーを同時に体験しているかのよう!スリルと爽快感を味わえます。上空約50mから遮る物のない360度の景色を堪能できるのはパラセーリングならではの魅力です。

また特別な技術や体力は必要ないので、5歳(身長120cm、体重20kg~)からツアーに参加OK。家族全員でトライしてみるのもおすすめ!

主催会社:マリンクラブ ベリー
  • 沖縄県名護市幸喜117 ウィードビーチ

■関連記事
半日ボートシュノーケリングで沖縄・名護の高級リゾート地「ブセナ」の海を堪能できるツアー

4.沖縄育ちの高品質なお肉を堪能するなら「焼肉乃我那覇」

名護の老舗精肉店の手がける焼肉店「焼肉乃我那覇」。なんと1階はお肉の直売所なんです!新鮮な沖縄生まれ、沖縄育ちのもとぶ牛と琉球在来豚「アグー」の血を引くやんばる島豚をいただけます。

値段も比較的リーズナブルなので、行列ができるのも納得。焼肉だけでなく、しゃぶしゃぶもおすすめです。ぜひどちらも堪能しちゃってください!

焼肉乃我那覇本店
  • 沖縄県名護市宮里1410-1 2F
  • 0980-52-6629

・営業時間:ランチ11:00~15:00、ディナー17:00~24:00
・定休日:年中無休

5.海が見える「レストランふりっぱー」でボリューム満点のステーキを食す!

1971年開業のステーキの老舗「レストランふりっぱー」。いつ行っても行列ができている名護でも人気のレストランです。おすすめはなんと行ってもステーキ!ヒレとサーロイン、いずれも180gから量を選べるので、ガッツリ派も大満足できますよ。

また、ステーキだけでなく手作りパイもはずせません。アップルやカスタードなどの小ぶりでサクサクのパイは、それを目当てに来店する人も多い評判のメニューで、デザートにおすすめ!もちろんテイクアウトもできるので、お土産にもぴったりですよ。

味はもちろん、ロケーションが抜群なのもこのレストランの特徴で、店内からは美しい海が望めます。特にサンセットの雰囲気は抜群なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

レストランふりっぱー
  • 沖縄県名護市字宇茂佐162
  • 0980-52-5678

・営業時間:11:30~22:00
・定休日:水曜日

■関連記事
名護の歴史を巡る旅!押さえておきたい観光スポット

6.1度食べたら忘れられない!ハンバーガーの名店「Captain Kangaroo」

ハンバーガーが大好きな方にぜひ食べてほしいのが、「Captain Kangaroo」の絶品バーガー。お肉はもちろん、パンにもこだわりがつまっています。

おすすめは定番のスペシャバーガーや、フライドオニオンが山のように積み重なったスパーキーバーガー。近隣の米軍関係者も通うほどの本格的なハンバーガーは、感動必至のおいしさ!ハンバーガー以外にも工夫を凝らしたタコライスなどが自慢です。ただし、人気店だけに土日は混雑するので並ぶのを覚悟で訪れましょう。

カジュアルでリラックスした雰囲気のショップの裏側には美しいビーチが。ハンバーガーでお腹を満たした後に散策してみるのもよさそうです。

Captain kangaroo
  • 沖縄県名護市宇茂佐183
  • 0980-54-3698

・営業時間:11:00~20:00
・定休日:水曜日

7.まるでメキシコ!?雰囲気も味わいたいタコスとチキンのお店「ジャンバルターコー」

ごはんの上にほぐした丸焼きチキンとたっぷりの炙りチーズがトッピングされた「チキンチーズライス」が看板メニューの「ジャンバルターコー」。手作りのサルサソースをたっぷりかけて食べるのがおすすめです。そのほか、オーソドックスなタコライスやタコスも評判です。

メキシコの田舎町のダイナーを思わせる店内は雰囲気が良く、地元の人々や観光客などがひっきりなしに訪れます。テイクアウトもできるので、ホテルでサンセットを眺めながらゆっくりいただくこともできますよ。営業時間が14時からなので、ランチで利用したい方は注意してくださいね。

ジャンバルターコー
  • 沖縄県名護市4-1-14
  • 0980-53-4850

・営業時間:14:00~22:00
・定休日:日曜日

ATV四輪バギーで本格コースを駆け巡れ!

バイクのモトクロス全日本選手権でも使用される本格的なコースを、ATV四輪バギーで走ってみませんか?もちろん未経験者もOKで、免許も不要!4歳から参加できるのが“バギーライドツアー”です。

ツアーが行われる場所は、ジャンバルターコーから車で10分ほど。傾斜地やデコボコ道などの練習コースで慣れた後、いよいよコースへ出発します!競争ではないので、自由に自分のペースでいろいろなアトラクションにチャレンジできますよ。そのほかに森林での走行も楽しめます。

バギーを降りて、沖縄ならではの自然が色濃く残るやんばる(山原)の森を散策できるのもこのツアーの魅力です。

主催会社:どきどきヤンバルンチャー
  • 沖縄県名護市字世冨慶1084 ヤンバルンチャー

8.「名護漁港水産物直販所」で沖縄の新鮮な海産物を味わおう!

「名護漁港水産物直販所」は、名護漁港の敷地内にある水産物の直販所で食堂も併設されています。その日仕入れた水産物は新鮮でとってもおいしいですよ。

マグロなどの刺身も人気ですが、おすすめはマース煮!沖縄で作られた塩「島マース」と泡盛だけで味付けをする煮魚のことで、沖縄では家庭料理として親しまれているそうです。沖縄のおふくろの味を味わってみてくださいね。

名護漁港水産物直販所
  • 沖縄県名護市城3-5-16
  • 0980-43-0175

・営業時間:11:00~19:00

9.ブルーに塗られたセンス光る店内とこだわりの料理が魅力の「CALiN」

名護市北部の羽地内海に浮かぶ屋我地島にある「CALiN(カラン)」。屋我地島は名護市に属す島で、本島からは屋我地大橋で繋がっています。古民家をリノベーションしたこだわりのお店には、カフェスペースと雑貨スペースが同居しています。

名護にある「しまドーナッツ」の姉妹店で、いろいろなフレーバーのドーナツがいただけるのはもちろん、ランチやドリンクも評判。彩り鮮やかな野菜は県産の旬のものを使い、お米は地元の羽地米。鶏ハムやツナも手作りという、食材から調理にまでこだわった料理でお腹を満たしつつ、センスあふれるゆったりとした空間でリラックスもできますよ。

雑貨スペースでは沖縄県内の作家を中心にセレクトされた器や雑貨、アクセサリーなども購入可能です。旅の思い出になるお気に入りの一品を見つけてくださいね。

CALiN
  • 沖縄県名護市運天原522
  • 0980-52-8200

・営業時間:11:00~17:00
・定休日:月曜日

10.海と古宇利大橋がつくる絶景を楽しみながら休憩できる「美らテラス」

エメラルドグリーンの海を思いっきり満喫できる人気のドライブスポット「美らテラス」。屋我地島から古宇利島へと渡る古宇利大橋のたもとにあります。名護市街地からは車で約30分と比較的近い場所にあり、古宇利島観光の前後に立ち寄るのにぴったりなスポットです。

海に面したレストランのほか、土産物店や沖縄そばの専門店、パーラーまであり、本格的な食事から軽食までさまざまな使い方ができます。おすすめは店内で揚げた特製サーターアンダギーに、沖縄名物のブルーシールアイスを挟んだアイスサーターアンダギーバーガー。今までにない食感と味を、ぜひ試してみてくださいね!

お腹がいっぱいになったら、レンタサイクルで古宇利大橋を渡り周辺を散策することもできます。車よりゆっくりな分、海の爽快感を思いっきり満喫できますよ。

美らテラス
  • 沖縄県名護市字済井出大堂1311
  • 0980-52-8082

.営業時間:11:00~18:00(夏季営業は10:30〜18:00)
※夜間営業は要予約19:00~21:00

SUPとシュノーケリングで美しい海を外からも中からも満喫!

沖縄に来たならやっぱり海で遊びたいですよね。「ナイスタイム沖縄」が開催する“シュノーケリング&SUPツアー”では、名護市北部と接する今帰仁(なきじん)村でシュノーケリングとSUPを体験できます。集合場所までは、「美らテラス」からワルミ大橋を渡って車で10分ほどなので、観光や食事の前後にサクッとツアーに参加することもできますよ。

まずはSUPからスタート!SUPとは浮力の高いボードに立ち、パドルを漕ぎながら水上を進むアクティビティ。はじめは立ち膝で進み、慣れたら立ち漕ぎにトライしてみましょう。インストラクターと一緒なので、焦らず自分のペースで進んでくださいね。

次はシュノーケリング体験です。地元出身のインストラクターが、知る人ぞ知るとっておきのポイントへ案内してくれます。カラフルな魚たちをたくさん見られますよ。

SUPで高い目線から眺める海と、シュノーケリングでは海の中の世界。2つの海の姿を同時に楽しめるおすすめのツアーです。

主催会社:ナイスタイム沖縄
  • 沖縄県国頭郡今帰仁村玉城400 Nice time okinawa店舗

■関連記事
【名護】シュノーケリングにSUP、トレッキングも!欲張りなあなたに贈るとっておきツアー

グルメもアクティビティも!名護ですてきな旅を満喫しよう

今回ご紹介したのは、地元で暮らす名護んちゅに愛されるお店ばかり。ホテルのフロントでおすすめされることもある名店ばかりです!

おいしい記憶は旅の思い出をもっともっとすてきにしてくれるはず。お腹いっぱいパワーチャージして、旅行を思いっきり楽しんでくださいね。

アウトドアレジャーの予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」では、名護市はもちろん沖縄全域で楽しめるレジャーをたくさん紹介しています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

(編集部注*2015年9月15日に公開された記事を再編集したものです)

※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。

ツアーを予約する